資金繰りが厳しいときに知っておきたいビジネスローン。選び方のポイントと注意点

  • 「事業拡大のための資金が足りない」
  • 「取引先への支払いが厳しい」
  • 「開業資金を用意するのが難しい」

事業を営む人にとって資金繰りの悩みはつきもの。事業資金の調達先は、銀行や日本政策金融公庫などが真っ先に思い浮かぶかもしれませんが、これらの金融機関は審査が厳しく、そう簡単に融資してもらえません。

また急ぎで資金を用意しなければいけないという場合、銀行などでは融資までに時間がかかるので間にあいません。

このような場合、ビジネスローンが有用です。銀行や日本政策金融公庫よりも融資を受けやすく、審査~融資までの時間も短く済みます。「融資を受けられるか不安」「急ぎで資金が必要」という場合は、ビジネスローンを検討してみてください。

ビジネスローンとは

ビジネスローンは事業者専用ローンです。

一般的なキャッシングは個人を対象としており、基本的に使いみちは自由ですが例外として事業目的には使用できないとされています。

そのため、個人事業主や中小企業の経営者が個人向けのキャッシングで資金調達することはできません。

一方、ビジネスローンは事業者だけを対象としています。事業融資は銀行の得意分野ですが、ビジネスローンは消費者金融等のノンバンク系の金融業者が扱っています。

ビジネスローンの特徴

ビジネスローンの特徴は次のとおりです。

スコリングシステムで審査する

銀行から融資を受けるには、膨大な資料を提出しなければいけず、それらをもとに会社の経営状態や財務状況がチェックされます。

一方、ビジネスローンではそのような細かい審査はしないことが多く、ほとんどの金融業者はスコアリング審査を採用しています。

スコアリング審査とは、統計データをもとに資金借り入れ希望者の信用度を点数化することで融資の可否を判断する方法です。

担保保証人不要で借りられることも

銀行融資の場合、担保と保証人が必要になりますがビジネスローンではそれらを不要とする無担保ローンがあります。

特に個人事業主のような不動産を所有していない場合でも、審査にさえ通れば融資を受けられるのはありがたいことです。

ただし、担保・保証人不要とする分銀行融資よりも金利が高めに設定されているうえに、融資額は少なめであることが一般的です。

もちろん、ビジネスローンには有担保のものもあります。低金利で多額の事業資金を借りたいというときに便利です。

総量規制対象外

総量規制とは個人の借入総額を年収3分の1までに制限する法律のことです。

個人事業主は個人だからビジネスローンは総量規制対象なのでは?と心配される人も多いです。しかし、事業資金の借り入れは総量規制対象外となるので年収3分の1を超える借り入れも可能です。

ビジネスローンを利用するには

ビジネスローンを利用するための条件は主に次のとおりとなります。

  • 2年以上の業歴がある
  • 債務を超過していない
  • 税金未納がない

黒字決算である越したことはないですが、赤字決算だからといって申し込めないわけでもありません。

審査では返済能力が総合的に判断されます。ただし、赤字決算で審査に通っても金利は高めに設定される可能性が高いです。

ビジネスローンのメリット

ビジネスローンのメリットは次の3つです。

  • 担保保証人不要で事業資金を借り入れできる
  • 個人事業主でも審査通過しやすい
  • 審査・融資までのスピードが早い

事業の状況と資金調達の緊急度によって、ビジネスローンを選んだほうが良いのか他の事業融資を検討したほうが良いのかがわかれます。

きちんとメリットを理解したうえで資金調達方法を選びましょう。

ビジネスローンの選びかた

ビジネスローンと一口に言っても、金融業者によって特徴は異なります。ここではビジネスローンの選びかたと注意点について解説します。

ビジネスローンの比較ポイント

まずはビジネスローンの比較ポイントについて見ていきましょう。具体的にどのような部分を比較するのが良いのでしょうか?ポイントは次の4つです。

  • 審査・融資スピード
  • 限度額
  • 法人の利用可否
  • 金利

急ぎで事業資金が必要という人は「審査・融資スピード」を優先して選ぶ必要があるでしょう。最短即日で融資可能なビジネスローンもあるので、それに絞って申し込み先を決めましょう。

上記4つの中でどれを一番優先させたいのかによって、選ぶ商品は違ってきます。

ビジネスローンは基本的にどこも高金利です。事業主に融資するのはリスクが高いと判断するためです。

ですから、金利を優先したいと思ってもどの業者も金利差はそこまで大きくありません。金利を比較しつつ他の比較ポイントもチェックしたほうが良いでしょう。

ビジネスローンは銀行融資に比べると必要書類が少ないですが、金融業者によって必要な書類の種類が違います。できるだけ簡単に手続きしたいという人は、必要書類も確認しておくと良いでしょう。

