審査が甘いキャッシングローン・闇金以外で審査が緩い優良業者まとめ

この記事を5秒でまとめると…

  • 借りやすさで選ぶなら消費者金融がおすすめ
  • 消費者金融の次に借りやすいのは信販系カードローン
  • 銀行は審査が厳しい。借りやすいのは大手より地銀

こんな疑問をお持ちではありませんか?

  • 審査が甘いと評判の消費者金融の審査に落ちたけど、どこでならお金を借りれる?
  • 滞納歴があってもお金が借りれる審査が緩い金融機関は?
  • 複数の消費者金融からお金を借りている状態で追加融資を受けられる会社はある?

この記事ではそんな疑問をお持ちの方に向けて、大手消費者金融の審査に落ちた方やいわゆる「ブラック」と呼ばれる状況でも審査に通る可能性が高くて優良な業者として知られる街金や多重債務者におすすめのおまとめローンなどをご紹介します。

審査が緩い借り入れ先ランキング

はじめてお金を借りるという方の中には、銀行カードローンや大手消費者金融の中から審査基準が緩いところを知りたいという方もいらっしゃると思います。

まずは、はじめてお金を借りる際に一般的に候補となる銀行系カードローン、信販系カードローン、大手消費者金融について、審査が緩いと言われている順に説明します。

第1位は消費者金融・審査が緩いと評判の会社は?

銀行系カードローン、信販系カードローン、大手消費者金融の中で一番審査が緩いことで知られているのは消費者金融です。

銀行系や信販系のカードローンの審査には落ちたけど、アコムやプロミスの審査には通ったという方も多くいらっしゃいます。

ポイント

審査基準は会社によって異なり非公開なので一概には言えませんが、大手消費者金融系の中でも審査が緩いと評判なのはアコムです。
当サイトが実施したアンケート調査でも借入先として一番人気がありました。

参考記事:お金を借りるなら銀行or消費者金融・意外な無利息ローンも!

アコムを選んだ理由としては

「審査が比較的甘いという評判だったから」
「審査時間が短かったことと、ショッピング・キャッシングと併用して使える“アコムマスターカード”があったため」

などと審査の緩さや審査スピードを挙げていた方が目立ちました。

第2位は信販系カードローン

信販系カードローンは、銀行系カードローンや消費者金融よりも知名度が低いため、知らない方もいらっしゃるかもしれません。

信販系カードローンというのは、信販会社が提供するカードローンのことで、実は銀行系カードローンよりも審査が緩いことで知られています。

自営業や個人事業主の方は滞納歴などの問題が全くなくても収入が不安定だと判断され、銀行カードローンは落とされる場合もあるようですが、信販系カードローンの中には「オリックスVIPローンカードBUSINESS」など個人事業主向けのカードもあります。

売掛金が入金されるまでのつなぎ資金など事業の資金繰りだけではなく、プライベートでの利用も可能なので、非常に便利だと思います。

ポイント

信販系カードローンは銀行系カードローンと比較して、他社借入状況についても厳しくないことが知られています。

第3位は銀行系カードローン・さらに難易度が高くなる可能性も

銀行系カードローン、信販系カードローン、大手消費者金融の中で最も審査が厳しいのが銀行系カードローンです。

ただし、安定した収入さえあれば、年収が低かったり正社員ではなかったりしても審査に通る可能性はあります。

覚えておこう!

地方銀行カードローンは、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックや三井住友銀行カードローンなどの大手都市銀行のカードローンと比較すると審査が緩めだと言われています。

しかし、2017年9月には、銀行業界で個人向けカードローンなどの融資審査を厳格化する動きが広がっているという報道がありました。

銀行業界で、個人向けカードローンなどの融資審査を厳格化する動きが広がっている。

(中略)

全銀協加盟行が、預金者保護のための制度運用を担う預金保険機構を経由し、警察庁のデータベースで利用者の情報を照会する仕組みだ。

照会結果が分かるのは翌営業日以降となるため、銀行カードローンの即日融資は難しくなる。融資を早く受けたい人は、審査が緩い消費者金融などに頼らざるを得なくなる。

引用元:カードローン審査厳格化=暴力団対策、即日融資困難に(2017/09/16発表・時事通信公式サイト)

