楽天カードでお金を借りる!キャッシングの審査基準や申込み方法は?

この記事を5秒でまとめると

  • 楽天カードを所持していれば必ずお金を借りることができるわけではなく、キャッシング枠の設定が必要
  • 楽天カードのショッピング枠とキャッシング枠の利用限度額は審査により個別に決定される
  • 楽天カードは入会時の審査は比較的緩いことで知られているが、他社を含めた借入・返済状況は定期的に厳しくチェックされていて、滞納があると突然利用停止になる場合もある

こんな疑問をお持ちではありませんか?

「楽天カードを持っていればすぐにお金を借りることができる?」
「楽天カードは審査が甘いって聞いたけど本当?」
「楽天カードでお金を借りるための具体的な方法を知りたい」

この記事ではそんな疑問をお持ちの方に向けて、楽天カードでお金を借りるために必要なキャッシング枠の利用方法、キャッシングの申し込み方法と利用限度額、楽天カードでお金を借りるメリットやデメリットなどをまとめてご紹介します。

楽天カードでお金を借りるためにはキャッシング枠が必要

楽天カードのキャッシング枠の基本スペック

楽天カードは楽天グループが発行しているクレジットカードで、ショッピング枠の他にキャッシング枠が付いています。

楽天市場などで買い物をするとお得な楽天カードの案内が表示されるので、何気なく申し込みをして楽天カードを持っているという方も多いかと思いますので、まずは楽天カードのキャッシング枠の基本スペックをご紹介します。

キャッシング利用可能額 1万~90万
(審査により個別に決定)
実質年率 18.0%
遅延損害金(実質年率) 20.0%
返済方式 1回払い・リボルビング払い
返済期間・回数 1回払いは60日以内、リボルビング払いは30万円以下は最長3年(36回以内)、100万円以下は最長5年(60回以内)
担保 不要
保証人 不要

キャッシング利用枠について

キャッシング利用限度額はショッピングの利用限度額とは別に設定されます。

月々の利用限度額は1万~90万円と幅があり、審査によって個別に設定されます。

審査が甘いのはショッピング枠!キャッシング枠がゼロの場合も

楽天カードは他のクレジットカードと比較して審査が甘いことで知られています。

主婦、フリーター、学生、低収入の方などでも審査に通ることが多いようです。

しかし、実は楽天カードを持っている方の中には、ショッピング利用は可能だけど、キャッシング利用可能枠はゼロに設定されている方も多いようです。

そのため、急にお金が必要になってお金を借りたいなと思った時に、普段使用している楽天カードで手軽に借りようとしたら、実際には借りることができなかったというケースもあります。

キャッシングの申し込み方法と利用限度額

ネットからの申し込み方法

楽天カードでお金を借りるために必要な手続きを知りたいという方もいらっしゃると思います。

楽天カードを既に所有している場合と、楽天カードをまだ持っていない場合は申し込み方法が異なるので、2つのパターンに分けて説明します。

楽天カードを所有していてキャッシング機能を追加する場合

楽天カードを既に持っているけど、そのカードにはキャッシング機能を付けていないという場合、キャッシング利用の申し込みが必要です。

「楽天e-NAVI」にログインして、「ネットキャッシングのお申し込み」メニューから申し込みをすることができます。

楽天カードを所有していてキャッシング機能を追加する場合

まだ楽天カードを持っていない場合は、楽天カードの公式サイトから新規で申し込みをする必要があります。

楽天カードでお金を借りるためには、キャッシング機能が必要なので、「カードのキャッシング枠」を「5万円・10万円・20万円・30万円・40万円・50万円」のいずれかから選択します。

