70歳を超えてもお金借りることは可能?高齢者の借入法

個人が無担保無保証人で借り入れをするには、銀行や消費者金融のカードローンやキャッシングなどの方法があります。

いずれも限度額の範囲で手軽に借入や返済ができるので、利便性を感じながら利用している人は多いようです。

しかし、高齢者が金融機関からお金を借りるのは難しいことをご存知でしょうか?

金融商品の申し込み条件には年齢制限あり、多くの場合は20歳以上69歳以下の範囲で条件設定されているのです。

この記事では70歳でもお金を借りるための情報について詳しく解説します。

消費者金融でも70歳を超えてお金を借りることは厳しい

カードローンやキャッシングを利用する場合、銀行カードローンと消費者金融カードローンを比較すると、銀行カードローンの方が金利メリットがあります。

しかし、消費者金融カードローンの方が審査に通過する可能性が高いため、借りやすさでいえば、消費者金融に軍配が上がるでしょう。

しかし、そんな消費者金融でさえ、70歳を超えている場合は融資を得ることが難しいのです。

まずは大手貸金業者の年齢制限と、融資を得ることが難しい理由について紹介します。

大手消費者金融の年齢制限

消費者金融の中でも大手の会社では、ほとんどの会社が20歳以上69歳以下の年齢制限を設定しています。

具体的には、アコム・プロミス・モビット・アイフル・ノーローンが20歳以上69歳以下としています。

たとえば、アイフルなどは、「70歳になると新規借り入れができない」という趣旨の文言が記載されており、たとえカードローンの契約をしていたとしても、70歳になった段階で新たな取引ができないようです。

中小事業者だったとしても、70歳を超えた人への融資をしているところはほとんどないため、70歳を超えるとお金を借りることは困難であることが分かります。

70歳を超えると融資が厳しい理由

70歳を超えるとお金を借りることが難しくなる理由は、収入面での不安が考えられます。

カードローンの貸し付け条件の中には、「継続的な安定収入」というのが絶対条件として備わっています。

お金を貸しても返って来なければその分は損害となるため、返済能力がある人にしか融資はしません。

そんな中、70歳以上の高齢者の場合は収入が少ない場合が多く、借入が難しくなるのです。

「年金受給者なんだから安定収入があるじゃないか」と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、年金だけで生活するのは厳しいため、融資の対象とはならないようです。

70歳を超えても貸してくれる銀行カードローンはある!

70歳を超えると銀行カードローンも消費者金融カードローンも、いずれの利用も厳しいと紹介しましたが、実は融資をしてくれる銀行や消費者金融は存在します。

とはいっても、その数は少ないため、選択肢があまりないのですが、いくつかの金融業者は存在します。

まずは銀行カードローンから紹介したいと思います。

70歳でもお金を借りることが可能な銀行カードローンは「スルガ銀行カードローン」「但馬銀行カードローン」「西京銀行カードローン」「荘内銀行シニアローン」の4つです。それぞれ具体的に見て行きましょう。