厳格化の目的は、暴力団など反社会的な組織への融資を防ぐことのようですが、審査の所要時間が今まで以上に長くなるなど、一般の方にも影響はありそうですね。

大手消費者金融で審査に落ちた方には街金がおすすめ

アコム、プロミス、モビット、アイフルなど大手の消費者金融会社の審査に落ちると、絶望的な気持ちになってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、大手消費者金融の審査に落ちた方でも借入可能な審査が緩い金融業者もあります。

大手消費者金融の審査に落ちた方には、街金と呼ばれる中小規模の消費者金融がおすすめです。

中小消費者金融の審査が甘い理由

街金という言葉を聞くと、サラ金や闇金を連想したりなどネガティブなイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、街金と呼ばれる中堅消費者金融の中には、創業50年以上の実績を持つ優良な会社も多くあるんですよ!。

街金は一般的に大手消費者金融と比較して審査が緩い傾向があります。

審査が甘い理由は、他社の審査に落ちた方でも融資が受けられるよう独自の審査基準を設けているからです。

多重債務者やブラックでも大丈夫?

街金では、多重債務者やブラックと言われる状態でもお金を借りることが可能なケースも多いです。

大手消費者金融と違い、過去の滞納歴などの信用情報を重視しないためです。

注意

ただし、過去の信用情報に対して甘い分、独自の審査基準で今後の支払い能力をチェックするため、提出書類が多かったり、審査に時間がかかったりするケースもあるようです。

審査が甘くても闇金はダメ!優良な業者を選ぶポイントは?

審査が甘い街金でお金を借りたいけど、闇金と見分ける方法がわからないという方もいらっしゃると思いますので、優良な街金を選ぶポイントをご紹介します。

貸金業登録があることは絶対条件

優良な街金を選ぶポイントとして、一番重要なポイントは貸金業登録があるかどうかです。

貸金業登録は、「貸金業法」に基づき合法的な融資を行っているという基準になります。ほとんどの会社は公式サイトに貸金業登録番号を記載しています。

こちらは、新宿の歌舞伎町にある老舗消費者金融であるライフティ(RYFETY)の公式サイトの一番下に記載されている賃金業登録番号です。

ただし、最近は、虚偽の貸金業登録番号や架空団体等に加盟していることを掲載し、信用のある業者であることをアピールしている業者が存在するようなので要注意です。

参考URL:【悪質業者の被害にあわないために】悪質業者の手口(2) | 日本貸金業協会

ポイント

お金を借りようとしている業者が闇金かどうかわからないという場合は、金融庁が提供する「登録貸金業者情報検索サービス」を利用して調べることをおすすめします。

固定電話番号の記載も必須

固定番号(またはフリーダイヤル)ではない携帯電話の番号が記載された広告を出している会社は間違いなく違法な組織なので絶対に避けましょう。

日本では平成15年度の貸金業規制法改正により、 広告などに電話番号を載せる場合、 貸金業者登録簿に登録された電話番号(固定電話またはフリーダイヤル) 以外の番号を記載することが禁じられています。

電柱などに「○○円まではなら審査なしで即日融資可能!連絡は090-XXXX-YYYYまで」などと書かれた広告を見かけたことがある方も多いと思いますが、090金融と呼ばれる違法業者の典型例です。

注意

即日融資科可能・審査なしなどの甘い言葉に惑わされないように気を付けましょう。

老舗なら安心・運営年数もチェック!

街金は大手消費者金融と違ってテレビCMをしているわけでもなく、知名度が低いため、どこが優良な闇金か見分けるのは難しいという方も多いかもしれません。

一つの基準となるのが創業年月です。
貸金業登録があり、10年以上の実績がある会社なら、まず安心と考えて問題ないでしょう。

大手消費者金融で審査に通らない人におすすめの優良な老舗街金業者

評判のいい街金業者を知りたいという方もいらっしゃると思いますので、優良な街金として知られる中小消費者金融業者をご紹介します。

即日融資も可能!セントラル

即日融資が可能なことで人気の「セントラル」(https://011330.jp/)は1993年創業の愛媛県松山市に本社をおく消費者金融です。

以前は中四国を中心とする地域限定の街金でしたが、現在は対応地域を日本全国に拡大しています。

「セントラル」には以下のような特徴があります。

  • 独自の審査基準で、債務整理歴のあるブラックの方や属性が悪い方でも借入が可能
  • セブン銀行と提携しているため、コンビニで返済が可能
  • 申し込み前に簡易審査ができる

