お金借りる女性の心理と注意すべきことをご紹介!

女性がお金借りる場合、同性の友達のみならず、男性の友人や彼氏、元彼など、さまざまな相手から借りているケースがあります。そのような女性の心理とは一体どのようなものなのでしょうか?

この記事では、お金借りる女性の心理や特徴を紹介した上で、お金借りる場合の注意点を解説します。また、女性が安全に利用できる業者を紹介いたしますので、参考にしていただければと思います。

お金借りる女性の心理

生活費に悩みを持つ女性の行動として、借金というケースが考えられますが、その時の女性は安易な気持ちであることが多いようです。

さまざまな理由を付けて相手から借金をし、場合によっては返済できなくなることもあり得ます。

そのような女性の典型的な心理として、

  • 「男性を頼って生きれば良い」
  • 「いずれ結婚すれば何とかなる」
  • 「借金を免除してくれるかも知れない」
  • 「彼氏だから借りて当たり前」

の4つを紹介します。

男性を頼って生きれば良い

お金借りる女性の心理として、男性を頼って生きれば良いというものがあります。このような女性は、仕事に対する意欲もなく、男性に対してとても計算高い接し方をしています。

恋愛の時もお相手男性の性格や、自分にとっての好みのタイプなどではなく、男性の年収や資産金額に興味があり、お金で相手を選ぶという傾向があるようです。

いずれ結婚すれば何とかなる

たとえば今の彼氏からお金借りた場合、結婚して家計を1つにすれば、借金が帳消しになると考えている女性がいらっしゃいます。

また、彼氏以外の人からお金借りた場合にも、結婚して経済効率を上げることができれば、借金も返しやすくなると考えるのです。

夫婦共働きをすれば、子供ができるまでは自由にお金を使いやすいので、結婚すれば何とかなると考えがちなのです。

借金を免除してくれるかも知れない

最初から借金を免除してくれる可能性を視野に入れてお金借りる女性もいらっしゃいます。たとえば男性から少額の借入をした場合、催促すればケチと思われるようなニュアンスで借りてしまうのです。

借した男性からすると、少額だから気にならないこともあるため、多くの男性から少額を借りて、踏み倒す女性がいらっしゃるようです。

彼氏だから借りて当たり前

お金借りることに対して、何の抵抗感もない女性がいらっしゃいます。特に、彼氏からお金借りるのは当たり前だというくらいに思っている女性にはびっくりです。

彼氏は彼女のためであれば何でもしてくれると考え、平気で借金の依頼をするケースもあるようです。しかし、利害関係になると、良い恋愛関係とはなりませんので、気を付けなければなりません。

お金借りる女性の特徴

お金借りる女性には、心理の面だけでなく典型的な特徴があります。

ここでは、数多くいらっしゃるお金借りる女性の特徴から

  • 「家計を把握していない」
  • 「ブランドなどの高級品が好き」
  • 「衝動買いが抑えられない」

をピックアップして紹介します。もしもあなたがいずれかに当てはまる場合には、要注意です。

ちゃんと反面教師にしましょう。

家計を把握していない

家計を把握していない場合には、買い物をする時の判断基準がない状態となります。そのため、気が付けば余分なものを買っていることになりがちです。このようなことがないように、しっかりと家計簿を付けましょう。

家計簿は付けるだけでも節約意識が向上しますし、家計がガラス張り状態となりますので、予算立てがしやすくなります。

ブランドなどの高級品が好き

ブランドなどの高級品が好きな女性も、借金をしがちです。もちろん、それに見合った収入があり、赤字にならない範囲で購入しているのであれば、何の問題もないのですが、収入以上の高級品を購入している女性は、金策に迫られることがあります。

