即日でお金借りるための方法を徹底解説

即日でお金を借りる3つの方法

急にお金が必要となった場合に手元にお金がないと問題を解決することはできません。

「明日、引落しの支払いがあるけど銀行口座の残金が足りない」
「給料日前でお金が無いけど、飲み会に参加したい」

お金を借りる理由は人それぞれです。

過去の嫌な思い出などは時間が過ぎることで問題が解決する場合もありますが、お金のトラブルは時間が過ぎると問題が大きく膨れ上がってしまうだけで何の問題解決にもつながりません。

自分でどうすることもできない場合は、まずはお金を借りてでも目の前の問題を解決することが最優先となるケースもあります。

そんなピンチな時でも、カードローンなら担保も保証人も必要ないため、誰にも迷惑かけることなく最短即日でお金を借りることが可能となります。

金を借りるなら理由がどうであれ、安心安全な方法でお金を借りたいですよね。まず初めに、お金を借りる3つの方法についてご紹介します。

両親や親族にお願いしてお金を借りる

お金を借りる際にやはり一番頼りになるのが、両親や兄弟など親族からお金を借りるといった方法です。

身内からお金を借りる場合は、特別な契約や金利を設定する必要もなくお金を借りることが可能となるため安心です。

しかし、所得など税金関係で問題が起こった場合、色々と手続きがややこしくなり問題が大きくなってしまう可能性も考えられます。

そのような状態にならないためにも、お金を借りる相手が親族であってもお金を借りる時は借用書を作成し契約を交わしておくことをおすすめします。

兄弟に相談する場合はそれほど抵抗が無いかもしれませんが、両親に借金の相談をするとなると複雑な思いもあり、中々相談しにくい方が多いのではないでしょうか。

しかし、お金がないことに対する問題が大きくなって今より状況が悪くなってしまっては、更に両親に迷惑をかけてしまう場合も考えられます。

相談しにくい内容であっても、同じことを繰り返さないという反省の意を込めて全て正直に相談すれば気持ちが伝わるはずです。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

ネットショッピングなど普段の買い物でよく利用する方も多いクレジットカードですが、クレジットカードによっては、キャッシング枠としてお金を借りることができるプランが付属しているクレジットカードがあります。

キャッシング枠のあるクレジットカードを契約している場合は、コンビニATMなどですぐにお金を借りることが可能となります。

ただし、クレジットカードのキャッシング枠はあくまで「おまけ」のようなものであるため、あまり条件が良いわけではありません。

設定されている限度額が数十万円と少額で、金利も年18.0%と高めに設定しているクレジット会社がほとんどです。

クレジットカードの平均的なスペックを下記にまとめてみました。

金利 限度額
クレジットカード 年15.0~18.0% 最高10万~30万円

カードローンでお金を借りる

カードローンでお金を借りるためには審査が必要となりますが、審査結果も申込んだその日に知ることができるため最短即日でお金を借りることが可能です。

スマホやケータイから365日24時間いつでも申込むことができ、普段仕事などで忙しく窓口や店舗に行って手続きをする時間がない方でも、時間に関係なく申し込みすることができるので助かります。

カードローンは利用を継続していくことによって、申込時よりも限度額を上げていくことができ、金利を軽減することが可能となります。

また、カードローンによっては初めての申し込みの場合「30日間無利息」といったサービスを行っている金融機関もあるため、利息の心配なくお金を借りることが可能となります。

このように、長期利用だけではなく一時的な利用の方でも安心して利用することができます。

カードローンの平均的なスペックを下記にまとめてみました。

金利 限度額
カードローン 年1.0%台~18.0% 最高300万円~1,000万円

即日でお金を借りる3つの方法メリットとデメリット

次に、即日でお金を借りる3つの方法メリットとデメリットをまとめてみました。

即日で借りるための方法 メリット デメリット 評価
両親や親族から借りる ・利息がいらない ・相談しにくい
・返済でトラブルがあった場合は関係に影響が出る可能性がある
クレジットカードで借りる ・コンビニATMですぐに借りる事が可能 ・金利が高い
・限度額が少額
カードローンで借りる ・インターネットからすぐに手続きができる
・初めてなら無利息期間サービスがある
・審査に通過しなければいけない

メリットとデメリットを比較してみると、審査に通過することで、最短即日でお金を借りる事が可能となる「カードローン」がおすすめです。

カードローンならスマホやパソコンなどインターネットから24時間いつでも申込みができ、初めての申込みなら「30日間無利息」で借りることができるサービスもあるため、一時的な利用の方でも安心して利用することが可能です。

