お金の使いみちが決まってるならフリーローンがお得!低金利で借りられます

個人が金融機関でお金を借りる方法には、フリーローン、カードローン、消費者金融、キャッシングなどがあります。どれを選べば良いのか迷う人も多いでしょう。

今回は、その中からフリーローンについて解説していきます。どのような特徴があるのか、金利やメリット・デメリット、カードローンと何が違うのか詳しく見ていきましょう。

フリーローンとは

フリーローンとは、主に銀行が取り扱っている個人向けのローンのことです。名前のとおりお金の使いみちは自由です。

銀行では住宅ローンや自動車ローンなどお金の使いみちが決まっている既存のローン商品が代表的ですが、フリーローンの場合、たとえば、旅行費用や家電の購入、美容外科などの保険適用外の医療費など幅広い用途に使うことができます。

性質はカードローンと似ていますが、フリーローンの場合は使用目的の申告が必要になることがあります。

銀行によっては借入金の使いみちを証明する書類を提出しなければいけなかったりします。

フリーローンの種類

フリーローンには、特定の使いみちにしか使えない「多目的ローン」と、借入金の使いみちを問わない(使徒証明書不要)フリーローンがあります。

多目的ローンの中には、旅行や結婚資金など使いみちを特定の物だけに限定することで金利を優遇しているローンもあります。基本的には見積書など使いみちがわかればどのようなものに対しても利用可能です。

フリーローンの中には不動産を担保として融資を受けるものもありますが、基本的には本人の信用だけで借りることができます。

フリーローンのメリット・デメリット

フリーローンには次のようなメリットがあります。

  • カードローンより低金利
  • 使いみちは原則自由
  • 借入残高が毎月確実に減っていく
  • 担保保証人不要

最大のメリットとも言えるのが、低金利&使いみち自由だということです。カードローンと比較すると金利は約半分以下、という銀行は少なくありません。

金利が低ければその分返済に充てられる分が多くなるので、返済期間が長期にわたる可能性が低いです。

また、フリーローンは一度借りたら後は返済のみとなっており、これをデメリットという人もいますが、返済するだけですから毎月確実に借入残高は減っていきます。

必要以上に借金することがないので、カードローンのように借り入れと返済が続いて返済が終わらないということがありません。

逆にフリーローンには次のようなデメリットがあります。

  • 追加借り入れできない
  • 手続きに時間がかかる
  • 目的ローンと比べると金利が高い
  • 条件がやや厳しい

フリーローンでは再度借り入れしたいと思ってもすぐに借りることはできません。再度フリーローンに申し込んで、審査を受けて契約しなければいけません。

カードローンのようにATMにカードを入れてすぐに借り入れできる、というわけではないのです。

また、フリーローンは手続きが完了するまでに1週間前後かかります。即日で借りられるフリーローンはほとんどありません。銀行によっては書類で手続きする必要があり手間がかかります。

フリーローンとカードローンの違いを比較!

フリーローンを扱う銀行ではカードローンも扱っているところがほとんどです。

カードローンも同じように使いみちが自由なら、繰り返し利用できるカードローンで借りたほうがいいのでは?と思うかも知れません。

ここではフリーローンとカードローンの違いについて解説していきます。

最も大きな違いは追加融資の可否です

フリーローンの貸付形態は「証書貸付」、カードローンの貸付形態は「当座貸越」です。

証書貸付とは、金銭消費貸借契約証書のもと、借入額・利率・返済期限・返済金額を借り手と貸し手双方で取り決めて行うことです。

返済しても枠が戻るわけではないので、追加で借り入れするには再度申し込んで審査を受けなければいけません。

一方、当座貸越は一定金額を借り入れ枠が作られるというものです。たとえば、審査の結果100万円の借り入れ枠が設定された場合、この借り入れ枠の範囲内で借り入れと返済を行うことができます。

50万円借りた場合、後50万円の範囲内で借り入れができます。50万円を返済すれば借り入れ枠は100万円にまで戻ります。

フリーローンのほうが低金利

一般的にはフリーローンのほうが金利は低いです。使用目的がはっきりと決まっていてまとまったお金を借りたいときはフリーローンを利用するほうが便利です。

ただし、銀行や借入額によってはカードローンのほうが低金利で借りられるケースもあります。たとえば、三菱UFJ銀行のカードローンバンクイックの金利は年1.8%~14.6%ですが、フリーローンのネットDE多目的ローンは年5.475%です。

このようにカードローンのほうが金利を低く設定されているものもあるので、申し込みする前に必ず銀行の公式サイトを確認するようにしましょう。

高額な借り入れを希望する場合はフリーローンがお得

フリーローンは主に銀行が扱っているため、総量規制対象外です。カードローンでは年収の3分の1を超える借り入れはできませんが、フリーローンなら年収に関係なく借り入れすることができます。

ただ、借入額が大きくなるほど審査が厳しくなります。希望すれば誰でも簡単にまとまったお金を借りられる、というわけではありません。

追加借り入れのスピードの違い

カードローンだと、限度額の範囲内で2回目以降もすぐに現金の借り入れができます。たとえば限度額50万円で、初回に30万円借りると、残り20万円残っていることになります。

