親戚からお金借りる場合のよくある言い訳とリスクを徹底解説

この記事を5秒でまとめると…

  • 返済期日に根拠をもってお願いすべき
  • 個人間の借金は人間関係を壊す原因
  • 専門業者なら安全・手軽にお金が借りられる

お金に困った時には、親や兄弟などの家族からお金借りる人もいらっしゃいますが、叔父や叔母などの親戚から借金する人もいらっしゃいます。

親戚は家族よりは遠い関係ですが、身内であるため友達よりは抵抗なく相談できる相手だと認識している人も多いようです。

この記事では、親戚からお金借りる場合の言い訳を紹介した上で、親戚からお金借りるリスクを解説します。

目 次

親戚からお金を借りる時に使える理由6個

友人からお金借りる場合には、金額にもよりますが、信頼関係という土台を構築するのが前提となります。

本当に返済できるのかや、そもそもちゃんと返済するつもりがあるのかが、相手から見られるでしょう。

親戚の場合には、最初から一定の信頼関係はできていることが多いため、スンナリ貸してくれる可能性は高いという話しを耳にします。

まずは、親戚からお金を借りる方法として、使える理由を6つ紹介します。

今回だけ貸してほしい

親戚からお金借りる時に、今回だけ貸してほしいというのは定番です。

  • 「臨時出費で生活費がショートしそうだから今回だけ貸してほしい」
  • 「アクシデントに対応しなければならないから今回だけ貸してほしい」

などさまざまな理由を付けてお願いするのがおすすめです。

しかし、相手が知りたいのは本当に返してくれるかどうかなので、自分の事情を伝えるよりも、返済ができる根拠を示してお願いした方が良いでしょう。

ちゃんと利息を払うから

ちゃんと利息を払うからというのもよくあるパターンです。

このパターンでは、自分の事情や貸してほしいという気持ちだけでなく、利息を払うという相手のメリットにも配慮したお願いの方法です。

その配慮が相手にも伝われば、貸してくれることもあるでしょう。

ただし、近しい親戚である場合には、利息云々よりもあなたのことを心配していることもありますので、経済能力と計画性があることは示した方が良いでしょう。

借用書を作るから

借用書を作るからというのは、ちゃんと返す意思があるという思いの表れであるため、貸してもらいやすいかも知れません。

ただし、相手は「借用書を作るのは最初から当たり前だ」と思っている可能性もありますので、理由にならないと思われる場合も想定しておきましょう。

場合によっては返済計画も作ろう

借用書だけでは返す気持ちは表せても、本当に返せるという根拠にはなりませんので、返済計画を作成し相手に渡すことも大切です。

返済期日を約束するから

いつまでに返済するとか、毎月何日にいくら返済するというような、返済期日を約束することも良い方法です。

ひょっとすると、自分が借りようとしているお金は、相手にも必要なタイミングがあるかも知れませんので、返済期日に問題がなければ貸してくれるかも知れません。

そのため、返済期日や返済金額は、根拠を持って具体的に示す必要があります。

給料が入ったら返すから

給料が入ったら返すという場合は、給料日がいつなのかということも同時に伝えましょう。

また、給料日が土日祝日に重なっている場合には、返済する日がいつになるのかも名言する必要があります。

ただし、相手に場当たり的な印象を与えてしまうケースもありますので、無理なく返せるということを強調した方が良いでしょう。

急場をしのぎたいから

急場をしのぎたいから貸してほしいという場合には、先々の見通しの有無があるかがポイントとなります。

相手の立場で考えると、急場をしのいでも、また同じような急場が現れるのではないかという不安がよぎるでしょう。

今回の急場をしのぎさえすれば、資金が潤沢に回るということを、根拠を持って示せれば、相手も安心して貸してくれるかも知れません。

中長期的なプランを安心材料としましょう。

親戚からお金借りるリスク

親戚といえども、付き合い方は人それぞれです。身内なんだからと甘えて安易に借金をしてしまうと、さまざまなリスクが付きまとうことになります。

ここでは親戚からお金借りるリスクとして典型的な3つのポイントを紹介します。

その3つとは、

  • 「親戚関係にヒビが入る場合があること」
  • 「返せなくても付き合いは残ること」
  • 「贈与税がかかる可能性があること」

