職場の同僚からお金借りるってアリ?個人間借金は高リスク!

この記事を5秒でまとめると…

  • 病気やトラブルを理由にするとお金を借りやすい
  • 職場での借金には自分の居場所を無くすリスクがある
  • 人間関係を大事にしたいならカードローンを使った方がいい

自分が働いている会社の同僚からお金借りるのは、正直いってあまりオススメできません。

職場の同僚から借金をしてしまうと、借りる前よりもさまざまな面で悪い状況となってしまう可能性があるでしょう。

また、トラブルの大きさは貸し借りの金額に比例する傾向もあるため、まとまったお金を借りたい場合には、金融業者など、ちゃんとした相手を選ばなくてはなりません。

この記事では、職場の同僚からの借金をテーマに、そのリスクとおすすめの借入先を紹介します。

職場の同僚に借りる場合のよくある口実

職場の同僚からお金借りる場合には、さまざまな口実や理由を付けて借りることが一般的です。

お金を借りるための典型的な口実

  • 給料日には返済する!
  • この前仕事のミスをフォローしたよね?
  • 今度何かで恩返しするから!
  • トラブルで困ってるから助けてほしい!
  • 家族が病気だから…

何だか絵にかいたような話に思えるかも知れませんが、お金に困っている人はそれほど余裕がない場合が多いのです。

給料日には返済する

給料日までには返済するという口実は、よく考えてみるとお金を借りる意味合いでの因果関係はありません。ただ単に給料日までに返済すると宣言しているだけで、お金を借りる理由にはなっていないのです。

しかし、具体的な返済日を設定しているため、何となく貸し借りしやすくなるようです。同僚からお金を借りる時の口実としては、一番オススメな方法です。

この前仕事のミスをフォローしたよね

この前仕事のミスをフォローしたよねといって借りる方法は、恩を嵩にかけて借りようとする方法です。

先輩が後輩に使うケースが多いのですが、いわれた方は気持ちの良いものではありませんので注意が必要です。

職場の同僚だけでなく、友人知人の間でもよくあるケースなので、まず恩のある行為が行われるような距離の人間関係が前提となります。

今度何かで恩返しするから

今度何かで恩返しをするという口実も、度々使われる口実です。

  •  「今度食事をおごるから」
  • 「今度異性を紹介するから」
  • 「今度残業代わってあげるから」

など、さまざまな今度が繰り広げられているようです。

しかし、大抵の場合「今度」はあてにならず、いつまでたってもその「今度」はやって来ません。

結局借金だけさせるというパターンなので、この方法でお金借りるのなら、今度と約束した内容はちゃんと守りましょう。

トラブルで困ってるから助けて欲しい

トラブルで困っているから助けて欲しいという場合には、トラブルの詳細を説明して具体的に借りる場合と、何も聞かないでといって借りる場合があります。

いずれの場合も、トラブルに巻き込まれているという同情心と、助けるという救済の気持ちを頼りにお願いすることとなります。

しかし、結局のところ、同僚もトラブルに巻き込んでいることになりますので、他の方法を考えた方が良いでしょう。

家族が病気だから

家族が病気だからというのもよくある口実です。

親や祖父母、兄弟などが病気で、お金に困っているといわれると、相談された方も貸せないと回答しずらいため、家族の病気を理由に同僚からお金借りる人もいらっしゃるのです。

しかし、同僚から借りても根本解決になりませんので、医療制度や保険、金融業者からの借り入れなどを利用した方が良いでしょう。

職場の同僚からお金借りるリスク

もしも職場の同僚からお金借りることができたとしても、そこにはさまざまなリスクがともないます。

そのリスクは借りた額に見合わないほど、大きなリスクとなる場合がほとんどなので、職場の同僚からお金借りる方法は、ハイリスクローリターンといわざるを得ません。

では、職場の同僚からお金借りるリスクは、どのようなことが考えられるのでしょうか?

職場で噂になる可能性がある

職場の同僚からお金借りると、その事実が漏れて職場で噂になる可能性があります。

内緒でお金を借りたとしても、人の口には戸は立てられないというように、高確率でリークするでしょう。

意図的ではなかったとしても、ひょんなことから漏れて噂になる可能性もありますので、噂になった結果、仕事にも影響を及ぼす可能性があります。

人間関係にヒビが入る可能性がある

職場の同僚からお金借りることによって、人間関係にヒビが入る可能性も高いでしょう。

万一返済ができなくなった場合には、人間関係が破たんする可能性がありますし、返せたとしても借金をお願いする相手だと警戒されるようになるかも知れません。

これは、職場の同僚だけでなく、友達関係にもいえることで、結果的に友達を無くしたという人は数多くいらっしゃいます。

個人の間での借金は人間関係を壊しやすいので、安易に行わないようにしましょう。

就業規則に違反する可能性がある

就業規則に違反している可能性もあります。

就業規則でお金の貸し借りの禁止を明文化している会社もありますし、職場の秩序を乱す行為として懲戒条項にあたる可能性もあります。

つまり、そもそも職場の同僚からお金借りることを、会社が認めていない場合があるのです。

贈与税がかかる場合がある

借用書や利息付きでの返済実績がなければ、贈与とみなされて贈与税がかかる可能性があります。

個人間の借金は本人同士の口約束だけで行われがちですが、実は金融業者並の手続きをとらないと、税金がかかる可能性があるのです。

それなら、最初から金融業者を利用した方が手軽にお金借りることができるでしょう。

注意!

最悪の場合、会社での地位や実績などがすべてを失ってしまう場合があります。ハイリスクに見合うだけ、同僚から借りられるのかどうかをしっかりと見極めましょう。

やってはいけないお金借りる方法

個人的にお金借りる場合に、その理由は人それぞれだと思います。

しかし、たとえどのような理由があったとしても、お金を借りる時に職場の同僚の親切心を頼るわけですから、その気持ちを裏切るようなことをしてはいけません。

ここでは、やってはいけないお金借りる方法として

  • 「お金借りる口実を作話する」
  • 「嘘をついて同僚からお金を借りる」
  • 「立場を利用して無理に後輩からお金を借りる」
  • 「お金を借りるリスクを顧みない」

方法について紹介します。これらに配慮して、お金を借りる職場での品位を守りましょう。

お金借りる口実を作話してお金借りる

お金借りたい場合には、お金借りる口実を作話して、なんとか借りようとする人がいらっしゃいます。

確かに、お金借りる職場で、相手の印象次第で貸してもらえるか貸してもらえないかの判断が分かれることはあるでしょう。

しかし、お金を借りる時の言い訳が事実でなければ、相手にも見透かされてしまう可能性があります。

事実に尾ひれ背びれを付けて作話したり、昔あった事実を今起きているかのように作話して借りようとする人がいますが、決してそのようなことはせず、真実をそのまま伝えるようにしましょう。

嘘をついて同僚からお金を借りる

作話ならまだしも、嘘をついて同僚からお金を借りる人もいらっしゃいます。

起きてもいないことが、あたかも起きてしまった風に見せかけ、やむを得ない事情が起きたという体裁で借りようとするのです。

しかし、嘘をついてお金を借りようとすると、あとから嘘のつじつまが合わなくなることもあります。

嘘は、いった本人は忘れてしまっていて、いわれた方は覚えているということがよくありますので、つまらない嘘はつかない方が良いでしょう。

また、自分がついた嘘をしっかりと覚えていたとしても、状況などからほころびが出て、バレてしまう恐れもありますので、正直に話すことが最も無難な方法でもあります。

立場を利用して無理に後輩からお金を借りる

立場を利用して無理に後輩からお金を借りるというのもよくあります。自分が先輩だから、後輩からお金借りる場合や、自分が上司だから部下からお金借りるケースです。

この場合、後輩や部下は断りにくいため、余計に嫌がられてしまいますし、嫌がられたはけ口として、ほかの人に愚痴をいわれる可能性もありますので、あなたが借金をしたことが、社内で噂になる可能性がとても高いパターンです。

また、自分よりも社会的立場の低い相手からお金を借りるということは、周りから見ても、とても恰好の悪いことですので、立場の違いを利用してお金借りるのは控えた方が良いでしょう。

どうせなら、自分よりも立場の上の人に助けてもらった方がまだマシです。

お金を借りるリスクを顧みない

お金を借りるリスクを顧みない人もいらっしゃいます。職場の同僚からお金借りるには、先述したようなさまざまなリスクがあります。

しかし、これらのリスクを顧みず、とにかくお金を借りたいという人の場合は、周りの人から警戒の対象とされるでしょう。

リスクを顧みている場合じゃないほど困窮しているのかや、リスクを考えられないほど賢明な判断ができない、リスクを気にしないほど面の皮が厚いなど、いずれの場合も周囲に避けられる要因です。リスクを想定した上で、借金をお願いすることも大切な心得です。

あなたも身に覚えがありませんか?自分の胸に手を当ててみましょう。

  • 作話してお金を借りようとしていませんか?
  • 嘘をついてお金を借りようとしていませんか?
  • 立場を利用して強引にお金を借りようとしていませんか?
  • ちゃんと同僚から借りるリスクを考慮していますか?

職場の同僚からの借金よりタチが悪い個人間の借金

ここまでお読みいただければお分かりいただけるように、職場の同僚からお金借りることは、正直、あまりオススメできません。できることなら避けた方が良いでしょう。

そして、職場の同僚からお金を借りず、ほかの人からお金を借りる場合には、身内や友人を頼るケースが多いのですが、場合によっては職場の同僚からお金借りるよりもタチが悪いこともあります。

ここでは、職場の同僚からの借金よりタチが悪い個人間の借金として、

  • 「親からお金を借りる」
  • 「祖父母からお金を借りる」
  • 「友人からお金を借りる」

について紹介します。

親からお金を借りる

親からお金を借りる場合には、口実を作るのが簡単だと思う人が多いようです。

親は職場の人間関係やできごとを、いちいち把握していませんし、友人関係も把握しているわけではありません。そのため、作話をしたり、嘘をついて借りやすいのです。

また、親は子供の心配をして、何とか助けてくれようとするものなので、お金を借りやすいという面もあります。しかし、その心配によって、借金した後に過干渉になられる可能性があります。

特に、結婚して家庭を持っている場合には、親の過干渉はパートナーに嫌がられるでしょう。借金をしているから、いいたいこともいえないため、嫌な思いをするケースが多々あります。

祖父母からお金を借りる

祖父母からお金を借りる人もいらっしゃいます。祖父母の場合も、孫の味方であるため、できる限りお金を貸してくれるかも知れません。場合によっては理由も聞かずに貸してくれることもあるでしょう。

しかし、祖父母は年金生活をしていて、あまりお金を持っていないのに無理をして貸してくれることもあります。

また、借金をした状態で祖父母が亡くなってしまっては、相続がややこしくなる可能性もあります。

被相続人との間でもめ事となってしまう恐れもありますので、借りない方が良いかと思います。

友人からお金を借りる

友人からお金借りる場合も注意が必要です。友人は信頼関係でなりたっていますが、そこに利害関係が入ってくると、信頼関係が失われてしまう可能性があります。

よく、「金の切れ目が縁の切れ目」といわれるように、お金の問題は人間関係に大きな影響を与えますので、友人を頼るのも賢明ではありません。

たとえ、最初は思いやりで貸してくれていたとしても、友人にも金策をしなければならない事情がでてしまうと、突然返して欲しいといわれる場合もあります。

連絡や認識の違いで、返済がスムーズに行かず、トラブルになることも考えられます。気心が知れた友人だとしても、お金の問題を持ち込むのは控えましょう。

身内や友人からの借金でも、個人借金はトラブルの元!

確かに身内はお金を借りやすいと考えるかも知れません。しかし、借りた後に待ち受けるトラブルを考えると、借りない方が良いでしょう。お金に困った時は、借りやすさを優先しがちですが、後で何倍もの困難が待ち受けているのかも知れませんよ。

同僚から借りないならどこから借りればいい?

同僚からお金借りることができないのであれば、一体どこからお金借りるのが良いのでしょうか?

手軽にお金借りることが可能な方法としては、銀行カードローン、消費者金融、街金があります。

無担保無保証人でお金借りることができるため、安心して利用することが可能です。

金利が手軽な銀行カードローン

銀行カードローンは、カードローン業者の中では最も低金利であるという特徴があります。

名称 金利
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 1.8%~14.6%
りそな銀行「りそなプレミアムカードローン」 3.5%~12.475%
ソニー銀行カードローン 2.5%~13.8%
イオン銀行「カードローンBIG」 3.8%~13.8%

銀行のサービスや借入額にもよりますが、1%前後から14%前後の金利でお金借りることができるため、とてもお得に利用可能です。

金利が低いということは、返済総額が少ないということなので、借金の負担も少ないことになります。

最近は、メガバンクやネット銀行、地方銀行と多くの銀行がカードローン商品を展開しているため、利用者の選択肢も増えています。

参考:お金借りるならカードローンが良い?メリット・デメリットは何?

豊富なサービスの消費者金融

大手消費者金融は、3.0%から18.0%の金利でカードローンサービスを提供しています。

消費者金融 金利(実質年率)
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
アイフル 4.5%~18.0%

銀行カードローンよりも金利が高くなりますが、その代わり借り入れ審査に通過しやすく、より手軽にお金借りることが可能です。

即日融資に対応している業者がほとんどですし、WEB完結申込も充実しています。

無人契約機なども数多く配備されているため、利用者の利便性の高さが特徴です。

参考:お金を借りるなら銀行or消費者金融・意外な無利息ローンも!

個性的な商品の街金

中小の消費者金融である街金を利用することも良い方法です。

街金は15.0%から20.0%と金利はさらに高くなりますが、その分審査通過しやすいため、銀行や大手消費者金融の受け皿として活用しましょう。

街金ごとにサービスの特色が異なりますので、自分のライフスタイルに合った街金を探すのが借り入れのコツです。

平日であれば即日融資に対応してくれるところもありますので、気軽に相談すると良いでしょう。

注意!

中小の消費者金融で極端に金利が低い金融業者やヤミ金の可能性が高いです。悪徳金融業者でないことを必ず事前に確認しましょう。

街金選びのポイントについては「街金からお金借りる場合の取扱説明書!確実に借金する豆知識」で解説しています。

まとめ

職場の同僚からお金借りる場合には、さまざまなリスクがともないます。

場合によっては就業規則違反であったり、税金がかかる可能性もありますので、控えた方が賢明です。

同僚からお金借りるよりも手軽な方法として、銀行や消費者金融、街金などがありますので、お金に困ったら融資のプロに相談されることをオススメします。