親にお金借りる前に知るべき豆知識!借りれない時の対策は?

この記事を5秒でまとめると…

  • 住宅ローン頭金、教育費、独立資金、生活費で親から借金する人が多い
  • お金が必要な理由や返済計画をハッキリ伝えると借りやすい
  • 親からお金を借りるときには「贈与税」に注意

借金には個人間借入という方法があります。友人や知人、仕事の同僚からお金を借りたり、場合によってはSNSを利用して見ず知らずの人からお金借りるケースも見られます。

しかし、貸す側も借りる側も、家族であれば安心して貸し借りができますよね?親兄弟からの借入の場合は、利息や契約書が不要でお金借りることができると思っている人は多いようです。

でも、そこには落とし穴があります。この記事では家族からの借入の中でも特に多い、親からのお金借りる場合に焦点をあて、その方法や注意点について解説します。

目 次

社会人が親にお金借りる場合のよくある理由

収入を得にくい学生であれば、親が援助をすることは恥ずかしくないかも知れませんが、会社勤めをしている社会人が親からお金借りることは恥ずかしいと思っている人も多いようです。

そのため、親に対して適度に言い訳をして借りるケースがあるようです。

親も子どもが相手だと、お金が必要な理由をズバリ聞いてくることがあるため、適切な理由がない場合には言い訳や作り話による回答をする人もいらっしゃるのです。

逆に、自分からではなく、親から援助を申し出てくれる場合もあります。いずれにしても、どのような状況の時に親からお金借りる人が多いのでしょうか?

住宅ローンの頭金

親からお金借りることが多いのは、住宅ローンの頭金です。住宅ローンは人生で最も費用がかかる買い物といわれており、ローンを組んだ金額は毎月の支払いでしっかりと返して行かなくてはなりません。

一般的に毎月支払うローン自体は自分で払うケースが多いようですが、頭金は親が援助してくれるケースが多いようです。

この場合は自分からお願いするよりも、親が自主的に貸してくれるケースが多いのです。場合によっては、貸すのではなく、出してくれることもあるようです。

子どもの教育費

子どもの教育費が捻出できなくて、親からお金借りる人もいらっしゃいます。

子供の養育費はいくらかかる?

子どもの教育費は、幼稚園から大学まで全部公立に通った場合でも800万円弱、全部私立に通った場合には2,000万円以上かかるといわれています。

大抵の場合、学資保険などを利用しつつ、しっかりと準備をするものではありますが、それでも足りない場合や、準備を怠った場合には親から借りる人が多いようです。親も大事な孫のためならと出してくれるのでしょう。

独立した時の資本金

会社を辞めて独立した時にも親からお金借りる人は多いようです。この場合も住宅ローンと同様に、提供という形で援助してくれたり、株主として資本提供してくれる場合があるようです。

独立をすると、軌道に載るまでは収入がない状態となりますので、事業に必要な経費と、生活費によって、どんどん貯金が減ってしまう可能性があります。

そのため、急場しのぎのために親からお金を借りざるを得ないという状況に陥っている人も少なくありません。

不足した生活費

生活費に困って親からお金借りるケースも多々あります。生活をしていると、住居費や自動車維持費、各種保険や光熱費と、さまざまな固定費が必要です。

それに加えて食費や日用品、交際費などがかかってくるため、普通に過ごしているだけでも毎月一定のお金がかかります。

ひとりぐらしであれば困ることは少ないかも知れませんが、家族を持っている場合には、支出が多くなります。中には、家族に内緒で親からお金を借りている人もいらっしゃるようです。

親にお金借りる時のスムーズな頼み方

親からお金借りる時、いくら身内であったとしても言い出しにくかったり頼み辛かったりするかと思います。

実の親からお金借りる話しをするだけでも頼みにくいと感じる人は多いようですが、もしも義理の親から借りる場合には更に頼みにくいのではないでしょうか?

ここでは、自分の父親や母親にお金借りる場合と、旦那の親や妻の親にお金借りる場合のそれぞれのケースで、スムーズにお金借りる頼み方を紹介します。

自分の父親や母親にお金借りる場合

自分の父親や母親にお金借りる場合は、お金が必要である理由をしっかりと話しましょう。

子どものためなら多少の無理をしてでも貸してくれる親は多いと思いますが、理由が分からないとスンナリ貸してくれないこともあるでしょう。

親がちゃんと納得するだけの理由を事前に揃えておくことが重要です。親が理由を知りたいのは、安心したいからです。安心させることができれば納得してくれますので、丁寧に話すことが大切です。

旦那の親や妻の親にお金借りる場合

旦那の親や妻の親にお金借りる場合も理由を伝えることは大切ですが、返済計画もしっかりと伝えましょう。

まずはお金が必要な理由を丁寧に話し、納得してもらった上で、いつまでにいくら返済するのか、どういう方法でお金を工面して返済ができるのかを具体的に伝えることが重要です。

やみくもにお金を借りようとしているのではなく、ちゃんと計画的に考えているという姿勢を見せると、納得してくれやすくなるでしょう。

親にお金借りる場合に注意すべき税金

親からお金借りる時にありがちな落とし穴は、贈与税がかかってしまう可能性があるということです。

親からの借金は期限も曖昧で、無利息だから借りやすいと安易に考えていると、突然税務署から連絡が来て、焦らないといけなくなる可能性があります。親からお金借りる場合の注意点について紹介します。

参考:親にお金借りると贈与税がかかるって本当?その理由と対策!

親にお金借りる場合には贈与税がかかる可能性がある

親からお金を借りる場合には、

  • 「返済はいつでもいいよ」
  • 「出世払いでいいよ」

などのように、借りたものか貰ったものかが曖昧であるケースが多いです。

そのため、税務署から貰ったものであるとみなされることがあり、結果的に贈与税がかかってしまう可能性があります。

贈与税がかからずに済むケース

年間110万円以下の借金の場合には気にする必要はありません。なぜなら年間110万円以下の贈与には贈与税がかからないからです。

つまり、お金を借りる場合も、お金をもらう場合も、年間110万円以下であれば贈与税がかからないので、この範囲で借りると良いでしょう。

贈与税がかからないために必要なこと

贈与税がかからないようにするためには、借りているお金であることを明確にする必要があります。

そのためには、毎月の返済額や返済期間をキッチリと定め、金利についても設定しておく必要があります。

借用書さえ書けば良いと安易に考えている人も多いのですが、返済実績がなければ借用書は単に書いただけとなり、効果がありません。

そのため、これらの設定通りに実際に返済する必要があります。

親にお金借りるときでも借用書を書くべき

親に相談した結果、お金借りることができた場合は、「借用書」を作りましょう。

「親子なんだから必要ない」「大げさだよ」と思う人もいるかもしれませんが、親子という関係だからこそ、借金したことで今後の人間関係を悪化させないためにも「借用書」は作るべきです。

また親から利息なしでお金借りるとなると、税務署は「贈与」とみなし、贈与税の支払いを求められることもあります。

そのような場合にも借用書を作って金利を記載しておけば、贈与税の対策ができます。金利はいくらにすればいいのか迷うところですが、親子間で相談して決めれば大丈夫です。

借用書は借金したことを証明する書類

借用書は、お金の貸し手とお金の借りての間に金銭の貸し借りがあったことを証明する書類です。

金銭の貸し借りは口約束でも成立します。そのため借用書がなかったとしても返済義務は生じます。しかし、口約束だけで済ませてしまうと、返済日や利息についてのトラブルを招いてしまいます。

何よりも、書面で証拠を残しておくことで親から信頼を得ることができますので、そういった意味でも借用書は作ることをおすすめします。

親にお金借りるときに使えるシンプルな借用書の書き方

親にお金借りるときに作成する借用書はシンプルなもので構いません。

ポイントさえおさえていればいいので、さほど難しくありません。

  • 借用書の作成日
  • 借主の氏名、住所、押印
  • 貸主の氏名、住所、押印
  • 借主が金銭を借りた日付
  • 借りた金額
  • 返済方法、返済期日
  • 利息

