ブラックでも安全にお金を借りる方法・即日融資は可能?


この記事を5秒でまとめると

  • 金融ブラックと呼ばれる状態でも中小消費者金融なら安全にお金を借りることが可能
  • 自分がブラックかわからない場合、信用情報の開示請求で調べることができる
  • ブラックが解除されるまでの所要期間は事由によって異なる
  •  消費者金融の審査に通らなくても、闇金などの違法業者から融資を受けたり、クレジットカードの現金化などの裏ワザを使ったりするのは危険なので絶対NG
  • 借金生活を卒業するためには金融リテラシーを高めることが大切

こんな疑問をお持ちではありませんか?

「ブラックでも闇金以外で安全にお金を借りる方法はある?」
「今すぐお金が必要だけど、ブラックでも即日融資してもらえる業者はある?」
「ブラックが解除されるのはいつ?」

この記事ではそんな疑問をお持ちの方に向けて、ブラックでも安全にお金を借りる方法、いわゆる金融ブラックと言われる状態が解除されるまでの所要期間、自分がブラックなのかを調べる方法などをご紹介します。

金融ブラックでもお金を借りることは可能

過去に債務整理などを行った、クレカなどの返済を長期に渡り延滞したなどの経歴を持ついわゆる金融ブラックと呼ばれる状態では、銀行や消費者金融などの金融業者からお金を借りることはできないのでしょうか。

まずは大手消費者金融や銀行カードローンで審査に落とされる可能性が高い理由や、その場合でも中小消費者金融なら借りることが可能な理由について説明します。

大手消費者金融や銀行では審査に通らない可能性大

銀行カードローンや大手消費者金融の審査では、個人信用情報機関の金融事故情報(異動情報)が参照されます。

日本には以下の3つの信用情報機関があり、金融業者によって加盟している機関は異なります。

  •  CIC(シー・アイ・シー)
  •  JICC(日本信用情報機構)
  •  KSC(全国銀行個人信用情報センター)

JICC、CIC、KSCはそれぞれ独立した機関ですが、以下の2つのシステムを利用し、互いに情報共有を行っています。

FINE(ファイン):Financial Information Network

貸金業法により年収の3分の1を超える額の貸付を禁止する総量規制を確実に実施するためにJICCとCICが運営しているシステム

CRIN(クリン):Credit Information Network

JICC、CIC、KSCの3つの機関が自主的に運営しているシステム

この2つのシステムを利用して個人の信用情報を共有することで、返済能力のない人への貸付や年収の3分の1を超える過剰な貸付を事前に防いでいるのです。

そのため、クレジットカードで長期滞納をした経験があると、アコムやプロミスなど大手消費者金融系の審査に落ちるということが起こります。

中小消費者金融ならブラックでもお金を借りることが可能

銀行系のカードローンや大手消費者金融の審査に落ちた場合でも、絶望的になる必要はありません。

街金と呼ばれる中小規模の消費者金融業者の中には、独自の審査基準により、ブラックの方にも融資を行っている良心的な金融業者も存在します。

ブラックの方におすすめ!安全にお金を借りることができる街金

アコム、プロミス、アイフルなどの大手消費者金融の審査に落ちてしまったという方でも独自審査により融資を受けられる可能性があるおすすめの街金をご紹介します。

即時融資対応も!ブラック御用達の街金

即日融資も可能!セントラル

ブラックでも即日融資が受けられることで人気の「セントラル」は1993年創業の愛媛県松山市に本社をおく老舗消費者金融会社です。

以前は中四国を中心とする地域限定の街金でしたが、現在は全国対応となっているので、日本全国どこからでも借入の申し込みが可能です。

独自の審査基準を設けているため、債務整理歴のあるブラックの方や属性が悪くて大手の金融業者で審査に落ちた方でも審査に通る可能性があります。

セントラルの3問診断をチェック!

「セントラル」の公式サイトには、年齢、年収、現在の他社借入金額を入力するだけで申込前に簡易審査ができる“お借入「3 問」診断”がありますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

1day ダイレクトが人気の「キャッシングエニー」

「セントラル」と同様、全国対応の即日融資を行っている街金として知られているのが「キャッシングエニー」です。

「キャッシングエニー」は2009年創業の東京台東区に本社を置く株式会社Anyが運営する中堅の消費者金融で、「1day ダイレクト」という銀行振り込みによる即日融資が人気があるようです。

街金の中でも審査が緩いことでも知られていて、自己破産歴がある申込者でも審査に通るケースもあるようです。

自己破産者の最後の砦!フクホー

自己破産者や多重債務者の間で最後の砦と言われるフクホーは他の金融機関では融資を断られた方でも借り入れができる審査通過率の高いの街金として知られています。

「自己破産、免責1ヶ月以内で、アローなど他の中小貸金業者では門前払いされたけど借りることができた」
「個人再生完済後まだ1年半で他からは瞬殺されたけど、フクホーでは審査に通って本当に助かった」
「自己破産歴ありで長期延滞中だったにも関わらず、融資してもらえた」
などという方もいらっしゃいます。

ただし、現在の返済能力は厳しくチェックされるため、必要書類なども多く、融資スピードは遅いようです。

不動産担保ローンもあり!もみじファイナンス

広島県福山市に本社を置く「もみじファイナンス」も事故歴ありのブラックの方でも審査通過できる中小消費者金融会社として知られています。

任意整理中の方や破産歴があり他社からの借入もある方などでも融資を受けられた事例があるようです。

また西日本限定となりますが、不動産担保ローンも提供しています。

中小消費者金融業者をまとめてチェック!

こちらの記事でも、限度額が大きい中小消費者金融や即日融資可能な中小消費者金融を貸金業番号や日本貸金業協会会員番号と合わせて一覧表にまとめてご紹介していますので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

参考記事:中小企業の消費者金融からお金借りる場合に知っておくべきこと

総量規制対象外!多重債務者にもおすすめのおまとめローン

多重債務者や、既に総量規制による限度額である年収の3分の1ぎりぎりの借入をしている方におすすめなのが、総量規制の対象外となるおまとめローンです。

複数の借入を一本化するおまとめローンを利用することにより、返済総額が減少したり、返済プランがたてやすくなるなどのメリットがあります。

借入を一本化することにより多くのメリットを享受できるおまとめローンは、「顧客に一方的有利となる借り換え」という貸金業法に定められた総量規制の例外に該当するので、年収の3分の1以上の借り入れも可能となります。

参考URL:貸金業法等改正に係る政府令の概要について(PDF)金融庁公式サイト

おまとめローン専門の中央リテール

おまとめローンを利用したい方におすすめの業者は、おまとめローンを専門としている「中央リテール」です。

相談窓口の担当者は全員、貸金業務取扱主任者の資格所有者なので、プロからの的確なアドバイスを受けられます。

中央リテールは、審査から融資まで最短1日という審査スピードでも定評があります。

35日間無利息期間があるライフティ

ライフティ」(RYFETY)もおまとめローンを提供している業者として知られています。

ライフティは、新宿の歌舞伎町にある老舗の街金である他社の借入を延滞中、債務整理中という厳しい状況でも門前払いをされず、しっかり審査をしてもらえるようです。

ブラックでも審査に通るコツ

金融ブラック状態でも審査に通るためには、どのようなことが必要なのでしょうか。

まず、年収を多めに申告したり、他社利用件数をごまかしたりなどせずに、正直に正確な申告をすることが大切です。

嘘の申告をしても、審査の際にバレてしまうことが多く、信用できないという理由で落とされてしまいます。

注意

同時期に複数の業者に申し込むと、申込みブラックとなってしまう危険性もありますので、一つの金融業者に絞って申し込みをするようにしましょう。

街金以外でブラックがお金を借りる方法

街金でお金を借りる以外にも、金融ブラック状態の方がお金を借りる方法はあります。
ここではその方法について説明していきます。

ブラックでも無審査で借入可!生命保険の契約者貸付制度

積立型の生命保険に加入している場合、「契約者貸付」という制度を利用してお金を借りることができる場合があります。

契約者貸付というのは、生命保険の解約返戻金を担保として、融資を受けられる制度です。

この制度は、個人信用情報とは無関係なので、金融ブラックの状態でも問題なく利用することが可能です。

公的貸付制度ならブラックでも低金利で借入可能?