カードローンの種類とは

カードローンは急なお金の入り用でも最短即日でお金を借りることができるとても便利なサービスです。

カードローンは申し込み方法も充実していて、スマホやケータイからのネット申込み以外にも各地域に自動契約機を設置している金融機関もあり、自動契約機でカード発行されたカードを利用してすぐにコンビニATMなどでお金借りることが可能となります。

申し込みで提出が必要となる書類も、スマホの専用アプリや申込みフォームで画像をアップロードするだけで提出が完了となるため手続きが簡単でスピーディーです。

カードローンが他のローンと大きく異なっているところは、限度額以内であれば何度でもお金を借りることができることです。

そのため一度契約手続きを行えば、追加でお金を借りる場合でも契約期間内であれば特別な手続きが必要なくお金を借りることができます。

このように便利なカードローンですが、カードローンには消費者金融と銀行カードローンの2つの種類があり、それぞれ特徴が異なってきます。

次にこの2つのカードローンの違いについてご紹介します。

消費者金融と銀行カードローンの違い

消費者金融と銀行カードローンの違いは、総量規制の対象となるかどうかです。消費者金融は貸金業者となるため、貸金業法で定められた総量規制の対象となります。

そのため、お金を借りることができる金額に対して下記のような条件が設定されています。

  • 個人による貸金業者からの借入総額は年収の3分の1を超えてはいけない
  • 50万円を超える借入れの場合は収入証明書の提出が必要
  • 他の貸金業者からの借入を含めた借入総額が100万円を超える場合は収入証明書の提出が必要

ただし、消費者金融の場合は初めての借入れなら「30日間無利息」といったサービスを行っている金融機関も多いため、お金を借りる不安要素の一つである「利息」に対して不安な方でも安心してお金を借りることが可能です。

一方銀行カードローンの場合は、銀行は貸金業者ではないため総量規制対象外となり法律上では、お金を借りることができる金額に対しての制限はありません。

しかし、限度額は申込者の年収とのバランスによって決定されるため誰でも高額な借入れが可能となるわけではありません。

消費者金融と銀行カードローンの平均的なスペックを下記にまとめてみました。

金利 限度額 審査スピード 無利息サービス
消費者金融 年3.0%
~18.0%
最高300円
~800万円
最短1時間
銀行
カードローン
年1.0%台
~14.0%台
最高500万円
~1,000万円
最短即日 ×

一時的な利用なら消費者金融

カードローンで上手にお金を借りるためには、自分の状況に合ったカードローンを選択することが一番重要なポイントとなります。

急なお金のピンチで一時的にお金を借りる場合は、消費者金融の無利息サービスを利用することによって安心してお金を借りることが可能です。

お金を借りて返済が数カ月続いた場合、もちろん2ヶ月目以降は利息が発生しますが、借りた金額がそれほど高額ではなく短期間で返済が可能な場合はそれほど利息に影響することはないでしょう。

下記に、消費者金融を金利が年18.0%で1ヶ月目は無利息として、銀行カードローンを金利が14.0%としてどちらも10万円を借りて3ヶ月で返済した場合の返済シュミレーションをしてみましたので参考にしてみてください。

返済回数 消費者金融
(金利年18.0%)
銀行カードローン
(金利年14.0%)
1 30,000円(利息ゼロ) 30,000円
2 30,000円 30,000円
3 41,642円 42,450円
返済総額 101,642円 102,450円
利息総額 1,642円 2,450円

このように、借りる金額が少額で返済期間がそれほど長期ではない場合は、金利が低い銀行カードローンよりも「無利息サービス」のある消費者金融の方が支払う利息が少なくすることが可能となります。

借りる前に知っておきたい総量規制

カードローンでお金を借りる場合に、絶対に切り離せないのが総量規制の問題です。

消費者金融は貸金業者のため、貸金業法で定められた総量規制の対象となります。そのため、カードローンでお金を借りる前に総量規制について少しご説明します。

総量規制は消費者が「多重債務者」になることから守ってくれる頼もしい制度です。

2010年に貸金業法が大きく改正されたことによって、消費者融が消費者金融などからの借りすぎによる被害から守るために作られたのがこの「総量規制」といった制度です。

貸金業法が改正される前は、罰則の対象となる「出資法」と、罰則の対象とならない「利息制限法」といった法律で制限された金利との間に差がありました。

その金利の差から生まれる「グレーゾーン」での貸付を行っている金融機関が多く存在していたため、そのことが原因で多重債務者となり破産などといった債務整理を行う方が多くなり貸金業法が大きく改正されることになりました。

しかし、カードローンのような様々なローンの中には総量規制から「例外」や「除外」とされるローンも存在します。

次に、総量規制の「例外」や「除外」となるローンとはどういったローンなのかについてご紹介します。

総量規制の「除外」となるローンとは

総量規制から「除外」とされるローンは、総量規制の対象とはならないローンなため年収に関係なくお金を借りる事が可能となります。

「除外」の対象とされるローンというのは住宅ローンや自動車ローンなど、クレジットカードのショッピング枠でのローンも総量規制の除外されたローンとされます。

総量規制から除外とされる主なローンを下記にまとめてみました。

総量規制「除外」 ・住宅ローン
・自動車ローン
・クレジットカードのショッピングローン
・高額医療費の借入
・有価証券担保の貸付

総量規制の「例外」となるローンとは

総量規制から「例外」とされるローンは、契約者自身に返済能力があると認められることができればお金を借りることが可能となります。

この「例外」の対象とされるローンには、消費者金融による貸金業法に基づく「借り換えローン」や「おまとめローン」があります。

これらのローンは「消費者が一方的に有利な条件」として認められているため貸金業者であっても総量規制を超える貸付を行うことが可能となります。

ただし、この例外となるローンは借りたお金は総量規制の対象となるため新たに融資を契約する場合には注意が必要です。

総量規制から例外とされる主なローンを下記にまとめてみました。

総量規制「例外」 ・貸金業法に基づく「借り換えローン」や「おまとめローン」
・配偶者貸付
・緊急な状況での借入
・個人事業主の借入

即日で借りるなら消費者金融がおすすめ

銀行カードローンは貸金業ではないため総量規制の対象とはなりません。

そのため、消費者金融のように貸金業法に基づく「借り換え」や「おまとめ」ローンだけではなく、通常のカードローンの申込みで総量規制による制限がなくお金を借りることが可能となります。

しかし、銀行カードローンは即日でお金を借りるためには「口座が必要」などといった条件があったり、消費者金融と比べて審査に時間がかかる傾向があるため即日での借入れにはあまり向いていません。

一方消費者金融は自動契約機の設置や、ネットからの振り込み融資など即日融資への対策が充実しています。

大手の消費者金融は保証会社として銀行カードローンの審査も請け負っているため、審査に対しても迅速で審査回答までスピーディーな対応となっています。

即日でお金を借りるための3つのポイント

消費者金融は審査回答がスピーディーなため即日でお金を借りることが可能ですが、急いでいる時ほど下記の3つのポイントには十分気をつけましょう。

  • 希望額は必要な分だけ
  • 週末の申込みは避ける
  • 土日でも在籍確認がとれるのか

カードローンでは必ず審査があるため、審査の中で不具合があれば審査に時間がかかってしまい即日でお金を借りるのが難しくなってしまいます。

そのような状況にならないためにも、即日でお金を借りるための3つのポイントについて解説していきます。

希望額は必要な分だけ

カードローンは年収の多さに関係なく安定した収入があれば、アルバイトやパート主婦であってもお金を借りることが可能ですが、限度額は申込者の収入とのバランスによって決定されます。
そのため、あまりにも年収よりかけ離れた金額で申込んだ場合は、オペレーターから連絡があり希望額の再設定で時間が掛かったり、最悪の場合は審査落ちとなってしまうケースもあります。

消費者金融の場合は総量規制があるため、「年収の3分の1」を目安として総量規制を超えない必要最低限の希望額で申し込むようにしましょう。

下記に総量規制の対象となる金額を年収別にまとめてみました。

年収 総量規制対象となる金額
50万円 16万円超
100万円 33万円超
300万円 100万円超
500万円 166万円超

週末の申込みは避ける

カードローンはゴールデンウィークやお盆休みなど長期休暇となる場合は、どうしても申込みが集中する傾向があります。

申込みが集中すると、審査が混み合ってしまい審査回答までの時間が長くなってしまいます。2時間や3時間、最悪の場合は審査回答が翌日になってしまうケースもあります。

そのため、なるべく週末などまとまった休みが続く時期での申込みは避けておく方が良いでしょう。

消費者金融なら口座開設も必要なくスマホから申込みをして指定した銀行口座に振込融資をしてもらうことも可能なため、平日に申込みを済ませておくことをおすすめします。

土日でも在籍確認がとれるのか

カードローンの審査では、申込者が申請した職場に勤務しているのかを確認するために必ず在籍確認が行われます。

この在籍確認をクリアする事が出来なければ審査に通過することはできません。

そのため、週末にカードローンの申込みをしたけど、土日は職場が休みで在籍確認の電話を受ける人が誰も出社していないなどといった場合は、申込者の在籍確認がとれないため審査がストップとなってしまいます。

