お金の借り方診断

あなたにぴったり!
目的別のお金を借りる方法についての診断
スタート

何の目的でお金を借りますか?
生活費学費レジャーギャンブル住宅購入費用自動車購入費用事業資金

近くに頼れる人はいますか?
YesNo
生活費は毎月足りないですか?
YesNo

親・家族・職場の同僚から借りる

親や家族にお金の相談をしてみましょう。なぜお金が必要なのか、理由を伝えるだけでなく、相手を不安にさせないためにもいつまでに返済できるのかも必ず伝えましょう。後々トラブルにならないためにも借用書を作成し相互で保管しておくことも忘れずに。

もう一回診断する
生活で困窮しているなら国や自治体に相談しよう

失業や低収入で毎月の生活がままならない状態であれば、国や自治体の力を借りましょう。まずは電話や窓口にて相談してみてください。

もう一回診断する
一時的に生活費が足りないなら民間の金融機関からお金を借りよう!

一時的にお金が足らない場合は、民間の金融機関でスピーディーに借り入れして、短期で全額返済しましょう。消費者金融なら30日間無利息のカードローンもあるので、うまくいけば利息無しで借りることもできます。

もう一回診断する

学費の種類は?
入学金学費
1ヶ月以上の猶予がある?
あるない
奨学金の申請に間に合いそうですか?
YesNo

国または民間の教育ローンで入学金を借りましょう!

国や民間の教育ローンはいつでも申込可能ですが、融資までに時間がかかります。時間に余裕を持って申し込みしましょう。

もう一回診断する
カードローンなら最短即日で借り入れもOK!

カードローンは使いみち自由なので教育資金としても使用可能です。最短即日の借り入れも可能ですから、支払期限まで時間がないときでも安心です。ただし、金利は高めなので返済が長期化しないように注意しましょう。

もう一回診断する
奨学金の利用条件を確認して申請しましょう

奨学金の申請は毎年春頃と決まっています。余裕を持って申請しましょう。

もう一回診断する
国または民間の教育ローンで学費を借りましょう!

国・民間の教育ローンはいつでも申込可能です。融資は最短2週間ですが、申込む時期によっては1ヶ月以上かかることもあるので、時間に余裕を持って申込むようにしましょう。

もう一回診断する

計画的に返済できますか?
YesNo
使いみちがはっきりしていますか?
YesNo

短期バイトや不用品の買い取りでお金を工面しましょう

計画的に返済ができそうにないのであれば、金融機関等から借りないのが賢明です。目的まで時間があるなら短期バイトしてお金を稼いだり、不用品を売るなどしてお金を工面しましょう。

もう一回診断する
カードローンの利用を検討しましょう

カードローンは使いみち自由で繰り返し利用できます。必要なときに必要な分だけ借りることができます。再審査を受ける必要もないので、急に出かける場合でも対応できて便利です。

もう一回診断する
銀行や消費者金融の目的ローンを検討しましょう

使いみちが特定のことや物に限定されているなら、用途別の目的ローンを検討するのがいいでしょう。使いみちが限定される分、低金利で融資を受けることができます。

もう一回診断する

計画的に返済できそうですか?
YesNo
キャッシング枠付きのクレジットカードを持っていますか?
YesNo

短期バイトや不用品の買い取りでお金を工面しましょう

計画的に返済ができそうにないのであれば、金融機関等から借りないのが賢明です。基本的にギャンブルのために借金することはおすすめしません。

もう一回診断する
カードローンを検討しましょう

基本的にギャンブル目的だと審査通過は無理です。また、ギャンブル目的での借金はリスクが大きいので、基本的におすすめしません。借りるなら自己責任でお願いします。金額もすぐに返済できる程度にしてください。

もう一回診断する
クレカのキャッシング枠で借り入れできます

手持ちのクレジットカードにキャッシング枠がついているならATMですぐに借り入れできます。ただし、借りるのはすぐに返せる額に留めましょう。

もう一回診断する

新規の借り入れですか?
YesNo
頭金は用意できますか?
YesNo
借り換えですか?
YesNo

住宅ローンを比較し自分の条件にあう住宅ローンを検討しましょう

住宅ローンは、ローンの種類や金融機関によって金利・借り入れ費用・手続きのしやすさ・保険・手数料等が違ってきます。住宅ローンの選び方のポイントを抑えて比較検討しましょう。

もう一回診断する
頭金なしでも借りられる住宅ローンの利用を検討しましょう

頭金がないと住宅ローンを組めないと思っている人が多いですが、中には頭金なしでも組むことができる住宅ローンもあります。

もう一回診断する
銀行やFP(ファイナンシャルプランナー)にローンやお金の相談してみましょう。

銀行は基本的に住宅ローンに関することは何でも無料で相談できます。納得できまで質問してみましょう。ただ、相談した銀行でローンを組まないといけないわけではないので、複数の銀行で相談することをおすすめします。

もう一回診断する
借り換え対応の住宅ローンを検討してみましょう。

住宅ローンには借り換えに対応したものもあります。金利が低くなり総返済額が減る、毎月の返済額を減らせる、金利上昇のリスクをなくすことができるなどメリットがあります。借り換え可能な住宅ローンを比較検討してみましょう。

もう一回診断する

車体費用の借り入れですか?
YesNo
金利重視ですか?審査重視ですか?
金利審査
急いでいますか?
YesNo

銀行ローンを検討しましょう

一般的に銀行ローンのほうが金利が低めです。銀行ローンは4%前後、ディーラーローンは10%前後となっています。ただし、金利が低い分「本当に返済できるか」をしっかりチェックするので審査は厳し目です。

もう一回診断する
ディーラーローンを検討しましょう

ディーラーとしては車を売るのが仕事であるため、審査の融通が効きやすいです。車体購入時にローンの手続きもでき、自分で銀行に出向く手間もないので手続きが楽というメリットもあります。

もう一回診断する
銀行のローンを検討しましょう

銀行ローンは車体費用だけでなく、カーナビなどのオプション費用、車検費用、自動車税、免許取得費用など自動車に関する様々な費用に利用できます。車体費用以外の費用を用意できない場合は銀行ローンを選ぶほうが無難です。

もう一回診断する
カードローンを検討しましょう

カードローンは使いみち自由なので、自動車費用にも使えます。消費者金融のカードローンなら、最短即日で借り入れも可能ですから、支払い期限まで時間がないという場合も安心です。

もう一回診断する

担保・保証人は用意できますか?
YesNo
業績悪化・債務超過していますか?
YesNo
来期には黒字への転換が見込めますか?
YesNo
必要な資金は高額ですか?
YesNo

銀行からの借り入れを検討しましょう

銀行の融資は一定以上の規模がある会社や実績のある会社への融資がメインです。開業したばかりでは直接借り入れるのは難しくなるので注意してください。

もう一回診断する
日本政策金融公庫からの借り入れを検討しましょう

決算書が赤字だと、銀行からの新規事業資金の融資を受けるのは難しくなります。民間の金融機関で借り入れが困難なケースでも、借り入れできる可能性があります。日本政策金融公庫で返済実績を積めば、銀行から融資を受けられる可能性もあります。

もう一回診断する
日本政策金融公庫

日本政策金融公庫には様々な融資制度があり、担保扶養で融資を受けることができるものもあります。融資までに時間がかかるので時間に余裕を持って申込みましょう。

もう一回診断する
消費者金融のビジネスローンを検討しましょう

消費者金融のビジネスローンは審査ハードルが低いので、審査通過が困難な個人事業主でもチャンスがあります。最短即日で融資を受けることも可能です。金利はやや高めなのであくまでも、少額の資金調達に適した方法です。

もう一回診断する