お金借りる癖がある人の特徴とリスクを詳しく紹介!

この記事を5秒でまとめると…

  • 欲しいものを我慢できなかったり計画性がない人はお金をすぐに借りてしまう傾向にある
  • 借金癖があり、なおかつ返済を滞らせてしまうと信用や信頼を失うだけでなく借金依存症などの病気も引き起こしてしまう可能性がある
  • どうしても借金をしたくなったら、安全に利用できる銀行カードローン、大手消費者金融、街金を利用し、絶対に闇金などのに手を出さないように気を付ける必要がある

生活が苦しい状況の人が、ちゃんとやっていける状態になるために、借金をするのは良い方法です。

しかし、返済が滞ったり、新たな借り入れを増やしたり、完済してもまたすぐ借金をするなど、お金借りることが癖になっている人もいらっしゃいます。

その癖が原因で、ストレスを抱えている人も多いため、早目にその癖を抜かなければなりません。この記事では、お金借りることが癖になっている人の特徴や、周りへの言い訳、リスクなどを徹底解説いたします。

借金癖がある人の特徴

借金癖がある人は、本人に自覚がないケースがあり、その時々の状況に流されて借金をしていることが多いようです。

しかし、突き詰めて見ると自分に原因があるのですが、本人にはそれが見えないのです。

そこで、借金癖がある人の典型的な特徴を紹介しますので、当てはまるものがないか確認してください。
ここでは、

借金癖の典型例

  • 「欲しい物を我慢できない」
  • 「計画性がない」
  • 「低収入である」

の3つを紹介します。

欲しい物を我慢できない

お金借りる癖がある人は、欲しい物を我慢できないことが多いようです。買い物をする時に、欲しいという気持ちだけですぐ購入してしまったり、結局使わないものも衝動的に購入してしまうのです。

金額が高い場合には、クレジットカードを使って決済するものの、結局支払日までの間にほとんど使わなくなっているケースもあげられます。買い物をする時には、一旦冷静になって、浪費である可能性を検証してみましょう。

計画性がない

お金借りる癖がある人は、計画性が欠落していることが大半です。家計を考えると行くべきタイミングではない時に、家族とお出かけや外食をしてしまったり、切り詰めるべき時に、食材や日用品を無計画に購入してしまいます。

このようなことをしないためには、家計簿を付けることをオススメします。家計簿を付けると、毎月の収支バランスが分かるだけでなく、家計項目別にかかっている費用が見える化します。

家計簿を付けるだけでも戒めとなり、一定の節約効果が期待できますので、早速今日から実践しましょう。

低収入である

そもそも低収入であるために、お金借りる癖が付いているという人もいらっしゃいます。収入が少ないのに、所得税や住民税を払い、残ったお金でやり繰りしないといけないのは厳しいと嘆く人も多いようです。

