24時間対応のお金借りる方法はこれだ!多忙な人必見情報

この記事を5秒でまとめると…

  • すでにローンカードを持っている人は、限度額内であればATMなどで24時間お金を借りることが出来る
  • 消費者金融では即日融資可能だが、申込時間などの注意が必要
  • 金融業者の営業時間や銀行の営業時間を考慮に入れて借入申し込みをするとよい

銀行カードローンや消費者金融のキャッシングサービスに契約すると、とても便利で手軽な金策が可能です。

特に消費者金融の場合は、24時間申し込みや融資が可能であるため、忙しい人でも借り入れしやすいという特徴があります。

この記事では、24時間お金借りる方法や、24時間即日融資を受ける方法を開設した上で、各消費者金融ごとの営業時間を紹介します。ぜひフォローアップしておきましょう。

24時間お金借りる方法とは?

借入をする場合には、金利や審査難易度、在籍確認で周りの人にバレないこと、自動契約機の台数など、サービス内容が選択のポイントとなりますが、ほかにも急ぎでお金借りることが可能かどうかも重要な要素です。

そのため、24時間体制で申し込みは借り入れが可能な業者は、ユーザーにとってとてもありがたい存在です。

24時間お金借りる方法には、WEB申し込みやATMでのキャッシング、銀行口座への振込キャッシングなどの方法があります。

WEB申し込みは24時間体制

急いで借入申し込みをしたくても、たとえば忙しい会社員などの場合には、 金融業者へ電話する時間の余裕がない人もいらっしゃるでしょう。

外回りで時間に追われていたり、内勤で常に隣に誰かがいる場合には、申し込みが困難となります。

しかし、多くの銀行や大手消費者金融は、Web申し込みに対応しているため、平日や土日祝日に関わらず、24時間申し込みを受け付けています。

ただし、時間によっては審査が翌日以降となる可能性がありますので、なるべく早めに申し込んだ方が良いでしょう。

ATMで24時間お金借りることが可能

申し込み契約が済んでいる場合は、ATMで24時間お金借りることができます。

ATMでは、ローンカードやスマホアプリを利用して、限度額の範囲で借入れや返済を繰り返すことが可能である上、無人契約機に併設されているATMやコンビニATMは、全国各地にありますので、手軽に活用することができるでしょう。

特にコンビニATMは、セブンイレブン、E-net・ローソンATMなど、多くのコンビニに設置されているため、全国に網羅されていて便利です。

いずれも、24時間365日利用可能ですが、時々メンテナンス時間がありますので注意が必要です。

振込キャッシングも24時間オッケー

振込キャッシングとは金融業者からあなたの登録銀行口座に直接お金を振り込んでもらう方法です。

基本的には銀行の営業日は営業時間内での対応になりますが、一部の消費者金融と銀行の場合、指定銀行では24時間融資が可能となっています。

具体的には、アコムと楽天銀行の間、プロミスと三井住友銀行やジャパンネット銀行の間では、24時間対応でお金借りることができますので、活用すると良いかと思います。

土日祝日も24時間対応となっていますので、便利に利用することができるでしょう。

24時間即日融資でお金借りる方法

大手消費者金融は最短即日融資に対応しています。そのため、冠婚葬祭費用や急な出張など、臨時出費にも金策が可能です。

ここでは、24時間即日融資でお金借りる方法として、消費者金融の即日融資について詳しく紹介し、いつまでに申し込みをすれば即日融資となるのかや、無人契約機の効果的な利用方法について解説します。

急ぎでお金が必要な場合の参考としてください。

消費者金融なら即日融資可能

銀行カードローンは2018年以降、即日融資非対応となりました。以前は即日融資に対応している銀行もあったのですが、過剰な貸付に対する自主規制によって、現在は即日融資はしていません。

一方で、大手消費者金融は最短即日融資をしています。審査時間が最短30分から1時間程度と素早く、融資まで即日であるため、金策が立てやすいといえるでしょう。急いでいる場合には、大手消費者金融を活用すると良いかと思います。

