ローン組めない人の特徴とお金借りる方法をご紹介!

この記事を5秒でまとめると…

  • ローンの組めない人の特徴は信用情報に傷がある人が多い
  • 以前にお金を借りていても完済していればローンが組めないということはない
  • 信用情報に心配がある人は街金を利用するとよい

銀行などの金融機関や消費者金融などの貸金会社に申し込みをしても、審査で落されてしまえば、融資を受けることはできません。その結果金策に悩んでいる人もいらっしゃることでしょう。

実は、ローン組めない状態の人には一定の特徴があります。その特徴を把握しておけば、反面教師にすることで、事前に対処することができるでしょう。

この記事では、ローン組めない人の特徴と、審査に自信がない人がお金借りる方法についてお伝えします。

貸金業者からお金借りると銀行カードローンが不利?

インターネットをリサーチしていると、借金に関するさまざまな情報が投稿されています。

その中には、消費者金融などの貸金業者から借入れすると、銀行カードローンの審査で不利となるという内容の投稿が見られます。

確かに、同じ借金としても、銀行は貸金業者ではなく金融業者で、銀行法に基づいて運営し、一方の消費者金融は貸金業者で、貸金業法に基づいて運営しています。

これらの違いによって、本当に借入れが不利となるのでしょうか?

貸金業者自体はマイナス要素ではない

実は、貸金会社からキャッシングしていたとしても、銀行カードローンのマイナス要素にはなりません。

その理由は、銀行カードローンの審査は、消費者金融からの借り入れても、銀行などの金融機関の借り入れでも、同じようにみなすからです。

確かに、過去には貸金業者はマイナス要素の可能性はありましたが、貸金業法の改正によって、総量規制というルールが設けられました。

総量規制は、収入(年収)の3分の1以上の金額は借り入れできないというもので、改正前よりも審査が厳格になったのです。

銀行と同等の審査基準となったことから、貸金業者の利用はマイナス要因にならなっくなったのです。

ローン組めない人の特徴とは?

ローン組めない人には、さまざまな特徴がありますが、特に典型的な特徴は6つあります。それは

  • 「信用情報ブラックである」
  • 「申し込みブラックである」
  • 「債務整理中である」
  • 「スーパーホワイトである」
  • 「総量規制に引っ掛かっている」
  • 「安定収入がない」

というケースです。

それぞれの内容について1つずつ紹介していきますので、これらのケースに当てはまらないように、日頃から気をつけましょう。

信用情報ブラックである

金融取引の情報は信用情報機関の個人信用情報に、つぶさに記録されています。そのため、もしも返済遅延や滞納などを起こすと、金融事故情報としてマイナス情報が記録されてしまいます。

信用情報ブラックになってしまうと、カードローンのみならず、各種ローンやクレジットカード審査でも不利となってしまいますので、延滞しないように気を付けましょう。

申し込みブラックである

信用情報には申し込み情報の履歴も記録されています。もしも、短期間に複数社に申し込みをしてしまうと、申し込みブラックとなってしまいます。

信用情報から申し込み履歴が消えるまで待ってから申し込んだ方が良いでしょう。

申込情報は6カ月間履歴が残りますので、6カ月開けてから申し込みましょう。

ちなみに、他社借入が多い場合もカードローン審査では不利となりますので、おまとめローンなどの活用で、借入件数を減らすことがおすすめです。

債務整理中である

債務整理をした場合には、カードローン審査に通ることはまずありません。債務整理の記録が信用情報から消えるまで待つしかないのです。

債務整理には、借金の程度に合わせて、さまざまな方法があります。

借金を軽くしてくれる任意整理や、借金を大幅に軽くしてくれる個人再生、借金を帳消しにしてくれる自己破産があり、それぞれの内容や登録機関によって、5年から10年信用情報に履歴が残ります。この間の借金は諦めましょう。

スーパーホワイトである

無事に債務整理が終わったとしても、債務整理期間中は金融取引ができないため、信用情報に何の履歴もない真っ白な状態となります。このことをスーパーホワイトと言います。

スーパーホワイトの場合、カードローン審査では、債務整理をしたことが疑われてしまします。

また、何の実績もない状態は、金融取引における信用力が低いため、審査では不利となってしまいます。

ただし、現金主義者もスーパーホワイト状態ですので、現金主義だと主張すると良いかと思います。

総量規制に引っ掛かっている

総量規制に引っ掛かる場合には、審査落ちとなってしまいます。前述したように、消費者金融では、年収の3分の1を超える借入れはできないため、年収の3分の1以上の希望額を求めた場合には、審査落ちや減額の対象となります。

また、総量規制は1社からだけでなく、複数社の借り入れ合計で計算されるため、他社借り入れが多い場合にも総量規制に引っかかりやすくなります。

ちなみに、銀行カードローンは総量規制の対象外ではありますが、自主規制として目安としています。

安定収入がない

そもそも、安定収入がない場合には審査に通過することはありません。銀行カードローンも消費者金融からのキャッシングも、継続的な安定収入が前提条件となっています。

もしも現在無職である場合には、まずは働く必要があるでしょう。勤務年数も審査の項目に入るため、一定期間働かなければ、審査で不利となってしまいます。

ただし、専業主婦の場合は、配偶者に安定収入があれば、銀行カードローンを利用できる場合がありますし、配偶者貸付制度を利用すれば、配偶者の了承の元で、消費者金融から借りることも可能です。

審査が通らない人のカードローン!おすすめ激甘審査ファイナンス

もしも審査に自信がなければ、街金を利用すると良いでしょう。街金とは中小規模の消費者金融のことで、安全かつ安心してお金借りることができます。

銀行カードローンや大手消費者金融よりも金利は高くなってしまいますが、審査に柔軟性があると言われているため、借りやすいでしょう。

ここでは、おすすめの街金をいくつかピックアップいたします。無理のない範囲で計画的に活用しましょう。

限度額が多いアロー

アローは、15.00%~19.94%の金利で、最大200万円までの借入れが可能です。50万円程度を限度額とする中小事業者が多い中、比較的高い限度額だといえるでしょう。

審査スピードは最短45分となっており、急いでいる人も素早く金策の目処を付けることが可能です。借り換えローンにも対応しているため、複数社の借り入れがある人にも便利です。

インターネットやファックス、郵送で申し込みができるため、あなたがやりやすい方法で申し込みましょう。

無利息期間があるフタバ

キャッシングのフタバは、14.959%~17.950%の金利で、最高50万円までお金借りることが可能です。中小事業者の老舗として知られているため、多くの利用者が活用しています。

そんなフタバは、初回利用の場合、30日間無利息サービスが適用されます。利息の総額を抑えることができるので、とてもお得にお金借りることができるでしょう。インターネットや電話で申し込みを受け付けています。

安心のアルコシステム

アルコシステムは15.0%~20.0%の金利で、最高50万円までお金借りることができます。インターネット申し込みで24時間受け付けているため、多忙な人でも気軽な申し込みが可能です。

1983年の創業から、長らく信頼と実積を得てきた業者であり、安心して利用することができるでしょう。即日振込可能なので、その日のうちに現金が手に入ることも嬉しいポイントです。

まとめ

ローン組めない人には、さまざまな理由がありますが、よくあるケースを把握しておけば、反面教師にすることができます。日頃から、信用情報に傷がつかないように、きっちりとした金融取引を心がけましょう。