ライフカードでお金借りる!手軽で便利なクレカ情報

この記事を5秒でまとめると…

  • ライフカードは全国ATMやオンラインキャッシングなど幅広い方法でキャッシングができるため非常に人気のあるカード
  • ライフカードの返済方法は、翌月一括払いでの返済、リボ払いでの返済を選ぶことができる
  • 返済方法により申し込み条件が異なるため、事前に確認しておくことが必要

お金借りる方法には、銀行などの金融機関や、消費者金融からの借り入れなど、さまざまな方法がありますが、クレジットカードのキャッシング利用によってお金借りる方法もおすすめです。

この記事では、ポイントサービスなど、多くの特典が充実していて、お得にショッピングが可能なライフカードでのキャッシングについて紹介します。

申し込み審査時にキャッシング利用可能枠を付けておけば、利用枠の範囲で手軽にお金借りることが可能です。

借入れ方法、返済方法、申し込み条件など、順番に解説したいと思います。

ライフカードでお金借りる方法

ライフカードは、年会費無料の一般カードや、学生専用ライフカード、ライフカードゴールドを含め、さまざまな種類のカードをラインナップしています。

ライフカードは、入会初年度はポイントが1.5倍、誕生日付きは3倍、一定条件を満たせば1年間基本ポイントが2倍など、業界最高水準のポイントプログラムを誇っています。

そんなライフカードは、ショッピングの支払いだけでなく、キャッシングも便利です。

まずは、ライフカードでお金借りる方法として、

  • 「全国のATMでキャッシング」
  • 「オンラインでキャッシング」
  • 「電話でキャッシング」

の3つを見て行きましょう。

全国のATMでキャッシング

ライフカードは、銀行や信用金庫、郵便局などのATMのほか、コンビニやショッピングモール、スーパーのATMで、キャッシングが可能です。

キャッシング枠の範囲で、1万円単位でお金借りることができるため、手軽な金策ができるでしょう。

ATMでキャッシングを行う場合には、初期画面から「クレジットカード」をタップします。「クレジットカード」の表示がなければ、「お引き出し」や「その他お取引」など、ATMによって異なる場合があります。

ATMの手続きを進めると、「リボルビング払い(リボ払い)」「1回払い(一括払い)」を選択できます。キャッシングは「1回払い」を選択すると表示されます。

オンラインでキャッシング

ライフカードは、オンラインでのキャッシングも可能です。オンラインキャッシングの場合、自分の口座に直接振り込んでもらえるため、銀行口座の残高が心もとない場合に大きな助けとなるでしょう。

オンラインキャッシングは、24時間申し込み可能で、平日午前0時から、午前10時までの間に申し込み手続きをした場合には、即日融資をしてもらえます。

そのため、急ぎで金策が必要な人も、大船に乗った気持ちでいれるでしょう。

ただし、土日祝日や、午前10時を過ぎた場合には、翌日以降の振込みとなりますので注意が必要です。

電話でキャッシング

ライフカード会員であれば、ATMやオンラインからだけでなく、電話でのキャッシング申し込みも可能です。

電話での申し込みは、ライフカードインフォメーションセンター(045-914-7003)で受け付けていますので、気軽にかけてみると良いでしょう。

ライフカードインフォメーションセンターは、自動音声となっておりますので、音声案内に従って手続きをしましょう。ライフカードインフォメーションセンターは、午前8時から午後23時まで対応しています。

ライフカードの返済方法

クレジットカードを利用した場合には、厳密には返済ではなく支払いと表現しますが、リボ払いやキャッシングは、返済額に金利が含まれ、利息とともに支払わなければならないため、ここでは返済と表現します。

ライフカードの返済方法は、クレジットカードの利用方法によって異なります。

具体的には、翌月一括払いでの返済、リボ払いでの返済、海外キャッシングの返済を知っておくと良いでしょう。それぞれの内容を詳しく解説いたします。

翌月一括払いで返済

翌月一括払いとは、文字通り翌月に全ての決済額を支払う方法です。ライフカードの翌月一括払いとは、月末までのカード利用分を、翌月以降の指定日に全額支払うことを指します。

