親からお金借りる方法とよくある言い訳をご紹介!

この記事を5秒でまとめると…

  • 使いやすい言い訳は冠婚葬祭、知人の借金トラブル、交通違反の罰金
  • 親から借りると、老後資金を減らす、心配をかける、税金がかかるリスクがある
  • 親を頼らず安全にお金を借りる方法もある

お金に困っている時に、金策する方法にはどのようなものがあるでしょうか?

自分では解決できない場合には、友人や会社の同僚に相談するという人もいらっしゃいますが、他人相手だとお金の問題はいいにくいということもあるでしょう。

そこで、親からお金借りるという人が多いようです。

ただし、家族の場合には、根掘り葉掘り理由を聞かれることもあるため、言い訳をする人も多いのです。この記事では親から借金する場合の言い訳について紹介します。

親からお金借りる場合の言い訳集

友達からお金借りる場合には、よっぽど信頼関係がないと貸して貰えませんが、親の場合には、どんな状況でも子供を助けたいという思いがあるため、スンナリ貸して貰えることが多いでしょう。

しかし、親に心配させないように嘘をついたり、口実を作るなど、一定の苦労もあります。まずは、親からお金借りる場合のよくある言い訳の中で、比較的使いやすい言い訳を紹介します。

冠婚葬祭でお金が必要となった

冠婚葬祭費用は、とても使いやすい言い訳です。

冠婚葬祭を言い訳とした場合には、あなたの人間関係を完全に掌握されていない限りバレる可能性はありませんし、ご祝儀の金額や交通費がかかるといえば、それなりにまとまった借金のお願いをすることができます。

遠方の冠婚葬祭に出席するといえば、移動費用を高く設定することが可能なので、言い訳として成立しやすいでしょう。

知人の借金トラブルに巻き込まれた

知人の借金トラブルを設定する方法もあります。

借金トラブル例

  • 「知人が詐欺被害に遭ってお金が必要」
  • 「知人がお金を紛失した」

など、さまざまなバリエーションが考えられます。

ただし、ストーリーに信憑性が必要であるため、細部まで設定する必要がありますし、返済の根拠がなければ、かえって親は心配しますので、知人にとってお金を貸してあげた方が助けとなる理由と、ちゃんと返済される論理的根拠を示しましょう。

交通違反の罰金が払えない

交通違反で罰金を支払わなければならないということも効果的です。

交通違反の罰金は、違反内容によって異なり、場合によっては大金となることもあります。借りたいお金に見合った交通違反を設定する必要があるでしょう。

ただし、免許取り消しとなって罰金分を借りたのに、親の前で車に乗ってしまっては嘘がバレてしまいます。発言内容と整合性が取れる、方便の範囲で口実を作りましょう。

親からお金借りる方法

親からお金を借りるための様々な言い訳や理由を紹介してきましたが、基本的には誠実に理由を親に話してお金を借りるのが一番いい方法です。

親はいくつになっても子供がかわいいですから、子供がお金に困っていたら出来るだけ助けてあげたいと思うのが親心。

本当のことを言い出しにくかったり、親から激怒される可能性もありますが、しっかりと向き合ってお金が必要な旨を必死に伝えればお金を貸してくれる可能性は高くなるでしょう。

親からお金借りる場合にありがちな本当の理由

親からお金借りる時の言い訳のウラには、一体どんな本当の理由があるのでしょうか?

親にいうと心配されるためいえない本音としてありがちなことは

ありがちな本当の理由

  • 「生活費が苦しい」
  • 「ギャンブルに使った」
  • 「仕事を辞めた」

などがあげられます。

これらを理由に親にお金借りることを求めても、貸してくれない可能性もありますし、厳しい説教をされてしまう可能性もあるでしょう。ありがちな本当の理由について紹介します。

生活費が苦しい

親からお金借りる理由として、生活費が苦しいというケースは多々あります。給料が少なくて住宅ローンが払えない、来月の光熱費がピンチ、子供の給食費が捻出できないなど、さまざまなことが考えられます。

臨時出費のための借金であれば、親も心配せずに貸してくれるかも知れませんが、慢性的な金欠の場合には、親にいえない場合が多いでしょう。いち早く生活再建する必要があります。

