延滞中でもお金借りることって可能?審査に自信がない時の借入法

この記事を5秒でまとめると…

  • 延滞中に借りるなら質屋、ブラック解消まで待つ、身内から借りる
  • 虚偽内容での借入、延滞の継続、ヤミ金利用は絶対NG
  • 中小業者なら借りる望みはある

個人が手軽に借金する方法には、銀行カードローンや消費者金融会社のキャッシング、クレジットカードでの借入れなど、さまざまなものがあります。

しかし、計画通りに返済ができず、遅延を続けた結果、借金を滞納してしまう人もいらっしゃいます。

ネットなどの投稿を見ていると、延滞中にも金策が必要となり、新たな借り入れを希望する人も多いようです。

そこでこの記事では、延滞中にお金借りるためには、どうすれば良いのかについて紹介します。

カードローン延滞中にお金借りる方法

銀行や大手消費者金融は、個人に対して積極的に融資してくれますが、無計画に借入れしてしまった人は、延滞をして、信用情報ブラックとなる可能性があります。

その結果、借入れ審査に通過する可能性が低くなり、金策に苦しまなければならないでしょう。

では、そのような時には、どうやってお金借りることができるのでしょうか?

まずは、カードローン延滞中にお金借りる方法として「質屋を利用してお金借りる」「信用情報ブラックが解消されるまで待つ」「身内や友人、知人からお金借りる」の3つを紹介します。

質屋を利用してお金借りる

延滞中にお金借りるには、質屋を利用するという方法があります。

質屋とは、お金借りる代わりに品物を渡す「質草」を担保としてお金借りる方法で、質屋に渡すものの価値が高ければ高いほど、借りられる金額も上がります。

そのため、ブランド品や貴金属など、高価なものを質草として預けることが一般的です。

ただし、質屋は、キャッシングとは異なった法律で金利が定められており、その金利は年利60%程度となっています。

結果的に短期的な少額融資しか受けられなかったり、質草を諦めないといけないデメリットがあります。

信用情報ブラックが解消されるまで待つ

信用情報ブラックが解消されるまで待つというのも1つの方法です。

全ての金融取引は信用情報機関に掲載されていますので、延滞をすると金融事故情報が掲載され、一般的に信用情報ブラックといわれる状態となります。

たとえば自己破産などの債務整理では、5年から10年の間、事故情報が掲載されます。延滞の場合は、信用情報機関によって1年から5年掲載されますので、その期間が済んでから、カードローンを利用するということも考えられるのです。

身内や友人、知人からお金借りる

金融業者からお金借りることが難しい場合は、身内や友人、知人からお金借りるという選択肢もあります。

個人からお金を借りるのであれば、審査を受ける必要もありませんし、説得が成功すれば、すぐにお金が手に入るでしょう。

ただし、個人融資は贈与とみなされて税金がかかる可能性がありますので、借用書や金利設定、返済実績が必要となります。

意外と面倒なので、貸してくれる金融業者を粘り強く探した方が良いかも知れません。以下の記事も参考にしてみてください。

親戚からお金借りる場合のよくある言い訳とリスクを徹底解説

延滞中にお金借りる場合にしてはいけないこと

借金を滞納している時にお金に困った場合、何とかしてお金借りようとする人がいらっしゃいますが、だからといって、何をしても良いというわけではありません。

してはいけないことを知っておかないと、自分で自分の首をしめることにもなりかねないのです。

ここでは、延滞中にお金借りる場合にしてはいけないこととして、「虚偽の内容で申し込む」「さらに延滞を続ける」「闇金を利用する」について紹介します。これらのことを安易に行わないように、十分注意しましょう。

虚偽の内容で申し込む

滞納中の人がお金を借りようとしても、審査では不利となってしまいます。そのような時に、苦し紛れとなって虚偽の内容で申し込もうとする人がいらっしゃいます。

安定収入がないのにあたかも安定収入があるように見せかけたり、実際の収入よりも上積みして申し込むようなケースがあげられます。

ほかにも、他社借入れがあるのに、ないように見せかけるなどして、少しでも自分の状況をよく見せて、融資にこぎつけようとするのです。

しかし、金融業者はプロなので、これらの行為は簡単に見破ります。このような行為をすると、審査に通過することはありませんので、逆効果となることを覚えておきましょう。

さらに延滞を続ける

延滞中にお金借りたいのであれば、そのまま延滞を続けていては、どんどん状況が悪化していきます。早めに延滞を解消する必要があるでしょう。

もしも複数社から借入れをして、借金苦に陥っているという場合であれば、おまとめローンなどを活用して、借金をスリム化しておくと良いでしょう。

おまとめローンは、今までバラバラだった複数社の金利を一本化することができますし、支払日が一元化されて、返済管理がしやすくなるというメリットもあります。

銀行や消費者金融など、各業者ごとにサービスが異なりますので、ぜひチェックしておきましょう。

闇金を利用する

闇金を利用することは絶対に控えましょう。闇金とは違法な融資を行う闇の金貸し屋です。

法外な金利を設定して、利用者からお金をむしり取ったり、完済できないように調整しながら、半永久的に利息を搾取するのです。

正規消費者金融一覧には名前がない業者や、貸金業の登録番号がない業者、直接電話で勧誘をかけて来る業者などは、闇金の可能性があるので注意が必要です。

1度引っ掛かると、借金に悩まされ続けなければならなくなりますので、相手にしないように気を付けましょう。

参考:闇金からお金借りると悲惨!闇金の手口を知って対処しよう

延滞中でも借りれる可能性のある中小事業者

延滞中にお金借りる場合には、少しでも審査に融通性があるところからでないと借入れは難しいでしょう。カードローンを利用する場合には、低金利な銀行よりも消費者金融の方が借りやすいです。

しかし、中でも、中小消費者金融であれば、業者ごとに独自審査をしていたり、大手でお金借りることができなかった人の受け皿として、積極的な融資を行っていたりしますので、延滞中でもその状況によってはお金借りるチャンスはあるかと思います。

ここでは、融資してもらいやすい中小事業者をいくつかピックアップして紹介します。

無利息期間のあるライフティ

ライフティ―は8.0%~20.0%の金利で、最大500万円までお金借りることができます。

20歳から69歳と幅広い年齢条件が設定されている上、ウェブの場合、24時間365日、いつでもどこでも申し込みが可能ですので、多くの人が手軽に利用することが可能です。

はじめての利用の場合は35日間無利息サービスを提供しているため、お得にお金借りることができるでしょう。

24時間受付のアロー

アローは15.0%~19.94%の金利で、最大200万円までの借入れが可能です。

アローは自社での独自審査を行っているため、ほかの金融業者で融資を断られたとしても、借りれるチャンスはあるでしょう。対応も親切丁寧なので、困った時には相談してみましょう。

低金利のセントラル

セントラルは、愛媛県松山市に本社のある老舗の消費者金融で、中小事業者の中では、サービスが充実している業者として知られており、大手に準ずる業者とも考えられています。

金利は4.8%~18.0%で、最大300万円までの借入れが可能です。

はじめての利用の場合は30日間無利息サービスがあったり、全国数カ所に自動契約機が配備されているなど、お得で便利に利用できる中小消費者金融です。

まとめ

延滞中にお金借りるには、質屋の利用や、信用情報ブラックが終わるまで待つ方法、個人から借りるなどの方法があるのですが、お金に困っている時の効果としては低いため、中小規模の消費者金融の利用がおすすめです。

中小事業者は、銀行や大手消費者金融よりも審査に通過しやすいため、状況によっては融資に応じてくれるかと思います。まずは相談してみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする