派遣登録していればお金借りることは可能?派遣バイト虎の巻

この記事を5秒でまとめると…

  • 契約社員やパートアルバイト、主婦にも融資するところもありますので、派遣バイトだからといって諦める必要はありません
  • 原則として無職の人はお金借りることができないため、何らかの仕事についていなければならない
  • 継続的な安定収入があれば、派遣バイトだったとしても融資に応じてくれる業者はたくさんある

銀行などの金融機関や、消費者金融などの貸金業者から借り入れする場合、派遣バイトでは審査が不利といわれるケースがあります。

確かに正社員のようにスンナリと借入れできない可能性はありますが、キャッシング会社によっては、安定収入(年収)条件や、返済能力面をクリアしていれば、派遣バイトでも貸してくれるところもあります。

契約社員やパートアルバイト、主婦にも融資するところもありますので、派遣バイトだからといって諦める必要はありません。この記事では、派遣バイトでお金借りることについて解説しますので、申し込み前に確認しておきましょう。

派遣バイトでもお金借りることが可能なポイント

カードローンやキャッシングは、返済能力がなければお金借りることはできません。そのため、安定収入がある仕事についていることが、重要なポイントとなります。

場合によっては配偶者に安定収入があれば、専業主婦にも融資をしてくれる銀行カードローンもありますが、原則として無職の人はお金借りることができないため、何らかの仕事についていなければなりません。

派遣バイトは仕事をしているという点はクリアしていることになります。では、派遣バイトがお金借りる時にはどのようなケースで有利に働くのでしょうか?

派遣登録だけでなく安定収入がある

銀行や金融業者の立場で考えると、継続した収入がない人にお金を貸すことはリスクとなります。

仮に、一時的に高収入があったとしても、継続性がなければ借金が焦げ付く可能性が高いでしょう。そのため、継続的な安定収入ということが求められているのです。

派遣バイトの場合は、派遣登録だけしていて、実際には仕事をしていないケースもありえますが、このような場合は審査では不利となるでしょう。ちゃんと派遣登録をした上で仕事をしていることが求められます。

総量規制に引っ掛からない

総量規制に引っかからないということも重要な要素です。総量規制は改正貸金業法が定める融資条件のルールで、年収の3分の1を超える融資をしてはいけないと言う決まりです。

銀行カードローンは貸金業法の対象外ですので、総量規制による上限はありませんが、自主規制として総量規制を目安としている銀行や、年収の2分の1を上限としている銀行があります。

いずれにせよ、融資の上限に引っ掛かってしまうと、審査落ちのリスクは高まりますので収入が多いほど審査では有利となります。

信用情報が健全

借入の情報やクレジットカード利用の情報など、個人の金融取引は個人信用情報機関に記録されます。日本には3つの信用情報機関があり、それぞれの信用情報機関に銀行やクレジットカード会社消費者金融が登録をしています。

もしも金融事故を起こして信用情報に傷がついてしまうと、事故情報が信用情報機関の間で共有され、カードローン審査に通過することは困難となりますので、信用情報が健全であることが大切です。

他社借入がない

銀行や消費者金融は他社借入を嫌います。複数社からの借入れがあり、他社借入件数が多ければ多いほど、カードローン審査では不利となってしまうでしょう。

借入件数が増えると多重債務となって、借金が焦げ付くリスクが高まってしまうので、もしも他社借り入れがある場合には、おまとめローンなどで一本化することが賢明です。

ちなみに信用情報には6ヶ月間申し込み情報の履歴も残るため、短期間に複数者に申し込みをしている人も審査では不利となってしまいます。申し込みは6ヶ月以上空けるように気をつけましょう。