ニーズ別おすすめのビジネスローン

ここではニーズ別におすすめのビジネスローンをご紹介します。

すぐに融資を受けたい

ビジネスローンで最も多いとされるニーズが「すぐに融資を受けたい」というもの。

銀行からの融資はどうしても時間がかかるため、事業資金が底をつきそうなときには対応できません。そこで、ビジネスローンを利用しようと考える人が多いのです。

ビジネスローンの融資にかかる時間は業者によってまちまちです。事業資金ということで借入額が多くなることもあり慎重に審査されるので時間がかかる傾向にあります。

比較的早く融資してくれるビジネスローンとしては大手消費者金融の「プロミス自営者カードローン」があげられます。

プロミス自営者カードローンの特徴

  • 最短30分審査回答
  • 最短即日融資
  • 個人事業主向け
  • 金利6.3%~17.8%
  • 最高限度額300万円
  • プライベート資金にも利用可能
  • 提出書類が少ない

プロミス自営者カードローンは、ビジネスローンの中でもトップクラスの融資スピードを誇ります。

手続きがスムーズに進めば、申し込んだその日に事業資金の借り入れが可能です。とにかく急いでいるという人に最適なビジネスローンです。

高額融資を受けたい

限度額が大きいビジネスローンを探しているならば、「ビジネクスト」がおすすめです。数あるビジネスローンの中でも高額融資に対応しています。

ビジネクストの特徴

  • 最高限度額1000万円
  • 金利8.0%~18.0%
  • 最短3営業日で融資可能
  • 法人・個人事業主が利用可能

ビジネスローンは法人のみまたは個人のみとしているものが多い中、ビジネクストは法人・個人どちらも対象としています。高額融資対応なので運転資金や設備資金にも活用しやすいです。

法人でも利用できるビジネスローンを探している

法人でも利用できてなおかつ高額の融資を希望しているなら「エスワイジービジネスローン」がおすすめです。

エスワイジービジネスローンの特徴

  • 金利7.5%~15.0%
  • 融資限度額最高1億円
  • 返済期間最長3年
  • 担保・保証人原則不要
  • 最短2営業日融資
  • 年商5000万円以上の法人が利用可能

エスワイジービジネスローンは最高1億円まで融資可能な大型ビジネスローンです。法人向けにもかかわらず融資スピードが早いのも特徴です。

低金利のビジネスローンを探している

ビジネスローンは高金利のものが多いです。低金利で借り入れを考えているなら、他の項目も比較したうえで検討するのが良いでしょう。

他社よりもわずかに金利が低く、使い勝手が良いビジネスローンが「オリックスVIPローンカードBUSINESS」です。

オリックスVIPローンカードBUSINESS

  • 金利6.0%~17.8%
  • 個人事業主(業歴1年以上)、法人の代表者が利用可能
  • 最高限度額500万円
  • 最短即日融資
  • コンビニATMで返済OK

オリックスVIPローンカードBUSINESSは、提携ATMが多いので使い勝手が良いビジネスローンです。業歴が浅い個人事業主でも利用可能な点も特徴です。

ビジネスローンの注意点

ここではビジネスローンを利用するうえで知っておきたい注意点について解説します。

長期的な借り入れは利息が膨らみやすい

ビジネスローンは基本的に金利が高いです。そのため、長期的な借り入れには不向きです。返済期間が長引くほど利息が膨らんでいってしまいますので、できる限り短期で返していくことを意識しましょう。

気づかぬ内に借入額が多くなっている

ビジネスローンはいつでもどこでも利用することができる利便性の良さから人気ですが、だからこそ注意したいのが「借り入れが癖になる」ことです。

利便性の良さからついつい必要以上に借り入れしてしまい、気がついたら借入残高が膨らんでしまったというケースは珍しくありません。

このような失敗を防ぐには「いつまでに」「どうやって」返済するのかきちんと計画立てしておくことが大切です。

金融業者によってはホームページ上で返済シミュレーションできるツールを用意していますので、ぜひ活用しましょう。

ビジネスローン活用のコツ

ビジネスローンで失敗しないためのコツは、

  • 短期返済を意識する
  • 必要なときだけローンカードを携帯する

上記2つを意識してビジネスローンを利用しましょう。

先述したとおりビジネスローンは金利が高いですから、返済が長引くと利息が膨らんでしまいます。事業が好調なときは多めに返済して借入残高を減らすようにしましょう。

ついつい借りてしまうという人は、必要なとき以外はローンカードを持ち歩かないことです。

ビジネスローンは利便性が良いため、コンビニATMで簡単に借りられてしまいます。だからこそ借り癖がつきやすいので、無計画な借り入れをしないように注意しましょう。

ビジネスローン審査通過のコツ

「ビジネスローンの利用を考えているけど審査に通るか不安・・・」という人は多いのではないでしょうか?

ここではビジネスローンの審査ポイントと審査に通るためのコツについて解説していきます。

一般のローンとは審査ポイントが異なる

ビジネスローンは一般のローンとは審査ポイントが異なります。

一般的なローンでは、信用情報で融資可能かどうかを判断しますがビジネスローンでは信用情報以外の項目も重点的にチェックします。そのため、工夫次第で審査を有利にすることができます。

ビジネスローンの審査で重点的にチェックされるポイントは次のとおりです。

  • 年収はどれぐらいか
  • 業歴は何年か
  • 確定申告書に不備はないか
  • 返済能力を超えた借り入れをしていないか
  • 資金計画書の内容は適切か
  • 信用情報が傷ついていないか

中でも重要なのが、「業歴」「資金計画書の内容」です。

たとえば、業歴が2年以上ないと申し込み不可としていたり、個人事業主しか申し込めないとしているケースもあります。

申し込み資格を満たしていなければ、そのビジネスローンには申し込めませんし、仮に申し込んでも審査にとおりません。

資金計画書の内容がきちんと記載されているかも重要です。書くのが面倒だからといって適当なことを書いてしまうと審査落ちの可能性が高くなります。

ビジネスローンに申し込む際は、この2点を抑えるようにしましょう。

審査の甘いビジネスローンはある?

審査が不安な人は「審査が甘いビジネスローンはないの?」と気になるところでしょう。

ビジネスローンは金融業者ごとに独自の基準で審査しているので、当然審査の難易度は違ってきます。

ただし、それは審査が甘い厳しいということではなく、「重視しているポイントが違う」ということに過ぎません。審査が甘いかどうかは個人的な感覚であり、誰でもとおるような審査の甘いビジネスローンは存在しないということです。

ただ、ビジネスローンによっては「審査に求める条件が少ないもの」もあるので、審査が不安な人は条件が少ないビジネスローンに申し込んでみると良いでしょう。

たとえば、

  • 事業実態を確認できる書類だけで審査するビジネスローン
  • 事業計画書と資金計画書両方の書類が必要なビジネスローン

上記2つのビジネスローンの場合、前者のほうが審査に求める条件が少ないと言えます。後者のほうがより細かくチェックするビジネスローンということになります。

また融資限度額も審査に影響します。融資限度額300万円よりも融資限度額1000万円のビジネスローンのほうが、厳しく審査するケースが多いです。

このようにビジネスローンによって審査で重視するポイントが異なるということは抑えておきましょう。

審査通過率の高いビジネスローン

どの金融業者も自社のビジネスローンの審査通過率は公表していません。

しかしながら、限度額や必要書類から審査に求める条件が少ないビジネスローンを探すことはできます。

たとえば、下記の3社のビジネスローンは審査に求める条件が少ないです。

  • プロミス自営者カードローン
  • オリックスVIPローンカードBUSINESS
  • ビジネクスト

プロミス自営者カードローンは、最短即日融資可能なうえに必要書類が少ないのが特徴です。事業関連の書類は営業実態を確認できるものだけで申し込めるので、簡単に手続きできます。

しかも、借り入れたお金はプライベート資金としても利用することができます。融資限度額が最高300万円と少額なのもポイントです。

審査落ちした場合は半年以上待つ

ビジネスローンの審査に落ちてしまっても、別のビジネスローンに申し込んで審査に通れば融資を受けることは可能です。

ただし、短期間に何社も申し込みしてしまうと「お金に相当困っているかもしれない」と金融業者から警戒されやすく、審査落ちの可能性が高くなります。

もし審査落ちしてしまった場合は、最低半年経ってから再申し込みするようにしましょう。

ビジネスローン申し込み~融資までの流れ・必要書類

ビジネスローンの申込み方法は金融業者や商品によって異なります。インターネットからの申込みに対応しているビジネスローンもあります。申し込みを検討しているビジネスローンがどのような方法で申し込みできるか事前に確認しておきましょう。

申込み~融資までの流れ

ビジネスローンの申し込みの流れは下記のとおりです。

1. 各申込み方法から申し込み
2. 必要事項の記入
3. 必要書類の提出
4. 審査
5. 審査結果の通知
6. 融資実行

ビジネスローンの場合、必要書類を提出して金融業者側で確認が取れてから審査に入ります。提出した書類に不備があればその分審査に時間がかかってしまいますので、あらかじめ必要書類を用意しておくようにしましょう。

審査に必要な書類

ビジネスローンの審査に必要な書類は主に次の3つです。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書
  • 事業に関する書類

本人確認書類は運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなどです。収入証明書は確定申告書、収支内訳書、青色申告書などです。事業に関する書類は金融業者によってことなりますが、事業計画書、資金計画書、事業実態を確認できる書類などです。

一般的に限度額が高いビジネスローンほど提出する書類は多くなると思ったほうが良いでしょう。