会社からの解雇などによる収入減、転職活動後、初回の給与支給までの生活費が必要などの理由でお金を借りる必要がある方は、社会福祉協議会の緊急小口資金を利用できる可能性が高いです。

役所の福祉課が緊急性を認めた場合は、ブラックでも無利息で10万円まで借りることが可能です。

また、低所得者世帯などが安定した生活を確保することを目的として厚生労働相が定めた
生活福祉資金貸付制度という貸付制度もあります。

個人の信用情報を確認しない代わりに、現在の収入、債務状況、生活状況、借入の目的などについては口頭で詳しく聞かれることもありますが、正直に話して相談しましょう。

また、納税状況などはチェックされるようですが、税金や国民健康保険を滞納していても融資を受けることができた方もいらっしゃるようです。

生活福祉資金貸付制度について詳しく知りたい方は厚生労働相の公式サイトをご覧ください。

参考URL:生活福祉資金貸付条件等一覧(厚生労働省公式サイト)

車の購入が目的ならマイカーローン

自分はブラックだから、車を購入する際にローンを組めないのではと思われている方もいらっしゃるようですが、そんなことはありません。

マイカーローンは支払完了までは車検証の所有者がローン会社となっているため、車が実質的な担保になるため、回収不能となるリスクが低いのです。

そのため、一般的なローンよりも審査が緩く、長期延滞だけなら審査に通る可能性はあります。

ただし、債務整理歴がある場合は、審査に通らない可能性が高いようです。

クレジットカードのショッピング枠の現金化は違法

クレジットカードのショッピング枠の現金化は、信用情報機関に登録されることがなく、現金を得られる裏ワザとして知られています。

しかし、この方法はクレジットカード会社では禁止されているので絶対にやめましょう。

会員規約に違反する行為として、残金の一括請求、カードの利用停止、強制退会などのペナルティを受ける場合もあります。

注意

クレジットカードのショッピング枠の現金化を専門とする業者に提供したカード番号や個人情報等が悪用される危険性もあり、日本クレジット協会は、クレジットカードのショッピング枠の現金化に対する警告を発表しています。参考

記事:クレジットカードのショッピング枠の「現金化」の誘いに注意(日本クレジット協会)

甘い言葉に要注意!ブラックが狙われがちな闇金

「ブラックでも無審査で融資」は違法業者の可能性大

消費者金融の審査に落ちてしまい、お金を借りる先が見つからない状態に陥ると、つい

「ブラックOK」
「無審査で誰にでも融資します」

などの謳い文句に惹かれてしまうこともあるかもしれません。

闇金と呼ばれる違法業者の中には、債務整理をした方の情報が掲載されている官報という政府が発行する機関紙などをもとにわざわざ電話をかけてくることもあるようです。

債務整理経験者は闇金業者の甘い誘惑に惑わされないよう、十分警戒しておきましょう。

参考記事:闇金からお金借りると悲惨!闇金の手口を知って対処しよう

悪質業者の巧妙な手口と被害事例

上のようなサイトを見かけたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「500万円迄、どんなお客様でも即日振込可能です!」という謳い文句は、消費者金融などで融資を断られてしまった方から見ると非常に魅力的ですよね。

しかし、これは日本賃金業協会が公開していた実際に被害者を出したサイトの実例です。

参考URL:悪徳業者の被害にあわないために(日本賃金業協会公式サイト)

注意

闇金の中には、無登録でありながら実在する日本貸金業協会会員の名前を不正利用したり、架空の登録番号を詐称したりしている場合もあります。
「聞いたことがある名前だから大丈夫」、「登録番号が記載されているから安心」などと安易に信用してはいけません。
お金を借りる前に金融庁が提供する「登録貸金業者情報検索サービス」を利用して調べることをおすすめします。

金融ブラックの原因は?

自己破産・民事再生などの法的な債務整理

自己破産や個人民事再生などの法的な手続きをした場合は、事故情報として信用情報に記録されます。

自己破産は借金がゼロになる、個人再生は借金が減額されるというメリットがありますが、信用情報に傷が付き、将来的にお金を借りることが難しくなるというデメリットがあるのです。

返済の長期延滞・携帯の割賦遅延も対象に!

クレジットカードの支払いや携帯電話端末を分割払いが3カ月以上滞納した場合にも、事故情報として信用情報に記録が残ります。

3ヶ月未満の遅延の場合は事故情報として記録されることはありませんが、期日までに支払いされなかったという事実が記録されます。

通常期日までに入金されていれば 「$」マークが付くところ、遅延があると「A」マークが付くのです。

注意

この「A」マークが2年以内に複数あると「期日を守れない人」という悪印象を持たれてしまい審査に通らなくなる可能性も出てきます。
1日でも遅れると「A」マークが付いてしまい、2年間は信用情報の記録として残ってしまいますので、支払い期日はしっかり守るよう常に心がけましょう。

自分がブラックかわからない!調べる方法は?

自分がブラックなのか確認するのは可能

自分がブラックなのかどうか不明なので、金融業者の審査に申し込む前に確認したいという方もいらっしゃると思います。

各金融業者では審査基準を公開していないので、審査に落ちても理由を明らかにしてもらうことはできませんが、金融業者が審査をする際に参照している信用情報の内容を自分で確認することは可能です。

個人情報保護法により、本人(もしくは本人から委任を受けた代理人)が信用情報機関に登録されている個人信用情報を見ることが認められているからです。

信用情報開示請求の方法

3つの信用情報機関について、信用情報の開示請求の方法をまとめてみました。

機関 確認方法 費用
株式会社 シー・アイ・シー(CIC) インターネット
(パソコン、スマホ)
郵送
窓口
インターネット・郵送:1,000円
窓口:500円
株式会社 日本信用情報機構 (JICC)   スマホ
郵送
窓口
スマホ・郵送:1,000円
窓口:500円
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 郵送のみ 1,000円

信用情報は個人情報として厳重に管理されていて、開示請求には本人確認書類が必要となります。

チェック!

CIC、KSCでは、運転免許証(または運転経歴証明書)、マイナンバーカード、パスポート、健康保険証などのうち2種類の書類が必要となります。
開示請求の際は公式サイトで必要書類をしっかり確認しましょう。

信用情報開示報告書の見方

信用情報開示報告書には「あなたは金融ブラックです」と記載されているわけではありません。

CICの場合は、返済状況という項目に“異動”と記載されているのが、いわゆるブラックと呼ばれる状態に該当します。

出典:信用情報開示報告書の見方(CIC公式サイト)

信用情報開示報告書には、異動の他、残債額、異動発生日、延滞解消日、終了状況等が記載されています。

参考URL:信用情報開示報告書の見方(CIC公式サイト)

信用情報開示報告書の見方やCICとKSCには任意整理そのものが記録されないのにバレてしまうケースが多い理由などはこちらの記事にまとめていますので、気になる方はチェックしてみてください。

参考記事:任意整理中・個人再生・自己破産後にお金を借りる方法とは?

“申し込みブラック”になっているケースも

3ヶ月以上の滞納や債務整理の経歴もなく、金融ブラックと呼ばれる状態ではないのに審査に落ちてしまった場合、 “申し込みブラック”と呼ばれる状態になっているケースもあります。

とにかく急いでお金を借りたいからという理由で、同時に複数の金融会社にキャッシングの申込みをする方もいらっしゃるようですが、短期間に複数の消費者金融やカードローンに申し込みをした場合、いわゆる“申し込みブラック”と呼ばれる状態になり、審査に落ちる可能性が高くなるのです。

“申し込みブラック”の基準は各会社やサービスによって異なるため一概には言えませんが、一般的には1か月間に3件以上の申込みで“申し込みブラック”扱いとなると言われています。

“申し込みブラック”扱いになってしまった場合、6ケ月経つと個人信用情報機関の記録が消えるので、半年間は新規の申込みをするのを控えましょう。

金融事故情報が抹消されるまでの所要期間

信用情報に事故情報が記録された場合でも永久にその記録がのこるわけではありません。
事故情報が抹消されるまでの所要期間について説明しますね。

延滞の場合は完済してから5年

個人情報に事故情報として“異動”と記録されてしまった場合でも、一定の期間が経てば、その記録は抹消されます。

抹消されるまでの期間は、事故の種類によって違い、滞納の場合は延滞解消時を起点として最長5年とされています。

自己破産の場合は10年!

法的な債務整理を行った場合、信用情報登録機関によって、記録保持期間は異なります。

自己破産の場合は10年間記録が残るため、自己破産後10年は銀行系カードローンや大手消費者金融からの借り入れは難しいと言われています。

ブラックからスーパーホワイトになっても審査に落ちる?

キャッシング業界では個人信用情報機関の記録が全くない真っ白な状態は「ホワイト」「スーパーホワイト」と呼ばれています。

元ブラックの場合も一定の期限が過ぎて真っ白な状態になるため、記録が真っ白な状態では警戒されてしまい、審査に落ちることもあります。

「ホワイト」「スーパーホワイト」の定義やこの状態から脱却するための方法(俗に言う“クレヒス修行”)についてはこちらの記事で説明していますので、気になる方はチェックしてみてください。

参考記事:審査が甘いキャッシングローン・闇金以外で審査が緩い優良業者まとめ

お金を借りる以外の方法も検討しよう

ブラックなら借金なしで生活することが理想的

債務整理経験者や長期に渡る滞納経験者であるブラックの方は、諸外国と比較して金融リテラシーが低いと言われる日本人の中でも、お金に関する知識レベルが低い可能性があります。

借金をしてお金を得るのではなく、金融リテラシーを高めて、毎月の収支を黒字化する方法を考えることも大切です。

お金に関する基礎知識を習得して、黒字生活を目指したいという方には、家計再生コンサルタントとして活躍している横山光昭の著書「年収200万円からの貯金生活宣言」がおすすめです。

横山氏は、年収350万円、借金250万円という状況に陥っていた依頼者を、年収は350万円のままで借金ゼロ、貯金100万円に復活させたという実績の持ち主です。

内容も具体的で実践しやすく、文章も読みやすいので、興味がある方はぜひ一度読んでみてください。

今すぐ現金を得られる日払いバイト

今すぐお金が必要だけど、スピード融資が可能な金融業者では断れてしまったという方は日雇いのバイトをしてみてはいかがでしょうか。

日雇いなら、本業が休みの日に副業として働くこともできますし、中には面接なし履歴書不要で、すぐに働くことができるバイトもあります。

日雇いのバイトというと引っ越しや土木作業など重労働というイメージがあるかもしれませんが、梱包や発送、検品などの軽作業もあります。

「働きたい地域名+日払い+求人」などのキーワードで検索すると、現在募集中の求人が見つかるかと思います。

借金生活卒業に最適!住み込みの仕事

独身の方なら、住み込みの仕事をして、短期間でお金を貯めて、黒字化するという方法もおすすめです。

リゾートバイトなどの住み込みのバイトは、寮完備、食費付き、交通費支給など、好条件の求人も多く、生活費がほとんどかからないため、3ケ月で50万円以上のお金を貯める方も多いそうです。

若者が多いというイメージのリゾートバイトですが、最近は若者だけではなく、20代~50代という幅広い世代の方が活躍しているそうです。

大手リゾートバイト検索サイト「リゾバ.com」の「こだわり検索」の「メリット」という項目には「40代・50代大歓迎」というものもありました。

ブラックでも安全にお金を借りる方法まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事では、ブラックでも安全にお金を借りる方法、いわゆる金融ブラックと言われる状態が解除されるまでの所要期間、自分がブラックなのかを調べる方法などをご紹介しました。

現金を得るための手っ取り早い手段として真っ先に思い浮かぶのは、お金を借りることかもしれません。

しかし、金融ブラックの方の場合、過去に返済能力に問題があったために、社会的な信用が失われた状態にあるため、銀行系カードローンや大手消費者金融の審査には落ちる可能性が高いです。

消費者金融の審査に落ちたからといって、闇金などの違法業者からお金を借りるのは危険なので絶対にやめましょう。

ブラックでもお金を借りることができる街金は存在しますので、この記事でもご紹介しました業者のような良心的な業者を慎重に選ぶことをおすすめします。

また、借金生活を卒業したい方は、この記事でご紹介した「年収200万円からの貯金生活宣言」などで、お金に関する基礎知識を学ぶことから始めてみてはいかがでしょうか。