ポイント1:借主が金銭を借りた日付

原則として借主が金銭を借りた日付=借用書の作成日となります。

またお金の貸し借りがあった日を確実に記録しておいたほうがいいので、手渡しではなく銀行振込みが良いでしょう。

ポイント2:金額は漢数字を使う

金額は漢数字で書くようにしてください。

普段使っている「1,2,3」などのアラビア数字は線の書き足しなどで金額を簡単に変えることができてしまうからです。

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 100 1000 10000

また金額の前には「金」、金額の後には「円」を記載します。その際、桁を増やさないためにも空白は空けないようにして記載しましょう。

ポイント3:返済期日は必ず書く

親にお金借りる場合、「返せるときに返せばいいから」と具体的にいつまでに返すのか決めないケースが多いですが、返済期日を定めないとたとえ借用書があっても借金ではなく「贈与」と見なされる可能性があるので注意が必要です。

分割返済のときでも、1回あたりの返済額、毎月の返済日(15日や月末など)、最終的な返済期限といった内容もきちんと書いておきましょう。

ポイント4:収入印紙を貼る

借用書はお金借りる金額は1万円以上の場合は収入印紙を貼らなければいけません。

収入印紙はコンビニ、金券ショップ、郵便局などで購入できます。

収入印紙の額はお金借りる金額に応じて下記のように決まっています。

金額 収入印紙の額
1万円未満 非課税(はらなくていい)
1万円以上10万円以下 200円
10万円超50万円以下 400円
50万円超100万円以下 1,000円
100万円超500万円以下 2,000円
500万円超1,000万円以下 1万円

印紙代は借主負担となるのが普通です。

借用書は市販の書式でも問題ありません。文房具屋さんやホームセンターなどでも購入することができます。

もしも借りれなかったらどうすればいいの?

親にお金を借りようとして借りれなかった場合や、贈与税が気になる場合にはどうすれば良いのでしょうか?

この場合には銀行や消費者金融が提供しているカードローンやキャッシングがおすすめです。たとえ借りられたとしても、できればこれらを利用した方が無難でもあります。

銀行や消費者金融カードローンの利用

銀行や消費者金融を利用した方が良い理由は、贈与税のことだけではありません。親は老後にお金を貯えておかなければなりませんので、あまり無理をさせない方が良いかと思います。

また、どうせ親に金利や返済期限を設定して返済するくらいなら、銀行や消費者金融から借り入れするのと余り変わらない状況となります。

銀行や消費者金融の方が利便性も高いため、総合的に判断して、これらの利用の方が賢明かと思います。

親にお金借りるよりもメリットが大きい!?カードローンなら金欠バレ&人間関係の悪化を防げる

「親にお金を借りるのは気が引ける・・・」
「大人になってもだらしない奴だって思われたくない!」

親からお金を借りることにどうしても抵抗があるという方は多いかと思います。そのような場合は、カードローンで借り入れするのも1つの手です。

カードローンを利用するメリットは主に次の3つです。

  • 言い訳を考えなくていい
  • 借金していることを周りに知られない
  • 人間関係が悪化しない

カードローンなら、趣味や娯楽、交際費、生活費など漠然として理由でもお金を借りることができます。

親にお金借りるには、目的や使いみちを詳しく話さなければいけませんし、場合によってはウソや言い訳を考えなければいけないので面倒に感じてしまいます。

カードローンは審査がありますが明確な目的や理由がなくてもいいので、わざわざ言い訳を考える必要がありません。

また親にお金借りることで人間関係が悪化する恐れがあります。自分の子供だから貸してくれるとは言え、どうしてもお金を貸してる側とお金を借りている側という立場ができてしまいます。

借金が原因で関係がギクシャクしてしまった、そんな経験をしたことがあるという人は多いです。

カードローンであれば人間関係を気にする必要もありませんので多少なりとも気持ちが楽です。

小額を借りるなら大手消費者金融がおすすめ!

今やどの金融機関でも扱っていると言っても過言ではないカードローンですが、数ある中から特におすすめしたいのが「大手消費者金融」です。

  • プロミス
  • アコム
  • SMBCモビット

10万円程度の小額融資を希望されているのであれば、短期間で完済しやすいかと思います。

「消費者金融って金利が高そう・・・」と思うかもしれませんが、大手消費者金融では銀行カードローンにはない「無利息期間」のサービスがあります(SMBCモビットを除く)。期間中は返す利息が0円ですのでおすすめです。

たとえば、プロミスで3万円借りて期間中に3万円返済すればそれで「完済」となります。期間中は借りた分だけ返済すればいいのでどんなに低金利のカードローンで借りるよりも無利息期間はお得です。

プロミスなら「最短1時間融資」&「カードレス」が可能!