派遣バイトで審査落ちするよくあるパターン

派遣バイトで審査落ちするよくあるパターンを紹介します。審査落ちの典型例としては、

  • 「日雇い勤務で安定性がない」
  • 「在籍確認が取れない」
  • 「延滞をしている」
  • 「借入れ希望額が多い」

の4つです。それぞれ紹介しますのでぜひ反面教師にして、審査通過の確率を上げましょう。

日雇い勤務で安定性がない

派遣バイトの中でも、日雇い勤務で継続性がないものもあります。単発の日雇いバイトの場合には、借入審査で不利となるでしょう。

基本的にアルバイトは低収入であることが多いため、その点でも正社員より不利であることは否めません。

加えて、単発の日雇いバイトであれば安定収入とは言えないため、審査落ちのリスクは高いでしょう。

在籍確認が取れない

在籍確認が取れない場合も審査落ちのリスクは高まります。在籍確認とは、安定収入の裏付けとして、勤務先に本当に在籍しているかの確認電話を入れるのです。

派遣会社の場合は派遣先ではなく、給料を払ってくれている派遣元に電話が入ることになります。ただし、最近は在籍確認を拒否する派遣会社も増えているようです。

派遣会社には同姓同名の人が登録している可能性もある上、同業他社の調査で電話がかかってくることも想定されるため、「個人情報の観点からお答えできません」と言うケースもあるのです。

そのため、派遣元の会社に電話につないでくれるように伝えておいた方が賢明でしょう。

延滞をしている

延滞をしている場合には信用情報ブラックとなってしまうため、お金借りることは難しくなります。延滞は他のローンだけでなく、クレジットカードの支払いや、カード払いしている公共料金の支払い、携帯電話の支払いなどさまざまなものが考えられます。基本的に支払わなければならないものは期日までにきっちりと支払うことが前提となります。

借入れ希望額が多い

借入希望額にも注意が必要です。お金借りる場合には少しでもゆとりを持とうと、本来必要な額よりも多めの借入希望額で申し込む人がいらっしゃいます。

しかし、借入希望額の多さに比例して審査難易度は高くなると思った方が良いでしょう。

不必要な分まで借りようとして審査落ちしてはもったいないため、必要な額だけで申し込むことが大切です。

また、借入希望額が多いと総量規制に引っかかるリスクもありますので、希望額にゆとりを持とうとしないよう気を付けましょう。

派遣でも借りれる金融業者

派遣バイトでもお金借りることができるとご理解いただけたと思いますが、条件次第では審査で有利に働いたり不利に働いたりします。そのため少しでも審査が有利になるように配慮する必要があるでしょう。

とはいえ、審査申し込みをするにしても、具体的にどのような業者に申し込めば良いのか分からないという人もいらっしゃるかと思います。そこで派遣でも借り入れが可能な銀行や消費者金融を紹介します。

派遣でも借りれる条件一覧

派遣でも借り入れできる業者の例として、年齢条件や申し込み条件を列挙しますのでぜひ参考にしてください。

《派遣でも借入れ可能な条件例一覧》

業者カテゴリ 業者名 年齢条件 申込条件
メガバンク みずほ銀行 満20歳以上満66歳未満 安定かつ継続した収入の見込め、株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けられる。(外国人は永住許可を受けている)
三菱UFJ銀行 満20歳以上65歳未満の国内居住者 安定した収入があり、株式会社アコムの保証を受けられる
ネット銀行 楽天銀行 満年齢20歳以上62歳以上 日本国内居住者(外国籍の場合は永住権や特別永住権が条件)で、勤務していて毎月安定した定期収入がある
消費者金融 アイフル 満20歳以上70歳未満 定期的収入と返済能力がある
アコム 満20歳以上69歳未満 安定した収入がある
SMBCモビット 20歳以上69歳以下 定期収入のある
プロミス 20歳以上69歳以下 本人に安定した収入がある

まとめ

派遣バイトは正社員に比べると、借入審査では不利となることが多いようですが、派遣バイトだからといって借り入れができないということはありません。

継続的な安定収入があれば、派遣バイトだったとしても融資に応じてくれる業者はたくさんあります。ここで紹介した内容をご理解いただいた上で、少しでも審査を有利にするよう対処して下さい。