その後、審査が行われ、約1週間前後でカードが自宅に郵送されてきます。

利用限度額は審査で決まる

楽天カードに申し込むと審査により、ショッピング枠とキャッシング利用枠の利用限度額がそれぞれ個別に設定されます。

ショッピング枠は一般的な会社員の場合は30万、主婦や学生の場合は10万に設定されることが多いようです。

キャッシング枠はショッピング枠よりも審査が厳しく、ショッピング枠はもらえたけど、キャッシング枠はゼロにされてしまったというケースも珍しくはありません。

特に以下のケースに該当する場合はキャッシング枠の審査にはまず通らないと考えた方がよいでしょう。

  • 20歳以下である
  • 既に年収の3分の1(賃金業法で定める総量規制の限度額)以上の借金をしている
  • 過去に債務整理、長期滞納などの金融事故を起こしている

ポイント

楽天カードのキャッシング枠は他のクレカと同様に「貸金業法」が適用されるため、同法で規定されている総量規制の対象となります。

総量規制というのは、貸金業者からの借入残高の合計額が年収の3分の1を超えると新規の借入れができなくなるという規制です。

ただし、ショッピング枠は「貸金業法」が適用されないため、総量規制の対象外となります。

参考URL:貸金業法Q&A(金融庁公式サイト)

キャッシング枠の増額方法は?

キャッシング枠は申込時の審査によって利用可能額が決められますが、入会後半年経過後からは増額することも可能です。

増額を希望する場合、「楽天e-NAVI」サービスのご利用状況メニュー「ご利用可能枠の変更」から申し込みすることが可能です。

ただし、増額時にも審査があり、下記に該当する場合は源泉徴収票や給与明細などの収入証明書を提出する必要があります

  •  希望するキャッシング枠が50万円を超える場合
  • 「他の貸金業者からの借入額+楽天カードの借入希望額」が100万円を超える場合

滞納歴があるなど利用状況が悪かったり、希望額が大きすぎたりする場合、希望通りに増額されない場合もあります。

増額申請の注意点

キャッシング枠の増額を申請すると、楽天カードの入会時よりも厳しい審査が行われます。

審査結果によっては、利用可能枠が減枠されたり、最悪の場合、カード自体が利用停止になったりするケースもあるようなので要注意です。

楽天カードのキャッシング方法

楽天カードでお金を借りるには提携ATMを利用する方法とネットで完結するネットキャッシングの2種類があります。それぞれの方法について具体的に説明しますね。

コンビニATMでお金を借りることも可能!手数料は

楽天カードは多くのコンビニや銀行と提携しているため、自宅や職場の近くのATMで便利にお金を借りることができます。

楽天カードが利用できるATMには「Rakuten Card」と書かれた下のようなステッカーが貼ってあります。

出典:楽天カード公式サイト

楽天カードでキャッシングができる主な提携先を表にまとめてみました。

コンビニATM セブン銀行、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、スリーエフ、サンクス等
大手都市銀行 三井住友銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行等
地方銀行 東京都民銀行、横浜銀行、北海道銀行、福岡銀行等

参考URL:CD・ATM提携先一覧(楽天カード公式サイト)

ただし、ATMを利用してキャッシングする場合、借入額に応じたATM利用手数料が発生します。

  • 借入金額1万円以下:108円(税込み)
  • 借入金額1万円超:216円(税込み)

ネットキャッシングで即日融資可能な時間は何時まで?

楽天カードでお金を借りるには、指定した銀行口座に借入額を振込むネットキャッシングを利用することもできます。

自宅にいながら、パソコンやスマホを使って、楽天カードの会員ページ「e-NAVI」から申し込みをするだけで手軽にお金を借りることができるので大変便利です。

しかも「今すぐ振込」を選択すれば、最短数分で振り込みが完了します。

ただし、最短数分での即日融資を受けるためには平日の9時~14時49分までに申し込みを完了する必要があります。

(「今すぐ振込」以外にも指定した日に振込みが行われる「指定日振込予約」も利用できます。)

楽天銀行に口座があれば土日も24時間即日融資可能

ネットキャッシングの「今すぐ振込」は、通常は平日14時50分を過ぎてから申し込んだり、休日に申し込みを行うと、お金が振り込まれるのは翌営業日の9時過ぎとなります。

ただし、楽天銀行の口座を指定した場合のみ例外となります。

楽天銀行の口座を振込み口座として指定した場合、24時間365日、最短数分で振込みされます。

今すぐ振込を利用する機会が多い方は、楽天銀行の口座を開設しておくと便利ですね。

楽天カードでキャッシングできない原因は?