そういった場合は、平日に申し込むか、在籍確認が取れないということが事前に分かっていれば申込み前に在籍確認を電話以外で行うことが可能なのかを確認しておくようにしましょう。

多くの金融機関では原則として在籍確認は電話で行うとしているところが多いですが、後にご紹介するモビットやアイフルなら職場への在席確認を電話ではなく書類で認めてもらうことも可能です。これなら土日に電話での在席確認難しい方でも安心ですね。

即日で借りられる安心なおすすめカードローン

ここでは即日でお金を借りることができる安心な大手の人気カードローンをご紹介します。

最近は銀行カードローンも、総量規制の自主規制を求められるようになり以前よりも審査に通過することが難しくなっている傾向があります。

確実に即日でお金を借りたいのであれば審査スピードが速く、急ぎの場合でも審査対応が柔軟な「プロミス」や「アコム」がおすすめです。

プロミスなら最短1時間で借りられる

金利 年4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
審査スピード 最短30分
融資速度 最短1時間
最低返済額 月々1,000円
無利息期間宿 初回借入の翌日から30日間
必要提出書類 ・本人確認書類
・収入証明書類(50万円を超える借入れの場合)

プロミスは、お金を借りることができるまで最短1時間と消費者金融の中でもトップクラスのスピード融資が可能なカードローンです。

プロミスは平日の14時までに、契約内容の確認が完了すれば即日での振込融資が可能となります。14時以降でも自動契約機であれば22時まで営業しているため申込みが遅くなった場合でも安心です。

また、初めての方なら初回借入の翌日から30日間無利息となるため、契約日から初回借入まで日にちが空いた場合でも無利息期間を無駄にすることがないため嬉しいサービスですね。

アコムは審査対応も良く借りやすい

金利 年3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査スピード 最短30分
融資速度 最短即日
最低返済額 月々1,000円
無利息期間宿 契約日の翌日から30日間
必要提出書類 ・本人確認書類
・収入証明書類(50万円を超える借入れの場合)

アコムで急いでお金を借りたい場合は、パソコンやスマホなどインターネットからの申し込みなら最短30分で審査回答となります。

回答後はそのままインターネットから契約を行うか、店頭窓口や「むじんくん(自動契約機)」で契約手続きを行うことで、最短即日でお金を借りることが可能となります。

アコムは、「年齢」と「年収」、「カードローン他社からの借入状況」の3項目を入力するだけで借入が可能かどうかを事前にチェックできる「3秒診断」を行うことができるため、申し込みをする前に確認しておくことでスムーズに手続きを進めることができます。

モビットは在席確認の電話不要で安心

金利 年3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査スピード 10秒簡易審査
融資速度 最短即日
最低返済額 月々4,000円
無利息期間宿 ×
必要提出書類 ・本人確認書類
・収入証明書類(50万円を超える借入れの場合)

モビットは、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の銀行口座がある方は「web完結」をすることによって書類での在籍確認が可能となります。

職場への在籍確認による電話連絡がどうしても気になる方や、長期休暇などで在籍確認が難しい場合は、「本人確認書類」と「収入証明書」、「健康保険証」を提出することによって「web完結」での申し込みが可能となり書類での在籍確認が可能となります。

「web完結」を行うためには全ての条件をクリアすることが条件となりますが、書類での在籍確認を希望する方にとっては頼もしいサービスです。

アイフルなら土日の申込みでも即日融資OK

金利 年4.5%~18.0%
限度額 最高500万円
審査スピード 最短30分
融資速度 最短即日
最低返済額 月々4,000円
無利息期間宿 契約日の翌日から30日間
必要提出書類 ・本人確認書類
・収入証明書類(50万円を超える借入れの場合)

アイフルは急いで融資を希望する場合、オペレーターに相談することで審査にかかる時間を短縮してもらうことも可能です。

アイフルは、公式サイトで「お客様の事前了承なく電話はいたしません。」とういうように電話確認に関して記載がされています。

そのためアイフルは、在籍確認を電話ではなく書類で認めてくれるケースもあります。書類での在籍確認を希望する場合は、まずオペレーターに相談してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする