即日プライムbest-finance.jpでお金借りる!即日融資の虎の巻

この記事を5秒でまとめると…

  • 即日融資を実現するためには、大中小消費者金融やクレカを利用するのがベスト
  • 審査スピードを速くするためには、希望融資額をできるだけ少額にするのがポイント
  • 銀行カードローンのほとんどは即日融資に対応していないので候補からは外した方が良い

個人が無担保無保証人でお金借りるには、銀行カードローンがおすすめです。銀行カードローンは低金利である上、ワザワザ銀行の支店やATMに行かなくても、WEB審査(インターネット審査)での申し込みが可能です。

WEB契約(インターネット契約)をすれば、自宅に居ながら融資を受けることができるため、便利でお得に利用することができます。

しかし、残念ながら銀行カードローンは即日振込キャッシングに対応していませんので、急いでいる場合には不向きです。

そこで、銀行カードローンの代わりに消費者金融会社からの借金をおすすめします。この記事では、即日お金借りる方法を紹介します。

即日プライムbest-finance.jpと検索すると?

インターネットでお金に関する情報をリサーチしていると、「即日プライムbest-finance.jp」というキーワードよく目にします。

実際に「即日プライムbest-finance.jp」と検索してみると、審査ファイナンス情報や即日融資に関する情報が数多く現れます。

特に、即日融資に関するニーズが高いようですので、まずはその方法からお伝えします。

大手消費者金融で即日お金借りる

大手消費者金融は3.0%から18.0%の金利で、最大800万円まで借り入れが可能です。

銀行カードローンが1%台から14%程度で借入れできることを考えると、若干金利が高くなってしまいますが、その分だけ審査難易度は低いため、借りやすいという特徴があります。

安定収入があり、年齢条件を満たし、延滞や債務整理などのブラック情報がなければ、多くの人が気軽に利用できる借入方法です。

最短即日審査だけでなく、融資まで最短即日となっているため、急いでいる人も安心して利用することができるでしょう。

中小消費者金融で即日お金借りる

中小規模の消費者金融を利用しても良いでしょう。中小規模の消費者金融はいわゆる街金と呼ばれており、全国各地に多数存在します。

街金の中でも一部の業者は即日融資に対応しているため、急いでお金を工面することが可能です。

街金は、大手消費者金融よりもさらに金利が割高となってしまいますが、審査の柔軟性は大手消費者金融をしのぎ、とても借りやすくなっています。

街金と聞くと安心して借りられないと思っている人もいらっしゃるかも知れませんが、親切に相談に乗ってくれたり、在籍確認の電話は個人名で掛けてくれるなど、対応が良い業者も数多く存在します。

街金の中には、自動契約機を設置して、大手並みのサービスを提供しているところもあるため、しっかりと比較検討すると良いでしょう。

クレカで即日お金借りる

クレジットカードを利用しても即日キャッシングは可能です。クレジットカードご利用してお金を手に入れる方法は、インターネット上に「クレカ現金化」などと、さまざまな情報が投稿されています。

中には、クレジットカードのショッピング枠を利用して、商品を購入し、その商品をECサイトやヤフオクなどで販売して現金化している人もいらっしゃるようですが、カード会社の規約違反となる可能性があるため注意が必要です。

それよりも、クレジットカード審査時にキャッシング枠を付けていれば、振込やATMなどですぐにお金を手に入れることが可能です。

即日融資の審査に通過するポイント

即日融資を受けるために気をつけなければならないことは、借入れ審査です。もしも借入れ審査に手間取ってしまっては、時間を浪費することになるでしょう。

また、審査落ちしてしまっては、ほかの業者やほかの方法を探さなければならなくなりますので、必要なタイミングで現金が手に入らない可能性があります。

ここでは、即日融資の審査に通過するポイントとして

  • 「借入れ希望額を必要最小限にする」
  • 「他社借入を減らす」
  • 「クレカのキャッシングを減らす」

の3つを紹介しますので、是非参考にしてください。

借入れ希望額を必要最小限にする

審査を少しでも有利にするためには、借入希望額を最小限にすることはとても大切です。多くの人がやってしまいがちなミスとして、本当に必要な金額よりも多めに借りようとしてしまうことです。

確かに、お金に困っている人は、万一のためのゆとりの資金を確保しておきたくなりがちです。その気持ちは分からなくもないですが、借り入れ審査は、申込者の信用力と借入希望額のバランスが見られます。

本来なら必要な額が借りられたにも関わらず、多めに設定してしまったがために審査落ちすると、もったいないとしか言いようがありませんので、必ず本当の必要な金額だけを希望しましょう。

他社借入を減らす

もしも他社借り入れがある場合には、他社借入を減らすよう心がけましょう。多重債務者は返済能力が疑われるため、審査では不利となってしまいます。おまとめローンなどを利用して借り入れ件数を減らすと良いでしょう。

また、利用していないカードローンの契約が残っている場合も、解約した方が無難です。さらに、申込情報も信用情報に記録が残るため、他社借り入れだけでなく短期間に複数他社に申し込むのも控えなければなりません。

クレカのキャッシングを減らす

クレジットカードを複数枚持っている場合にも注意すべきことがあります。クレジットカードを複数枚持っていたとしても、普段全く利用していないカードを持っているケースがよくあります。

利用していないカードにキャッシング枠がついていると、多くの借入枠を保有していることになり、審査では不利となってしまいます。

このような場合は、ついているキャッシング枠を利用してお金借りるか、解約した上でカードローン会社に申し込みましょう。

即日融資対応の業者一覧

ここまで即日融資について解説してきましたが、具体的にお金借りるためには、どの業者から借りれば良いのでしょうか?ここでは、即日融資に対応している大手消費者金融と街金を具体的に紹介します。

おすすめ業者の金利や限度額、特徴を一覧表にまとめますので、あなたに合ったところを選ぶと良いでしょう。

《即日融資対応の業者一覧》

カテゴリ 消費者金融名 金利 限度額 備考
大手消費者金融 アイフル 3.0%~18.0% 800万円 東証一部上場
アコム 3.0%~18.0% 800万円 クレカ発行有り
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円 オリコン顧客満足度1位
プロミス 4.5%~17.8% 500万円 カードレスローン有り
レイクALSA 4.5%~18.0% 500万円 2種類の無利息期間
街金 ユニーファイナンス 12.00%~17.95% 300万円 無担保ローン
キャネット 15.0%~20.0% 500万円 来店不要
フタバ 14.959%~17.950% 50万円 無利息期間有り
エニー 5.0%~20.0% 500万円 全国振込対応
アルコシステム 15.0%~20.0% 50万円 24時間申し込み受付
ニチデン 7.3%~17.52% 50万円 無利息期間有り
スカイオフィス 15.0%~20.0% 50万円 最短30分審査
セントラル 4.8%~18.0% 300万円 無利息期間有り

まとめ

インターネット上でよく目にする「即日プライムbest-finance.jp」で検索すると、即日融資に関する情報が求められていることが分かります。

便利で手軽に利用できる銀行カードローンは、残念ながら即日融資には対応していないため、大手消費者金融か街金を利用すると良いでしょう。

大手消費者金融も街金も、数多くの業者があり、それぞれ金利や限度額、サービス内容が異なるため、しっかりと比較検討して選ぶと良いかと思います。

きっと、お金のピンチから上手に脱出することができるはずです。