新規借入75歳までのスルガ銀行カードローン

スルガ銀行カードローンのリザーブドプランは、金利3.9%~14.9%で、限度額が800万円のカードローンです。

申し込む条件が20歳以上70歳以下となっており、70歳だったとしてもギリギリ申し込みが可能です。

申し込み時の年齢が70歳以下という条件なので、契約さえしておけば70歳を超えても新規借り入れは可能です。

新規借り入れが可能な年齢は75歳までで、76歳になってから最初にやってくる契約期限以降は新規借り入れができなくなります。

74歳までが借り入れ条件の但馬銀行カードローン

但馬銀行セカンドライフ応援カードローンは、セカンドライフという名前の通り、高齢者を対象としたカードローンです。

金利は9.8%で限度額は100万円と、一般のカードローンと比べて手ごろな融資が特徴です。

気になる年齢条件は60歳から74歳以下となっており、70歳を超えてもお金を借りることが可能な数少ないカードローンです。

ただし、但馬銀行で公的年金を受給していることや、年金担保貸付を利用さしていないなどの条件が付きますので、あらかじめ確認しておく必要があるでしょう。

年齢条件に上限設定がない西京銀行カードローン

西京銀行資産活用型カードローンは、60歳以上が年齢条件となっており、上限が設定されていません。

そのため70歳以上でも利用することが可能です。

金利は、銀行が最優良企業に貸付する時の最優遇金利である「長期プライムレート」に2%を足した変動金利で、限度額は500万円となっています。

ただし、西京銀行の口座を公的年金の振込みに使っている人という条件や、相続人全員の同意書が必要という条件が付いています。

また、戸建てやマンションの担保が必要であるため、融資条件は厳しく設定されています。

75歳まで利用できる荘内銀行シニアローン

ローンカードが発行されるカードローンではありませんが、荘内銀行がシニア向けの荘銀シニアローン「年金プラン」というフリーローンを提供しています。

荘銀シニアローン「年金プラン」は、金利が4.5%か6.5%のどちらかを審査で決められます。

限度額は200万円か年間年金受給額の低い方の金額で設定されるため、申込者の状況に合った融資をしています。

申込み条件は60歳以上75歳以下であるため、70歳を超えても借入が可能です。

ただし、「荘内銀行の口座で公的年金を受給している」「年金担保貸付を利用していない」「自宅か勤務先が荘内銀行の営業区域内」などの条件がある上、借入時に満70歳以下の人は、団体信用生命保険に入る必要があります。

70歳を超えても貸してくれる消費者金融カードローン

70歳を超えてもお金を貸してくれる消費者金融はないのでしょうか?

大半の消費者金融が70歳を超えるとお金を貸してくれないのですが、日本文化センターグループの消費者金融であるプランねるは、70歳を超えても利用することができます。

日本文化センターグループのプランネルフリーローン

日本文化センターは、通信販売やテレビCMなどで露出が多いため、ご存知の方も多いことだと思います。

そんなプランネルが提供しているフリーローンは、70歳でも申し込みが可能です。

金利は18.0%で限度額は100万円です。

100万円を借りた場合のみ金利は15.0%となっていますが、いずれにせよ、高めの金利設定となっています。

ただし、年齢条件は20歳から79歳までと幅広く、ネット申込みが可能であるため来店不要という利便性もあります。

実は他にも選択肢はある!公的機関からの借入

銀行や消費者金融のカードローンやキャッシング、フリーローン以外にも、70歳を超えた人がお金を借りることはできないのでしょうか?

実は選択肢は他にもあります。それは公的機関からお金を借りるという方法です。

具体的には、年金を担保にしてお金を借りる年金担保貸付です。年金担保貸付は、「独立行政法人福祉医療機構」「日本政策金融公庫 」が行っていますが、これ以外で行っている場合は違法業者の可能性があるので、気を付ける必要があります。

公的金融機関が提供の年金担保貸付

独立行政法人福祉医療機構や日本政策金融公庫が提供している年金担保貸付は、いずれも金利が2%を下回るほどの低金利となっており、少ない負担で利用することができます。

しかし、借入までの期間はおよそ3週間が必要であることや、借入審査が銀行や消費者金融よりも厳しいということもあり、気軽にお金を借りることは難しいようです。

また、借りたお金は年金で返して行くこととなりますので、老後の大事な年金を確保しにくくなってしまいます。

金利のメリットと、その他のデメリットのバランスに配慮しながら利用を検討しましょう。

まとめ

銀行カードローンも消費者金融カードローンも、69歳を年齢制限としているところが多いため、70歳を超えるとお金を借りることが難しくなります。

少数ではありますが、70歳以上でもお金を貸してくれる銀行や消費者金融がありますので、借りたいという人はぜひ一度チェックしてみましょう。

また、公的機関から借入することも可能です。この場合は年金を担保にしなければならないことや、審査が厳しいという難点がありますが、借入ができた場合には金利メリットがありますので、合わせて検討してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする