お金を借りる時はこの理由を使え!今すぐ使える理由や言い訳を解説

この記事を5秒でまとめると…

  • 「いつもお金に困っているわけではない」ことが伝わるように
  • 「前向きな理由である」ことが伝わるように
  • 「理由を考えるのが面倒」ならカードローンがおすすめ

お金に困ったとき親や友人からお金借りることを考える人は多いです。

しかし、その際に「どんな理由で借りればよいのか」「何か言い訳したほうがよいのか」などと悩んでしまうものです。

正直に話せるだけの理由があれば問題ないですが、中には言いにくい理由だってあるはずです。理由によっては親や仲の良い友人でも納得してくれずお金を貸してくれないでしょう。

人からお金を借りるには納得できるだけの理由が必要です。

ここではお金を借りるときにベストな理由と、理由別の対処法について解説していきます。

目 次

  • 身近な人にお金借りる際に最適な理由・言い訳
    • お金を借りる相手は家族が一番
    • 「いつもお金に困っているわけではない」ことが伝わる理由がおすすめ
    • ①病気やケガの治療費
    • ②冠婚葬祭
    • ③飲み会が重なってしまった
    • おすすめできないお金借りる理由
    • ギャンブル
    • 趣味や旅行
    • 引っ越し
    • 身近な人からお金借りる場合の注意点
  • わざわざ理由など考えずにお金借りる方法
  • カードローンでお金借りる場合の理由
    • お金借りる理由が審査に影響する?
    • カードローンの審査通過率を高める理由
    • 一時的な出費
    • 前向きな理由
    • カードローンの審査落ちの可能性が高い理由
    • ギャンブル
    • 他社への返済
    • カードローンでお金借りる理由は嘘でも問題ない?
  • お金借りる理由別の対処法
    • 理由①:給食費が払えないからお金借りる
    • 給料を差し押さえられる可能性がある
    • 給食費が払えない場合はどうすれば良いのか?
    • 就学援助制度に申請する
    • 理由②:水道光熱費が払えないからお金借りる
    • 水道料金の支払期限と滞納による利用停止までの期間
    • 電気代の支払期限と滞納による利用停止までの期間
    • ガス代の支払期限と滞納による利用停止までの期間
    • どうしても水道光熱費を払えないときは
    • 理由③:家賃が払えないからお金借りる
    • 家賃滞納~立ち退きの流れ
    • 家賃が払えない時の対処法
    • 理由④:年金が払えないからお金借りる
    • 年金事務所による督促
    • 年金に時効はない
    • 年金を払うのが難しい場合は早めに相談すること
    • 理由⑤:住民税が払えないからお金借りる
    • 住民税を滞納した場合の督促の流れ
    • 住民税が払えない場合は早めに相談すること
    • 理由⑦:国民健康保険料が払えないからお金借りる
    • 保険料を滞納すると医療費はどうなるのか
    • 通常の保険証に戻すには
    • 国民健康保険料を滞納すると延滞金が発生する
    • 最終的に差し押さえになることも
    • 理由⑧:葬式代が払えないからお金借りる
    • 葬儀社のローンが利用できる
    • 理由次第ではカードローンでお金借りることなく解決できる

身近な人にお金借りる際に最適な理由・言い訳

どうしてもお金が足らないから誰かに借りたいと思っても、身近な人にお金のことで相談するのは気が引けるもの。何とかしてお金借りるために、嘘の理由を考えなければいけません。

ここでは、家族や友人など身近な人にお金を借りるのに最適な嘘の理由や言い訳を紹介します。

お金を借りる相手は家族が一番

お金を借りようと考えたとき誰から借りればよいのか迷うところかと思います。

  • 親や兄弟(家族)
  • 親戚
  • 知人
  • 友達
  • 恋人
  • 会社の同僚

選択肢は様々ありますが、一番おすすめは「家族」です。

なんだかんだ言って相談しやすいのは家族ですし、本当に困っているときに助けてくれる可能性が高いです。言い方は悪いですが、もしも嘘がバレてしまっても縁を切られる可能性は低いです。

「いつもお金に困っているわけではない」ことが伝わる理由がおすすめ

お金を貸す側にとって最も嫌なことは貸したお金を返してもらえないことです。

慢性的な金欠が理由でお金を借りにくるとなると、一度や二度では済まず定期的にお金を借りにくるのではないか?と相手も警戒してしまいます。

しかし、一時的にお金に困っているだけということが分かれば、相手もすぐに返してくれると思ってお金を貸してくれる可能性が高くなります。

一時的にお金に困っていることが相手に暗に伝わるベストな理由は次の3つが代表的です。

①病気やケガの治療費

子供の健康は親にとって何より心配なもの。

病気やケガで病院に行くのにお金が必要だからという理由であれば、親も心配になりお金を貸してくれる可能性が高いです。

ただし、病気やケガの場合、病名も伝えないといけませんし、治療している間は嘘をつき続けることになります。

そう考えると風邪を引いたという理由が最も安全な嘘だといえるでしょう。診察代や薬代はそこまで高額ではないので借りられる金額は多くても1万円程度と見たほうが良いでしょう。

風邪の場合は急いでいることも伝えやすいので割とすんなりお金を借りられるでしょう。

②冠婚葬祭

20代半ば~30代半ばになると結婚ラッシュに入ることが多いです。

人によっては毎月のように結婚式に招待されるケースも珍しくありません。そのたびにご祝儀が必要になりますので、お金が足りなくなるのもうなずけます。

またご祝儀や香典なら出さなければいけないものですので、納得してお金を貸してくれる可能性が高いです。

冠婚葬祭が理由だと貸してくれる金額は3万円~5万円程度でしょう。

③飲み会が重なってしまった

仕事上、飲み会に行くことが多くなることも珍しくありません。断ればいいと言われればそれまでですが、仕事の付き合いとなるとなかなか断ることもできないもの。

飲み会が重なって生活費が足らないことを伝えれば、さすがの親もお金を貸さないわけにはいきません。飲み会を理由に借りられる金額は多くても1万円程度でしょう。

ただし、給料日にはきちんと返すことを約束することを忘れないようにしましょう。

おすすめできないお金借りる理由

次のような理由だとお金を貸してもらえない可能性が高いのでおすすめできません。

ギャンブル

絶対に使ってはいけない理由がギャンブルです。

「絶対に勝つから」などと言ってお金を借りようとする人もいますが、ギャンブルは必ず勝てるものではないので、借りたお金を返せる保証がありません。

仮に勝って返せたとしても親は呆れてしまうだけです。自分の子供がギャンブルをやっていることに良い気がする親もあまりいないでしょう。

趣味や旅行

学生であれば有効的な理由ですが、社会人になってもこの理由が通じる可能性は低いでしょう。

「お金に余裕がないなら人に借りてまで行くな」「我慢しろ」と言われて貸してもらえない可能性大です。下手すれば親に説教をくらうハメになるかもしれません。

引っ越し

本当に引越しするのであれば有効かもしれませんが、嘘の理由としては全く使えません。

引っ越ししていないことがバレる可能性が高いので、親だけでなく友達にも頼むのは避けるべきです。

身近な人からお金借りる場合の注意点

身近な人からお金を借りる際、注意したい点は次の2つです。

  • 借りるのは一度だけ
  • お礼を忘れない

特に気をつけたいのは何度もお金を借りようとしないことです。いくら家族であっても何度もお金を借り続けてしまうと関係が悪くなってしまいます。

友達や会社の同僚にも同様です。何度もお金を借りにくるような人とは仲良くしたくないと思うはごく普通なことです。信用をなくしてしまいますので、身近な人からお金を借りるのは1度きりにしましょう。

また借りたお金を返すのは当たり前ですが、単に返すだけではなくきちんとお礼するようにしましょう。

感謝の気持ちを伝えるのはもちろんですが、食事をおごったりプレゼントすれば相手も信じて良かったと思ってくれますし、今後も変わらず関係を保てるはずです。

わざわざ理由など考えずにお金借りる方法

「家族や友達にお金を借りるのは気が引ける・・・」
「嘘の理由でお金を借りるのはちょっと・・・」
「お金にだらしない奴だと思われたくない!」

お金を借りるためとは言え嘘をついてまで親に迷惑をかけたくない、そもそも理由を考えるのが面倒だと言う方もいるかと思います。

そのような場合は、カードローンでお金借りるのも一つの手です。

カードローンなら、

  • お金を借りる理由を考えなくていい
  • お金を借りていることを誰にも知られない
  • 人間関係が悪化しない

このようなメリットがあります。

使いみちは自由ですから、趣味や娯楽目的でお金を借りることだってできます。

借り入れ目的は申告するものの、実際に何にお金を使ったのかを証明する必要は一切ありませんので漠然とした理由でも問題ありません。

またカードローンは周囲にばれないよう最大限の配慮をしてくれます。大手の消費者金融なら郵送物が自宅に送られてきませんので家族と同居していてもバレずにお金借りることができます。