引き落とし口座情報が未登録だとキャッシング不可

楽天カードの返済は原則、口座振替となっています。

ショッピング枠については、口座登録が完了するまでの間は、コンビニなどで支払いができる振込用紙を送付してもらえますが、キャッシング利用枠については振込みでの支払いには対応していません。

そのため、キャッシング利用するには引き落とし口座の登録が必須です。

引き落とし口座の登録方法については、楽天カード公式サイトの引き落とし口座の登録方法(楽天カード)をご確認ください。

エラーの原因はキャッシングの利用停止によるもの?

楽天カードでキャッシングを利用しようとしたら、エラーコードが表示されて、お金を借りることができなかったという方も多くいらっしゃいます。

エラーコードには1、2、A、Mなどの種類があり、それぞれの詳細は非公開となっています。

ネット上の情報はバラバラで正確なところはわかりませんが、一致しているのは、エラーコード2は強制退会を意味するということです。

逆に言えば、エラーコード2以外は解決の道があるかもしれません。

エラーコードの原因を解明するために一番確実な方法は、楽天カード株式会社コンタクトセンターに問い合わせてみることです。

ただし、残念ながら、必ずしも原因と解決策を教えてもらえるとは限りません。

毎月27日の口座引き落としに間に合わずに再振替での支払いを繰り返していたら、エラーコードAが表示されて、キャッシングが利用停止になっていたという方もいらっしゃいます。

27日の支払日までには支払金額以上の額が引き落とし口座に入金されているように残高をしっかりチェックしておきましょう。

注意

楽天カードは、27日の引き落とし日に残高が不足していた場合、続く4営業日に再度自動的に返済額の引き落としが行われる再振替サービスがあります。

そのため、楽天は27日の引き落としに間に合わなくても「再振替でいいや」と考えてしまいがちですが、利用停止の原因となるケースもあるので要注意です。

キャッシング利用開始や増額の申し込みでカード自体が利用停止に?

キャッシング枠の利用開始時や増額の申し込みをすると、楽天カードの入会時よりも厳しい審査が行われます。

審査結果によっては、利用可能枠が減枠されたり、最悪の場合、カード自体が利用停止になったりするケースもあるようなので要注意です。

実際、滞納なく毎月コンスタントに利用していたのに、キャッシング利用枠の申込後にエラーコードが表示されて、不思議に思って楽天カードのコンタクトセンターに問合せをしたところ
キャッシング利用枠の申し込みの際の審査が通らず、カード自体が強制解約になりました。
と言われたという方もいらっしゃいます。

ネットで簡単!キャッシング枠の確認方法

自分のキャッシング枠がいくらに設定されているのかわからない、現時点で利用可能な金額を知りたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そのような場合、楽天e-NAVIまたは自動音声ダイヤルで確認ができます。

楽天e-NAVIで確認する場合は、お支払い(ご利用明細)メニューの「ご利用可能額の照会」から確認ができます。

電話で確認したい場合は、24時間通話料無料で利用できる楽天カードの自動音声専用ダイヤルに電話をかけて、利用可能額の照会を選択すると確認できます。

自動音声専用ダイヤルを利用する際はカード番号が必要となりますので、手元にカードを用意してからかけましょう。

楽天カードのキャッシングを利用した際の返済方法と注意点

楽天カードでお金を借りる場合、返済方法もしっかり把握しておきましょう。滞納しないためには毎月27日の引き落とし日に残高不足にならないようにしっかり残高を確認することが大切です。

返済日は固定でATMでの返済は不可

楽天カードのキャッシングの返済方法は、口座振替です。

引落し日は毎月27日で、27日が休日の場合は翌営業日に引落されます。毎月27日に残高不足にならないように気をつけておきましょう。

給料日を引き落とし日に指定したいという方もいらっしゃるかもしれませんが、返済日は27日固定なので、自由に設定することはできません。

また、借入は提携のコンビニや銀行ATMでできますが、返済の際はATMを利用することはできません。

リボ払いは金利に注意・一括返済方法は?

楽天カードでお金を借りた際に、翌月の支払いが厳しいかもと思った場合はリボ払いを選択することもできます。

リボ払いは毎月の支払額を抑えられるというメリットがありますが、金利は18%と高めなのでどうしても必要な場合のみ利用することをおすすめします。

楽天カードのキャッシングは多くの銀行系カードローンや消費者金融でも採用されている残高スライド方式で、最終の貸付時点の残高に基づく最終貸付後残高スライド方式となっています。

残高スライド方式というのは、支払い残高に応じて毎月の支払額が変動するというシステムで、毎月の支払額が一定の定額方式と比較して短い期間で完済できるというメリットがあります。

参考URL:リボ払いの特徴と利用上の注意(日本クレジット協会公式サイト)

楽天カードのリボ払いでは、キャッシング利用代金の残高に応じて返済時の最低支払元金(手数料を除いた最低支払額)が決定される最終貸付後残高スライド方式という支払方法を採用しています。

キャッシング残高に応じた最低支払元金は以下のとおりです。

出典:楽天カード公式サイト

ポイント

楽天カードの最終貸付後残高スライド方式で実際に支払うことになる金額を知りたいという場合、公式サイトの返済シミュレーションを利用すると簡単に試算ができるので便利です。

楽天公式サイトの返済シミュレーションはこちら

延滞に対しては厳しい処置あり

楽天カードは入会時の審査は比較的緩いことで有名ですが、延滞に対しては非常に厳しいことでも知られているので、延滞しないように気を付けましょう。

また、定期的に途上与信を行っているため、突然利用停止になってしまったという方も多くいらっしゃいます。

途上与信とは

途上与信というのは、カード利用者の信用情報を個人信用情報機関(CIC)に照会するなどしてチェックすることです。

貸金業法で規定されている「法定途上与信」は以下の条件で実施されます。

  • 1ヶ月の借入合計額が5万円以上&借入残高が10万円以上:毎月実施
  • 上記には該当しないが借入残高が10万円以上:毎月実施

また、他にも各金融業者が任意で行う途上与信があり、楽天カードは途上与信を積極的に行うことでも有名です。

途上与信については、楽天カードの公式サイトにも明記されています。

弊社では、定期的に途上与信を行っており、その結果、お客様のご利用状況によりカードの一部またはすべてのサービスがご利用できなくなる場合がございます。あらかじめご了承ください。

引用元:キャッシングのお支払い方法(楽天カード公式サイト)

楽天カードでお金を借りるメリット

ネットキャッシングで即日融資が可能

楽天カードのキャッシング枠を利用すると、平日の9時~14時49分までならネット上で即日手軽にお金を借りることができるのでとても便利です。

楽天銀行の口座を開設している場合は、平日の昼間だけではなく24時間365日、最短数分でお金を振り込んでもらうことが可能です。

海外でお得に現金を借りられる

出典:楽天カード海外ご利用ガイド(楽天カード公式サイト)

また、楽天カードは海外旅行の際に大活躍してくれるカードとしても知られています。

海外では多額の現金を持ち歩くのは盗難などのリスクがありますが、チップなどの支払いなど現金が必要な場面もあります。

そんな時に楽天カードの海外キャッシング機能を利用すれば、世界主要都市の空港や銀行のATMでいつでも現地の通貨を引き出すことができるので大変便利です。

しかも空港や銀行の外貨両替よりも手軽かつ安い手数料で利用できます。

利用できるATMは楽天カードのブランドマーク(Master、Visa、JCB)によって異なります。

出典:楽天カード海外ご利用ガイド(楽天カード公式サイト)

