専業主婦が即日お金借りる方法を解説!知って安心の豆知識

この記事を5秒でまとめると…

  • 年収ゼロだと消費者金融で借りられない
  • 配偶者の同意書と証明書があれば借りられる場合もある
  • 銀行カードローンなら旦那にバレず借りられる

銀行カードローンや消費者金融キャッシングなど、個人に無担保無保証人融資をしてくれる金融業者は、気軽にお金借りる方法ではありますが、借入条件に「安定収入があること」という条件がついていることが原則です。

ということは、本人に収入がない専業主婦は、借入申し込みをしたとしてもカードローン審査で落されてしまうのでしょうか?

実は、必ずしもそうとは限りません。専業主婦でも借入できるカードローンやキャッシングは存在します。

ここでは、専業主婦でも契約できる金融機関で、旦那に内緒でお金借りることができて、即日融資可能な方法を紹介します。

目 次

専業主婦は消費者金融から借りれないって本当?

専業主婦が即日お金借りるなら、一体どんな金融業者やカードローン会社を選ぶと良いのでしょうか?

借りやすさという意味では、アコムやプロミス、アイフルなどの消費者金融が良いと考えられています。

特に大手消費者金融の場合は自動契約機が全国各地に配備されていて、主婦が買い物ついでに借入や返済をしやすいというメリットがあります。

限度額の中で、一定金額までは収入証明書が不要である業者も多く、月々の返済額も手ごろであるため、とても借りやすい方法です。

しかし、残念ながら専業主婦は消費者金融からお金借りることはできません。その理由と、専業主婦でも消費者金融からお金借りる方法を紹介します。

総量規制の対象のため借りれない

専業主婦が消費者金融からお金借りることができない理由は、貸金業法に定める
総量規制というルールが存在するからです。

総量規制とは、貸金業者が利用者に対して、年収の3分の1を超える融資をしてはいけないというルールのことです。

その業者1社だけではなく、複数社の借入合計で、年収の3分の1を超える融資ができないため、既に他社借入がある場合には審査落ちや減額の対象となります。

しかし、そもそも専業主婦の場合には収入がゼロであるため、年収を3分の1にしてもゼロとなります。

そのような理由から、専業主婦は消費者金融からお金借りることができないのです。

専業主婦が消費者金融で借りる方法

専業主婦が消費者金融からお金借りる方法がないのかというと、実はそんなこともありません。

専業主婦でもある方法を利用すれば消費者金融からお金借りることが可能です。その方法のこと配偶者貸付といいます。

配偶者貸付は総量規制の例外的な方法で、配偶者の年収と合算して3分の1まで借りることが可能です。

ただし、配偶者であることを証明する書類の提出が必要であるため、住民票や戸籍抄本などの提出が一般的です。

そのため、わざわざ役所に行かなければならないというデメリットがあります。また、配偶者の同意書も必要となるため、配偶者に内緒で借りれません。

内緒で借りたい専業主婦には最大のデメリットとなります。

専業主婦でも消費者金融からお金借りることは可能!ただし条件付き

基本的に専業主婦が消費者金融からお金借りることはできません。消費者金融は総量規制の対象となるため、無収入の専業主婦には貸してくれません。

しかし、総量規制には例外規定があります。本人に収入がなくても配偶者と合算した年収の3分の1以下までであれば貸し付け可能という例外です。これを「配偶者貸付」と言います。