残りの20万円に関しては、自分お好きなタイミングですぐに借り入れ可能です。

これに対し、フリーローンはそうはいきません。同様に限度額50万円だったとして、初回借り入れが30万円だとした場合、残りの20万円を借りるには借りている30万円を完済して、そのうえで改めて申込み審査を受けないといけないのです。

手続きにかかる時間はカードローンのほうが短い

一般的に手続きにかかる時間はカードローンのほうが短いです。金融機関によっては最短即日で借り入れすることも可能です。

これに対し、フリーローンは1週間以上かかることが多いです。フリーローンのほうが厳しく審査されるためです。

こんな人にフリーローンはおすすめ

フリーローンとカードローンは使いみち自由という共通点がありますが、それぞれターゲットにしている利用者に違いがあります。

カードローンは必要に応じて借り入れしたい方に向けた商品であり、使いみちがハッキリと決まっていない人をターゲットとしています。

一方、フリーローンは使いみちがハッキリと決まっていて、必要な金額が明確な人をターゲットとしています。

カードローンが向いている人 フリーローンが向いている人
・必要に応じて借り入れ・返済したい
・自分の都合にあわて返済したい
・お金の使いみちがハッキリ決まっていない
・毎月確実に返済していきたい
・低金利で借りたい
・お金の使いみちが決まっている

フリーローンを選ぶ3つのポイント

ここではフリーローンを選ぶ際のポイントをご紹介します。

利用条件は必ず確認する

フリーローンの中には利用条件を厳しく設定しているものもあります。公務員や上場企業に勤めている場合や利用条件はさほど気にする必要はありません。

しかし、自分の属性に自信がない人は、できるだけ利用条件が厳しくないものを選ぶようにしましょう。

特にフリーローンは、年収制限を設けていることがあるので注意が必要です。たとえば、三井住友銀行のフリーローンは、正社員で年収200万円以上でないと申し込めないという制限を設けています。

利用条件には必ず目を通しておくようにして、審査に自信がない人はできるだけ利用条件が厳しくないものを選ぶようにしましょう。

傾向としては大手都市銀行よりも地方銀行のほうが利用条件は緩やかです。パート・アルバイトでも利用可能なフリーローンを扱っている銀行が多いです。

ただし、利用条件が厳しくないフリーローンは借りられる金額が少額に設定されるものが多いので、利用限度額についても必ず確認しておきましょう。

金利は大手都市銀行が好条件

基本的に大手都市銀行のほうが金利は低いです。

下記の表にて大手都市銀行と地方銀行のフリーローンの金利をまとめてみました。

種類 銀行名 商品名 金利

都市銀行
三菱UFJ銀行    ネットDE多目的ローン 変動5.475%
三井住友銀行       フリーローン 無担保型 変動5.975%
みずほ銀行 みずほ銀行多目的ローン ・変動5.875%
・固定6.55%
りそな銀行           プライベートローンJ 固定6.5%~14.0%

地方銀行
北洋銀行              北洋フリーローン 変動4.9%~13.5%
仙台銀行              スーパーフリーローン 固定4.5%~14.8%
武蔵野銀行 まるごとパック 固定7.5%~14.5%
但馬銀行              たんぎん多目的ローンローンコンシェル 変動4.8%~14.5%
神戸信用金庫       フリーローン 固定3.9%~14.5%

ご覧のとおり、地方銀行は金利に幅があり実際に審査を受けないと適用利率はわかりません。属性に自身があるなら大手銀行のフリーローンを利用することをおすすめします。

繰り上げ返済無料のものを選ぶ

少しでも利息を抑えたいという人は、お金に余裕があるときに繰り上げ返済を行い総返済額を減らしたいところです。

しかし、フリーローンでは繰り上げ返済時に高額な手数料をとることが多いです。その結果、利息以上のお金を払うことになるかも知れません。

繰り上げ返済も視野に入れているのであれば、手数料無料のフリーローンを選びましょう。

フリーローン申し込みから融資までの流れ

実際にフリーローンで借り入れするまでにどのような手続きが必要なのでしょうか?

ここではフリーローンの申込みから融資までの流れについて見ていきましょう。

契約は来店して行うことが多い

カードローンは来店不要で契約可能なものが多いですが、フリーローンでは来店して契約することが多いです。

大まかな流れとしては下記のようになっています。

① インターネット申込
② 審査(在籍確認も行う)
③ 電話にて審査結果の通知
④ 必要書類を持参し銀行窓口へ来店
⑤ 契約手続き
⑥ 口座へ振込
⑦ 毎月、自動引落により返済

どの銀行でも基本的な流れは同じです。インターネット申込みに対応していても、契約は窓口で行うケースが多いです。

審査結果は早くて翌日、遅いと1週間以上かかります。

必要書類は?

フリーローンの申し込みに必要な書類は銀行によって多少違います。あらかじめ各銀行の公式サイトにて準備が必要な書類は確認しておきましょう。

一般的には、

  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、住民基本台帳カードなど)
  • 収入証明書(源泉徴収票、課税証明書、確定申告書など)
  • 資金使途証明書類(カタログ、見積書、請求書など)

このような書類が必要となります。

低金利のローンほど提出する書類が多くなる傾向です。

在籍確認は必ずある

フリーローンの審査では、申し込み者が本当に働いているのか確認の意味で申告した勤務先に電話連絡します。

これを在籍確認と言います。どの銀行でも基本的に在籍確認はあるものだと思ったほうが良いでしょう。

在籍確認の電話では、銀行名を名乗りますがフリーローンに申し込んだとわかるような発言は控えますので、職場の同僚に借金していることがバレることはまずありません。

また、在籍確認の電話は申し込み者本人がでなくても問題ありません。偶然、席を外していて電話応対できなくても「〇〇は只今、席を外しています」と答えてもらえればOKです。

来店不要なフリーローンもある

一部の銀行ではすべての手続きをWEB上で完結可能なフリーローンを扱っています。

たとえば、足利銀行の「ウェブロ」というフリーローンは、一切来店不要で融資を受けることが可能です。

ただし、先述したとおりWEBで完結できるフリーローンは少ないです。また、利用するためにはその銀行の口座を持っている方しか利用できないケースがほとんどです。基本的には、契約は窓口で行うものだと思ったほうが良いでしょう。

フリーローンQ&A

ここではフリーローンの疑問にお答えしていきます。

Q:固定金利と変動金利どっちを選べば良いのかわかりません

フリーローンは基本的に完済まで金利は契約時のまま変わりません。しかし、一部の銀行では固定金利と変動金利を選択できるフリーローンがあります。

返済期間にもよりますが、基本的には金利が低いものを選んで問題ありません。固定金利よりも変動金利のほうが低いです。変動とは言っても、マイナス金利政策によって金利が高騰することはまずありません。

Q:金利に差があるのはなぜですか?

これは特に地方銀行のフリーローンで見受けられますが、たとえば横浜銀行のフリーローンの金利は1.9%~14.6%と幅があります。

横浜銀行では借入額に応じて金利が変動しますが、中にはどのようにして金利が決まるのかわかりにくいものもあります。

基本的に、信用が高い人、年収が高い人は低金利で利用しやすい傾向にあると思っていいでしょう。信用力や返済能力が低い人には踏み倒しされる前に高金利で利息を取っておこうという考えですから、審査通過しやすいフリーローンほど金利は高くなる可能性が高いです。

Q:必要額以上の借り入れとなる場合はどうすればいいですか?

この場合は、フリーローンよりもカードローンの利用をおすすめします。

カードローンであれば、借りた分しか利息は発生しません。仮に利用限度額が50万円に設定されても、10万円しか借りなければ利息は10万円に対して発生することになります。

一方で、フリーローンで限度額が50万円で必要な金額が10万円だとしても、利息は50万円に対して発生してしまうのです。

Q:返済期間の決め方はどうすればいいですか?

同じ金額を借りるのでも、返済期間が短いほうが利息は少なくなります。

たとえば、100万円を金利13%で借りて返済期間を1年間と3年間にした場合で比較してみましょう。

返済回数 毎月の返済額 総返済額
1年間(12回) 89,317円 1,071,804円
3年間(36回) 33,693円 1,212,948円
差額 141,144円

同じ金額を借りたのに14万円以上の差が生まれてしまいます。

返済期間を長く設定すると、月々の返済額は少なくて済みますが、その分利息を多く払うことになり結果として大きく損をしてしまうことになります。

もちろん生活を圧迫するような無理な支払いは禁物ですが、できる限り短い期間で返済が終わるようにしましょう。お金に余裕があるときは繰り上げ返済をするのも手です。

Q:複数の申し込みをしてたくさん借りてもいいですか?

フリーローンについての申込み情報や利用情報は、すべて個人信用情報機関という機関で管理保持されています。

この情報は加盟する金融機関で共有されるので、申込みを受けた金融機関は、申し込み者が現在どれぐらいの借り入れをしているのかを知ることができます。

短期間に複数のローンに申し込みしていることがわかると、金融機関は「貸し倒れの可能性が高い」と判断し否決にする傾向が強いです。基本的に借り入れ先は1社に絞ったほうが良いでしょう。

Q:繰り上げ返済したいのですが・・・できますか?

基本的に可能です。ただし、銀行によっては高額な手数料を取るので注意してください。

たとえば、三井住友銀行では繰り上げ返済するのに5,000円以上の手数料を取ります。

たとえば、繰り上げ返済として1万円多く払っても、その半分は手数料でもってかれてしまうので実質5,000円しか払っていないことになってしまうのです。

また、繰り上げ返済に対応していない銀行もあるので、あらかじめ確認しておくのが良いでしょう。

Q:フリーローンはいくらまで借りることができますか?

フリーローンは総量規制対象外ですが、借入額が大きくなるほど審査は厳しくなります。

目安は年収の3分の1程度までが借りやすい金額だと思ってください。この年収3分の1というラインは、無理なく返済可能な金額とされておりフリーローンでも同様となっています。