お金借りる時に相応しい敬語を分かりやすくご紹介

この記事を5秒でまとめると…

  • 正しい敬語が使えないと相手に信頼されずお金を借りにくくなる
  • 尊敬語、謙譲語、丁寧語を理解して適切に使い分けるべき
  • 敬語を気にせずお金を借りる方法もある

他人との言葉遣いは適切に行うのが社会人のたしなみです。たとえ社会人でなかったとしても、相手が目上の人であれば、敬意を評した表現方法が必要でしょう。

たとえば、お金に困っていて、借金を人に頼む場合には、ちゃんとした敬語を使えないと、融資に影響を及ぼす可能性もあります。

そこでこの記事では、お金借りる場合に適切な敬語の使い方について解説します。

お金借りる時には正しい敬語を使おう

お金借りる場合に敬語を使うには、どのようなことを知っておく必要があるのでしょうか?

敬語は、自分ではしっかり話せていると思っていても、不適切な使い方となっていることが多いため、敬語の基礎を知っておいた方が良いかと思います。

まずは、敬語の種類として、

  • 尊敬語
  • 謙譲語
  • 丁寧語

について、例文を交えて紹介します。
これらの違いを普段から意識しておくと良いでしょう。

お金借りる時の尊敬語

お金借りるを尊敬語として使いたい場合には、相手に対して尊敬の念を表さなくてはなりません。

ただし、「借りる」の主語は、尊敬語の場合には相手となります。相手が借りているという意味であるため、例文としては「お借りになる」や「借りられる」が適切です。

しかし、これでは、借りる側の敬語とはなりませんので、意味の上での主語として、「くれる」を「くださる」に変えると良いでしょう。

正しい尊敬語

「お金貸してくださいませんか?」

と使いましょう。

お金借りる時の謙譲語

相手が目上の場合に、自分のポジションを下げることによって相手のポジションを高め、尊敬の念を表す方法として謙譲語があります。この場合には、主語は自分側にあることを知っておきましょう。

借金の力添えをお願いする場合には、謙譲表現を上手に使うと良く、たとえば

正しい謙譲語

  • 「お金を拝借させていただけませんか?」
  • 「お金をお借りできませんか?」

などと使うと良いかと思います。

お金借りる時の丁寧語

相手が目上の人でなく、対等の立場である場合にも、敬語のような話し方をするケースがあるでしょう。このような場合には、丁寧な言葉遣いの方法として、丁寧語を利用することができます。

例文としては

正しい丁寧語

「お金を借ります」

のように使うことができます。

敬語を使う借金のシチュエーション

誰かからお金借りる場合に、敬語を使わなければならないのは、一体どのような時なのでしょうか?

ここでは、敬語を使う借金のシチュエーションとして

敬語を使う場面

  • 「夫や妻の親からお金借りる時」
  • 「上司からお金借りる時」
  • 「出資者からお金借りる時」

の3つのパターンについて紹介します。

誰かに借金をお願いする場合には、それだけでもいいにくいかと思いますので、せめて敬語くらいはしっかりと使ってお願いしましょう。

夫や妻の親からお金借りる時

夫や妻の親からお金借りる時には、しっかりとした敬語で借金の依頼をする必要があります。

パートナーの親との間柄は、時には自分の親と同じような言葉遣いで接している人もいるようですが、改まった場では、なるべく敬語を使うことが無難です。

もちろん、相手の親が、改まっていわれることを嫌がる場合には、いつもより少しだけ尊敬の念を交えた程度に抑えた方が良いこともあります。

上司からお金借りる時

会社の上司からお金借りる時には、しっかりとした敬語を使う必要があるケースが多いでしょう。

上司は日頃からお世話になっている相手であるため、お金借りる時以外でもちゃんと敬語を使わなければなりませんが、ましてやお金借りる時には、ぞんざいな言葉づかいは厳禁です。

もしも、親しい上司との間柄だったとしても、大事な局面では礼節をわきまえることを心がける必要があります。

お世話になっている人からお金借りる時

ほかにもお金を貸してくれる人はさまざまです。
たとえば、

お世話になっている人

  • 普段からお世話になっている人
  • 友人知人
  • 事業に出資してくれる人
  • 寄付に近い形でお金貸してしてくれる人

などがあげられます。

このような人からお金借りる場合にも、しっかりと敬語を使い、失礼がないようにしなければなりません。お金を貸すという行為は、あなたへの信頼の証ですので、その信頼に対して礼節を持って接しましょう。

正しい敬語が使えない場合のデメリット

お金借りる場合に、敬語は重要だと紹介していますが、では、もしも正しい敬語が使えない場合には、一体どのようなデメリットがあるのでしょうか?