「セントラル」の公式サイトには、年齢、年収、現在の他社借入金額を入力するだけで申込前に簡易審査ができる“お借入「3 問」診断”がありますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

自己破産・債務整理歴があっても借入可?キャッシングエニー

「セントラル」と同様、全国対応の即日融資を行っている街金として知られているのが「キャッシングエニー」です。

2009年創業の「キャッシングエニー」は東京台東区に本社を置く株式会社Anyが運営しています。

「キャッシングエニー」には以下のような特徴があります。

  • 「1day ダイレクト」という銀行振り込みによる即日融資あり
  • 街金の中でも審査が緩いことでも知られていて、自己破産歴がある方でも審査に通るケースもある
  • 原則として定期収入のある方が対象となるが、専業主婦でも配偶者の方に安定した収入があり同意書などを提出できれば借入可能

審査が緩いのに金利が低めのフタバ

1963年創業50年以上の歴史を持つ「フタバ」も即日融資に対応している街金です。

こちらは「フタバ」の特徴です。

  • 上限金利が大手消費者金融よりも低い95%という良心的な金利設定
  • 30日間の無利息サービスあり
  • 金融事故歴がある方でも独自の審査基準で柔軟に対応しているが、他の街金と比較すると審査が厳しめ

自己破産経験者の最後の砦・創業50年のフクホー

自己破産者や多重債務者の間で最後の砦として知られているフクホーは他の機関では融資を断られた方でも借り入れができると評判の街金です。

ただし、公式サイトには以下に該当する方は契約ができないと記載されていました。

  • 他社のご返済が現在延滞中や過去のお借入れを放置されている方
  • 自営業主、会社役員、現在お仕事をされていない方
  • 健康保険証をお持ちでない方
  • 20歳未満66歳以上の方

引用元:フクホー公式サイト

また、過去の金融事故歴などには甘い代わりに、現在の返済能力については厳しくチェックされるため必要書類が多く、融資までの時間はかかるようです。

最大100日無利息のニチデン(関西限定)

関西にお住まいの方には、最大100日無利息サービスを提供する「ニチデン」もおすすめです。

「ニチデン」は1967年創業の株式会社日電社が運営する老舗の街金で、関西エリアにお住まいの方を対象に融資を行っています。

保証人不要で実質年率が9.125%という低金利の学生ローンも提供しています。

以上、おすすめの街金(中小消費者金融)をご紹介しました。

こちらの記事でも、利用限度額が大きい中小消費者金融や即日融資可能な中小消費者金融を貸金業番号や日本貸金業協会会員番号と合わせて一覧表にまとめてご紹介していますので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

参考記事:中小企業の消費者金融からお金借りる場合に知っておくべきこと

複数社からの借入を一本化したい方におすすめのおまとめローン

複数の金融業者から借入をしていて一本化したいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方におすすめのおまとめローンをご紹介します。

総量規制対象外!おまとめローンのメリット

多重債務者や、既に総量規制による限度額である年収の3分の1ぎりぎりの借入をしている方におすすめなのが、総量規制の対象外となるおまとめローンです。

複数の借入を一本化するおまとめローンを利用することにより、以下のようなメリットがあります。

  • 返済総額が減少する
  • 返済日が月1回になる
  • 返済プランがたてやすくなる
  • 総量規制による限度額である年収の3分の1以上の借入が可能

そもそも貸金業法に定められた総量規制は多重債務などの借金苦から利用者を守ることにあります。

そのため、「顧客に一方的有利となる借り換え」は総量規制の対象外となります。

借入を一本化することにより毎月の返済額や返済総額が減少するおまとめローンは「顧客に一方的有利となる借り換え」に該当するため、総量規制の例外というわけです。

参考URL:貸金業法等改正に係る政府令の概要について(PDF)金融庁公式サイト

おまとめローン専門の中央リテール

おまとめローンを利用したい方には、おまとめローンを専門としている「中央リテール」がおすすめです。

審査から融資まで最短1日という審査スピードでも定評があります。

また、相談窓口の担当者は全員、貸金業務取扱主任者の資格所有者なので、プロからの的確なアドバイスも受けられます。

初めてなら35日間無利息のライフティ

新宿の歌舞伎町にある老舗の街金である「ライフティ(RYFETY)」もおまとめローンを提供している業者として知られています。

審査が緩いことでも定評があり、他社の借入を延滞中、債務整理中という状況でも、しっかり審査をしてもらえるようです。

審査がないローンは危険?