です。

それぞれの内容を具体的に見て行きましょう。

親戚関係にヒビが入る

親戚からお金借りるリスクとしては、借金を返済できなかった場合に、親戚関係にヒビが入る可能性があります。

親戚の場合、友人よりもネットワークが密である場合が多く、下手をすれば借金をした上、返済ができなかったことが、親戚中に知れ渡ってしまう可能性があります。

そのため、借りた相手以外の親戚との関係にもヒビが入ったり、親戚関係が破たんしてしまう恐れがあるのです。

返せなくても付き合いは残る

親戚からお金借りた場合、万一返済できなくなったとしても人間関係は続いてしまいます。

たとえば友人や知人から借りた場合、返せなくなって人間関係が破たんしてしまったとしても、会わなければ気まずい思いをする必要はありません。

しかし、親戚の場合には、人間関係が破たんしていたとしても会う機会はあるでしょう。

その時、借りた側が特に気まずい思いをしなくてはなりません。

贈与税がかかる可能性がある

贈与税がかかる可能性にも留意が必要です。個人間でのお金の貸し借りは、親戚はおろか、親子関係であったとしても贈与税がかかることがあるのです。

借金であることを証明するためには、借用書を書いた上、一定の金利を設定し、実際に返済しているという実績が必要となります。

これらがなければ、贈与とみなされて課税対象となる場合がありますので、きっちりと対策を取っておかなければなりません。実は、個人間借金は結構手間がかかるのです。

言い訳してまで親戚や身内からお金を借りるのはやめた方がいい3つの理由

家族・親戚・身内同士のお金の貸し借りは、ときに人間関係にヒビを入れてしまう恐れがあります。

「絶対に返すから問題ない」と思っていても、不測の事態で借りたお金を返せないかもしれません。

また、お金の貸し借りをすることで、互いの関係性に上下関係が生まれてしまいます。そうなると今まで通りの関係には戻れない可能性だってあります。

お金借りる手段はたくさんありますし、借りなくても用立てする方法もあります。

その中でも親戚や身内からお金借りる方法というのは、一見気軽にできる方法のように思えますが、大きなリスクがあるのでおすすめできません。

ここでは、親戚や身内からお金を借りるのをやめた方がいい理由を3つ紹介します。

親戚や身内からお金を借りるのをやめた方がいい理由3つ

・「お金を貸している側」と「お金を借りている側」という関係
・人間関係に傷がつく可能性がある
・返済できないと裁判沙汰になる可能性もある

「お金を貸している側」と「お金を借りている側」という関係

個人同士でお金の貸し借りをすると、どうしても上下関係が生まれてしまいやすいです。

言わずもがなですが、お金を貸している側が上、お金を借りている側が下です。借金返済が終わるまでこの関係は続くと思って間違いありません。

このような立場で遊びや飲み会に行っているのを目撃されれば「遊ぶ余裕があるならその分を返せよ」と思われてしまうでしょう。

お金を借りている側は行動を制限されてしまい、上下関係ができてしまうので避けられません。

人間関係に傷がつく可能性がある

お金の貸し借りは人間関係にヒビを入れてしまう恐れがあります。

「返さなくても大丈夫」「ちょっとくらい遅れても・・・」などと甘い考えで約束した日までに返済しなかった場合、信頼関係が崩れてしまう恐れがあります。

親だからこそ、友達だからこそ期日内に返済することを大切です。

約束した日までに返せなかった場合、気まずくなり連絡が取りづらくなることも容易に想像できます。

特に友達の場合、周囲の友達にも借金していることがばれてお金の貸し借りをしていない友達との関係も悪くなる恐れがあります。

きちんと期日までに返済すれば問題ないように思えますが、一度でもお金の貸し借りをしてしまうと人間関係がギクシャクしてしまうのは否めません。

少しでも返済が遅れる可能性があるならば身内や友達からお金借りるのは避けるべきです。

返済できないと裁判沙汰になる可能性もある

身内や友達からお金借りる場合、口約束だけで済ませる事が多いです。借用書に残していなくても契約は成立しますので、口約束だから問題ないという甘い考えではいけません。

いくら返済できないからと言って、連絡しなかったりごまかして逃げようとした場合、刑事事件に発展することも有りうるのです。弁護士が介入して裁判沙汰になることだってあります。