14時までに申し込みが必要

大手消費者金融即日融資に対応しているからといって、前述の通り、申し込み時間によっては審査が翌日以降となる可能性があります。

具体的には銀行営業時間である平日の15時までに手続きを完結する必要があります。

手続きにかかる時間や審査にかかる時間を考慮すると、平日14時までには申し込みを終えておかなければなりません。

無人契約機なら夜中の借入れも可能

無人契約機を利用する場合には、14時以降の申込でも、最短即日融資が可能です。無人契約機の場合、消費者金融によっては、夜中22時頃まで開いている店舗があります。

14時以降にしか申し込みができない場合には、最寄りの店舗の営業時間をあらかじめ確認した上で、無人契約機を利用しましょう。無人契約機の場合も、閉店時間の1時間前までに申し込みましょう。

ほかの人が利用している間は、あなたが利用できないため、できる限り早めに行った方が良いかと思います。 無人契約機は土日祝日でも利用することができます。

消費者金融の営業時間を把握しよう

消費者金融では24時間対応が可能だということを紹介してきましたが、消費者金融からお金借りる方法には、さまざまな方法があるため、それぞれの方法と対応時間を混同してしまいがちです。

そこで、各消費者金融ごとの営業時間を紹介いたします。ここではアコム、プロミス、SMBCモビット、レイクALSA、アイフルの営業時間をそれぞれ見て行きましょう。

アコムの営業時間

アコムは店頭窓口の営業時間が平日9時30分から18時までで、土日祝日は休業日となっています。担当者と対面で取引がしたい場合には、この時間内に行く必要があります。

アコムの自動契約機である「むじんくん」は、8時から22時までとなっており、年末年始を除く年中無休対応です。そのため、朝から晩まで申し込みや借入返済が可能です。

アコムATMの営業時間は24時間対応となっており、こちらも年中無休です。ただし、毎週月曜日の午前1時から5時までの間はメンテナンス時間となっているので利用できません。

プロミスの営業時間

プロミスの営業時間は、店頭窓口が10時から18時、自動契約機は9時から22時となっており、一部自動契約機は9時から21時ですので注意が必要です。

また、プロミスATMは7時から24時までと時間が長く、提携コンビニATMは24時間365日利用可能です。

ただし、毎週月曜0時から7時はメンテナンスとなっているので、この時間を避けて利用しましょう。

SMBCモビットの営業時間

SMBCモビットは、電話オペレーターの営業時間が9時から21時で、ローン契約機が平日土日ともに21時まで営業しています。仕事が終わってからの問い合わせや利用もできるかと思います。

また、提携先ATMの営業時間は、三井住友銀行とセブン銀行が24時間営業、三菱UFJ銀行が8時から21時となっています。またプロミスATMも利用可能ですので、7時から24時の間に使うことができます。

レイクALSAの営業時間

レイクALSAは自動契約機の営業時間が平日と土日が8時から24時、日曜祝日が8時から22時、毎月第3日曜日が8時から19時となっています。

曜日ごとに営業時間が微妙に異なるため注意が必要です。

ATMを利用する場合は、平日と土日は7時30分から24時、日曜祝日が7時30分から22時、毎月第3日曜日は7時30分から20時となっており、こちらも曜日ごとに営業時間がことなります。

提携コンビニATMは24時間対応となっているため、買い物ついでに利用すると良いでしょう。

アイフルの営業時間

アイフルの営業時間は、店舗窓口が10時から18時で平日のみ対応となっています。土日祝日は休業日ですので知っておくと良いでしょう。

自動契約機の営業時間は8時から22時、アイフルATMが7時から23時、提携ATMは24時間となっていますので、あなたの生活ペースに合わせて、いずれかを活用すると良いでしょう。

まとめ

消費者金融は24時間申し込むことができますし、既に契約をしている場合には、24時間お金借りることが可能です。

銀行締まっている深夜や土日でも、気軽に金策が可能ですので、急な出費にもしっかりと対応してくれます。計画的に利用して、その場をしのぎましょう。