そのため、支払い日までの立て替え期間が猶予期間となり、資金計画が立てやすいというメリットがあります。特に、月初のカード利用は、支払日までの期間が長いため、資金繰りがしやすいのです。

ライフカードの振替日は、翌月27日か翌々月3日となっています。ただし、口座振替に指定している金融機関によって、支払日が異なりますので、注意が必要です。

リボ払いで返済

リボルビング払いとは、クレジットカードの利用額がいくらであったとしても、月々の返済額が一定になる方法です。

そのため、家計の負担が軽くなる上、管理がしやすくなるという特徴があります。ただし、手軽であるが故に、使いすぎリスクもありますので、毎月無理なく支払える範囲での利用が大切です。

ライフカードの場合は、以下の金額が返済額となります。

前月末の残高 毎月の返済額
20万円まで 10,000円
20万円超~40万円 20,000円
40万円超~60万円 30,000円
60万円超~80万円 40,000円

海外キャッシングの返済

ライフカードは海外キャッシングも可能であるため、出張や旅行中に、お金が必要となった時にも安心です。

海外キャッシングは、原則として1回払いとなりますが、2010年2月2日までに入会した人は、リボルビング払いとなっています。

もしも、海外キャッシングにおける支払い方法を変更したい場合には、ライフカードインフォメーションセンター(045-914-7003)に電話しましょう。

変更後は、海外キャッシング利用のすべてが、リボルビング払いか1回払いのいずれかに統一されます。

ライフカードキャッシングの申し込み条件

ライフカードでキャッシングする場合には、キャッシングの利用金額や、金利、返済回数など、利用条件を把握しておきましょう。

これらを事前に把握しておかないと、利用してから「思っていたことと違った」と感じてしまうことになりかねません。

ここでは、ライフカードのキャッシング申し込み条件として、「翌月一括払いの場合」「リボ払いの場合」をそれぞれ紹介します。また、発行書面についても言及しますので、確認しておきましょう。

翌月一括払いの場合

支払い方法 翌月一括払い
(元利一括払い)
キャッシング金額 100万円未満 100万円以上
金利 ライフカードゴールド 13.505% 13.505%
トッピングカード
トッピングEdyカード
14.600% 14.600%
学生専用カード 15.000%
その他のクレジットカード 18.000% 1500.000%
遅延損害金 20.0%
返済期間・回数 26日~67日/1回

リボ払いの場合

支払い方法 リボルビング払い
(残高スライド元利定額方式)
キャッシング金額 100万円未満 100万円以上
金利 ライフカードゴールド 13.505% 13.505%
トッピングカード
トッピングEdyカード
14.600% 14.600%
学生専用カード 15.000%
その他のクレジットカード 18.000% 15.000%
遅延損害金 20.0%
返済期間・回数 18.00%で50万円キャッシングした場合、41か月/41回。

発行書面を把握しておこう

キャッシング利用時には、いくつかの書面が発行されます。1つは、キャッシングを行う度に、利用内容の詳細が書かれた「キャッシングサービスご利用内容のお知らせ」が発行されます。

もう1つは、ネットキャッシングや電話キャッシングを利用した場合に、利用内容の詳細を簡素化した書面です。発行されたら、内容に間違いがないか、しっかりと確認しておきましょう。

また、マンスリーステートメントの発行も行われます。これは、「キャッシングサービスご利用内容のお知らせ」に代えて、毎月発行される明細です。書面と電子書面の2通りの方法で確認が可能となっています。

まとめ

ライフカードは、便利でお得に利用できるクレジットカードですが、キャッシング利用も気軽に行えますので、金策したい時に活用すると良いでしょう。

あなたに合った返済方法を選びながら、家計負担を抑えた借入れが可能です。ただし、手軽であるため、使いすぎのリスクがあります。計画的な利用を前提としましょう。