そうなれば、人間関係は崩壊しお金を貸してくれた相手だけでなく家族や周囲の人にも迷惑をかけることになります。

親戚よりも専門業者からの借り入れが無難

親戚からお金借りるとしても、結局借用書を作ったり、金利を設定したり、返済実績が必要となるため、その手間は金融業者を利用した時と変わりません。

むしろ、金融業者から借り入れした場合には、それらの手間は業者側に丸投げすることになりますので、初めから金融業者を利用した方が良いでしょう。

ここでは、安心してお金借りることができる方法として、銀行カードローンや、消費者金融からのキャッシングについて解説します。

個人でも銀行からお金借りるのは可能

個人が銀行からお金借りるのは、とても大変な行為だと考えている人も多いかも知れません。

しかし、銀行がラインナップしているカードローンの場合には、無担保無保証人で気軽に借り入れすることが可能です。

数多くの銀行がカードローン商品に力を入れているため、利用者の選択肢はとても多い状況です。

自分にあった銀行のカードローン商品を選択すると良いでしょう。

詳しくは「銀行からお金を借りるための方法や流れについて」をご覧ください。

大手消費者金融なら気軽に借りれる

大手消費者金融であれば、さらに気軽にお金借りることが可能です。

大手消費者金融の場合は、銀行カードローンよりも審査に通過しやすく、即日融資にも対応してくれますので、利便性の高さには定評があります。

ただし、金利メリットは銀行カードローンに軍配が上がるため、どちらから借りるかは自分自身の状況とのバランスを考慮しましょう。

お客様対応も銀行並みに丁寧なので、気分良く利用することができるのでおすすめです。

中小事業者なら審査に自信がなくても大丈夫

中小の消費者金融から借りる場合には、大手消費者金融よりも審査に通過しやすいという特徴があります。

ただし、金利は大手消費者金融よりも高くなりますので、返済総額は増えてしまいます。

中小業者の特徴については「中小企業の消費者金融からお金借りる場合に知っておくべきこと」をご確認ください。

銀行カードローン、大手消費者金融、中小消費者金融の順番に相談をすれば、自分にフィットした借入ができるかと思います。

言い訳不要でお金借りる方法~誰にも迷惑をかけずに借金する~

「言い訳するのが面倒・・・」「騙してるみたいで嫌だ・・・」

お金を借りたいけど言い訳することに抵抗があるという方も少なくないです。

個人同士でのお金の貸し借りは相手に迷惑をかけるだけでなく、ときにトラブルを招く恐れもあります。そんなリスクを犯してまでお金借りたいと思う人も少ないでしょう。

言い訳不要はもちろんのこと、誰にも迷惑をかけずにお金を用意できる方法であればトラブルが起こることもありません。

具体的には次のような方法が挙げられます。

  • 質屋で借りる
  • クレジットカードでキャッシングする
  • カードローン

言い訳不要でお金借りる方法①:質屋で借りる

質屋と聞くとブランド物のバッグや財布を査定して買い取ってもらうイメージが強いですが、実はお金借りることも可能です。

質屋でお金借りるには、商品を担保として質屋に預けてその商品に見合った価値の金額を貸してもらうことができます。商品価値が高いほど高額な借り入れをすることができます。

借りた分+利息を全額返済すれば預けて品物は返してもらうことができます。もし返済できなかった場合は、質流れとなり預けた商品は質屋のものになります。

しかし、返済できなかったからと言って督促されたり遅延損害金が発生することもありません。

カードローンやキャッシングとはまた違ったメリットがありますので、ブランド物のバッグや財布、時計など価値の高い品物を持っているけど一時的にお金に困っているという方は質屋でお金借りるのを検討するのも良いでしょう。

質屋でお金借りる流れ

質屋でお金を借りるまでの流れを紹介します。

  • ① 品物の査定
  • ② 担保価値の範囲内で貸し付け、品物は質屋が預かる
  • ③ 預かり期間内(3ヶ月間)に借りたお金と利息を全額返済すれば品物は手元に戻る(利息分を支払って預かり期間を延長することも可能)
  • ④ 返済できない場合は品物の所有権は質屋に移る、返済の必要は不要

品物の査定は早ければ15分程度で完了し、すぐにお金を借りることもできます。カードローンよりも早く現金を手にすることも可能です。

査定額がでたらその範囲内で自由に借りる金額を決めることができます。たとえば、査定額が50万円だったとして借りる金額は20万円にするといったようにです。

また手放しても良い場合は買い取りでの取引となります。基本的に買い取りしてもらうほうが手にする金額は高くなります。

品物の預かり期間は基本的に3ヶ月間です。期間内に返済できれば品物は手元に戻すことができます。期間内に間に合わないけど品物を手放したくないという場合は、利息だけを支払って期限を延長することもできます。

もし期間内に返済できない場合は預けていた品物は質屋のものになり、返済は不要となります。

期日に返済できなくても・・・

質屋は期日までに返済できないと品物の所有権を失いますが、督促や遅延損害金はありません。

質屋は審査不要でお金借りることができる

質屋でお金借りるためには担保に入れる品物が必要です。逆に言えば、預ける品物さえ持っていればお金を借りることができるということです。

品物の価値に応じた金額が借りられますので審査は不要です。

仮に金融事故を起こしていてブラックリスト入りしていたとしても質屋ならお金を借りることもできるのです。

信用情報機関は一切利用しませんので、質屋でお金を借りてもその事実が記録されることもありません。

金融機関の審査に通るか不安だけど、担保に預ける品物は持っているという方は質屋を利用してみるのも良いかもしれません。

言い訳不要でお金借りる方法②:クレジットカードでキャッシング

一般的にクレジットカードでお金借りることをキャッシングと言います。クレジットカードにはショッピング機能の他にキャッシング機能が付帯されており、少額ですが融資を受けることができます。

手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付帯されていれば、審査不要ですぐにお金借りることができます。

クレカのキャッシングは簡単

クレジットカードでキャッシングする方法は至って簡単です。

お持ちのクレジットカードをコンビニなどのATMに挿入して、操作するだけですぐに現金を手に入れることができます。

キャッシュカードで現金を引き出すのと似たような操作ですので迷わず借り入れできます。

クレカのキャッシングは振込も可能

会員ページにログインするか電話で依頼すれば、指定した口座にお金を振り込んでもらうこともできます。

口座引き落とし日に残高が不足しているときなどにATMに行かなくても手続きできるので便利ですよ。

キャッシングの金利は高め

クレジットカードのキャッシングは金利が18%程度と高めです。そのため、長期間利用するとなると利息がかさんでしまいます。

カードローンであれば金利14%程度で借りることもできますし、大手の消費者金融なら一定期間利息なしで借りることも可能です。

そのため、まずはカードローンの利用を検討してみるのも良いでしょう。カードローンに関しては後述していますので、そちらを参考にしてください。

キャッシング枠はショッピング枠に含まれる

たとえば、ショッピング枠50万円、キャッシング枠20万円のクレジットカードがあったとします。

このカードでショッピング40万円を利用すると、キャッシング枠は残り10万円になります。もしショッピングで50万円使った場合、キャッシング枠は0円となり、借入はできなくなります。

このようにクレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠に含まれているため、ショピング枠の利用状況次第では現金を借りられないこともありますので十分注意してください。

借り入れする前に、手持ちのクレカのキャッシング枠に空きがあるか必ず確認しましょう。

キャッシング枠が付帯されていないと・・・

手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付帯されていない場合は、審査を受けて枠を付けてもらわないと現金の借入はできません。

審査を受けるにはカード会社に電話するなどして手続きをしましょう。

クレカキャッシングの返済方法

クレジットカードのキャッシングの返済方法は「一括払い」と「リボ払い」の2通りを選択できます。

一括払い

利用した金額を翌月に一括で支払います。

かかる利息額は一ヶ月分となります。一括払いだと支払う金額が大きくなりますが、一度の支払いで済みますので長期的な返済にならず、利息発生を少額に抑えることができます。

リボ払い

利用残高に応じて一定の金額を返済する方法です。

毎月の支払いは一定額であるため、ひと月の負担が少なく把握しやすいので計画的に返済していくことができます。

ただし、返済額が一定であるため返済期間が長期化しやすく利息負担が大きくなる可能性があります。無理なく返済していきたい方に向いている返済方法です。

学生でもキャッシングできる

クレジットカードのキャッシングは学生でもできます。学生だとアルバイトによる収入のみという方も少なくないため、お金が足らなくて困るケースもあるでしょう。

親に頼りたいけど言い訳するのも気が引けるという方も少なくないはず。ちょっとだけお金が必要というのであればクレジットカードでキャッシングするのも良いでしょう。

ただし、収入がない学生はキャッシングできませんので、もし自分がアルバイトしてなくて無収入というのであれば、やはり親に頼るのが良いかと思います。

クレジットカードの現金化は絶対しないこと

クレジットカードのキャッシング枠は基本的に少額です。

多くてもせいぜい50万円程度ですので、人によってはもっとお金を借りたいとなるでしょう。クレカのキャッシングに行き詰まるとショッピング枠の現金化に手を出す人もいます。

いわゆる「クレカの現金化」という手法ですが、自分が損するだけでなく最悪の場合カードの利用停止になってしまう恐れがありますので絶対に手を出さないことです。

クレカの現金化は、ほぼ無価値の商品を高額で買わされ、その商品を現金化業者が買い取ることでキャッシュバックと称して現金を渡します。

例)

  1. 現金化業者にクレジットカードのショッピング枠50万円で、50万円の商品を購入する
  2. 現金化業者は購入された商品のキャッシュバックと称して購入者に40万円を支払う
  3. 購入者の手元に入るのは40万円だが、後日、カード会社からは50万円の代金請求がされる

実際にお金は渡されますが、購入した商品の全額分が手に入るわけではなく、そのうち何%かを手数料として引かれてしまいます。

上記の例で言えば、10万円分が手数料として引かれていることになります。しかも、結局のところカード会社から支払い分の請求がきてしまいますので、得するどころか大損してしまいます。

お金に余裕がなく気持ちが焦っていると冷静な判断を取れなくなってしまいやすいですが、決してクレジットカードの現金化には手を出さないでください。焦っているときほど気持ちを落ち着けて、他に手立てがないか冷静に判断しましょう。

カード会社に現金化がバレると・・・

クレジットカード会社では現金化を禁止しています。発覚した際は、即刻カードの利用停止の措置が取られてしまいます。

クレカ現金化は厳密には法律違反ではないですが、限りなく黒に近いグレーな手法ですのでおすすめできません。

言い訳不要でお金借りる方法③:カードローン

カードローンは自分の返済能力と信用力だけでお金を借りることができます。そのため、誰にも迷惑をかけることがありませんし、家族に内緒で利用できますので下手な言い訳を考える必要もないです。

カードローンって何?