自動契約機で手続きすれば申込んだその日にお金を手にすることもできるので、急ぎでお金が必要といった場合にも対応できて便利です。

筆者が所有する大手消費者金融「プロミス」のローンカードです。

筆者はカード発行しましたが、プロミスならスマホを使ってWEB上で申し込み~契約を完了させることができます。

しかもカード発行なしにすることもできます。通常、WEB上で契約する場合はカードが自宅に郵送されてきますが、プロミスならカードの郵送もなしにできます。

土日祝日でも即日でお金を借りることもできるので、たとえば急な冠婚葬祭でお金が必要になったときでも安心です。

さらに、プロミスなら「30日間利息なし」で利用できます。プロミスで初めて借入した日の翌日から30日間は一切利息が発生しないというサービスです。

たとえば、給料日まで金欠でちょっとだけお金を借りても、30日以内に全額返済すれば利息は0円です。低金利でお馴染みの銀行カードローンで借りるよりも圧倒的にお得です。

カードローンでお金借りる場合の理由

カードローンに申込む際、申し込み書には「資金使途」や「借り入れ目的」を記入する項目があります。

要するにカードローンでお金借りる理由を申告するわけですが、理由が審査に影響することはあるのでしょうか?

ここではカードローンでお金借りる理由について解説していきます。

お金借りる理由が審査に影響する?

カードローンは事業性資金以外であれば基本的に自由に使うことができます。借入金を何に使うかはその人の自由なのです。

生活費、レジャー、冠婚葬祭などの目的で借りる人も多いですが、中には株やFX、ギャンブルに使う人もいますし特に問題にはなりません。

カードローンは目的ローンとは違って使いみちが自由ですので、資金使途が決まっていなくても審査通過すればお金借りることは可能です。

一般的な借り入れ理由には次のようなものが挙げられます。

  • 生活費
  • 交際費
  • 娯楽費
  • 商品購入
  • 冠婚葬祭
  • レジャー資金
  • 教育費

カードローンで借りたお金はかなり幅広い用途に対応していますが、審査では借り入れ目的を馬鹿正直に答える必要はありません。と言うのも、借り入れ目的が審査に影響する可能性があるからです。

カードローンの審査では年収、勤務先、居住形態、他社借入状況が基準となり、融資するかどうかを判断されますが、借り入れ目的が審査に全く影響しないわけではありません。

たとえば、自分がカードローン会社に勤めていて、2人の申し込み者がいたとします。それぞれの借り入れ目的を聞いたところ次のように答えた場合、どちらを審査に通そうと考えるでしょうか?

  • 申し込み者A「スキルアップのために〇〇の資格を取りたくてお金が必要です」
  • 申し込み者B「ギャンブルで一発当てたいのでお金を借りたいんですよね」

恐らく申し込み者Aを審査に通そうと考えるのではないでしょうか。

もし申し込み者Aが本当に資格取得に成功してスキルアップにつながれば将来に渡って安定した収入が得られるだけでなく、収入自体がアップする可能性だってあるからです。

そのため、カードローンで借りたお金をきちんと返済してくれる可能性が見込めます。

一方、申し込み者Bの場合、勝つか負けるか分からないようなギャンブルにお金を使おうとしています。

むしろギャンブルは負ける確率のほうが圧倒的に高いため、返済してもらえるか分かりません。下手すれば借金が膨らんで返済不能になる可能性もあり、いずれにしてもお金を貸すにはかなりリスクがあるといえます。

以上のことから、カードローン会社は借り入れ目的からも将来に渡って返済してくれる可能性があるかどうかを計算しているのです。

「この借入目的なら返済してくれるだろう。でも、この借入目的だと返済してくれない可能性が高いから危険だな・・・」という判断をして審査通過するか落とすかを決めていることもあります。

そのため、借り入れ目的はバカ正直に答える必要はありません。嘘でも構いませんので、審査担当者からの印象が悪くならない理由を答えるようにしましょう。

カードローンの審査通過率を高める理由

お金借りる理由によってはカードローン審査に悪影響を与えてしまうこともあるならば、逆に審査通過率を高める理由もあるのでしょうか?ここではカードローンの審査通過率を高める理由について見ていきましょう。

一時的な出費

一時的な出費かつ利用用途がハッキリしていると返済の見込みがたちやすいのでカードローン会社への印象は良いです。

たとえば、次のような借り入れ目的だと審査通過の可能性は高くなります。

  • 冠婚葬祭
  • 旅行
  • 車等の修理費用

上記はいずれも何にお金を使うのかハッキリしていますし、お金が必要なのは一時的です。いつぐらいから返済できるのか、返済に回すだけのお金に余裕があるのかを判断しやすいです。

逆に何にお金を使うのかハッキリしておらず長期的であれば「長期間お金を借りる予定があるのに、返済できるだけのお金はあるのだろうか?