ギャンブルに使った

ギャンブルに使ったために、借金が必要となった場合にも、親に言い訳をして借りなければならない典型的なパターンです。

ギャンブルは必ず勝てるものではありませんし、還元率が100%を下回ることを考えると、むしろ損をすることの方が多いのです。

そのようなことが分かっていながら、ギャンブルで金策が必要となってしまうのは、計画性が見えませんので、親にお金借りる場合には正直に話すことは難しいでしょう。

仕事を辞めた

仕事を辞めた場合に、正直に親に伝えて借りようとすると、親は大いに心配するかと思います。仕事を辞めるとお金に困り、借金に迫られる反面、安定収入がなくなるため、借金をしても返済能力がありません。

そのため、親が心配することになります。もしもお金借りるにしても、早い段階で再就職をしなければ、借りたお金もすぐに使い果たしてしまうことになるでしょう。

親からお金借りる場合のリスク

親からお金借りると、実はさまざまなリスクが考えられますので、安易に借りない方が良いでしょう。

親からお金借りる場合のリスクとしては、

親からお金を借りるリスク

  • 「親の老後資金を使ってしまう」
  • 「親に心配をかける」
  • 「贈与税がかかる可能性がある」

ことが考えられます。

これらの内容がどのようなことなのか、1つずつ紹介します。

親の老後資金を使ってしまう

親からお金借りると、親の老後資金を使ってしまう可能性があります。裕福な親であればまだ良いのですが、一般家庭の場合には、老後資金はとても貴重な生活資金です。

せっかくライフプランをしっかり立てて、親が蓄えた老後資金にも関わらず、あなたがそれを減らしてしまうのです。親の生活が成り立たなくなる可能性もありますので、親からの借金はオススメできません。

親に心配をかける

単純に、親に心配をかけるということもあります。親はお金の金額よりも、あなたの生活が成り立っているかの方が心配でしょう。

いかなる理由があるにせよ、借金をしなければならないという事実には変わりがないので、親が心配するのも無理はありません。

贈与税がかかる可能性がある

贈与税がかかる可能性にも配慮が必要です。親からの借金は、税務署が贈与とみなす可能性もあるのです。

贈与税がかからなくするためには、借用書を書いた上、利息を設定し、返済実績も必要です。これらの設定をしていると、結局のところ金融業者からお金借りる方が楽なので、金融業者を検討した方が良いでしょう。

参考:親にお金借りると贈与税がかかるって本当?その理由と対策!

親に言い訳せず安全にお金借りる方法

金融業者からお金借りる方法は、言い訳せずにお金借りる方法でもある上、安全に借りることができます。

ここでは、その方法として、

安全にお金を借りる方法

  • 銀行カードローンの利用
  • 大手消費者金融からの融資
  • 街金からのキャッシング利用

について解説します。

銀行から融資を受ける(カードローン、フリーローンなど)

銀行から融資を受けると聞くと、とてもハードルが高いように感じる人もいらっしゃるかも知れませんが、実は意外に簡単にお金借りることが可能です。

カードローンやフリーローンは、目的を問わずに利用できますので、安心して申し込むと良いでしょう。

銀行によって金利や限度額が異なりますし、審査難易度も違います。各銀行のサービス内容をしっかりと比較した上で、借り入れ申し込みを行いましょう。

参考:銀行からお金を借りるための方法や流れについて

大手消費者金融のカードローン

大手消費者金融のカードローンは、とても気軽にお金借りることが可能です。

大手のサービスは、簡単な借入診断があったり、即日融資に対応してくれたり、土日でも使える無人契約機があるなど、痒い所に手が届くサービスとなっています。

また、審査の難易度も銀行より低いため、多くの人が手軽に借金をしています。返済も負担のない範囲で行えるため、遅延や滞納リスクを抑えることも可能です。親に相談するよりも、さっさとお金の問題が解決できる方法です。

参考:お金を借りるなら銀行or消費者金融・意外な無利息ローンも!

街金からのキャッシング

中小の消費者金融である街金の利用も良いでしょう。街金は大手にはない独自サービスを展開しており、それぞれの事業者が独自色で差別化を図っています。

審査に通過しやすい特徴もありますので、気軽に相談に応じてくれるでしょう。

参考:街金からお金借りる場合の取扱説明書!確実に借金する豆知識

まとめ

親からお金借りる場合には、さまざまな言い訳の必要性にかられますが、たとえ借りれたとしても、多くのリスクがありますので、できるだけ貸金業者を利用した方が良いでしょう。

貸金業者であれば、すぐにお金借りることができる上、安全であるため、気軽な活用をオススメします。