最大借入可能額 500万円
金利 4.5%~17.8%
在籍確認の方法 職場へ電話
融資対象者 公務員、会社員、派遣社員、パート、アルバイト、自営業、学生
申し込み条件 ・20歳以上69歳以下
・本人に安定した収入がある方
即日融資 可能、土日も可
無利息期間 あり、30日間
WEB完結申込 可能

プロミスでお金借りるメリットは次の4つです。

  • WEB完結をカードレス契約でできる
  • ほぼ24時間365日即時借入可能
  • 最短1時間で借りられる
  • 30日間の無利息サービス

プロミスは申し込みから契約まですべてWEB上で完結可能なうえに、カードを作らなくても借入・返済が行なえます。

そのため、郵送物をなしにできるので家族にバレてしまう心配は不要です。

また三井住友銀行・ジャパンネット銀行いずれかの口座ならば、ほぼ24時間365日最短10秒で口座に振込キャッシングが可能です。手数料無料なのも嬉しいところです。

更に無利息期間もあり、プロミスの場合は「初回借入の翌日から」無利息期間が開始となりますので、急いで借入しなくてもいいので自分のタイミングで無利息期間を利用できます。

プロミスの「WEB完結」は正真正銘の郵送物なし

「WEB完結」に対応したカードローンはたくさんありますが、プロミスなら本当の意味で「WEB完結」できます。

プロミスの「WEB完結」は、カードレスに対応していますので契約後にローンカードが送られてくるのを防ぐことができます。

借入も返済もすべてWEB上で利用できますので正真正銘の「WEB完結」が利用できるカードローンなのです。

通常のカードローンの「WEB完結」は、契約後にローンカードが届き、借入や返済にはカードを使用しなければいけません。

その点、プロミスならカードを一切使用せず借入も返済もできるので家族にバレずに利用できます。

「瞬フリ」で最短10秒で振込完了!土日祝日でもその日に振込OK!

プロミスの「瞬フリ」サービスは、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座を持っている方が利用できる振込キャッシングサービです。

  • 最短10秒で振込完了
  • ほぼ24時間365日利用できる
  • 利用手数料無料
  • スマホから簡単手続き

このようなメリットがある便利なキャッシング方法です。

通常、振込キャッシングで当日中にお金が口座に振込されるのは平日15時までですが、「瞬フリ」なら平日の夜間や土日祝日でも即お金が振込してもらえます。

わざわざATMに出向かなくても一瞬で借り入れできるのは非常に便利です。

手続自体も簡単でスマホやパソコンから会員ページにログインして手続するだけです。

「最短1時間融資」だから急ぎでも安心!

即日融資に対応したカードローンはプロミス以外でもありますが、最短1時間融資を公表しているのはプロミスだけ。

WEB申し込みで1時間後には手元に現金がある状態を作れるわけですから、これほど頼もしいカードローンはないですね。しかも来店不要ですので手間もかかりません。

プロミスはとにかく融資スピードが早いので、即日融資できる可能性がかなり高いです。

「30日間無利息」は借りた分だけ返済すればOK!

プロミスを初めて利用する人に限り「30日間の無利息サービス」が利用できます。初めて借りた日の翌日から30日間は一切利息が発生しません。

親にお金借りる場合でも利息は払わないといけませんが、プロミスの無利息サービスを利用して30日以内に全額返済すれば借りた分のお金だけの返済で済みます。

すぐに返済できるのであればプロミスの無利息サービスを利用しない手はありません。

通常、無利息期間は「契約の翌日から」始まりますが、プロミスの場合は「初回借入の翌日から」開始となります。契約日から間を空けてしまっても確実に無利息期間を利用できるのがプロミスの良いところです。

アコムは「即日融資」&「無利息期間」で便利でお得!

最大借入可能額 800万円
金利 3.0%~18.0%
在籍確認の方法 職場へ電話
融資対象者 公務員、会社員、派遣社員、パート、アルバイト、自営業、学生
申し込み条件 ・20歳以上69歳以下
・安定した収入のある方
即日融資 可能、土日も可
無利息期間 あり、30日間
WEB完結申込 可能

アコムでお金借りるメリットは次の3つです。

  • WEB上で契約完了
  • 即日融資に対応
  • 30日間の無利息サービスがある

はじめてアコムを利用するなら30日間の無利息サービスが適用されます。小額借入・短期返済する方に最適なサービスです。

即日融資も可能ですので、契約したその日に借入もOKだから、急な出費があっても安心です。

アコムの無人契約機「むじんくん」を使えば土日祝日でも即日融資可能です。

アコムはスマホでパパっと「WEB完結」OK!

アコムは申し込み~契約まですべてWEB上で完結可能です。

ネット環境が整っていればスマホやパソコンで時間も場所も気にせず申し込めます。店舗に行かなくていいので手間がかかりません。

アコムの申し込みはスマホが簡単です。申込情報を「タップするだけ」で簡単に入力できる仕組みとなっているのでスマホが使い慣れている現代人にこそおすすめです。

アコムは即日融資しやすい

アコムなら申込んだその日にお金を借りることができますので、今日中にお金が必要という場面でも役立ちます。

無人契約機の「むじんくん」は夜10時まで営業しており、営業時間内に契約完了すればすぐに借り入れすることができます。

土日祝日も営業時間は同じですので、時間に余裕を持って手続きできます。遅くても20時までに申し込みできれば即日融資できる可能性が高いですよ。

「30日間無利息」だから短期間の借入にピッタリ!

アコムの利用が初めてという人は「30日間無利息サービス」が提供されます。

通常、カードローンで借りたお金は利息がかかりますが、アコムなら30日間は一切利息が発生しません。

「給料日までの生活費を凌ぎたい」「給料が入ったら全額返せる」など30日以内に全額返済できるめどが立っている人ならば、利息0円でお金借りることができるということです。

SMBCモビットはWEB完結申込で「郵送物・電話連絡なし」だから安心

最大借入可能額 800万円
金利 年3.0%~18.0%
在籍確認の方法 ・職場へ電話
融資対象者 公務員、会社員、派遣社員、パート、アルバイト、自営業、学生
申し込み条件 ・20歳以上69歳以下
・安定した定期収入のある方
即日融資 可能、土日も可※
無利息期間 なし
WEB完結申込 可能(電話・郵送物なし)

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットでお金借りるメリットは次の3つです。

  • WEB上で契約完了
  • 即日融資も可能
  • 電話連絡なし

SMBCモビット最大のメリットは「WEB完結申込」による家族にバレないという点です。

電話連絡なし・カードレスなので、手続きはすべてスマホやパソコンの画面上だけで完結します。数あるカードローンの中でも1番バレにくいカードローンと言えるでしょう。

誰にもバレずに借りたいなら「WEB完結申込」

SMBCモビットの「WEB完結申込」は、手続きが簡単なうえに電話連絡なしで借り入れができるのが最大のメリットです。

「WEB完結申込」は、すべての手続をWEB上で完結できるので、本人確認のために電話で話したり自動契約機に足を運ぶ必要が無いので、忙しくて時間が取れないという方に人気です。

  • 1番簡単な方法で申し込みたい
  • SMBCモビットを利用していることをバレたくない

と言った方は、「WEB完結申込」を選ぶと良いでしょう。

WEB完結の条件に注意!

SMBCモビットの「WEB完結申込」は次の条件を満たしていなければ利用できません。

  • 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座を持っている
  • 社会保険証または組合保険証を提出できる

夕方6時までに申し込みで即日融資OK!土日もすぐ借りられる

SMBCモビットの審査はとってもスピーディーですので、即日融資も可能です。

即日融資の特徴は次の2点です。

  • 土日祝日も即日融資OK
  • 夕方6時までに申し込めば当日借入も可能

「土日祝日は会社が休みで在籍確認が取れない」という問題がありますが、SMBCモビットの「WEB完結申込」なら在籍確認について相談できますので柔軟に対応してもらえます。

まとめ

親からお金借りるケースは、住宅ローンの頭金や子どもの教育費、生活費などの理由が考えられますが、いずれの場合も明確な理由と返済計画を納得してもらった上で相談することが大切です。

ただし、親からお金借りる場合には、贈与税がかかる可能性がありますので気を付けましょう。

また、親といえども返済計画通りに返して行く必要があります。どうせなら借りやすい銀行や消費者金融がおすすめです。いずれの場合も、しっかりとした計画性が重要となります。