ただ単にお金がないからカードローンで借りようとしているのかもしれない」とカードローン会社に思われてしまい心証を悪くしてしまいます。

前向きな理由

スキルアップや資格取得のためなど「前向きな理由」でお金を借りたい人はカードローン会社からの印象が良くなります。

資格を取得すれば仕事に活かせるうえに手当も付く可能性が高いですし、給料がUPする可能性も高いです。「自分の将来のことをきちんと考えている人だ」と思われます。

スキルアップや資格取得すれば、その人の収入が上る可能性がありカードローン会社にとっては優良顧客になる可能性が見込めます。

カードローン会社は継続的に借入してくれてなおかつ延滞なく返済してくれる人を顧客として囲い込みたいわけですから、上記のような理由でお金を借りたい人には積極的に融資したいと考えているのです。

カードローンの審査落ちの可能性が高い理由

カードローンの審査落ちの可能性が高いNGな理由もあります。次のような理由だと審査落ちしやすいです。

  • ギャンブル
  • 株、FX
  • 他社への返済

ギャンブル

カードローンは娯楽費としてお金借りることはできても、ギャンブルとしてしまうと審査落ちの可能性が高いです。

競馬やパチンコは娯楽だと言いはる方もいますが、ギャンブルは一瞬にしてお金を失ってしまう可能性が高いです。

そうなれば2社目、3社目と次々にカードローンに申し込んでしまい多重債務になってしまう可能性があります。

ギャンブルは基本的に余裕資金で利用するものです。カードローンで資金を調達しようとしている時点でお金に余裕がないと言っているようなものです。

カードローン会社からすれば「無計画な人だ」と思われ借り入れできる可能性は限りなく低くなります。

株やFXにも同じことが言えます。儲かる根拠なんて何一つ無いですし、下手すれば使ったお金よりもマイナスになるリスクもあります。ギャンブルよりもカードローン会社は警戒せざるを得ません。

他社への返済

既存の借金を返済するために新たにカードローンに申し込もうと考える人も少なくないです。しかし、そのことを正直に答えてしまえばカードローン会社は「ウチへの返済は大丈夫かな?」と不安に思ってしまうでしょう。

しかも借金返済のために新たに借金するのは多重債務者になることを自分から言っているようなもの。多重債務者は最終的に返済ができなくなり自己破産して借金をチャラにしようとします。

カードローン会社はそのような人達とたくさん接してきているので、回収不能になるリスクが高い多重債務者になりそうな人には融資しません。

カードローンでお金借りる理由は嘘でも問題ない?

本当はギャンブルや株の資金としてお金を借りたいけど、審査通過できないのでお金借りることはできません。

たとえ、上記で紹介したNGな理由でお金を借りるとしても、冠婚葬祭や資格取得のためなど嘘だとしても審査通過には必要です。

「嘘をつくと審査落ちするんじゃないの?」と思うかもしれませんが、借り入れ目的に限っては仮に嘘だとしても問題になることはありません。なぜならカードローンでは借りたお金を何に使ったのか調査しないからです。本当は株の資金なのに冠婚葬祭費と嘘を書いてもカードローン会社には分かりません。

そのため、お金借りる理由で嘘をついてもバレることはないですし、仮にバレたところでカードローン会社から訴えられることもないです。

ただし、借り入れ目的以外の項目では絶対に嘘をつかないことです。特に多いのが年収の水増しと他社借入件数の嘘です。

年収は自己申告ですが、担当者が怪しいと判断した場合は収入証明書の提出を求められますし、他社借入状況は信用情報をチェックすれば正確な情報がいとも簡単に分かってしまいます。

借り入れ目的以外の項目で嘘をついていることがバレれば審査落ちは避けられないでしょう。

お金借りる理由別の対処法

お金借りる理由は人それぞれです。安易にカードローンやキャッシングで済ませてしまおうと考える人も多いです。

確かにカードローンやキャッシングはすぐに融資を受けられて便利ですが、金利が高いです。

借りた分をすぐに返済できれば利息はさほどつきませんが、必要な金額が多ければ長期に渡りに返済することとなり、高額な利息を払わなければいけません。

一時的にお金の問題を解決できても今度はカードローンの返済が苦しくなり、新たに別の金融機関からお金を借りる羽目になってしまう恐れもあります。

趣味や娯楽目的であればお金を無理に借りず我慢すれば良いですが、今すぐにでも払わないと今後の生活に支障がでるようなものは、お金を借りてでも支払いしなければいけないと思うもの。

しかし、お金を借りる理由によっては別の方法で対処できる場合もあります。

ここでは、お金を借りる理由別に対処法を解説していきたいと思います。カードローンやキャッシングでお金借りる前にできる対処法がありますので、是非参考にしてください。

理由①:給食費が払えないからお金借りる

ニュースや新聞で時折見かける「給食費の未払い問題」。

中には払えるのに払わない人も多いですが、本当に払えなくて困っている人もいます。

給食費を払えない人が多いと、給食に使う予算が減ってしまい非常に困ったことになります。

学校の給食費を払えない場合や滞納し続けるとどうなるのでしょうか?

給料を差し押さえられる可能性がある

「給食費を滞納してもペナルティなんて無いでしょ?」と思っている方もいるかもしれませんが、このような考えは危険です。

近年、給食費を払わない、払えない親に対し対策を講じる学校が増加してきています。

たとえば、埼玉県八潮市の学校では給食費を滞納している親に対し給料差し押さえの申し立てをしていますし、3ヶ月間にわたり未納した場合は給食を提供せずに弁当持参するよう親に通知しています。

給食費が払えない場合はどうすれば良いのか?

経済的事情からどうしても給食費が払えないという人もたくさんいます。そのような場合どうすれば良いのでしょうか?

故意の滞納でない限り、まずは学校側に相談することをおすすめします。相談すれば学校側は柔軟に対応してくれるものです。

黙っていては何も解決しませんし、学校側の印象を悪くしてしまいます。誠意を見せれば支払いを待ってくれるケースも多いです。

就学援助制度に申請する

自治体では小中学校で必要な費用の一部を援助してくれる「就学援助」という制度があります。

就学援助制度を利用することで給食費の支払いは不要になります。返済の必要がありませんので、民間の金融機関でお金借りる前にぜひ一度検討していただきたい制度です。

次の要件に該当する場合は就学援助制度の対象となります。

  • 生活保護を受けている世帯
  • 児童扶養手当を受けている世帯
  • 住民税非課税世帯
  • 経済的に困窮している世帯

また就学援助制度が対象になる所得制限もありますが、こちらは各自治体で基準が異なりますので詳しくはお住いの市区町村の役所で確認してみてください。

理由②:水道光熱費が払えないからお金借りる

生活していくうえで絶対に欠かせないのがライフラインです。普段何気なく使用している水や電気ですが、料金を滞納してしまうと使えなくなってしまうこともあります。

水道料金の支払期限と滞納による利用停止までの期間

水道料金を滞納した場合、支払いを促す書類が送られてきますが滞納期間に応じて送られてくる書類が異なります。

① 催告状

本来の納期限の1ヶ月前後を目安に送られてくるのが催告状です。延滞初期に送られてくるものですので、内容自体は厳しいものではありません。

バーコードが付いていますので、コンビニや金融機関にて支払い可能です。

② 勧告状

催告状到着から2週間前後を目安に送られてきます。記載内容は催告状とあまり変わりないですが、強制執行について触れられていますので、内容的には催告状よりも厳しいものになっています。

③ 給水停止予告書

給水停止前に届くのがこの書類です。勧告状が届いてから2週間前後を目安に給水停止予告書が届きます。納期限から起算して約2ヶ月後となります。

記載内容は催告状や勧告状などとほぼ同じですが、未払いが続くと給水の停止と支払督促の申し立てを行うと行った文面があります。

上記の督促の流れはあくまで一例です。自治体によってはもっと早く督促されることもありますので注意してください。

給水停止の解除方法

給水停止を解除するには「滞納分を全額支払う」ことです。営業所の窓口で支払うか、コンビニや金融機関にて納入通知書で支払います。

納入通知書で支払った場合は、水道局へ連絡すると給水停止を解除してくれます。また開栓作業時には領収書を提示しなければいけませんので、その時まで必ず保管しておきましょう。

滞納分を全額支払えない場合

給水停止を解除するには延滞している分を全額支払わないといけませんが、中には全額支払いできないという方もいるかと思います。そのような場合は、水道局に相談してみると良いでしょう。

