銀行カードローンで10万円のお金借りる!少額融資情報

この記事を5秒でまとめると…

  • 契約者の属性にもよるが、10万円融資のハードルは比較的低い
  • 専業主婦でも銀行カードローン(一部除く)で10万円程度であれば借りることが可能
  • 10万円の少額と言えど、複数社からの借入や以前に延滞や遅延の経験がある人は融資が難しい場合があるので注意が必要

個人が無担保無保証人で、お金借りる方法としては、銀行などの金融機関や、大手消費者金融、街金業者などがあげられます。

特に、銀行カードローンの場合には、消費者金融よりも審査が厳しい反面、低金利であるため、たとえ金額が10万と少額融資であったとしても、お得に借り入れができておすすめです。

この記事では、銀行から10万円キャッシングする内容について詳しく解説します。

10万円借りる方法

10万円気軽に借りれる銀行カードローンを、具体的に紹介する前に、10万円借りる方法を比較しておきましょう。

まずは、銀行カードローンの概要、大手消費者金融の概要、街金の概要、クレジットカードキャッシングの概要について案内いたします。

銀行カードローン10万円のお金借りる

銀行カードローンは、1%台から14.5%程度の金利で、最大1,200万円までお金借りることができます。

金利が低い分だけ利息総額を抑えることができますし、毎月数千円からの返済額であるため、手軽に銀行ブランドでの借り入れが可能です。

限度額が10万円の場合、安定収入があり、信用情報ブラックでなければ、審査のハードルは高くないため、賢く活用することが可能です。

大手消費者金融から10万円のお金借りる

大手消費者金融は、充実したサービスで、多くの利用者からの支持を集めています。たとえば、自動契約機が全国各地に設置されていたり、即日融資に対応しているなど、痒い所に手が届くサービスとなっています。

また、アコムやアイフル、プロミスの場合は、初回利用時に30日間無利息期間が設けられていますので、お得な利息で利用可能です。ただし、金利は3.0%~18.0%とやや高めとなっています。

街金から10万円のお金借りる

街金から10万円借りることもできます。街金は、少額融資を得意としているため、もしも銀行カードローンや大手消費者金融で審査落ちした場合には、街金に相談してみましょう。

街金は全国各地に存在し、それぞれの業者がオリジナルのサービスを提供しています。15%~20%と金利は高いですが、困った時の防波堤となってくれるでしょう。

クレカのキャッシングで10万円のお金借りる

クレジットカードのキャッシングを利用する方法もあります。クレジットカードは、入会審査時にキャッシング枠を付けている場合には、すぐにお金を借りることが可能です。

買い物ついでにATMでキャッシングをしたり、カード会社に電話して、振込キャッシングを依頼することもできますので、金策手段の一つとして想定しておきましょう。ただし、金利は18.0%と高めです。

無職の専業主婦が10万円借りれる銀行カードローン

消費者金融は、総量規制というルールがあり、年収の3分の1を超える融資はできません。そのため、無職の専業主婦は、原則としては消費者金融を利用できないのです。

しかし、銀行カードローンの場合には、総量規制の対象外であるため、専業主婦でも利用可能なカードローンはあります。

ここでは、無職の専業主婦が10万円借りれる銀行カードローンとして、メガバンク、ネット銀行、地方銀行をそれぞれ紹介いたします。

メガバンクのカードローン

メガバンクのカードローンは、ブランド力が高く、ローンカードもキャッシュカードと見分けにくいため、安心して利用することが可能です。専業主婦が10万円お金借りることが可能なメガバンクは、三菱UFJ銀行カードローンバンクイックがあります。

三菱UFJ銀行カードローンバンクイック

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックは、1.8%~14.6%の金利で、10万円~500万円が限度額となっています。

ウェブ完結申込や、普通預金口座なしでの申し込みが可能であるため、多くの人に門戸を開放しています。

毎回の返済額はたった1,000円からということで、お財布に優しい銀行カードローンです。

ネット銀行のカードローン

ネット銀行もカードローンサービスに積極的です。ネット銀行は店舗を持たない銀行のことで、自宅に居ながら諸手続きが可能となっています。

そんなネット銀行の中で、専業主婦が利用可能なところとして、セブン銀行、イオン銀行、じぶん銀行、ソニー銀行の4行を紹介します。

セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローンは、15.0の金利で、50万円までの借入れが可能です。専業主婦だけでなく、パートやアルバイトも利用できますので、多くの利用者が融資を受けています。

また、セブン銀行口座があれば本人確認書類を簡素化することができ、ウェブ完結での申し込みとなっているため、手軽にお金借りることができるでしょう。

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンは、3.8%~13.8%の金利で、最大800万円まで融資を受けれます。専業主婦も50万円まで借入れができるため、10万円の利用はハードルが高くありません。

融資までは1週間程度かかりますが、審査自体は最短即日なので、早めに結果を知ることが可能です。

じぶん銀行カードローン

じぶん銀行カードローンは、2.2%~17.5%の金利で、10万円~800万円までお金借りることができます。もしもauユーザーの場合には金利優待特典があり、条件を満たしている場合には2.1%~17.4%となります。

auユーザーの限定割引は、借り換えローンでも対象となりますので、お得に利用することができます。

ソニー銀行カードローンMONEYKit

ソニー銀行カードローンMONEYKitは、2.5%~13.8%の金利で、10万円~800万円融資してもらえます。

PCやスマホ完結の申し込みに対応している上、ATM手数料も無料であるため、便利でお得に利用することができるでしょう。

また、急ぎの場合には、ローンカード到着前に振り込んでもらうことが可能ですので、時間短縮してもらえます。

地方銀行のカードローン

カードローン名 金利 限度額 備考
横浜銀行カードローン 1.9%~14.6% 1,000万円 フリーターOK
千葉銀行カードローン(ちばぎんカードローン) 1.7%~14.8% 800万円 学生OK
北洋銀行カードローン「スーパーアルカ」 1.9%~14.7% 1,000万円 フリーターOK
静岡銀行カードローン「セレカ」 4.0%~14.5% 500万円 おまとめ対応
常陽銀行カードローン 2.5%~14.8% 800万円 学生OK
八十二銀行カードローン「はちにのかん太くんカード」 5.5%~14.5% 500万円 学生OK

10万円借りる場合の注意点

10万円借りる場合には、その限度額の手ごろさから、安易な借り入れをしてしまう人がいらっしゃいます。しかし、いくら少額融資だとしても、油断していると審査落ちしてしまう可能性があるでしょう。

10万円のお金借りる場合に注意しなければならないことは、複数社への申し込みを控えることや、必要以上の希望額にしないことなどが重要です。

複数社に申し込みをしている場合には、信用力が低く、審査では不利となりますし、必要以上の希望額で落とされると、本当に必要な額なら借りれたという場合に、もったいない状態となります。

これらのことを踏まえて、借入れ申し込みに臨みましょう。

まとめ

10万円借りる場合には、銀行カードローンを気軽に利用することが可能です。銀行からお金借りると聞くと、何となくハードルが高そうに思いがちですが、カードローンの場合には、敷居は低いといえます。

銀行カードローンの場合は、専業主婦の借入もできますので、手軽に少額のお金を、銀行ブランドの安心感を付けながら、賢く活用すると良いでしょう。

各銀行ごとに、サービス内容が異なるため、それぞれの内容を比較検討してから申し込みましょう。