車を担保にお金借りる方法を徹底解説!

この記事を5秒でまとめると…

  • 車を所持しているのであれば、車を担保に当日融資してもらえる可能性は高い
  • 車を売らずにお金を借りられるため、返済さえできれば車は手元に戻る
  • 金利が高めに設定されているため、場合によっては車を売った方が楽にお金を手に入れられる場合がある

個人が無担保無保証人で一定の融資額を受けるには、銀行などの金融機関や、消費者金融などの貸金業者のカードローン・キャッシングを利用することが一般的です。

しかし、銀行や消費者金融の借り入れ審査に自信がない場合には、車を担保にお金借りる方法もあります。

車融資はメリットだけでなくデメリットもありますが、お金に困っている場合に、一定の金額を捻出することが期待でき、急場をしのぎやすくなるでしょう。この記事ではそんな車融資について詳しく紹介します。

車を担保にお金借りる方法

車融資はあなた名義の車を担保にお金借りる方法であるため、無担保融資ほど自分に信用力が必要ありません。融資してもらえる可能性が非常に高い方法といえます。

借入限度額は車の価値から判断されます。査定額が高ければ高いほど限度額も多くなります。ただし借入期間中に車の価値が下がることを配慮して、低めの限度額が回答されることもあるので、想定しておきましょう。

元本と利息の分の支払いができなくなった場合、返済できない代わりに車が没収されますので注意しなければなりません。そんな車融資には2つの方法があります。

1つは「預かり方式」、もう1つは「乗ったまま方式」です。それぞれの内容を見ていきましょう。

預かり方式の場合

預かり方式とは、あなたの車を車融資業者に預けて、車の査定額に対するお金借りる方法です。

車は業者に預けてしまうため、完済するまでの間は車を手元に置くことはできません。完済して初めて車が戻ってくることになりますので、いわゆる質屋と同じ仕組みです。

預かり方式を採用している業者としてはマツダ商事があり、アールズやアーバンライズなどの業者は、預かり方式と乗ったまま方式の両方を採用しています。

万が一返済できなかった場合には、車が帰ってこないと言う危機感を持ちながら利用することができるでしょう。

乗ったまま方式の場合

乗ったまま方式とは、車を業者に預けることなくお金を借りて、車はそのまま乗り続けることが可能な仕組みです。ただし、車自体は担保になっているため、車検証を預けたり業者への名義変更をしなければならないようです。

業者の立場で言うと、車検証を預かったり名義変更しておけば、借り逃げを防ぐことができるため、このような処置が取られています。

乗ったまま方式は、今まで通り車を使うことができるため、便利な気がするかもしれませんが、業者によっては、金利手数料の他にリース料を取るところもありますので、借金の負担が重くなる場合もあります。

手続きに必要なもの

車を担保にお金借りる場合の手続きには、求められた必要書類を提出しなければなりません。多くの業者の場合、必要書類として身分証明書や車検証、実印、印鑑証明書などを求めています。

また、業者によってはそれらの他に、自賠責保険証、住民票、収入証明書など、より多くの証明書を提出させるところもあります。

カードローンやキャッシングの審査では、安定収入の裏付けとして勤務先への在籍確認を行いますが、車を担保にお金借りる場合には在籍確認は行われません。

車を担保お金借りる利点

お金を借りたいと言う場合には、状況が逼迫しているケースも多いことでしょう。特に銀行カードローンや大手消費者金融の審査で落とされてしまった場合には、より深刻な状況に陥ってるかと思います。

そのような時に、車を担保としてお金借りる人が多いようです。ここでは車融資の利点として、審査が緩いこと、即日融資をしてもらえること、車を売る必要はないことについて解説いたします。

審査が緩い

車を担保にお金借りる場合には、無担保融資に比べると比較的審査が緩い傾向があります。もちろん審査はきっちりと行い、信用情報の照会もしているようですが、それでも審査のハードルは無担保融資よりも低いのです。

無担保融資の場合は個人の信用力にお金を貸すことになりますが、車融資の場合は、仮に信用力が不足していたとしても、担保で不足分を補うことができるのです。

即日融資をしてもらえる

車融資は、来店から借り入れまでのスピードが早いという特徴もあります。車融資を利用する人は、他の金策方法がうまくいかず、お金が必要となる時間までのリードタイムが削られていることは多いです。そのため急ぎでお金が必要だという状況となりがちなのです。

しかし、車融資は保有している車の査定と契約だけなので、来店から30分程度で現金を手に入れることが可能です。

車を売る必要がない

車を売る必要がないということも利点の一つでしょう。ちゃんと返済日までに支払いを行えば、車が売られることはありません。そのため返済日までの間に収入の見込みがある場合には、上手に活用すると良いでしょう。

車がないと生活できないような地域に住んでおられる人や、家族に子供や高齢者がいて車が欠かせないというような人の場合には、車を手放さなくても良い車融資が役立ちます。

車を担保にお金借りる場合の欠点

車を担保としてお金借りる方法を紹介してきましたが、実は良い面ばかりではありません。いくつかの欠点もあります。

車融資と聞くと、返済できなかった場合に車が取られることが最大の欠点だと考えている人も多いようですが、それ以前の問題としてさまざまな欠点があるのです。

もし利用するとしても、利点だけでなく欠点もしっかりと把握した上で使わなければ、後から不利益を被ることになるでしょう。では、どんな欠点が考えられるのか見ていきましょう。

金利は高水準を覚悟する必要あり

車融資業者は金利が高いと言う欠点があります。

法律で許されている金利の上限は20%なのですが、ほとんどの業者が上限金利である20%の設定をしています。銀行カードローンの場合は14%程度で、消費者金融でも18%程度なので、より悪い条件であることが分かります。

もしも銀行カードローンや消費者金融に相談していないのであれば、まずはそちらに相談することをおすすめします。

車の売却の方がお得なこともある

車を手放さずに融資を受けれることは、車融資の利点だと紹介しましたが、金銭面だけで言うと車を売却した方がお得です。

車を売却した場合には車融資業者に支払う院りや手数料も必要ありませんし、乗ったまま方式のリース料も必要ありません。

また、車を保有していると車検代や自動車税、高速料金やガソリン代など、さまざまな維持費がかかりますので、売却することで生活再建がしやすくなるでしょう。

街金に相談した方が良い

それでもやはり車が必要だという場合には、街金に相談するという方法もあります。街金は中小の消費者金融のことで、銀行カードローンや大手消費者金融よりも審査のハードルが低い特徴があります。

街金は全国各地にたくさんの業者が存在し、独自審査をしているところもあり、その個性がサービスにも表れています。

長年貸金業を営んでいる業者も多く、そのような業者を利用するれば安心してお金借りることができるかと思います。もしも、銀行や大手消費者金融の審査に落ちた場合は、気軽に相談してみると良いでしょう。

まとめ

車融資は車を担保にお金借りる方法であるため、無担保融資よりも現金を入手する確率は高いです。期日までに返済すれば、車を手放さずに済むという利点もあるため、賢く活用するとよいでしょう。

ただし、金利や手数料、リース料などが高いため、まずは銀行カードローンや消費者金融街金に相談することがおすすめです。場合によっては車を売却することも想定しておきましょう。