誰にも内緒でお金借りることって可能なの?カードローンの豆知識

この記事を5秒でまとめると…

  • 在籍確認については、銀行も消費者金融もプライバシーへの配慮は万全であるため、バレる心配は不要
  • 専業主婦が夫に内緒でお金を借りたい場合、そもそも借りられる機関が限られているため事前に調べておく必要がある
  • 最近は郵送物なしにできたり、ローンカードも見た目で判断できないことも多いので、必要以上に他人にバレる心配をする必要はない

カードローンやキャッシングなど、金融業者から借り入れすることは、できれば周りの人に内緒にしておきたいものですよね?

友人や知人、職場の同僚に借入れ契約していることを知られるのは、抵抗があるという人が多いようです。

また、借金の原因によっては、家族にも内緒にしておきたいというケースも多々あります。

果たして、家族にまで内緒でお金借りることは可能なのでしょうか?この記事では、誰にも内緒でお金借りることができるということを詳しく解説します。

職場の同僚にバレずにお金借りる

銀行カードローンや消費者金融カードローンを利用した場合には、自分が勤めている会社の同僚に、借金の申し込みをしたことがバレないか、不安に感じる人が数多くいらっしゃいます。

なぜ職場でバレないか心配するかというと、カードローンの申込審査では、勤務先へ在籍確認の電話が入るからです。

自分以外の同僚が電話に出てしまった場合などに、借金がバレてしまう可能性はないのでしょうか?

実は、銀行も消費者金融も、プライバシーへの配慮は万全であるため、バレる心配は不要です。

在籍確認の電話は日時指定される

カードローンに申し込みをした場合の在籍確認は、抜き打ちで行われるわけではありません。

そもそも在籍確認の電話をかける側も、たとえば会社の定休日などに電話をしても、手間だけがかかることになります。

そこで、在籍確認の電話は日時指定が行われるため、不意打ちでかかってくることはないのです。なるべく自分が会社にいて、電話に出やすい時間に設定しておくと良いでしょう。

また、在籍確認は数十秒から1分以内程度の短時間で完了するため、仕事に取り込んでいたとしても支障はありません。気軽に構えておくと良いかと思います。

消費者金融名は出さない

在籍確認の電話において、もしも消費者金融からの電話を、同僚が取り次いだと考えると、借金の事実を知られる可能性は高いでしょう。

そのようなことがないように、消費者金融の在籍確認は個人名でかけてくれます。

それでも心配な場合は、電話が入る前に、同僚に「プライベートの電話があるかも知れない」と周知しておくと良いでしょう。

また、銀行カードローンの場合は銀行の略称を使うところや、そのまま銀行名でかけるところがありますが、銀行から電話が入っても、無担保融資の電話に限定されることはありませんので、特に心配することはないかと思います。

本人が出れなくても問題なし

在籍確認の電話は、本人が出れなくても問題ありません。その会社に在籍していることが分かれば、安定収入の裏付けが取れ、返済能力があるという判断基準の1つとなるのです。

もしも職場の同僚が出て、「只今他の電話に出ております」とか「席を外しています」と回答されても、その会社にいることさえ分かれば在籍確認は完了します。

ちなみに、職場の同僚が要件を聞いたとしても、オペレーターは絶対に借金の在籍確認であることは明かしませんので、心配する必要はないでしょう。

専業主婦が夫に内緒でお金借りる

専業主婦が借金をする場合には、夫に内緒でお金を借りようとすることがあります。

ブランド品を買い過ぎたり、ホストクラブに通い過ぎたり、美味しいものを食べ過ぎたなど、夫にいいにくい理由で借金が必要になった場合には、この傾向が強くなるようです。

では、専業主婦は夫に内緒でお金借りることが可能なのでしょうか?実は、専業主婦の借入れには制約がありますので、知っておく必要があるでしょう。

専業主婦の借入れで押さえておかなければならないことは、

  • 「専業主婦は消費者金融を利用できない」
  • 「配偶者貸付制度ならお金借りることが可能」
  • 「夫に内緒なら銀行カードローンがおすすめ」

の3つです。

専業主婦は消費者金融を利用できない

実は、専業主婦は消費者金融を利用することができません。その理由は、消費者金融は改正貸金業法に定める総量規制というルールを守らなければならないからです。

総量規制とは、年収の3分の1を超える融資をしてはいけないというルールで、これによって過剰な融資に規制をかけているのです。専業主婦は年収がゼロですので、ゼロの3分の1は結局ゼロとなります。

そのため、専業主婦が消費者金融に申し込んだとしても、理屈上限度額がゼロとなりますので、審査に通過することはありません。

配偶者貸付制度ならお金借りることが可能

専業主婦は消費者金融からお金借りることはできませんが、配偶者貸付制度という方法を利用する場合には、専業主婦でも消費者金融の利用が可能です。

配偶者貸付制度とは、配偶者の年収と合わせて、3分の1を超えない範囲であれば融資を受けれるという方法です。

配偶者の了承を前提に、お金借りることができますので、専業主婦の利用もあるのです。ただし、配偶者に内緒でお金借りることはできませんので、バレても良い場合に検討すると良いかと思います。

夫に内緒なら銀行カードローンがおすすめ

夫に内緒でお金借りるなら、銀行カードローンがおすすめです。銀行カードローンであれば総量規制の対象外ですし、専業主婦に融資してくれる銀行はたくさんあります。

また、銀行カードローンの場合、カード発行されてもキャッシュカードと見分けがつきにくい上、口座に直接振り込んでもらえば夫に気づかれる心配もありません。

自宅に郵送物が送られてくる銀行の場合でも、銀行からの郵便物であれば、夫に怪しまれるリスクも低いでしょう。

専業主婦でお金借りたい場合には、一度検討してみると良いかと思います。

家族の誰にもバレずにお金借りる

銀行カードローンや消費者金融カードローンは、家族の誰にもバレずに借りることが可能です。

借金は申込者と金融業者との契約であり、たとえ家族であっても、バレにくい仕組みになっているのです。

ここでは、カードローンを利用する場合に、家族の誰にもバレずにお金借りることが可能な理由として、

  • 「郵送物では消費者金融だと分からない」
  • 「ローンカードでは見分けが付きにくい」
  • 「WEB完結でこっそり契約可能」

という3つのポイントを紹介します。

郵送物では消費者金融だと分からない

銀行カードローンの場合は、郵送物が届いたとしても、家族が借金を怪しむことはないかと思います。

銀行は預貯金や投資商品など、誰もが利用しているため、何らかの案内だとスルーされやすいのです。

しかし、消費者金融からの郵送物となると事情は異なります。消費者金融のサービスは無担保融資以外にありませんので、家族に知られる可能性は高くなってしまいます。

そこで、消費者金融は、差出人が消費者金融であることが分からないように送ってくれます。中身を開封されない限りバレる心配はないといえるでしょう。

ローンカードでは見分けが付きにくい

銀行カードローンは、キャッシュカードと見分けが付きにくいと紹介しましたが、消費者金融のローンカードも、ひと目でローンカードとはバレにくいデザインとなっています。

消費者金融のローンカードは、銀行のキャッシュカードのようなデザインのものもあれば、クレジットカードと似ているものもあります。

女性専用ローンの場合には、お洒落でスタイリッシュなカードもありますので、財布に入っていても自然です。

基本的に財布の中身を見られることはないと思いますが、万一見られても内緒にしておけるかと思います。

WEB完結でこっそり契約可能

銀行カードローンも消費者金融カードローンも、パソコンやスマホから、WEB完結申込が可能です。

店舗や自動契約機でも、プライバシーの配慮はなされているのですが、万一入る瞬間を誰かに見られたら気まずいかと思います。

しかし、インターネットを利用して申し込みをすれば、誰にも見られずに契約することが可能です。

また、インターネットは24時間365日受付可能ですので、いつでもどこでも申込みが可能です。

まとめ

カードローンは、友人や知人、職場の同僚どころか、家族にすら知られずに利用することが可能です。

銀行も消費者金融も、プライバシーに対して万全の配慮をしてくれているため、安心して利用することができるでしょう。

内緒で借りて、さっさと返済をし、内緒のうちに金策を完了してしまいましょう。