お金借りるならどの銀行?カードローンの豆知識

この記事を5秒でまとめると…

  • 安心感のあるメガバンクで借りるなら三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」、みずほ銀行カードローン、三井住友銀行カードローンがおすすめ
  • 便利なネット銀行でお金を借りるならジャパンネット銀行ネットキャッシング、ソニー銀行カードローン、イオン銀行カードローンがおすすめ
  • 各地方銀行でも低金利でお金を借りられるカードローン商品があるので、お近くの銀行の商品を調べてみるのもよい

個人が無担保無保証人で借り入れするには、銀行のような金融機関や、大手消費者金融などのノンバンク業者、クレジットカードのキャッシングなど、さまざまな方法があります。いずれも気軽に申込が可能ですので、多くの利用者がいるようです。

特に銀行の場合は、住宅ローンなど、審査が厳しいローンを思い浮かべる人が多いかも知れませんが、手軽に利用できるカードローンもあります。

銀行カードローンは、安定収入のある会社員はもちろん、専業主婦も利用できるところがあり、手軽に金策が可能です。

この記事では、お金借りるならどの銀行がおすすめなのかを紹介します。

メガバンクでお金借りるならこの銀行

銀行カードローンとひと口に行っても、そもそも銀行には種類があります。メガバンクやネット銀行、地方銀行など、銀行の種類ごとにカードローンのスペックは異なります。

まずは、メガバンクでお金借りる場合のおすすめとして、「三菱UFJ銀行カードローン」「みずほ銀行カードローン」「三井住友銀行カードローン」の3行を紹介します。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、1.8%~14.6%の金利で、最大500万円まで借入れが可能です。

入会金や年会費無料である上、三菱UFJ銀行のATMや、コンビニATMで利用でき、ATM利用手数料も無料です。

1,000円単位での借入れも可能ですので、気軽にメガバンクのカードローンを活用することができます。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、2.0%~14.0%の金利で、最大800万円までお金借りることが可能です。

また、みずほ銀行の住宅ローンを利用することによって、0.5%の金利引き下げとなるため、住宅ローン利用者は1.5%~13.5%で融資を受けれます。

来店不要のWEB申し込みにも対応しているため、自宅に居ながら気軽に金策ができるでしょう。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、4.0~14.5%の金利で、最大800万円まで借入れが可能です。

月々の返済額は2,000円からであるため、家計の負担を抑えながら返済することができます。

来店不要のWEB申し込みや、手数料無料のATM利用、都合に合わせて選べる返済日など、利用者目線のサービスを提供しています。

ネット銀行でお金借りるならこの銀行

ネット銀行とは、基本的に店舗を持たない銀行で、全ての取引がインターネットだけで完結してしまう便利な銀行のことを指します。

そんなネット銀行もカードローンは積極展開しており、多くのネット銀行がサービスを提供しています。

ここでは、ジャパンネット銀行ネットキャッシング、ソニー銀行カードローン、イオン銀行カードローンを紹介します。

ジャパンネット銀行ネットキャッシング

ジャパンネット銀行は、カードローンの新規受付を終了し、同等のサービスであるネットキャッシングを提供しています。

2.5%~18.0%の金利で、最大1,000万円借りれるほか、30日間無利息サービスや、自動融資機能など、充実したサービスとなっています。

また、ローンカードや郵送物がないため、家族にバレる心配もありません。

ソニー銀行カードローン

ソニー銀行カードローンは、2.5%~13.8%の金利で、最大800万円まで借入れ可能です。パソコンやスマホ完結で、24時間申し込みが可能であるため、いつでおどこからでも手続きができます。

また、急ぎの場合には、ローンカード到着よりも早く振り込んでもらえる「初回振込サービス」もあるため、迅速な金策が可能です。

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンは、3.8%~13.8%の金利で、最大800万円までお金借りることができます。