この場合は、収入を増やす方法を考えましょう。収入を増やすためには、今の職場で頑張り、評価とともに給料を上げるか、転職して給料の良い所で働く方法があります。

また、副業で収入を増やす手もあります。さらに、奥さんが専業主婦で、旦那さんの所得が低い場合には、夫婦共働きで収入を増やすのも良いでしょう。

お金借りる癖がある人の言い訳

お金借りる癖がある人が、借金を依頼する時には、あの手この手の言い訳を駆使してお金を無心する傾向があります。

ここでは、さまざまな言い訳の中から、特にありがちな言い訳として、

ありがちな言い訳

  • 「すぐに返済する」
  • 「絶対に返済する」
  • 「来月の給料で返済する」

を紹介します。

すぐに返済する

すぐに返済するという言い訳は、借金の王道ともいえる言い訳です。

このケースでは、借りる側と貸す側とで認識が異なるケースがあり、貸す側は明日や明後日に返してもらえると考えていても、借りる側は半年後だと思っている場合があります。

すぐとはいつなのかを、具体的に設定しないと、トラブルの元となるでしょう。

絶対に返済する

絶対に返済するという言い訳も、借金ではよく聞かれるパターンです。

ただし、返すアテに客観性や確実性がある場合と、単なる意気込みに過ぎない場合があります。そのため、返すアテがどれほど確実なのかがポイントとなります。

来月の給料で返済する

来月の給料で返すという言い訳の場合、具体的な期日と返すアテがありますが、いざ給料日になると、何だかんだと取り繕って、返済を引き延ばすケースがあります。

個人間の借金では、借用書を書いて、期日に間に合わなければ遅延損害金を支払う必要があります。

借金癖がある人のリスク

お金借りる癖がある人は、さまざまなリスクを抱えています。ひょっとしたら借金をお願いしている時には気が付いていないかも知れませんが、借りている金額以上のリスクとなっていることも珍しくありません。

ここでは、借金癖がある人のリスクとして

借金癖のリスク

  • 「周囲から嘘つきと思われる」
  • 「依存症などの病気になる可能性がある」
  • 「離婚の原因となる」

ことについて紹介します。

周囲から嘘つきと思われる

借金は信頼をベースとした約束事ですので、もしも返済ができなかった場合には、嘘つきだと思われるでしょう。もし、返済ができなかったという噂が広がれば、あなたの周りの多くの人から嘘つき扱いされる可能性があります。

また、保証人になってもらっている場合には、その人に多大な迷惑をかける場合があります。

仮にあなたが債務整理をして借金の負担をなくしたとしても、保証人は迷惑をこうむる可能性がありますので、あなたの信頼は失墜することになります。

依存症などの病気になる可能性がある

お金借りる癖がついてしまうと、気が付けば借金依存症となってしまう可能性もあります。お金に関する依存症には、ギャンブル依存症や買い物依存症など、さまざまな依存症があります。

もしも借金依存症患者と診断された場合には、人生を破滅へと導かないように、早期の治療が必要です。

離婚の原因となる

借金は離婚の原因にもなり得ます。パートナーに借金癖がある場合には、自分の生活も困窮してしまいます。

もしも子供がいる場合には、子供への悪影響も考えられますので、離婚によって対処される可能性があるでしょう。借金癖によって、パートナーから見放されないように、すぐにでも改善するよう努めましょう。

借金癖がある人が安全に利用できる金策法

お金借りる癖があると、大きなリスクを伴うことが分かっていたとしても、目の前に金策をしなければならない事情があれば、やはり借金をせざるを得ないのではないでしょうか?

そのような時には、安全で無理なく利用できる選択をしましょう。 ここでは、借金癖がある人が安全に利用できる金策法として、

安心な金策法

  • 「銀行カードローン」
  • 「大手消費者金融」
  • 「街金」

を案内します。

銀行カードローンを低金利で借りる

銀行カードローンは、お金借りる癖がある人でも安心して利用することができます。銀行カードローンは厳正な審査が行われるため、返せる範囲での利用となります。

また、カードローンの中では低金利として知られているため、お得にお金借りることが可能です。月々の返済も数千円からですので、生活を立て直しやすいカードローンだといえるでしょう。

大手消費者金融で安全に借りる

大手消費者金融は、便利にお金借りることが可能です。

ウェブ完結申込や、スマホアプリでの取引、自動契約機や提携ATMなど、あらゆる方法での金策が可能です。また、即日融資に対応しているため、急ぎの時にも頼れます。

無理のない返済計画によって返して行くことになりますので、安全性の高い金策法となっています。

街金から計画的に借りる

街金を利用するという方法もあります。街金は地域ごとにさまざまな業者が存在しており、独自のサービスを提供しています。

一番の特徴は融資審査に柔軟性があるというところですので、どこからも借りれない人でも利用できる可能性があります。

自分にあったサービスを提供している所をいくつかピックアップし、電話で相談をしてみてから、最もしっくりくるところに申込むと良いでしょう。

まとめ

お金借りる癖がある人には、さまざまな事情があるかとは思いますが、突き詰めて行くと共通の特徴があります。まずは自分が当てはまらないか、一度チェックしてみましょう。

そして、お金借りる癖があることは、さまざまなリスクを伴うことを知っておかなければなりません。どうしてもお金を借りないといけない事情の時には、銀行や消費者金融など、安全に借りれるところに相談すると良いかと思います。