配偶者貸付にて申し込みすれば専業主婦でも消費者金融でお金を借りられます。
ただし、配偶者貸付に対応している業者はほとんどありません。

プロミスやアコムなどの大手消費者金融の中で配偶者貸付が利用できる業者はないです。

中堅の消費者金融で、いくつか配偶者貸付に対応している業者がありますので紹介していきたいと思います。

配偶者貸付には以下の書類が必要になります。

・婚姻関係の証明書(住民票など)
・本人確認書類
・配偶者の同意書
・収入証明書

配偶者の同意書が必須ということから内緒で借りることはできませんので、それを了承した上で申込むようにしてください。

レディースフタバ

金利 14.95%~17.950%
審査時間 最短即日
即日融資 可能
限度額 10万円~50万円
無利息キャッシング あり、30日間
WEB申込 可能

レディースフタバは唯一の女性専門キャッシングを展開している金融業者です。創業50年以上の老舗で、中堅の消費者金融の中でも信用できると評判です。

実際に利用されている女性たちの口コミでは「電話対応が丁寧」「相談しやすい」との意見が多く、はじめてでよくわからないという女性でも安心して利用することができます。

女性専門のキャッシングということで、女性がキャッシングするときどのようなことを心配するのかをきちんと理解していますので、相談するならレディースフタバがおすすめです。

申込は電話かネットで行うことができ、来店せずに契約可能です。審査スピードも早く即日融資にも対応しています。

30日間の無利息サービスもやってますので、短期間で完済の目処が立っている方にも最適な金融業者です。

ベルーナノーティス

金利 4.5%~18.0%
審査時間 最短30分
即日融資 可能
限度額 1~100万円
無利息キャッシング あり、14日間
WEB申込 可能

大手通販ベルーナが運営する女性専用のキャッシングです。

14日間の無利息キャッシングが付いており、即日融資にも対応しています。急ぎでお金を借りたい場合にもおすすめです。

専用のカードはコンビニや提携銀行のATMに対応していますので、利用しやすいです。また、振込キャッシングにも対応しており、振込手数料無料です。

書類のやり取りはインターネット上で可能ですので、来店不要で手続可能です。

専業主婦が即日お金借りるにはどうすればいいの?

専業主婦が消費者金融を利用して、配偶者に知られずにお金借りることができないのであれば、借入は諦めないといけないのでしょうか?

実は、専業主婦でも借入可能なカードローンは数多く存在します。専業主婦が気軽に借入できる方法としては、銀行カードローンの利用が可能です。

銀行カードローンは消費者金融ほど審査通過率が高くありませんが、一方で金利が消費者金融よりも低いというメリットがあります。

消費者金融で借りようとして借りられず、諦めモードだった専業主婦も、決して諦める必要はありませんので、ぜひ問合せをしてみましょう。

銀行カードローンなら借入可能

一般的に、銀行カードローンの方が消費者金融カードローンよりも借入審査が厳しいといわれているため、専業主婦が消費者金融から借入できないと聞いた時点で、借入を諦める主婦が多いようです。

では、審査に通過しやすい消費者金融から借りれないので、審査が厳しめの銀行カードローンの利用が可能なのはなぜなのでしょうか?

実は、銀行は貸金業法の対象とはなっておらず、年収の3分の1を超える融資ができない総量規制の対象外となっています。

そのため、収入のない専業主婦にも融資することができるため、利用可能をうたっている銀行があるのです。

専業主婦でも借りれる銀行は多い

銀行カードローンがいくら総量規制の対象外だから専業主婦にも融資ができるといっても、それはあくまでもルール上の話しで、実際には専業主婦に融資してくれないのではないかと思う人もいらっしゃるかも知れませんが、ちゃんと融資している銀行はあります。

限度額は専業主婦用に設定していたり、減額となったりすることはありますが、専業主婦でも気軽な借入は可能です。

また、旦那にバレたくない専業主婦の場合、銀行ブランドの方がバレにくいというメリットもありますので、利用しやすいという特徴もあります。

銀行カードローンなら専業主婦でもお金借りることができる

お金に困ったとき、カードローンで凌ごうと考える専業主婦も多いかもしれません。しかし、残念なことに専業主婦は消費者金融のカードローンは利用不可です。

では他にどこの金融機関ならお金借りることができるのか?
それは「銀行カードローン」です。

銀行は貸金業者にあたりませんので、自分自身に収入がない専業主婦の方でも申込可能です。

銀行カードローンは内緒で借りられる

カードローンを利用するにあたり主婦が心配するのは「夫や家族にばれないか?」ということではないでしょうか。

もしもカードローンを利用していることがばれたら気まずいですよね。

銀行カードローンは家族に内緒で利用できるための工夫がされているうえに、手間を掛けることなく手続きできます。

銀行カードローンは、

・免許証だけで申し込める⇒夫の同意書が不要
・自宅or携帯に連絡⇒夫の職場に連絡なし

このような理由から内緒で借りることができます。

免許証だけで申し込める

銀行にカードローンの申込をするとなると色々と用意する書類が多くて面倒くさそうと思うかもしれませんが、実はカードローンの申込に必要な書類は原則「本人確認書類」だけでOKです。

以下のいずれかの1枚を用意すればすぐに申し込めます。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

※本人確認書類は各銀行により異なりますので、必ず確認してください。

専業主婦の場合、夫の同意書を用意しないといけないイメージがありますが、銀行カードローンなら不要です。夫に知られることなくカードローンに申し込み手続きができるのです。

夫の職場に連絡なし

カードローンの審査では、在籍確認のために職場に電話をかけます。これは銀行カードローンでも同じです。

では、専業主婦が申込した場合はどうなるのでしょうか?「夫の職場に電話をかけるんじゃないの?」と不安で申込をためらってしまう方もいるでしょう。

専業主婦の場合、銀行カードローンに申込しても夫の職場に電話をかけることはしません。専業主婦の在籍確認は自宅の電話もしくは本人の携帯電話にかかってきます。

知らないうちに夫にカードローンの利用がバレる可能性は低いので、安心して銀行カードローンに申し込んでください。

専業主婦として生活できていること自体が夫に安定した収入があることの証明になっているので、専業主婦の場合は在籍確認を本人に対してのみ行われます。

専業主婦が銀行カードローンの審査に通るには

専業主婦が銀行カードローンの審査を受けるうえで注意したいポイントは3つです。

1. 希望限度額
2. 夫の収入が安定しているか
3. 保険の種類

1.希望限度額

カードローンの申込時では希望限度額を記入しますが、金額は必要最低限に留めるのが良いです。

と言うのも、初めから多めに申込んでしまうと「この人はお金に困っているな、返済してくれるか不安だ・・・」と思われて審査落ちしやすくなるからです。

対して、希望限度額が少なければ貸し付けのハードルが下がりますので審査通過の可能性が高くなります。

限度額が20万円以下であれば比較的審査通過しやすく、それ以上になると審査落ちの可能性が高くなりますので注意してください。

2.夫の収入が安定しているか

専業主婦が銀行カードローンに申込んだ場合、審査では夫である配偶者の収入がチェックされます。

カードローンの審査では「収入に安定性がある」ことは必須条件ですので、これを満たしていないと審査に通ることはできません。

  • 働いて得た収入であること
  • 毎月1回収入をもらっていること

これらの条件を満たしていることがカードローンの審査に通るために必要です。

3.保険の種類

配偶者が加入している保険の種類によっても審査に少なからず影響します。なぜなら保険の種類で雇用形態がわかるからです。

・共済保険:公務員が加入
・組合保険:大企業の社員
・社会保険:中小企業の社員
・国民健康保険:フリーターや自営業このように加入している保険の種類で雇用形態がわかります。

当然ながら公務員や大企業の社員は収入の安定性が高いですので審査ではかなり有利になるでしょう。銀行としても配偶者の収入が安定している主婦なら安心して貸し出せますよね。

保険は目安の一つに過ぎません

保険の種類も審査に影響はしますが、それだけで審査の合否が決まるわけではありません。

カードローン審査はあくまでも総合評価で決められますので、評価が低い保険であっても審査通過できないわけではありません。

目安の1つに過ぎませんので、さほど気にする必要はないです。

専業主婦が借りられる金額は小額融資の範囲内

銀行カードローンが限度額の上限が1000万円近くのところもありますが、専業主婦が借りられる金額は少額融資の範囲内となります。

これは、本人に収入がないため、生活費の範囲内でしか返済できるだけの資力がないと判断されるためです。

専業主婦が借りられる金額は10万円~最高50万円としている銀行がほとんどです。中には限度額を明確に決めていない銀行もあり、その場合は審査により限度額が決定となります。

銀行によって専業主婦への貸し付け可能額は異なりますので、いくらまで貸してくれるのか「商品概要説明書」などで確認しておきましょう。

たとえば、楽天銀行のカードローン「楽天銀行スーパーローン」では、専業主婦の利用限度額は50万円までとしています。

楽天銀行スーパーローン商品概要説明書」より

どの銀行カードローンでも専業主婦OKというわけではない!