たくさんあるデメリットの中から、特に大きなデメリットとして

デメリット

  • 「相手が気を悪くする」
  • 「返済能力を信頼してもらえない」
  • 「スムーズにお願いできない」

の3つについて紹介したいと思います。

相手が気を悪くする

もしも敬語を使えなければ、相手が気を悪くする可能性があります。

大切なお金を借りに来たにも関わらず、

こんな態度はNG

  • ぞんざいな敬語
  • タメ口に近いお願いの仕方

などの場合には、相手にムッとされかねません。

もしも相手がムッとしてしまった場合には、本当は貸してくれるつもりだったのに、やっぱり貸すのを思い留まる可能性もありますので、ちゃんとした敬語を使う必要があるでしょう。

返済能力を信頼してもらえない

返済能力を信頼してもらえない可能性もあります。お金を貸すということは、貸したお金がちゃんと戻ってくること信じる必要があります。

しかし、ぞんざいな敬語を使っている相手の場合「まともな敬語すら使えない相手にお金を貸しても返って来ないかも知れない」という不安を与えかねません。

言葉遣いが悪いだけで、お金借りることができないとなると、とてももったいないことなので、敬語はしっかりマスターしておきましょう。

スムーズにお願いできない

敬語が上手に話せなければ、スムーズにお願いできないことも考えられます。敬語が必要な局面で、敬語が話せないということは、英語が必要な局面で英語が話せないのと似たようなものです。

いいたいことや伝えなければならないことが、相手に伝わらないのであれば、相手が借金に合意してくれる可能性は低くなってしまいますので、敬語が使えなければ借金に不利となるでしょう。

敬語を気にせずお金借りる方法

敬語の重要性が分かったとしても、そもそも敬語を使うのが苦手で、金策中に敬語をマスターするのは現実的ではない人もいらっしゃるでしょう。

そんな人は、敬語を気にせずお金借りる方法があれば助かるのではないでしょうか?

実は、敬語が使えなくてもお金借りる方法はいくらでもあります。ここでは、銀行カードローンや、消費者金融業者からのキャッシングを紹介します。

いずれも審査はありますが、安定収入があり、信用情報ブラックでない限りはお金借りることはできますので、手軽に利用することが可能です。

銀行カードローンから低金利で借りる

敬語を気にせずお金借りるのであれば、まずは銀行カードローンを当たってみましょう。

銀行カードローンは、手軽な金利で融資してくれる上、限度額の範囲であれば何度でも取引が可能です。

手軽に利用できるカードローン

  • メガバンク
  • 地方銀行
  • ネット銀行

と、選択肢は多いため、お得なサービスを選ぶことができるでしょう。

参考:銀行からお金を借りるための方法や流れについて

大手消費者金融から手軽に借りる

大手消費者金融は、銀行カードローンよりも審査に通過しやすいという特徴があります。金利は少し不利となりますが、借りやすいことをメリットに感じる人は多いようです。

アコムのメリット

  • 無人契約機
  • スマホアプリ
  • 即日融資

など、サービスが充実しているため、手軽な借入が可能です。

参考:お金を借りるなら銀行or消費者金融・意外な無利息ローンも!

街金から気軽に借りる

街金の利用もオススメです。もしも銀行カードローンや大手消費者金融の審査に落ちた場合でも、街金であれば借入の可能性は残っています。

金利は大手よりも高くなりますが、お金に困っている時の最後の砦となってくれるでしょう。

街金によって、さまざまなサービスを展開していますので、あなたの状況にあった業者を選びましょう。

参考:街金からお金借りる場合の取扱説明書!確実に借金する豆知識

まとめ

お金借りる場合には、しっかりとした敬語を使う必要があります。ちゃんと敬語を使えなければ、借金で不利となる可能性があるからです。

日頃からきっちりと敬語を使えるように訓練しておくことは大切なので、ぜひ意識しておきましょう。どうしても敬語が苦手なのであれば、金融業者から借りると手軽です。