「無審査で即日融資」は闇金の可能性大!

審査が緩いと言われる街金でも審査に落ちた方の中には無審査で借入が可能な業者を探しているという方もいらっしゃるかもしれませんが、無審査で借入できる方法は非常に危険です。

「無審査で即借入可能」などの記載がある場合はほぼ違法な闇金融業者と考えて間違いないでしょう。

このような業者は正規の金融業者とは違い、利息制限法や貸金業法などの法律に違反した運営をしている場合が多いです。

注意

中には、「トイチ」(10日で1割)、「トゴ」(10日で5割)など法外な利息を要求されたり、保証会社への保証料という名目で支払いを要求されたりする場合もあるので、絶対に借りてはいけません。

参考記事:即日審査なしでお金借りることはできる?

債務整理経験者は闇金からの甘い誘惑に要注意!

闇金と呼ばれる違法業者の中には、債務整理をした方の情報が掲載されている官報という政府が発行する機関紙などをもとに、

「お金にお困りでしたら、融資をさせていただきます」などと電話をかけてくる闇金もあります。

債務整理経験者は闇金業者の甘い誘惑に惑わされないよう、十分警戒しておきましょう。

参考記事:闇金からお金借りると悲惨!闇金の手口を知って対処しよう

クレジットカードの現金化も危険!

クレジットカードの現金化も、無審査で借入ができる方法として知られています。

信用情報機関に登録されないというメリットもあり、利用する方も多いようですが、クレジットカード会社では認められていない方法ですし、非常に危険です。

クレジットカードのショッピング枠の現金化を専門とする業者の中には悪徳業者も多く、日本クレジット協会は、クレジットカードのショッピング枠の現金化に対する警告を発表しています。

参考記事:クレジットカードのショッピング枠の「現金化」の誘いに注意(日本クレジット協会)

審査に落ちる理由は?通りやすくなるコツはある?

消費者金融などの審査に落ちてしまった方の中には、なぜ自分が審査に落ちたのかわからないという方もいらっしゃると思います。

そもそも審査の基準はどのようなものか、審査に通りにくい職業などはあるのかなどという点について説明します。

スコアリングの基準は?

消費者金融や銀行などには独自の審査基準があり、その基準で申込者を評価して融資の可否を判断していますが、一般的に審査にはスコアリングシステムが使用されています。

スコアリングシステムというのは、申込者の年齢・性別・年収・職業・勤務形態・勤続年数・居住形態・家族構成などの属性を数値化して採点し、その合計点により、申込者の返済能力や信用力を判断するシステムです。

点数の付け方や合格とする基準は各会社やサービスによって異なりますが、どの会社でも非公開としている点は共通です。

審査に落ちた時に「審査に落ちた理由を教えてください!」などと問い合わせても、教えてもらえることはありません。

お金を借りにくい職業は?

審査で一番重視される点は、安定した収入があるかどうかです。安定した収入があることは返済能力があることに直結するためです。

そのため、収入が不安定な自営業者は一般的な会社員と比較すると不利なケースが多いようです。

また、一般的に離職率が高いと言われている風俗店やパチンコ店勤務の方やタクシーやトラックの運転手も不利だと言われています。

審査に通るかを事前にチェックする方法は?

審査に通りやすいキャッシングが事前にわかればいいのにと思われる方もいらっしゃると思います。

そんな方におすすめなのが、SBIホールディングス株式会社が提供しているマイスコア 「信用力診断」です。

金融機関がローン審査時に評価すると想定される項目が用意されていて、その項目に入力すると、自分のローンスコアとクレジットスコアを診断してくれます。

また、診断結果に応じて、自分の信用力に合うローンやクレジットカードが表示されるため、審査に通る可能性が高いキャッシングが一目でわかります。

こんな人は審査に落ちる

以下の条件・状況に当てはまる方は審査に落ちやすいと言われています。

  • 滞納歴ありの金融ブラック
  • 申込みの不備
  • 複数同時申し込みによる「申込みブラック」
  • 「ホワイト」と「スーパーホワイト」

順番に説明していきますね。

滞納歴ありの金融ブラック

日本には「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」「シーアイシー(CIC)」「日本信用情報機構(JICC)」という3つの信用情報機関があり、審査の際に申込者の信用情報の照会が行われます。

過去に滞納や債務整理などの経歴がある場合、信用情報に事故情報が記録されているため、銀行系カードローンや大手消費者金融では審査に落ちる可能性が高いです。

ただし、この記事でご紹介した街金では、信用情報に問題があっても独自審査により現在の返済能力を評価してもらえるため、借入が可能なケースも多いです。

申込みの不備

意外に思われるかもしれませんが、申込み時の書類や入力データの不備のために審査に落ちるケースも多いと言われています。

勤務先や勤続年数など、故意に偽りの情報を入力した場合はもちろん、入力ミスがあったり、本人確認書類の写真が不鮮明だったりしても審査に通らないケースがあります。

ポイント

個人情報の入力時や本人確認書類の提出時には、不備がないようしっかり確認しましょう。

複数同時申し込みによる「申込みブラック」

自分がなぜ審査に通らなかったのかわからないという方の中には、“申し込みブラック”と呼ばれる状態になっているケースもあります。

審査に通るかわからないからという理由で、一度に複数のキャッシングに申し込む方もいらっしゃるようですが、短期間に複数の消費者金融やカードローンなどのキャッシングに申し込んだ場合、いわゆる“申し込みブラック”と呼ばれる状態になり、審査に落ちる可能性が高くなるのです。

“申し込みブラック”の基準は各会社やサービスによって異なるため一概には言えませんが、一般的には1か月間に3件以上の申込みで“申し込みブラック”扱いとなると言われています。

ポイント

“申し込みブラック”扱いになってしまった場合、6ケ月経つと個人信用情報機関の記録が消えるので、半年間は新規の申込みをするのを控えましょう。

審査落ちしやすい「ホワイト」と「スーパーホワイト」とは

キャッシング業界では個人信用情報機関の記録が全くない、つまり記録が真っ白な状態は「ホワイト」「スーパーホワイト」と呼ばれています。

「は?ホワイトとスーパーホワイトってなに?」と思われた方もいらっしゃると思いますので、「ホワイト」と「スーパーホワイト」について、簡単に説明します。

  • ホワイト:過去に金融事故を起こした経歴があり、5年以上経過してその情報が消えたため、記録が全くない状態、クレジットカードの長期滞納や自己破産などの債務整理経験者つまり元ブラックの方
  • スーパーホワイト:過去に一度もキャッシングをした経験がないため記録が全くない状態、現金主義でクレジットカードなどを使用しない主義の方など

このように、「ホワイト」と「スーパーホワイト」には雲泥の差がありますが、記録が全くない真っ白な状態という点では同じなので、個人信用情報機関の記録だけでは見分けることができません。

そのため、「スーパーホワイト」だったとしても「元ブラックでは?」と疑われてしまい、詳しく調べられることなく審査に落ちてしまうケースもあります。

ポイント

「ホワイト」・「スーパーホワイト」に該当する場合は、携帯電話や家電を購入する際に、分割払いを申請して、期日内に返済していくことで、クレジットヒストリーが記録されて真っ白な状態から脱却するため審査に通りやすくなると言われています。

審査が甘いところでお金を借りたい方におすすめの業者まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事では、「審査が甘いキャッシングサービスを知りたい」という方に向けて、大手消費者金融の審査に落ちた方やいわゆる「ブラック」と呼ばれる状況でも審査に通る可能性が高くて優良な業者として知られる街金や多重債務者におすすめのおまとめローン、審査に落ちる理由などをご紹介しました。

注意

審査が緩いことを謳い文句にしている業者の中には違法な闇金業者も含まれていますので、借入先は慎重に選ぶようにしましょう。