英語でお金借りるはどう言うの?パターン別に紹介

この記事を5秒でまとめると…

  • 英語でお金を借りる時は、意外と簡単なフレーズで済む
  • 意思疎通が難しい、期日に対する価値観の違いなどでトラブルが起きる可能性もある
  • 無理に外国の友人にお金を借りるよりも、消費者金融などからお金を借りた方がトラブル回避できる

日本には中国人やアメリカ人を筆頭に、多くの外国人が訪れます。そして多くの外国人が英語を得意としており、彼らと意思疎通するためには、日常英会話表現のスキルが重要となります。

もしも自分が、外国人相手にお金借りる場合には、どのようなフレーズや単語を意識すれば良いのでしょうか?

この記事では、例文も交えて、お金借りるための言葉とその答案を紹介します。

最近はネット上で、無料の例文検索機能が向上しているため、ここで紹介する内容だけでなく、ご自身作の文章の意味や表現例に派生させることも踏まえながらご覧ください。

お金借りる場合に知っておきたい英語とは?

英会話を組み立てる場合には、頭の中で構成を組み立てるかと思います。

頭の中のペンを使って主語や動詞を組み立てたり、間違っているなと感じたら頭の中の消しゴムを使って消し、正しい言葉を入れて発言するということを、瞬時かつ自動的に行っているのではないでしょうか。

そのように考えると、何となく英語の表現は難しいものに思えてしまいますが、スマホなどの辞書を使いながら表現すれば、初心者でも案外簡単に、借りる側の意図を伝えることができるでしょう。

早速、貸し借りに関する表現として、お金借りる場合に知っておきたい英語を解説します。

ここでは、

お金を借りる時に知っておきたい英語

  • 「友達からお金借りる時」
  • 「自分の分の支払いをしてほしい時」
  • 「自分に現金が足りない時の表現法」

の3パターンを見て行きましょう。

友達からお金借りる時

友達など、気心の知れた人からお金借りる場合には「Can I borrw some money?」と表現すると良いでしょう。

この例文は、かしこまった表現ではなく、気軽にお金借りる場合に使えるフレーズです。

気心の知れた人にお金を借りる場合

「Can I borrw some money?」

少し丁寧に表現したい場合には、冒頭の「Can」を「May」に変えて、最後に「please」を付けましょう。「May I borrow some money please?」が例文です。

少し丁寧に表現したい場合

「May I borrow some money please?」

自分の分の支払いをしてほしい時

お店などで食事をしている時に、相手に対して自分の分も払っておいてというケースもあるでしょう。

店から出た時に返す場合や、親兄弟などの身内の場合には、フランクにお願いすることがあります。

このような場合に適切な表現としては「Can you pay for me?」といいましょう。とても自然でさり気ない印象のある表現ですので、相手も気軽に「No problem.(構わないよ)」といってくれるかと思います。

自分の支払いもしてほしい場合

「Can you pay for me?」

自分に現金が足りない時の表現法

たとえば、お店などの支払いの場合や、外出中の交通費など、いざ払おうとした時に現金が足りなくて窮地に立たされるケースは誰でも1度くらいは経験したことがあるでしょう。

場合によっては金策に困って、まとまったお金を借りたい場合もあるでしょう。

そのようなピンチの時に、外国人からお金借りる場合には「I don’t have enough cash.」といいましょう。

十分な現金を持っていないという意味ですので、察した相手が貸してくれるかも知れません。

手持ちの現金が足りない場合

「I don’t have enough cash.」

英語での個人間の借金には注意が必要

英語でお金借りる場合には、上手に表現することで貸してほしいという気持ちが伝わるかと思いますが、そもそも英語での個人間の借金には注意が必要です。

どれだけ上手に表現したとしても、母国語とのニュアンスの違いで誤解が生じる可能性があります。

また、価値観や文化の違いによって、返済期日があやふやになってしまう可能性もあるでしょう。

さらに、借り入れ回数が増えると金額が不明瞭化することもありますし、贈与税がかかる可能性もあります。

極めつけは、相手が帰国することも考えられますので、借り入れは慎重に行いましょう。

意思疎通で誤解が生じる可能性がある

英語は世界の共通言語としてその地位を確立していますが、使う人の英語の習熟度合いや、母国の価値観などによって、同じ表現をしていても、違う意味で捉えられる場合があります。

また、アメリカの英語とイギリスの英語では、微妙なニュアンスの違いもありますので、本当に意思疎通ができているとは限りません。

お金を借りるというのは信頼関係がベースなので、誤解による信頼関係の破綻となる可能性に配慮が必要です。

返済期日があやふやになりがち

外国人と日本人とでは、文化や価値観の違いがとても大きいといえます。たとえば、外国人は時間に対しておおらかなのに対して、日本人はキッチリとしています。

外国人の日本人に対するビックリ体験

外国人が日本に来て、電車が1分遅れただけでお詫びのアナウンスが入ることにビックリするといいます。

それほど文化や価値観の違いが明白なので、返済期日に対しても考え方が異なるでしょう。もしも日本人が貸した側だとすると、なかなか帰って来なくてイライラすることも考えられます。

回数が増えると金額が不明瞭化

個人間の借金は、1人に対して1回の借り入れとは限りません。借りたお金で足りなくなった場合には、また借りるという可能性もあるでしょう。

また、1人からの借金では賄いきれず、ほかの人にも借り入れを求めた場合には、借金の額も回数も増えてしまうことになります。

この結果、借金の管理が仕切れず、誰にいつまでにいくら返せば良いのか分からないということにもなりがちです。個人間で借金をする場合には、ちゃんと記録を残しましょう。

贈与税がかかる可能性がある

贈与税がかかる可能性も否めません。借金はあくまでも借りたお金ですから、本来税金がかかることはないのですが、借金だと証明することができなければ、税務署が贈与とみなすことがあるのです。

年間110万円以上の借金の場合には、贈与税がかかる可能性がありますので、きっちりとした対策が必要です。

借金であることを証明するためには、借用書、金利設定、返済履歴の3つが必要です。借りる時に、これらの設定を行いましょう。

帰国の可能性がある

外国人とお金の貸し借りをした場合には、相手が帰国してしまう可能性も想定しておきましょう。

もしも外国人から借りた場合には、突然完済を求められる可能性がありますし、貸した側の場合は、そのまま逃げられてしまう可能性があります。

いずれの場合も、トラブルの元となってしまいますので、総合的なリスクマネジメントが必要となります。

英語不要の金融業者からお金借りるべき

外国人との間での、個人間借金は正直オススメできません。正確にいうと、外国人だけでなく、日本人相手でも個人間借金はしない方が良いでしょう。

では、お金に困った場合には、どうやって金策をすれば良いのでしょうか?

ここでは、

困った時のお勧めの金策

  • 銀行カードローン
  • 大手消費者金融
  • 街金

の3つの方法をオススメします。

銀行カードローンならお得に借り入れ可能

銀行カードローンは、1%台から14%台という手軽な金利でお金借りることが可能です。

消費者金融などに比べると審査が厳しいことと、即日対応が難しいというデメリットがありますが、金利メリットや銀行ブランドの安心感があるため、多くの人から支持されています。

メガバンクから地方銀行、ネット銀行まで、多くの銀行がさまざまなカードローン商品を提供しているため、選択肢も豊富です。

大手消費者金融ならすぐお金が手に入る

大手消費者金融は、銀行カードローンよりはやや高めの3.0%~18.0%の金利ですが、審査に融通性があることや、無人契約機が充実していることなど、借りやすさに定評があります。

また、クレジットカードを発行している消費者金融や、スマホアプリでカードレスの借り入れができる消費者金融など、ユーザーの利便性を追求している特徴があります。そのため、気軽な借り入れが可能です。

街金なら審査の融通性がある

街金は、大手消費者金融よりも審査に融通性があるため、お金に困った人の受け皿となっています。

都道府県別に多くの業者が存在し、それぞれ個性的なサービスを提供していますので、自分に合った業者選定が重要となります。

金利は20%近くと割高感は否めませんが、少額融資を得意としているため、返済に負担がない程度に利用することができるでしょう。

まとめ

英語でお金借りる場合には、必要な表現を覚えてことで、相手に伝えることができるかと思います。

しかし、意思疎通に誤解が生じたり、文化や価値観の違いによってトラブルを招く可能性もありますので、なるべく個人間での借金は控えましょう。英語不要の金融業者の利用をオススメします。