中小企業の消費者金融からお金借りる場合に知っておくべきこと

お金に困った時に、無担保無保証人で融資を受けるには、貸金業者からキャッシングすることがオススメです。

低金利の銀行カードローンの利用もオススメの方法ではありますが、大手消費者金融業者であれば、より手軽に借りれます。

しかし、審査に自信がない場合には、中小企業の消費者金融会社の利用が最適です。

大手消費者金融よりも借入れできる可能性が高く、借金のセイフティーネット的存在です。この記事では、中小企業の消費者金融からお金借りる方法を徹底解説します。

中小企業の消費者金融でお金借りるメリット

お金に困っている時には、いい知れない不安が頭の中を駆け巡り、その不安の中で金策に焦っていることでしょう。

しかし、そんな不安から救ってくれるのが、積極的に融資をしてくれる中小企業の消費者金融です。

まずは、中小企業の消費者金融でお金借りるメリットとして、「審査に自信がなくてもお金借りることができる」「即日お金借りることが可能な業者が多い」「業者ごとの個性により選択肢が多い」「生活再建の見通しが立つ」の4つについて紹介します。

審査に自信がなくてもお金借りることができる

中小企業の消費者金融は、審査に自信がなくてもお金借りることができるといわれています。

カードローンやキャッシングでは、金利面では銀行が最も有利で、次いで大手消費者金融となるのですが、借入れのしやすさという意味では、中小企業の消費者金融が最も有利であるため、気軽な申し込みが可能です。

多くの中小企業の消費者金融が、親切かつ丁寧な対応をしてくれるため、安心してお金借りることができるでしょう。

銀行や大手消費者金融で借りられなければ、中小企業の消費者金融に相談してみましょう。

即日お金借りることが可能な業者が多い

即日お金借りることが可能な業者が多いというのも中小企業の消費者金融のメリットです。

中小企業の消費者金融に相談するということは、銀行や大手消費者金融で断られている場合があり、それまで相談や審査に費やした時間から、金策を急いでいるケースも多々あります。

ネットで中小事業者の公式サイトを見てみると、即日融資対応を売りにしているところも多いため、信用情報ブラックでなければ、すんなりお金借りることが可能です。

業者ごとの個性により選択肢が多い

中小企業の消費者金融のメリットとして、業者ごとの個性により選択肢が多いという特徴があげられます。

中小企業の消費者金融は業者の数が多く、それぞれ独自色の強いサービスを提供しています。

利用限度額が高かったり、大手のように自動契約機が設置されていたり、おまとめローンが得意など、さまざまなサービスを提供しています。

口コミなどを参考にしながら、自分に合った中小企業の消費者金融を選ぶと、無理のない範囲で返済していくことができるでしょう。

生活再建の見通しが立つ

生活再建の見通しが立ちやすいというのもメリットです。銀行カードローンが低金利でお得だったとしても、借りれなければ意味がありません。

大手消費者金融が便利だったとしても、同じく借りれなければ急場をしのぐことはできないでしょう。

そのため、借り入れがしやすい中小企業の消費者金融を利用することで、生活再建の最短距離となる可能性が高いのです。

自己破産などの債務整理をしなくても、計画的な利用によって生活再建が可能です。

中小企業の消費者金融でお金借りるデメリット

中小企業の消費者金融からお金借りる場合には、メリットばかりではありません。いくつかのデメリットもあります。

お金に困っている場合には、状況がひっ迫しているケースもあるため、メリットだけでなくデメリットも冷静に知っておく必要があるでしょう。

中小企業の消費者金融からお金借りるデメリットは、「金利が割高」「大手に比べて利便性が低い」「闇金と間違えて申し込む恐れがある」などが考えられます。それぞれの内容を詳しく見て行きましょう。