イオン銀行の口座を持っている場合には、振込キャッシングにも対応してくれるため、より便利に活用することができるでしょう。

ATM手数料は何度でも無料ですし、WEB完結申し込みにも対応していますので、安心して活用することが可能です。

地方銀行でお金借りるならこの銀行

銀行カードローンを利用する場合には、メガバンクやネット銀行のほかにも、地方銀行から融資を受ける方法もあります。

地方銀行カードローンは、全国の銀行が多くのサービスをを提供しているため、ここでは、全国対応している地方銀行の中から、口座開設が不要のカードローンをピックアップいたします。

各カードローンの金利や限度額、年齢条件や審査スピード、保証会社など、一覧にて紹介しますので、ぜひ比較検討してみましょう。

《おすすめの地方銀行カードローン一覧》

地方銀行名 金利 限度額 審査
時間
年齢
条件
保証
会社
来店の有無
トマト銀行カードローン「キューリ」 3.0%~14.5% 1,000万円 最短即日 満20歳以上満68歳未満 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 なし
みなと銀行カードローン「Qポートネオ」 4.5%~14.0% 800万円 最短1時間 満20歳以上65歳以下 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 なし
愛媛銀行カードローン 4.4%~16.6% 800万円 1日~3日程度 20歳~65歳以下 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 なし
常陽銀行カードローン「キャッシュピット」 2.5%~14.8% 800万円 最短即日 満20歳以上75歳未満 アコム株式会社 なし
荘内銀行カードローンWeb 3.5%~14.6% 500万円 最短即日 満20歳以上満70歳未満 新生フィナンシャル株式会社 なし
大垣共立銀行カードローン「ザ・マキシム」 4.5%~12.0% 1,000万円 最短翌日 満20歳満61歳未満 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 なし
北海道銀行カードローン「ラピッド」 1.9%~14.95% 800万円 最短即日 満20歳以上75歳未満 アコム株式会社 なし
北日本銀行カードローン「スーパークイカ」 3.0%~14.8% 500万円 最短即日 満20歳以上満69歳以下 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 なし
福井銀行カードローン 5.9%~14.6% 500万円 最短即日 満20歳以上65歳未満 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 なし

とにかく金利安いのはこの銀行

銀行カードローンの中でも、特に低金利のカードローンを見て行きましょう。ここでは、住信SBIネット銀行Mr.カードローン、オリックス銀行カードローン、楽天銀行カードローンを紹介します。

住信SBIネット銀行Mr.カードローン

住信SBIネット銀行Mr.カードローンは、プレミアムコースとスタンダードコースがあり、プレミアムコースは0.99%~7.99%の金利、スタンダードコースは8.39%~14.79%となっています。

所定の条件を満たした場合には、基準金利より最大0.6%引下げの恩恵もありますので、お得な借入れが可能です。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは、1.7%~17.8%と、1%台の低金利で借入れが可能です。利用可能ATMが全国99,000台以上もあるため、便利に利用することができるでしょう。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは、1.9%~14.5%の金利で、最大800万円までお金借りることができます。安定収入があれば、パート・アルバイトでも利用できるため、幅広い人から支持されています。

《とにかく低金利の銀行カードローン一覧》

銀行名 金利 限度額 審査
時間
年齢
条件
保証
会社
来店の有無
住信SBIネット銀行Mr.カードローン 0.99%~14.79% 1,200万円 仮審査最短60分 満20歳以上満65歳以下 住信SBIネット銀カード株式会社もしくはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社 なし
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% 800万円 数日 満20歳以上69歳未満 オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社 なし
楽天銀行カードローン 1.9%~14.5% 800万円 数日 齢20歳以上62歳以下 楽天カード株式会社または株式会社セディナ なし

まとめ

銀行カードローンは、銀行ブランドで気軽な借入れができるため、安心して利用することが可能です。

消費者金融よりも審査難易度が高いというデメリットはありますが、その分金利が低いため、利息総額を抑えることができるでしょう。

メガバンクだけでなく、ネット銀行、地方銀行も積極的にカードローン商品を提供しているため、多くの人の金策の助けとなっています。返済できる範囲で、計画的な借り入れを行いましょう。