  • 滞納分を分割納付にしてくれる
  • 滞納分を一部納付のみで応じてくれる
  • 給水停止日を延ばしてくれる

必ずではないですが、上記のような対応を取ってくれることもありますので、まずは一度相談してみることをおすすめします。

電気代の支払期限と滞納による利用停止までの期間

電気代の支払期限は2回あり、1回目の支払期限は「支払期限日」、2回目の支払期限は「最終期限日」といいます。

たとえば、1回目の支払期限日を過ぎてしまっても最終期限日までに支払いすれば電気を止められることはありません。

1回目の支払期限日は検針日の翌日から30日目となっています。これは全国どの電力会社でも同じです。

しかし最終期限日は電力会社によって異なるところもありますので注意してください。

たとえば、東京電力は支払期限の翌日から20日目としていますが、九州電力では10日目までとしています。詳細は各電力会社のホームページに記載されていますので一度確認してみると良いでしょう。

送電停止のタイミング

電気代の滞納が続くと最終的に電気は止まりますが、そのタイミングは検針日の翌日から51日目以降となります。

送電を停止する場合は、その旨を知らせる封書やハガキが届きますが、そこに記載されている期限までに支払えば送電停止にはなりません。

送電停止の延期

送電停止を延期してもらえるかどうかはケースバイケースです。管轄する営業所の判断次第とするところもありますし基本的に延期はできないとしているところもあります。

どうしても電気代を払えない場合は電力会社に相談してみると良いでしょう。

送電再開のタイミング

電気を止められた場合、未払い料金を全額払わないと送電は再開されません。

支払いしたら、必ず電力会社に連絡してください。電力会社は24時間対応していますので夜間でも送電再開は可能です。送電再開にかかる時間は数時間程度です。

ガス代の支払期限と滞納による利用停止までの期間

ガス代の支払期限は検針日の翌日から30日目が一般的です。

ガス供給が止められるタイミング

支払期限までに料金を支払わないとガスの供給が止まるわけではなく、実際には猶予があります。

どれぐらいの猶予があるかはガス会社によって異なりますが、多くの会社では検針日の翌日から50~60日目以降としています。

またガスの供給を止める場合は事前に停止予告書が送られてきます。その書類に記載されている期限までに料金を支払えばガス供給が止められることはないです。

ガス供給停止の延期

ガスの供給停止を延期してくれるかどうかはガス会社によって対応が異なります。原則不可としているところもあれば、応相談としているところもあります。

応相談としている場合はいつまでに相談しないと応じてくれないとしているところもありますので、早めに相談するようにしましょう。

ガス供給を再開するには

ガス供給を再開するには未払い料金を全額支払うことです。

料金を支払ったら、ガス会社に連絡して開栓してもらいましょう。連絡をしないと開栓を手配してもらえませんので忘れないようにしましょう。

開栓のタイミングは早ければ当日中ですが、時間帯によっては翌日以降になってしまうこともあります。また開栓作業には家の人が立ち会わないといけません。

どうしても水道光熱費を払えないときは

失業などにより日常生活を送るのが困難となっている場合は「総合支援資金貸付」でお金を借りることができます。主に低所得世帯に向けて社会福祉協議会が貸付を行います。

収入が安定していないため民間の金融機関でお金を借りることができない方でも、制度を利用できます。

総合支援資金貸付制度の内の1つである一時生活再建費は公共料金の滞納の建て替えに使用することもできます。

総合支援資金貸付制度を利用するには各市町村の社会福祉協議会に相談する必要があります。

申請には所定の書類が必要になりますので、あらかじめ必要な書類を確認して持参したうえで社会福祉協議会に行くようにしましょう。

理由③:家賃が払えないからお金借りる

一般的に生活費の中で最も高額となるのが家賃です。何ヶ月にもわたり滞納してしまうと大家さんや不動産会社から立ち退きを求められてしまいます。

家賃を滞納してしまった場合の対処法について見ていきましょう。

家賃滞納~立ち退きの流れ

一度でも家賃を滞納してしまうと即退去しなければいけないわけではありません。

立ち退きさせるには法的手続きを踏まなければいけませんので、貸主から口頭や文書で立ち退きを要求されても退去する必要はありません。

とは言え、家賃を滞納すれば大家さんも黙っているわけにはいきません。段階を踏んで家賃の支払いを催促してきます。

      • ① 電話で催促
      • ② 郵便で催促
      • ③ 自宅に取り立てに来る
      • ④ 保証人へ連絡
      • ⑤ 訴訟、強制退去