金利が割高

中小企業の消費者金融は、総じて金利が割高です。たとえば銀行カードローンの場合には、1%台~14%程度の金利でお金借りることが可能です。

大手消費者金融の場合には、3.0%~18.0%で利用できるため、銀行カードローンよりも割高となります。

そして、中小企業の消費者金融の場合には、4.8%~20%の金利となっているため、金利での優位性はないと考えた方が良いでしょう。

結果的に支払い総額が高くなりますので、しっかりとした計画性が必要です。

大手に比べて利便性が低い

大手消費者金融は、サービスがとても充実しています。

どの業者も無人契約機を配備していますし、女性専用コースセンターを設置していたり、スマホアプリでお金借りることを可能としている業者もあります。

しかし、中小企業の消費者金融は、大手に比べて利便性が低く、それらを完備していません。

大手消費者金融が行っているサービスと同様のサービスを提供しているところもありますが、全てのサービスではなく、大手と同様のサービスの一部となっています。

利便性では大手に及ばないと考えておきましょう。

闇金と間違えて申し込む恐れがある

闇金と間違えて申し込んでしまう可能性も否定できません。闇金は、法外な金利を要求してきたり、厳しい取立てで利用者を苦しめる違法業者です。

闇金を利用してしまうと、借金地獄に陥るだけでなく、生活自体が成り立たなくなってしまいますので、絶対に相手にしてはいけません。

しかし、貸金業者を利用したことのない人にとっては、安全な中小企業の消費者金融なのか、闇金なのかの区別がつきにくいケースもあるでしょう。

20%を超える金利設定や、貸金業登録番号のない業者、固定電話番号の記載がない業者などは、闇金の可能性があるので気を付ける必要があります。

おすすめの中小企業の消費者金融

中小企業の消費者金融からお金借りる場合に、サービスの質が良く、借りやすい上に、闇金ではない中小企業の消費者金融をあらかじめ知っておくと安心ですよね?そこで、おすすめの中小事業者を紹介します。

お金借りるならここ!中小事業者一覧

おすすめの中小企業の消費者金融を、限度額が大きい中小事業者一覧と、即日融資可能な業者一覧としてまとめました。

中小企業名や金利、借入れ限度額のほか、貸金業番号や日本貸金業協会会員番号も合わせてまとめましたので、ぜひ参考にしていただければと思います。

《限度額が大きい中小事業者一覧》

中小企業名 金利 限度額 貸金業番号 日本貸金業協会会員番号
エス・ジー・ファイナンス 9.85%~18.0% 300万円 東京都知事(2)第31474号 第005778号
フクホー 7.30%~18.00% 200万円 大阪府知事(03)第12736号 第001391号
ライフティ 8.0%~20.0% 500万円 東京都知事(5)第28992号 第005552号

《即日融資可能な中小事業者一覧》

業者名 実質年率 利用限度額 貸金業番号 日本貸金業協会会員番号
アロー 15.00%~19.94% 200万円 愛知県知事(2)第04195号 第005786号
エニー 18.0%~20.0% 100万円 東京都知事(2)第31250号 第005533号
クレジットのニチデン 7.30%~17.52% 50万円 大阪府知事(02)第12923号 第002388号
スカイオフィス 15.0%~20.0% 50万円 福岡県知事(3)第08437号 第001567号
セントラル 4.8%~18.0% 100万円 四国財務局長(6)第00083号 第001473号
フタバ 14.959%~17.950% 50万円 東京都知事(2)第31502号 第000034号
関東信販 7.0%~16.98% 99万円 埼玉県知事(浦9)第00633号 第000041号

まとめ

中小企業の消費者金融は、お金に困っている人の助けとなってくれる存在です。審査に自信がない場合には、メリットとデメリットをしっかりと考慮しながら、賢く利用すると良いでしょう。

また、中小企業の消費者金融の利用時には、闇金などに引っ掛からないように、十分注意する必要があります。

この記事では、闇金でない正規業者の中で、オススメ業者を紹介しましたので、ぜひ参考にしていただければと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする