クレジットカードでお金借りる!ATMからのキャッシングを解説

この記事を5秒でまとめると…

  • クレジットカード申し込み時にキャッシング機能をつけていれば、キャッシングをすることができる
  • カードによっては24時間キャッシングできるなどのメリットがある一方、金利が高いなどのデメリットもあるので、自分のクレカのキャッシング機能をしっかり確認しておくことが必要
  • クレジットカード作成時に審査をしているので、キャッシングをする際には審査を必要としない

クレジットカードは、手持ちの現金がなくても支払いができるため、とても便利にショッピングが可能です。利用するごとにポイントが貯まっていくためお得な買い物もできるでしょう。

そんなクレジットカードには、ショッピング枠だけでなく、キャッシング枠もあります。

キャッシングサービスを利用すると、銀行振り込みやATMで借入が可能なのです。この記事では、クレジットカードを利用して、ATMでお金借りる方法について紹介します。

まずはクレジットカードの基本を知ろう

クレジットカードは、大きく分けると2つの利用方法があります。1つはショッピングでの利用、もう1つは、キャッシング機能を利用しての借入れです。

ショッピングの場合は、買い物をした金額(利用代金)を、翌月以降に返済(支払い)しますので、立て替え払いとなります。

キャッシングは、クレジットカード審査時に、キャッシング枠をつけておけば、いつでも気軽にお金借りることができるというものです。

クレジットカードのショッピング利用

クレジットカードでショッピングをした場合には、カードを店頭で出してサインをしたり、ネットでカード番号と暗証番号(セキュリティーキー)を入力して決済をし、翌月以降に支払います。

返済方法(支払い方法)は、手数料がかからない1回払いのほか、分割払いやリボ払いがあります。

1回払い

1回払いは、利用可能枠の範囲でショッピング利用した分を、翌月以降に1回で支払う方法です。

決済をした分を、そのまま時期をずらして支払うわけですから、お金がない場合などの資金計画を立てやすくなるでしょう。

もちろん、支払日までにお金が不足していると、遅延や滞納となる可能性がありますので、後から支払える分の範囲で利用することが前提です。

分割払い

分割払いは、支払った金額を回数で分割して、1回あたりの支払い負担を軽減する方法です。月々の家計負担が軽くなるメリットがある一方、支払いが続くというデメリットがあります。

分割できる回数は、カード会社によって異なりますが、大半の会社が、

  • 3回払い
  • 6回払い
  • 10回払い
  • 12回払い
  • 24回払い

の5パターンには対応しています。

また、2回払いができるカードの場合は、2回払いまで金利手数料がかからないため、お得に分割払いが可能です。

リボ払い

分割払いが支払い金額を回数で分けるのに対して、リボ払いは毎月一定金額だけを支払っていく方法です。

利息を無視した例えを紹介すると、10万円の利用時に5回の分割をすると、月々の支払いは2万円となります。10回払いなら月々1万円となります。

つまり、分割払いは回数を固定した結果、支払い金額が決まってきます。

これに対して、リボ払いは、月々2万円の支払いの場合、支払い回数が5回となり、月々1万円の支払いの場合、支払い回数は10回となります。

つまり、支払い金額を固定した結果、支払い回数が決まってきます。

支払い計画性が立てやすいメリットがある反面、なかなか支払いが終わらないというデメリットがあります。

クレジットカードのキャッシング利用

クレジットカードのキャッシングは、カード申し込み時にキャッシング枠をつけておけば、すぐにお金借りることが可能となるありがたいサービスです。

振り込んでもらったり、ATMでお金借りることができますので、手軽なキャッシングを実現させてくれるでしょう。

ATMを利用してクレジットカードでお金借りる

クレジットカードを利用してATMでお金借りたい場合には、どのようなことを知っておくと良いのでしょうか?

ここでは、「利用枠があれば審査不要」「ATMから24時間365日利用可能」「キャッシング枠と限度額の関係」「海外キャッシングも便利」という点について詳しく紹介したいと思います。

利用枠があれば審査不要

通常、お金借りる場合には、借入れ審査が必要となりますが、クレジットカードのキャッシングの場合、借入れのタイミングで審査は不要です。

というのも、クレジットカードの申し込みでは、キャッシング枠を付ける時に審査が行われますので、あらためて審査をしなくても良いのです。

キャッシング枠付きのクレジットカードを持っていれば、すぐにお金借りることが可能です。

ATMから24時間365日利用可能

ATMは24時間営業のコンビニエンスストアに設置されているため、24時間365日利用可能です。そのため、日中多忙な人でも安心して利用することができるでしょう。

ただし、システムメンテナンスの時間は利用することができません。

たとえば、セブン銀行の場合は、第3日曜日の翌日0:30~5:30、ローソンは3:00~4:00、イオン銀行は第2月曜日の1:30~7:00は利用不可ですので、気を付けましょう。

キャッシング枠と限度額の関係

クレジットカードでキャッシングをする場合には、どれくらいのキャッシング枠があるのかを把握しておく必要があります。

ショッピング枠とキャッシング枠を混同して限度額を考えている人がいますが、この2つは分けて考えなければなりません。

カード会社によって、ショッピング枠内でキャッシング枠を設定しているところや、ショッピング枠とは別枠でキャッシング枠を設定しているところがありますので、事前確認しておきましょう。

海外キャッシングも便利

クレジットカードは、海外でもキャッシングが可能です。海外のATMを利用すれば、現地通過ですぐにお金が手に入ります。

出張や旅行の時にお金が必要となった場合には、キャッシング枠を利用して対処すると便利でしょう。

クレジットカードキャッシングの注意点

クレジットカードキャッシングの注意点も見ておきましょう。

クレジットカードキャッシングの注意点は、「金利が高いこと」「ほかのローンで不利となる可能性がある」「キャッシング枠には補償がない」などがあげられます。

また、クレジットカード以外にも、手軽で便利なカードローンがありますので、合わせて確認しておくと良いかと思います。

金利が高いこと

クレジットカードのキャッシングでは、多くのカード会社が金利18%と高めに設定しています。大手消費者金融の金利が3.0%~18.0%であることを考えると、割高感は否めません。

ほかのローンで不利となる可能性がある

クレジットカードのキャッシングをしていると、ほかのローンの審査で不利となる可能性があります。

住宅ローンや自動車ローン、カードローンの申し込み審査に落とされたり、減額される可能性を想定しておかなければなりません。

万一、遅延や滞納をしてしまうと、より一層不利となってしまうので、ライフプランに影響する可能性もあります。計画性を持って、しっかりと支払いすることを前提に活用しましょう。

キャッシング枠には補償がない

クレジットカードのキャッシングは、保証対象となりません。もしも、クレジットカードのキャッシング枠を不正に利用されたとしても、利用者自身が責任を負わなければならないのです。

そのため、クレジットカードの管理は、しっかりとしておかなければならないということを知っておきましょう。

手軽で便利なカードローンのすすめ

クレジットカードでキャッシングするのも良い方法ですが、銀行カードローンや消費者金融カードローンもおすすめです。

銀行カードローンは1%台から15%程度の金利で借入れが可能ですし、消費者金融はサービスが充実していますので、便利に利用することができます。

返済計画も立てやすい仕組みとなっていますので、お金に困った時には検討してみると良いでしょう。

まとめ

クレジットカードは、ATMを利用して便利にキャッシングをすることが可能です。カード作成時にキャッシング枠を付けておけば、あらためて審査不要ですので、とても手軽に利用できるでしょう。

カードローンなど、ほかのローンも踏まえ、総合的な金策手段の1つとして、利用を検討すると良いかと思います。