楽天カードは年会費無料でありながら、海外旅行傷害保険が付いている点もありがたいですよね。

ただし、海外旅行傷害保険には適用条件があり、自宅から出発空港までの交通費または海外旅行代金の一部の支払いに楽天カードを利用し、出国前に決済することが必要です。

楽天カードのキャッシング機能のデメリット

消費者金融並みに金利が高い

楽天カードのキャッシング機能の最大のデメリットは消費者金融並みに金利が高いことです。

キャッシングの金利の上限はアコムやアイフルと同じ18.0%です。

しかも、アコムやアイフルなどのような無利息期間などのサービスもありません。

盗難保険の対象外

楽天カードには盗難保険が付帯されていて、万一、カードを盗まれて不正に利用された場合、紛失・盗難届を提出した60日前に遡り、それ以降の損害額を負担してもらえます。

しかし、キャッシング枠については盗難保険の対象外となるため、盗まれたカードがキャッシング利用された場合は全額負担しなければいけません。

海外では、ATMの操作方法を教えるふりをして、暗証番号を盗み見るという詐欺も多いようなので、海外旅行の際は十分に注意しましょう。

キャッシング目的なら楽天銀行スーパーローンがおすすめ

楽天カードのショッピング枠は楽天市場をよく利用する方にはポイントがどんどん貯まるなどのメリットがありますが、キャッシング枠は利息も高めであまりメリットがないと思います。キャッシング目的なら楽天カードよりも金利が低い楽天銀行スーパーローンがおすすめです。

楽天カードより金利が低い

楽天銀行スーパーローンの金利は年1.9%~14.5%で、三井住友銀行やみずほ銀行などの大手都市銀行のカードローンと同水準です。

楽天カードのキャッシングは上限金利が18.0%なので、かなりお得にお金を借りることができます。

また、銀行系カードローンとしては審査が緩いことでも知られていて、他の銀行系カードローンでは審査に落ちたけど、楽天銀行スーパーローンは審査に通ったという方もたくさんいらっしゃいます。

楽天銀行スーパーローンならポイントが付く

楽天カードのキャッシング利用では、キャンペーン期間を除き、原則として楽天ポイントは貯まりません。

しかし、楽天銀行スーパーローンは借入残高によってはポイントが貯まるので、お得ですよね。

楽天銀行スーパーローンは突然出勤停止になる?

楽天銀行スーパーローンは、楽天カードと同様に入会時の審査は比較的緩めですが、利用者の与信を定期的に確認しており、その際は厳しいチェックが入ります。

そのため、楽天スーパーローンを使用していた方の中には、ある日突然、出金停止になってしまいお金を借りることができなくなってしまったという方もいらっしゃいます。

楽天カードはもちろん他のクレジットカードの滞納歴もチェックされるので、滞納歴がある場合は、消費者金融系の中でも人気のアコムなどの方が確実にキャッシング利用ができるかもしれません。

また、過去に債務整理歴や長期滞納歴があるなど、いわゆる金融ブラックと呼ばれる状態の場合はアコムやプロミスなどの大手の消費者金融では落される可能性が高いので、「セントラル」など過去の信用情報ではなく現在の返済能力をしっかり審査してくれる良心的な街金を利用するとよいでしょう。

優良な街金業者はこちらの記事でまとめてご紹介していますので、興味がある方はチェックしてみてください。

参考URL:審査が甘いキャッシングローン・闇金以外で審査が緩い優良業者まとめ

楽天カードでお金を借りる方法・審査基準・注意点まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事では楽天カードでお金を借りるために必要なキャッシング枠、キャッシングの申し込み方法と利用限度額、楽天カードでお金を借りるメリットやデメリットなどをまとめてご紹介しました。

楽天カードは入会時の審査は比較的緩いことで有名ですが、他社を含めた借入・返済状況は定期的に厳しくチェックされるため、ショッピング・キャッシングともに延滞がないよう気をつけましょう。