カードローンは個人向けのお金を借りるサービスですが、他のローンとは異なる特徴が幾つかあります。消費者金融や銀行などの金融機関が主に取り扱っています。

主な特徴は次のとおりです。

担保、保証人が不要

通常、ローンを利用するには担保や保証人が必要です。

返済できなくなったときには担保として預けていたものはお金を貸している人のものになりますし、保証人を立てているのであれば借主の保証人に対して返済を要求することができます。

カードローンは担保も保証人も不要です。そのため、担保として預ける土地や建物などの不動産がなくても、誰かに保証人をお願いする必要もないので気軽に利用することができます。

即日融資が可能

カードローンは担保も保証人も不要なため、審査が完了するのが非常に早いです。大手消費者金融のカードローンであれば最短30分で審査結果を知ることもできます。

さらに、最短即日融資も可能です。申込んだその日に現金を手にすることもできますので、急にお金が必要になったときにも役立ちます。

使いみちが自由

カードローンはフリーローンの1つです。

自動車ローンや教育ローンは目的ローンと言われていて、自動車の購入費や教育費など資金使途が限定されます。フリーローンは使いみちが限定されませんので、生活費に使っても良いですし旅行や借り換えに使っても構わないのです。

限度額の範囲内で繰り返し借り入れできる

カードローンは、契約期間中であれば利用限度額の範囲内で何度も借入ができます。

一度与えられた限度額はよほどのことがない限り減額になることはありません。追加の借入は審査なしでいつでも自由に行うことができます。

コンビニやスマホで借りられる

借入や返済に使用するローンカードは、カードローン会社専用のATMだけでなく金融機関やコンビニに設置されているATMでも利用することができます。コンビニは24時間営業しているので借りたいときにサッと借りられるので便利です。

また最近はスマホのアプリに対応しているカードローンも増えてきており、カードを持たずにお金借りることも可能になってきています。

暴利?過激な取り立て?カードローンは利用者を守るための法律があるから安全

ここまでの説明でカードローンは気軽に借りられるサービスだということは、何となくお分かりいただけたかと思います。

しかし、カードローンを利用することに漠然と不安を持っている人もいるでしょう。

「利息が高くて元金が全然減らないんじゃ・・・」
「怖い人が家まで取り立てに来るんでしょ?」

恐らく、こんなイメージを抱いている人も少なくないはずです。

しかし、カードローンは利用者が安全に利用できるための法律が整備されています。金利は高くなりすぎないように上限が決められていますし、早朝や夜中に電話したり暴力的な態度を取るなど過激な取り立ては禁止されています。

また、総量規制により年収の3分の1を超える借り入れはできないようになっていますので、収入に見合わない借金を背負い込んでしまうこともありません。

確かにカードローンは他のローンと比べて金利が高めですが、自由に繰り上げ返済することができますので、早目に返済すれば借金が雪だるま式に膨らむなんてことはありません。

ちなみにカードローンの上限金利は20%です。これを超える利率を設定して貸し付けることは違法ですので、もし金利20%超えで貸し付ける業者があっても違法ですから利用してはいけません。

利息制限法では金利の上限を次のように定めています。

  • 限度額10万円未満⇒上限金利20%まで
  • 限度額10万円以上100万円未満⇒上限金利18%まで
  • 限度額100万円以上⇒上限金利15%

銀行カードローンと消費者金融の違い

現在のカードローンは、銀行カードローンと消費者金融が主流です。両者は次のような違いがあります。

銀行カードローン 消費者金融
・上限金利が14%前後と低め
・融資に時間がかかる(1週間前後)
・銀行法が適用される
・上限金利が18%前後と高め
・審査、融資スピードが早く、申込んだその日にお金を借りることも可能
・無利息期間がある
・貸金業法が適用される

分かりやすい違いは「金利」です。銀行カードローンは金利の上限が14%前後なのに対し、消費者金融は18%前後となっています。消費者金融のほうが金利が高い傾向にあります。

審査・融資スピードは消費者金融のほうが早いです。銀行カードローンは審査システムがやや複雑であるため結果が出るまでに時間がかかります。

また口座開設を条件としていたり郵送を介した契約になることもあるなど手続きがやや面倒です。対して、消費者金融は申込んだその日にお金を借りることも可能としており、スピーディに対応することができます。

カードローンの選び方

カードローンは種類が豊富であるため、どの会社でお金借りるかは迷うところかと思います。

カードローンを選ぶうえで忘れてはいけない検討事項が3つかありますので、ここで紹介していきたいと思います。

1.安全な会社であること

「お金を借りるなら安全な会社が良い」大抵の方が希望することだと思います。

「利息が高すぎて返済できない」「取り立てが怖くて逃げたい・・・」こんな思いは誰だってしたくないはず。

安全な会社であるかどうかを見極める一番の方法は大手の金融業者から選ぶことです。

消費者金融で言えば次の4社は大手ですので安心です。

しかもアイフル以外は銀行グループに属しているので、銀行でお金借りるのと同じぐらい安心感があると言えます。いずれもCMなどで目にする機会が多く、消費者の目線に立って貸付を行う姿勢を積極的に打ち出していますので安心して利用できるでしょう。

また、銀行のカードローンや知名度の高いクレジット会社も安全と言えるでしょう。特に銀行は店頭で申し込むタイプが多いので間違いないといえます。

逆に気をつけたいのが電柱や電話BOXなどに貼られているチラシなどの会社です。その多くは法律を無視した貸付を行うヤミ金などの違法業者です。

「無審査で貸します」「ブラックでもOK」「金利3%でお得」など通常ではあり得ないような条件を提示している業者があれば怪しいと思ってください。

実は違法な金利で貸し付けたり暴力的な取り立てをされたなどということもあり得ます。

安全な会社を見極めるポイントは、

  • 知名度の高い会社か
  • 「無審査」「ブラックOK」など借りやすさを誇張していないか
  • 金利が極端に低くないか
  • 担保を取られないか
  • 貸金業に登録されている業者か

貸金業を営むには貸金業登録が必要となります。金融庁の「登録貸金業者情報検索」にて、登録された業者であるかどうかを確認することができますので、ぜひ一度試してみてください。

2.金利が安いor無利息期間があること

カードローンで借りたお金は利息をつけて返さなければいけません。借入金額が高額だと返済に時間がかかり利息負担が増えてしまいやすいので、できるだけ金利が低いカードローンを選びたいところ。

カードローンの金利は上限が借入限度額に応じて「15%~20%」となっています。金利20%超えは違法となるため、正規の金融業者は金利20%以内で提示しています。

カードローン会社ごとに金利設定は異なっていますので、複数社を比較して極めるのが良いでしょう。下記の表に全国対応の銀行カードローンと大手消費者金融の金利をまとめています。

種類 カードローン 金利
銀行 三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 1.8%~14.6%
オリックス銀行カードローン 3.0%~17.8%
ソニー銀行カードローン 2.5%~13.8%
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5%
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 2.5%~18.0%
新生銀行カードローンレイク 4.5%~18.0%
イオン銀行カードローンBIG 3.8%~13.8%
消費者金融 プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 4.5%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%

金利を比較する際は、下限金利ではなく上限金利を見るようにしてください。初めてカードローンを利用する場合、適用される金利はほぼ上限金利だからです。

表を見ても分かるように上限金利が低いのは銀行カードローンです。低金利でお金を借りたいのであれば、銀行カードローンの中から選ぶと良いでしょう。

上限金利が低いカードローンは、

  • みずほ銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • イオン銀行カードローン
  • ソニー銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン

ただし、銀行カードローンは審査が厳し目ですので、審査に不安があるという人は大手消費者金融を選ぶと良いでしょう。

上記の表からも分かるように大手消費者金融の金利は高めです。しかし、大手消費者金融では一定期間利息なしで借入可能なサービスを提供しています。

審査に自信がないなら大手消費者金融

銀行カードローンは金利が低い分審査が厳しい傾向にあります。

また過剰融資が問題視され2018年からは審査システムが変更となっていますので、更に審査通過は難しくなっています。審査が不安という方は大手消費者金融に申し込むのがおすすめです。

無利息なしで利用可能なカードローンは次の4社です。

カードローン 無利息期間 条件
プロミス 初回借入の翌日から30日間 ・初めての契約
・メールアドレスの登録
・WEB明細の設定
アコム 契約日の翌日から30日間 ・初めての契約
・返済サイクルを「35日ごと」に設定
アイフル 契約日の翌日から30日間
新生銀行カード
ローンレイク
・契約日の翌日から30日間
・契約日の翌日から180日間(5万円まで)
※どちらかを選択、併用は不可
・初めての契約

無利息サービスは「無利息期間が開始されるタイミング」に注意してください。

プロミスは、初めて借入した日の翌日から無利息期間が開始されます。借入しない限り無利息期間は始まりませんので、自分のタイミングで無利息サービスを利用できます。

これに対して、アコム・アイフル・レイクは契約日の翌日から自動的に無利息期間が始まります。

初回の借入れが遅いと、無利息が適用される期間が短くなるばかりか最悪の場合1日も適用されず終わってしまいます。無利息期間が始まったらできるだけ早くに借入しておくと良いでしょう。

無利息期間中に返済日が来たら・・・

無利息期間中に返済日が来たら返済しなければいけません。あくまでも利息を払わなくて良いだけで、元金の返済は必ず行います。

期日を過ぎてしまうと延滞扱いとなり遅延損害金を払わなければいけないうえに、その時点で無利息期間が終了となりますので注意してください。

3.希望する金額を借りられること

カードローンでお金借りる際、自分が希望する金額を借りられることは重要です。まとまったお金が必要であれば、最大借入限度額を目安に選ぶと良いでしょう。

種類 カードローン 最大借入限度額
銀行 三井住友銀行カードローン 800万円
みずほ銀行カードローン 800万円
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 500万円
オリックス銀行カードローン 800万円
ソニー銀行カードローン 800万円
楽天銀行スーパーローン 800万円
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 1000万円
新生銀行カードローンレイク 500万円
イオン銀行カードローンBIG 800万円
消費者金融 プロミス 500万円
アコム 800万円
アイフル 500万円
SMBCモビット 800万円

上記のカードローン会社はいずれも最大借入限度額が500万円以上と高額ですが、実際に借りられる金額ではありません。限度額は審査によって決まりますので、人それぞれ違ってきます。

また銀行カードローンは総量規制対象外ですが消費者金融は総量規制対象という違いにも注意が必要です。

自分が希望する金額が年収の3分の1以下で尚且つ他の消費者金融から借入していなければ、希望した金額を借りられる可能性が高いですが、他社からもお金を借りていてなおかつ希望金額を合計して年収3分の1を超えてしまうと希望額を借りることはできません。

もし、希望額が年収3分の1を超えるようであれば銀行カードローンを選ぶのが良いでしょう。

カードローンの流れ~申し込みから返済~

ここではカードローンの申し込み~返済までの流れを紹介していきたいと思います。

申込み方法

申し込み方法はカードローン会社により違いがありますが、主な申し込み方法は次の5つです。

  • WEB
  • 郵送
  • 電話
  • 自動契約機
  • 店頭窓口

最近はどのカードローン会社でもWEB申し込みに対応しており、来店しなくても申込むことができます。

人に見られないことから実際にWEBで申し込む人も多いです。また24時間申込可能なため、自分の都合の良いタイミングで申し込めるのも嬉しいポイントです。

自動契約機は申し込みだけでなく契約手続きやカード発行もできますので、契約完了後すぐに借入れを開始することができます。

郵送物が自宅に届きませんので家族に内緒にしておきたいという方に人気の申し込み方法です。

審査結果の通知方法

審査の結果は電話もしくはメールで連絡されます。店頭窓口や自動契約機で申込んだ場合は、その場で結果が出ます。

審査にかかる時間はカードローン会社により異なりますが、大手消費者金融の場合だと最短30分、銀行カードローンだと1,2営業日かかります。

審査は「希望額を貸しても過剰融資にならないか、返済能力は十分か」という視点で行われます。

申込内容に不備があると電話で問い合わせが来てしまい、その分時間がかかりますので正確に記入しましょう。またウソの申告をすると審査落ちとなりますので正直に申告することも忘れないでください。

契約とカードの受取り

審査が完了すると、契約とカード受け取りの手続きへ進みます。契約する際は本人確認のために身分を証明する書類を提出します。

契約方法は、WEB・郵送・店頭窓口・自動契約機の4通りです。ただし、カードローン会社によっては契約方法がこれより少ないところもありますので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

WEBの場合

身分証明書等をスマホや携帯のカメラで撮影してメール又はアプリで提出し、WEB上で契約書が作成されます。

カードは後日、郵送で届けられますが、希望すれば自分の銀行口座にお金を振り込んでもらえますので、カード到着までも借入が可能です。

郵送

契約書類とカードが入った封筒が届くので、必要事項を記入して身分証明書を添えて返送します。カードローン会社側で確認が取れたら手元のカードで借入れを開始できます。

店頭窓口

身分証明書等を提出し、契約書とカードを受け取れば手続きは完了です。

自動契約機

身分証明書等を備え付けのスキャナーにセットして審査を受ける。審査通過後に、契約書類が発行されるので内容確認と署名するとカードが発行されます。

WEB契約ならば一度も窓口に来店することなく契約完了が可能です。ただし、カードが後日郵送されてきますので家族に見られないように注意が必要です。

プロミス、SMBCモビット、新生銀行カードローンレイクの3社は「カードレス契約」に対応していますので、WEB契約でもカード郵送なしも可能です。

必要書類

カードローンの申込に必要な書類は次の2点。

身分証明書

運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、マイナンバーカード、健康保険証などいずれか1つ

収入証明書

最新の源泉徴収票、課税証明書、納税証明書、確定申告書、給与明細書などいずれか1つ

身分証明書に「顔写真」が付いていないものを提示する場合は、追加で現住所が分かる書類(電気やガスの領収書、住民票)が必要になります。

既に口座を保有している銀行でカードローンを申し込む場合は、書類の提出が不要になることもあります。

借入れの仕方

契約完了後は、以下の方法で借り入れできるようになります。

  • カードローン会社の自社ATM
  • コンビニ、金融機関の提携ATM
  • 銀行口座へ振込
  • 窓口で借入れ

借入方法はカードローン会社により異なります。大手消費者金融であれば上記すべての借入方法に対応していますので、状況に合わせた借入ができます。

自社ATMは手数料無料ですが提携ATMだと手数料がかかるカードローンもありますのであらかじめ確認しておきましょう。ATMでの借入は原則として24時間いつでも借入が可能です。

銀行口座へ振込みで借りる場合は、WEBから会員ページにログインするか電話で依頼します。銀行の営業時間内に手続きが完了すれば当日中に口座へお金が振り込まれます。

基本的に15時以降や土日祝日に依頼した場合は翌営業日に振込となりますので、依頼する時間に注意してください。

返済方法

カードローンの返済方法は主に次の4つです。

  • 自動引き落とし
  • ATMで返済
  • 銀行振込み
  • 窓口で返済

銀行カードローンの場合、返済方法は自動引き落としのみのところが多いです。

大手消費者金融は上記どの方法でも返済可能としています。毎月の返済は自動引き落としに設定し、余裕があるときにATMなどで返済すると言った方法で返済もできます。

カードローン利用上の注意点

カードローンは家族に内緒にできますし借りたいときに借りられて非常に便利です。しかし、あくまでも借金の1つであるということを忘れないでください。借りすぎて返済できないなんてことにならないようにしたいものです。

カードローンは使い方次第で生活を豊かにすることもできます。ここでは、カードローンでお金借りる前の注意点を紹介します。

事前にしっかりと計画を立てる

カードローンの借入限度額は審査により決定されます。時には自分が希望した額よりも多く設定されることもありますが、借りる金額は必要最低限にとどめましょう。カードローン会社によっては返済シミュレーションができるツールを用意していますので、いくら借りると毎月いくらの返済になるのか簡単に計算できますので、ぜひ活用してください。

カードローンで借りたら、毎月返済していかなければいけません。収入から返済額分が支出となるわけですから、これにより生活費が不足してしまっては意味がありません。

また、お金に余裕があるときは無理のない範囲で構いませんので繰り上げ返済しましょう。こうすることで元金が早く減り、利息負担を軽減させることができます。

「利用限度額=口座残高」ではない

カードローンは、カード一枚でいつでも借りられて便利です。しかし、繰り返し利用していくうちに自分の銀行口座からお金を引き出しているのに近い感覚に陥ってしまう人もいます。気がつけば限度額いっぱいまで借りていたなんてことにも。

限度額いっぱいまで借りると、返済できず、追加の借り入れができないため新たに別のカードローンを契約してしまうことにもなりかねません。中には審査に通らないけど借りたい一心でヤミ金など違法業者に騙されてしまうかもしれません。

実際に、このような流れで多重債務者になってしまった人はたくさんいます。カードローンは便利すぎるが故に利用には注意しなければいけません。くれぐれも自分が借金しているという自覚を忘れないでください。

言い訳しないで必要なお金借りるなら金融機関が確実

お金が必要なときに確実に借りるなら金融機関を利用するのが一番です。

身内や友達から借りるときのように言い訳する必要はありませんし、必要な金額を借りられる可能性が高いです。カードを作れば、いつ何時お金が必要になってもすぐに借りられるので便利です。

保証人不要なので自己責任のもとで利用でき、誰にも迷惑をかけることがありません。

一例として質屋でお金借りる方法も紹介しましたが、そもそも質屋でお金を借りるには担保にするための商品が必要ですし、それなりに価値のあるものでないとある程度まとまったお金を借りるのは難しいです。

これに対し、カードローンであれば自分の信用の度合いに応じた金額を借りることができます。

普通に働いて信用情報に傷がついていなければ、初めてでも10万円~30万円程度なら融資してもらうのも難しいものではありません。

金融機関でお金借りる方法は主に、クレジットカードのキャッシングとカードローンの2つの方法があります。

いずれもお金借りるには審査がありますが、審査通過さえしてしまえば、設定された限度額内でいつでも自由に借り入れすることができるのです。

まとめ

親戚からお金借りる場合には、さまざまな口実や言い訳でお願いするケースが多いようですが、もしも貸してくれたとしても、その後のリスクや手間を考えると、金融業者から借りた方が良いでしょう。

個人間の借金は手間が多い上、返済計画がおざなりになりやすいため、返済が滞ることも多いようです。銀行や消費者金融の利用を検討しましょう。