滞納初期段階では大家さんから家賃の支払いがされていない旨を電話で伝えられます。

この電話の時点で家賃を支払えば問題ありませんが、それでも滞納が続くと、日に日に電話の回数は増え、郵便で督促状が届けられます。それでも滞納が続くと直接自宅に家賃の取り立てにきます。

直接取り立てにきたにも関わらず支払いしない場合は、保証人に連絡がいきます。保証人が代わりに支払えばその時点で滞納は解消されます。しかし、支払いをしてもらえない場合は保証人から家賃を支払うよう催促されます。

ここまできても支払いがないと訴訟を起こされる可能性が高くなります。目安としては滞納から2~3ヶ月経過後です。

家財の差押えと強制退去となります。また退去となっても家賃支払いの義務は消えませんし、遅延損害金が加算されます。

家賃が払えない時の対処法

失業して働く意欲がある方で家賃を払えず住宅を喪失しそうな場合は「住宅支援給付」という制度を受けることができます。

自治体とハローワークによる求職支援を受けつつ自治体から賃貸住宅の家賃の支給を受けられます。

支給額は賃貸住宅の家賃額となり、期間は原則3ヶ月で最長9ヶ月までとなり3ヶ月ごとに審査が行われます。

住宅支援給付を受けるには一定の条件がありますので、詳しくは厚生労働省の住宅支援給付のページもしくはお住いの市町村役場の担当窓口に問い合わせてください。

理由④:年金が払えないからお金借りる

会社勤めの方は給与から年金の保険料が天引きされますが、そうでない方は納付期限までに自分で納めなければいけません。

年金を滞納し続けると、最悪の場合、預金などの財産を差し押さえになる可能性があります。

特に最近は滞納者が増加しているため、頻繁に差し押さえが行われています。とは言え、経済的事情で払えないという方もいるかと思います。

ここでは年金を滞納した場合、どのような督促があるのか、払えない場合の対処法について見ていきましょう。

年金事務所による督促

年金未納が続くと年金事務所から次のような流れで取り立てを受けることになります。

      • ① 特別催告状の送付
      • ② 最終催告状の送付
      • ③ 督促状の送付
      • ④ 差押予告通知書の送付

一番初めに届く特別催告状には、「期限までに支払い及び相談もない場合は延滞金が加えられ、さらに本人や配偶者の財産を差し押さえる」といった内容が記載されています。

特別催告状がきたにも関わらず無視し続けると最終催告状が届き、それでも無視すると督促状が届きます。内容は特別催告状と同じようなものです。

また年金事務所は、民間業者に委託していますので、そちらかも支払いの督促があります。主に電話で督促することが多く、手紙や訪問で督促することもあります。

年金に時効はない

国民年金は、本来の支払期日から2年を経過すると時効になります。しかし、督促状が発行された時点で時効は中断となりますので、事実上、時効はないといえます。

年金を払うのが難しい場合は早めに相談すること

経済的事情により年金を払うのが難しい場合は、できるだけ早く年金事務所に相談しましょう。窓口に直接出向いても構いませんし、電話で相談するのでも構いません。

年金事務所に相談すれば滞納分の支払いを分割納付に変更してくれたり、保険料の支払いを一部~全額免除といった対応をしてくれます。

年金事務所に行く場合は、身分を証明するものと年金手帳もしくは基礎年金番号通知書を持っていきましょう。

分割納付の場合は、担当者と話し合いでどうやって支払っていくかを決めますが、最終的には滞納者が支払える金額を設定します。

もしも分割納付も滞納してしまうと財産差し押さえにもなりますので注意してください。

理由⑤:住民税が払えないからお金借りる

近年、経済状況の悪化から住民税を滞納してしまう人が増加しています。

「住民税を滞納しても差押なんて無いでしょ?」なんて思うかもしれませんが、最近は滞納者に容赦なく差し押さえをする自治体も多いので注意しなければいけません。

住民税を滞納した場合の督促の流れ

住民税を滞納した場合の特則は書類によるものが中心となります。

      • ① 督促状
      • ② 催告書
      • ③ 差押予告書

本来の納付期限から3ヶ月前後には督促状が届きます。バーコードが付いていますので最寄りのコンビニや金融機関で支払いできます。

督促状を無視すると催告書が届きます。督促状と内容はほぼ同じですが、期限までに納付がないと強制執行の手続きに入りますといった文面が入っています。

それでも無視し続けると最終催告状が届きます。今度は、期限までに納付がないと預金や給与などの財産を差し押さえるといった文面が入っています。

最終催告状が届いてから実際に差押が実行されるまでの期間は各自治体によって異なります。すぐ差し押さえを実行する自治体もあれば1年以上滞納していても差し押さえしない自治体もあります。とは言え、住民税を滞納し続けると延滞税が増えていきますので、放置するのは危険です。

また自治体によっては書類ではなく電話で督促を行うところもありますし、自宅に直接訪問する場合もあります。

住民税が払えない場合は早めに相談すること

住民税を滞納している、納付が難しいという場合は役所の担当部署へ相談しに行くのが最善策です。相談すれば分割納付に応じてもらうことができます。

電話で相談も可能ですが、分割納付にしてもらうには窓口で相談しないと応じてもらえません。

納付期限からかなりの期間が経過していても問題ないので、とにかく早めに相談しに行きましょう。

理由⑦:国民健康保険料が払えないからお金借りる

国民健康保険に加入するのは、自営業者およびその家族、会社を退職した人、アルバイトやパートなど短時間労働者などです。

国民健康保険料は前年の所得をもとに計算されますので、現在の収入がゼロでも前年の所得に応じて保険料は請求となります。

保険料を滞納すると医療費はどうなるのか

結論を言えば、保険料を滞納し続けると医療費は全額自己負担になります。保険証が交付されなくなりますので、たとえば病院の窓口で1500円支払う場合、全額自己負担だと5,000円支払うことになるのです。

ただし、滞納するとすぐ医療費が全額自己負担になるわけではなく、滞納している期間に応じて保険証の代わりとなるものが交付されます。

      • ① 国民健康保険短期被保険者証
      • ② 国民健康保険被保険者資格証明書

国民健康保険料を滞納すると通常の保険証は取り上げとなり、その代わりに「国民健康保険短期被保険者証」が交付されます。

効力は通常の保険証と同じです。そのため、医療費の自己負担率はこれまでと変わりません。ただし、有効期限が短く設定されていますので注意が必要です。

どれぐらいの期間滞納すると国民健康保険短期被保険者証に切り替わるのかは自治体によって異なります。

短期被保険者証が発行された後、さらに滞納を続けると国民健康保険被保険者資格証明書が交付されます。

国民健康保険に加入していることを証明するだけで、医療機関に提示しても医療費の負担は軽減されず全額自己負担となります。

切り替えの時期は各自治体で異なりますが、大体1年以上滞納していると資格証明書に切り替わると思ったほうが良いでしょう。

通常の保険証に戻すには

通常の保険証に戻すには滞納している保険料を全額支払う以外にありません。

全額支払えない場合は分割納付に応じてもらうことも可能ですが、その場合は通常の保険証ではなく国民健康保険短期被保険者証が更新される形で交付されます。

国民健康保険料を滞納すると延滞金が発生する

国民健康保険料を滞納すると延滞金が発生します。

納付期限日翌日から納付する日までの期間に対して延滞金がかかります。延滞利率は各自治体や年度によって異なります。

最終的に差し押さえになることも

国民健康保険料を滞納し続けると最終的に差し押さえになることもあります。

差し押さえの具体的条件は明示されていませんが、督促されても何の連絡もしない人は差し押さえの対象になる可能性が高いです。

理由⑧:葬式代が払えないからお金借りる

葬式代は高額になることが多いため、現金ですぐ支払えないという方は少なくないです。そのため、金融機関などでお金を借りようと考える人もいますが具体的にどこで借りればよいのでしょうか?

葬儀社のローンが利用できる

葬儀を依頼する葬儀社にてローンを利用することができます。突然の家族の不幸で急な出費に困ったときに相談できる点では葬儀社のローンを利用するメリットは大きいと言えます。

葬儀社と契約している信販会社はJACCSとオリコが主です。特にJACCSは全日本葬祭業協同組合連合会と包括契約を締結していますので、JACCSのローンを利用するケースがほとんどです。

ローンを組むには審査がありますが担保・保証人は不要です。金利は7.2%で繰り上げ返済にも対応しています。

理由次第ではカードローンでお金借りることなく解決できる

以上のような理由でカードローンでお金を借りようと考える人も多いですが、その前にできることがあります。

公共機関の援助や給付制度、目的に適したローン、相談に応じた分割納付などカードローンやキャッシングを利用しなくても問題を解決することは可能です。

あくまでもカードローンは最終手段を捉え、まずはお金を借りる前にここで紹介した方法で対処できないか試してみると良いでしょう。