クレジットカードで高級品を買ってしまうと、支払日までに借金に迫られることも多々ありますので、買い物は慎重にしなければなりません。

衝動買いが抑えられない

衝動買いが抑えられない女性も、借金をしがちです。自分の意志力では買い物を止められず、つい「買いたい!」という欲求に負けてしまうのです。

結局、買ったけれども全然使わず、無駄な買い物だったというロスも多いため、どんどんお金が出て行くばかりなのです。

衝動買いをしないためには、家計項目別に使っても良いお金を封筒などに分け、その範囲でやりくりするように工夫しましょう。

女性がお金借りる場合の注意点

女性がお金借りる場合には、注意しなければならないこともたくさんあります。
ここでは、特に知っておかなければならないポイントとして、

  • 「個人間借金は高リスク」
  • 「専業主婦は借りれるところが少ない」
  • 「少額融資であるところが多い」

の3点を解説します。

これらを知らなければ、思わぬ落とし穴にハマってしまう可能性がありますので、十分に注意しましょう。

個人間借金は高リスク

身の回りの人から安易に借金する人は多いのですが、実は個人間借金にはさまざまなリスクが伴います。

たとえば、お互いの事実誤認による人間関係のトラブルや、法律を知らないための厳しい取立て、贈与とみなされることによる贈与税の徴収などが考えられます。

個人間よりも金融業者へ

このような事態にならないためには、個人ではなく金融業者を利用した方が良いでしょう。金融業者なら安全かつ安心して利用可能です。

専業主婦は借りれるところが少ない

専業主婦は借りれるところが少ないということを知っておきましょう。改正貸金業法には総量規制という法律があり、年収の3分の1を超える融資はNGとなります。

そのため、無収入の専業主婦は、消費者金融カードローンやキャッシングが利用できないので注意が必要です。

専業主婦は配偶者貸付制度

どうしても消費者金融から借りたい場合には、配偶者の年収と合わせて3分の1の範囲で利用可能な配偶者貸付制度を活用しましょう。

少額融資であるところが多い

女性が金融業者を利用する場合には、少額融資となるケースが多いようです。正社員として働く女性であれば、それなりにまとまったお金を借りれることもありますが、パートやアルバイトの場合には、収入が低いため、借入額も低くなります。

大きなお金借りることが可能だと高を括って、大きな買い物をしないように気を付けなければなりません。

女性がお金借りる場合のおすすめ業者

女性が金融業者を利用する場合には、何となく抵抗を感じるという人がいらっしゃいます。しかし、女性が借りやすいサービスを提供しているところも多いため、女性専用カードローンを利用すると良いでしょう。

ここでは、女性がお金借りる場合のおすすめ業者として、

  • アコムの「働く女性のカードローン」
  • プロミスの「プロミスレディースキャッシング」
  • アイフルの「スラリ」

を紹介します。

アコムの「働く女性のカードローン」

アコムの「働く女性のカードローン」は、女性が安心して利用可能なカードローンです。アコムでは250万人以上の女性が利用経験がありますので、多くの女性から支持されています。

正社員に限らず、契約社員や派遣社員、アルバイトやパートの人も利用可能なので、幅広い層の女性が手軽に利用可能です。また、女性専用ダイヤル(0120-39-9197)が設けられていますので、気軽に相談することができるでしょう。

プロミスの「プロミスレディース」

プロミスレディースも女性専用ダイヤルが設置されており、女性オペレーターが親切かつ丁寧に対応してくれます。

また、主婦やパートアルバイト、学生でも、安定収入があれば利用できるため、気軽に相談が可能です。

はじめてプロミスを利用する場合には、30日間無利息サービスが適用されるため、お得な金利でお金借りることができます。

アイフルの「スラリ」

アイフルの「スラリ」は、借り過ぎないように10万円の限度額となっており、金欠の女性の助けとなってくれるでしょう。

ローンカードのデザインがオシャレであるため、消費者金融のカードとは気疲れにくい特徴があります。

また、来店不要のWEB完結申込ですので、わざわざ店舗に行く必要もありませんし、誰かに見られる心配もありません。スラリ専用ダイヤルは(0570-088-915)ですので、まずは相談してみると良いでしょう。

専業主婦なら銀行カードローンがおすすめ

もしも専業主婦である場合には、銀行カードローンの活用も良いでしょう。銀行カードローンであれば、専業主婦に融資してくれるところもありますので、あなたに合った銀行を選ぶと良いかと思います。

銀行カードローンは、消費者金融よりも審査難易度が高いのですが、その分低金利というメリットがありますので、あなたの状況に合わせて検討しましょう。

まとめ

お金借りる女性は、安易な心理状態となっていたり、日ごろから出費をしてしまいがちという傾向があります。

しかし、個人融資に頼ってしまうと、さまざまなリスクがありますので、金融業者を利用した方が良いでしょう。

消費者金融には女性専用カードローンがありますし、銀行カードローンを利用することも可能です。計画性を持って、いずれかの方法を選択することをおすすめします。