銀行カードローンなら専業主婦でも申し込み可能ですが、すべての銀行で専業主婦への貸し付けを可能としているわけではありません。

銀行によっては専業主婦の申込NGなカードローンもありますので、申込する前に必ず「専業主婦OK」なのか確認しておきましょう。

専業主婦でもお金を借りることができるのかを知る方法は主に2つあります。

公式ホームページを確認する

基本的には銀行カードローンの公式ホームページを確認すれば専業主婦でも利用できるかがわかります。

「商品概要」「商品説明書」などに専業主婦の借入可否について記載されていることが多いので、それらを確認してみると良いでしょう。

たとえば、下記のようにイオン銀行カードローンの「商品概要説明書」には、「専業主婦(夫)の方は可」と記載されているのがわかりますね。

イオン銀行カードローン」より

イオン銀行カードローンは専業主婦の利用も可能ということです。

電話で確認する

公式ホームページを見ても専業主婦の借入について一切触れていないところもあります。その場合は、電話でオペレーターに確認してみてください。

専業主婦でも借入可能かを聞くと融資の条件など丁寧に説明してくれます。

借入診断で確認する

銀行カードローンによっては「借入診断」というサービスを提供しているところもあります。

簡単な質問に答えるだけで、融資できる可能性があるかどうかすぐに診断してくれるサービスです。

借入診断を使っても専業主婦の借り入れできる可能性があるかどうかを知ることができます。

大抵の借入診断には「年収」の項目がありますので、そこで「年収0円」で試した結果「借り入れできる可能性がある」とでれば専業主婦でも借りられる可能性があるということになります。

試しに新生銀行カードローンレイクの借入診断でやってみましょう。

新生銀行レイク お借入れ診断」より

上記の内容で診断した結果、下記のとおり「融資できる可能性がございます」とでました。

同じく、千葉銀行の「ちばぎんカードローンクイックパワーアドバンス」でも試してみたところ下記のような結果となりました。

ちばぎん 10秒クイック診断」より

「ご年収を入力してください」とでていることから収入のない専業主婦は千葉銀行のカードローンには申し込めないことがわかります。

夫に内緒で銀行カードローンを利用するには

銀行カードローンを利用する際、一番気をつけなければいけないのは家族ばれです。契約書類やローンカードを見られてしまえばカードローンで借金していることがばれてしまいます。

夫婦で話し合ってカードローンを利用すればそれに越したことはないですが、中には内緒にしておきたい方もいるでしょう。

家族ばれで特に多いのが自宅に届く「郵送物」です。

大手消費者金融なら会社名を変えて郵送してくれたり自動契約機でカード受け取りして郵送物自体をなくすことができたりと家族にばれない配慮をしてくれています。

これに対し銀行カードローンの場合、郵送物をなしにできないところが多いです。

銀行によっては家族にバレないよう配慮してくれますので、内緒にしておきたいという方は家族バレの可能性が低い銀行カードローンを選ぶようにしましょう。

自動契約機のある銀行カードローン

自動契約機を設置しているカードローンは主に大手の消費者金融ですが、実は一部の銀行カードローンでも設置しています。

専業主婦でも利用できて尚且つ自動契約機があるのは新生銀行カードローンレイクです。

新生銀行カードローンレイクは自動契約機で契約書類とローンカードの発行が可能です。

はじめから自動契約機で申込してそのまま契約手続きまでしても良いですし、ネットで申込して審査通過してから自動契約機で手続することもできます。

できるだけ自動契約機での滞在時間を短くしたいという場合はネットで申し込んでから来店するのが良いでしょう。

レイクの自動契約機は夜間や土日祝日でも営業していますので、自分の都合に合わせてカード受け取りができて便利です。

キャッシュカード兼用型のカードローンを選ぶ

銀行カードローンの中には普通預金口座のキャッシュカードにローン機能をセットして借り入れできるタイプもあります。

キャッシュカード兼用型ならローンカードの発行はありませんので、カードを見られてバレル心配はありません。

コンビニのATMで借入も返済もできますので、単に銀行口座からお金を引き出しているようにしか見えませんので周囲の目を気にする必要もないです。

すべての銀行カードローンがキャッシュカード兼用型になっているわけではありませんが、わざわざカードを発行せずにそのままお金借りることができるというメリットがあります。

【要注意】夫がキャッシングしているとカードローン審査に不利!事故情報があれば審査落ちは確実!?

専業主婦が銀行カードローンでお金借りるためには、配偶者である夫の返済能力と信用力が重要となります。

夫の収入が安定していれば専業主婦でも審査に通る可能性がありますが、既に借金をしていたり信用情報に問題があると、少額しか借りられなかったり下手すれば審査に通らない可能性もあります。

特に信用情報に傷がついているのはローンを利用するうえで大きなネックと言えます。

夫が他社で借入していると審査に通りにくくなる

専業主婦にとって、夫の収入のみがお金の出どころとなります。

その夫が他社で借入していれば収入に対して返済に回せる割合が少ないとみなされてしまい、希望した金額を借りられないかもしれません。

場合によっては他社借入が原因で審査に通らない可能性も十分に考えられます。

夫に金融事故情報があると審査に通らない

専業主婦のカードローン審査は、本人だけでなく夫の個人信用情報も見られます。

自分が問題なくても、配偶者である夫が過去にクレジットカードやカードローンなどの返済でトラブルを起こしていれば、審査通過はほぼ無理と言っていいでしょう。

具体的には次のような金融事故を起こしている場合です。

  • 3ヶ月以上の返済延滞
  • 強制解約
  • 代位弁済
  • 債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)

これらの金融事故を起こすと、個人信用情報にその事実が記録され、5年~10年の間は残ってしまいます。

金融事故の履歴がある内は正規の金融機関のローンに通ることはまず不可能です。信用情報から金融事故の履歴が消えるのを待つしかありません。

専業主婦が内緒でお金借りるならキャッシュカード兼用型のカードローンもおすすめ

銀行カードローンの中には、キャッシュカードにローン機能をセットして借り入れできるものもあります。

専用のローンカードを発行しなくて良いので万が一夫や家族に見られてもバレないのが大きなメリットと言えます。

全ての銀行でキャッシュカード兼用型のカードローンを提供しているわけではなく、一部の銀行でのみ利用することができます。

キャッシュカード兼用型のカードローンの仕組み

キャッシュカード兼用型のカードローンは、普段使っている普通のキャッシュカードに、カードローン審査通過するとカードローンの機能が追加されます。

あとは、キャッシュカードをコンビニや提携金融機関のATMに挿入すれば画面にカードローンメニューが表示される問い仕組みです。

もちろん通常の預貯金のメニューもでてきます。あとは通常のローンカードと同じように借入・返済の操作をするだけです。

キャッシュカード兼用型カードローンのメリット

キャッシュカード兼用型カードローンのメリットは次のとおりです。

自宅への郵送物がないor数ヶ月に1度しか無いので家族ばれしにくい

通常、カードローンを契約すると専用のローンカードが郵送で送られてきます。

家族バレの一番の原因である郵送物を、キャッシュカード兼用型カードローンなら防ぐことができます。

自宅に郵送されたら必ずバレてしまうわけではないですが、少なからずリスクが増えることは間違いないです。

そのため、自宅への郵送物は無い方が良いはずです。

キャッシュカード兼用型ならローン機能をセットするだけでカードローンとして使用することができますので、新たにローンカードを発行する必要がありません。

夫や家族に内緒でお金を借りたい専業主婦にとってはキャッシュカード兼用型カードローンは強い味方と言えるでしょう。

なお、キャッシュカード兼用型カードローンでも郵送物が送られてくる場合もあります。

特に地方銀行のカードローンだと、数カ月に1度のペースで利用明細などを送ってきますので利用の際は十分注意しましょう。

審査通過後すぐに借りられる

キャッシュカード兼用型カードローンは、手元にキャッシュカードがありますので、ローン機能をセットすればすぐに借入することができます。

通常であれば、

  • カードが自宅に届くのを待つ
  • 自動契約機、無人契約機までカードを取りに行く

どちらかの方法でカードを受取しなければいけません。自動契約機で受取すればすぐに借り入れできますが、それでも自動契約機まで出向くという時間・手間がかかります。

対して、キャッシュカード兼用型カードローンなら、

  • 来店不要で
  • 何の作業もすることなく

そのまますぐにお金を借りることができるようになるわけです。もちろんカードを使うため近くの提携ATMまで出かけなければいけませんが、それでもかかる労力は少ないです。

カードを複数枚持たなくていい

キャッシュカード兼用型カードローンなら複数枚のカードを携帯する必要がありません。カードが沢山で財布がパンパンという人は少なくないはず。

通常のカードローンではキャッシュカードとは別にもう一枚持たなければいけません。しかし、キャッシュカード兼用型なら財布の中がスッキリしデメリットを解消できます。

カードを見られてもばれない

カードローンの利用が家族にばれるケースは郵送物に限りません。

「財布の中を見られてしまった」「うっかり机の上に置いたままにしてしまった」などで家族にバレてしまう方も少なくないです。

カードローンのローンカードはひと目でキャッシング用のカードとわかるデザインではありませんが、見慣れないカードを見て怪しむ可能性は高いです。

クレジットカードであればJCBやVISAといったように国際ブランドのロゴが付くはずですから、少なくともクレジットカードではないことはわかってしまいますね。

自宅への郵送物がないこと同様に、キャッシュカード兼用型カードローンならカードを見られても家族バレしないといえるでしょう。

自動融資サービスがある

自動融資サービスとは、口座引き落としのお金が不足しているとき、不足分を自動で融資してくれるサービスです。

公共料金やクレジットカードの支払いに口座引き落としで引き落とすお金が不足していたという場合に、その銀行カードローンの借入限度枠に余裕があった場合にその範囲内で不足分のお金を貸してくれるのです。

たとえば、

  • クレジットカードの支払いで30,000円引き落としの予定
  • 口座には10,000円しか残っていない
  • この場合、通常だと引き落とし失敗となる
  • しかし、自動融資機能があるA銀行だとする
  • そしてA銀行カードローンの借入限度枠に「10万円」余裕がある
  • この「10万円」の中から不足分の20,000円を融資してくれる

このようなサービスです。口座残高が不足しているけどATMに出向いて入金している隙がないというときなどに便利なサービスです。

以上のとおり、キャッシュカード兼用型カードローンには様々なメリットがあります。

数は多くないものの、キャッシュカード兼用型カードローンを選択できる場合は選択肢の1つに入れるとよいかと思います。

専業主婦におすすめの銀行カードローン

専業主婦におすすめの銀行カードローンを厳選して紹介したいと思います。

なおここで紹介する銀行カードローンはいずれも全国対応ですので、地域に関係なく申し込めます。

スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」

金利 年3.9%~14.9%
専業主婦の借入限度額 30万円
WEB申込 可能
返済方法 ATM、自動引き落とし
最低返済額 3,000円~
口座開設 不要
申込に必要なもの 次の内いずれかを提出
・運転免許証
・健康保険証+現住所がわかる書類
・パスポート+現住所がわかる書類
・顔写真付き住基ネットカード+現住所がわかる書類現住所がわかる書類は次の内いずれか1点・公共料(電気・水道・NHK・携帯電話)の請求書または領収書の発行から3ヶ月以内のもの

スルガ銀行カードローンの特徴

・WEB申込で申込~契約まで書類・来店不要
・VISA機能付きでクレカのようにカードローンが利用できる
・生命保険付きで万が一のときにも安心
・月々の返済は3,000円から自由に選択できる

スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」は地方銀行が提供するカードローンですが、全国対応ですので居住地域に関係なく申し込めます。

スルガ銀行の口座を持っていなくても申し込めるので面倒な手続きは不要です。

申し込みに必要な書類は運転免許証だけでOK。WEB申込なら来店せずに契約までできますので忙しい主婦の方でも手間なく手続きできます。

また、カードローンでは珍しくVISAのクレジットカード機能付きです。現金を引き出さずに支払いに使うことができます。

在籍確認の電話は本人の携帯電話または自宅にかかってきますので夫バレもしないので安心です。

ひめぎんクイックカードローン

金利 年4.4%~14.6%
専業主婦の借入限度額 30万円~50万円
WEB申込 可能
返済方法 ATM
最低返済額 3,000円~
口座開設 不要
申込に必要なもの 次の内いずれかを提出
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート

ひめぎんカードローンの特徴

・来店・口座なしで契約可能!
・30日間利息なし!
・コンビニATM手数料無料
・返済日が自由

愛媛銀行が運営提供する「ひめぎんクイックカードローン」はWEB上で申込~契約まで完了できます。

スマホやパソコンだけで手続きできる利便性の高さが魅力です。またWEB完結の場合、ローンカードは本人限定受取郵便で届きますので、家族に見られる心配がありません。

ひめぎんクイックカードローンは銀行系では珍しく「30日間無利息サービス」がついています。30日以内に全額返済すればそれで完済となります。

その間の利息は一切発生しませんので、借りた分だけ返済すればOK。もちろん期間内に全額返済できなくても、30日間分の利息はかかりませんのでお得です。

返済はATMからのみとなりますが、コンビニのATMでも手数料無料でできるので返済しやすいです。

ジャパンネット銀行ネットキャッシング

金利 年2.5%~18.0%
専業主婦の
借入限度額
30万円~50万円
WEB申込 可能
返済方法 ATM
最低返済額 3,000円~
口座開設 必要
申込に必要なもの 本人確認書類と収入証明書を提出
本人確認書類は次の内いずれかを提出
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・マイナンバーカード
・住民基本台帳カード
・印鑑証明書
・住民票
収入証明書は次の内いずれかを提出
・源泉徴収票
・住民税課税決定通知書
・住民税課税証明書
・確定申告書
・納税証明書

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの特徴

・はじめての借入から30日間無利息!
・口座があればスピーディーに借入可能!
・返済日を自由に決められる

ネット銀行のジャパンネット銀行が運営提供するカードローンです。配偶者に安定収入があれば専業主婦も利用可能です。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングはジャパンネット銀行の普通預金口座が必要になりますので、持っていない場合は口座開設の手続きも必要になります。

専用のアプリで簡単に手続きできますので手間を掛けることなく開設できます。

はじめての利用であれば30日間の無利息サービスが利用できるのも嬉しいところ。借入した日から無利息期間が開始となりますので、ご自身のタイミングで利用できます。

専業主婦におすすめの銀行カードローンの基準

専業主婦におすすめの銀行カードローンは次の基準に基づいて評価しています。

  • 内緒で借りられる
  • 最低返済額が低い
  • 利便性
内緒で借りられる

専業主婦でも利用できる銀行カードローンは意外と多くありますが、夫や家族にバレずに借りられるカードローンは案外少ないです。

今回紹介している銀行カードローンは、在籍確認を自分の携帯電話または自宅の電話にかけてもらうようにできますので夫の職場に電話がいくことがありません。

また契約完了すると契約書類やローンカードが自宅に送られてきます。

今回紹介している銀行カードローンは本人限定受取郵便や郵送先指定が可能となっていますので、郵送物を家族に見られることなく利用できます。

利用明細もWEB上で確認できるので、明細書が送られてくることもありません。

最低返済額が低い

カードローンでお金を借りたものの、毎月の返済で家計に負担をかけてしまうのは避けたいところ。

銀行カードローンは最低返済額が1万円以上に設定されているところが多いですが、今回紹介している銀行カードローンはいずれも最低返済額が3,000円以下からとなっていますので、毎月の生活に負担をかけることなく返済することができます。

利便性

今回紹介している銀行カードローンは利便性にも着目しています。

  • WEBで簡単に申し込める
  • コンビニATMで利用できる
  • 借入も返済も柔軟に対応できる

いずれも利便性の高い銀行カードローンのみを厳選して紹介しています。

今回おすすめしている銀行カードローンはいずれも全国対応です。居住地域に関係なく申し込みできて来店不要なので忙しい専業主婦の方も安心して申し込めます。カードさえあればいつでも借り入れできるので、もしもの時のために持っていると便利ですよ。

専業主婦が即日でお金借りるには?

結論から言えば、専業主婦が即日でお金借りるのはかなり難しいです。

既にカードローンを契約している、手持ちのクレジットカードにキャッシング枠がついているという場合であれば、すぐにでも借入することができます。

逆にこれからカードローンやクレジットカードに申込むとなると、即日でお金借りることはまず無理だと思ってください。

専業主婦の場合、即日でカードローンやクレジットカードの契約が完了することはできないからです。

銀行カードローンは即日融資ができなくなったって本当?

専業主婦がお金を借りる選択肢の1つにカードローンがあります。

カードローンの魅力といえば、申込から借入までのスピーディーさです。申込んだその日に現金を手にすることもでき、急な出費時に頼りになるサービスです。

これまで銀行のカードローンでも即日融資に対応したところが数多くありましたが、過剰貸付が社会問題となり2018年1月から新たな審査システムが導入となりました。

今後、銀行カードローンでは、審査の際に警察庁のデータベースを利用するシステムが取り入れられます。

これにより照会後に結果が判明するまで最低翌営業日、通常では数日~1週間程度かかる見込みとされています。

そのため、即日融資は事実上不可能となりました。

今後、即日融資が可能なカードローンは消費者金融のみとなります。来店不要で銀行振込みでも即日でお金を借りることもできるので非常に便利といえます。

しかし、残念なことに消費者金融は総量規制の関係上、収入のない専業主婦が利用することはできません。

既に銀行カードローンのカードを持っていればATMからすぐに現金を引き出すことは可能です。

銀行カードローンは年会費は一切かかりませんので、急な出費でも対応できるよう早めに申し込んでおくのも手でしょう。

パートなどで収入のある主婦であれば消費者金融のカードローンに申込可能です。消費者金融なら即日融資に対応していますので即日でお金借りることもできます。

クレジットカードのキャッシング枠で即日お金借りる

クレジットカードを持っている専業主婦も多いかと思いますが、もしお持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付帯されていれば、それを使ってお金借りることができます。

クレジットカードはショッピング利用時だけでなく、ATMで現金を引き出すこともできます。

もちろん借金ですから利息をつけて返済しなければいけませんが、カードがあればすぐに借りることができるのでいざという時に便利です。

既にクレジットカードにキャッシング枠が付帯されていれば審査は不要ですので、即日でお金借りることができます。

クレジットカードのキャッシング枠は少額ですが、ちょっとだけお金が必要になったというときには役立ちます。

ただし、クレカのキャッシングは金利が高いので、できるだけ短期間で返済するようにしましょう。返済が長引いてしまうと利息を多く払わなければいけませんので注意してください。

まとめ

専業主婦は貸金業法に定める総量規制により、消費者金融からお金借りることはできませんが、銀行は総量規制の対象外であるため、専業主婦だとしても借り入れすることはできます。

専業主婦でも即日融資をしてくれる銀行はたくさんありますので、気軽な借入が可能です。低金利である上、旦那さんにバレにくい銀行ブランドというメリットもありますので、安心して活用しましょう。