パチンコにハマってお金借りるパターンから脱出する方法!

パチンコやパチスロなどのギャンブルにハマった結果、一生懸命仕事をして稼いだお金を簡単に失い続け、気が付けば借金地獄に陥っていたという話しをよく聞きます。

計画的に返済できるうちはまだ良いのですが、借金してもパチンコにお金を使い続け、家族や友人にも愛想をつかされてしまう人もいらっしゃいます。

そこでこの記事では、パチンコで借金地獄に陥る人の特徴や、パチンコが原因でお金借りる場合の注意点、パチンコで借金地獄になった場合の対処法について解説します。

パチンコで借金地獄に陥る人の特徴

パチンコ店は全国各地の至る所に存在し、多くの人が大当たりが出そうな台選びながら奮闘しています。

ストレス発散のお遊び程度に楽しむのであれば、借金地獄に陥るようなことにはならないのですが、どっぷりとハマってしまうと、借金の無限ループに入ってしまう恐れがあります。

実は、パチンコで借金地獄に陥る人には特徴があります。その典型例としては「負けを取り戻そうとする」「勝ったら浪費をする」「パチンコで勝つという根拠のない自信がある」などがあげられます。

負けを取り戻そうとする

パチンコで借金地獄に陥る人の特徴として、最初は気軽な気持ちでパチンコを始めているようです。

友達や旦那さん、先輩や上司に誘われて、遊び感覚で打ってみたところ、次第にのめり込んで行き、気が付けば生活費に困るほど自分でも手が付けられない状態となるのです。

このような人の特徴は、パチンコでの負けを取り戻そうとする結果、パチンコにハマってしまいます。

パチンコにのめり込まないためには、あらかじめ金額を決めて、その金額以上負けた時には、絶対に打たないという意志が必要です。

勝ったら浪費をする

パチンコに限らず、ギャンブルをする人全体にいえることではありますが、勝ったら浪費するというのも特徴です。

パチンコに勝った日は機嫌もよく、もともと持って行ったお金よりも多く持って帰ることになるため、つい使ってしまいたくなるのです。

しかし、トータル収支はマイナスである人がほとんどなのにもかかわらず、勝った時に浪費していては、お金はどんどん減ってしまうでしょう。

勝っても負けてもお金が出て行くため、借金に頼らざるを得なくなるのです。

パチンコで勝つという根拠のない自信がある

パチンコで借金地獄に陥る人は、パチンコで勝つという根拠のない自信があるようです。

たとえば、「この台は何度もリーチがかかるから、そろそろ大当たりが来る」「過去によく出ている台だから勝てるはずだ」「昨日勝てたから今日も勝てるだろう」などと、自分なりの理由で勝てると確信しているのです。

しかし、パチンコは機械が確率を決めているにすぎず、これらの内容には根拠はありません。

胴元が儲かる仕組みになっている以上、勝てない確率の方が圧倒的に高いことに気が付く必要があります。

パチンコが原因でお金借りる場合の注意点

パチンコが原因でお金借りることを考えている人は、ぜひ気を付けていただきたいことがあります。

それは、借金は計画的にすべきものであって、場当たり的にすべきものではないということです。

これ以上パチンコにハマってしまわないように、ギャンブルの還元率を把握することは重要ですし、借金が膨れ上がらないために借りたお金でパチンコをしないことも大切です。

また、既に借金が膨れ上がっている人は、生活が軌道に乗るまでパチンコを控えることも重要です。

ここではパチンコが原因でお金借りる場合の注意点を紹介します。

ギャンブルの還元率を把握する

さきほど、ギャンブルは胴元が儲かる仕組みになっていると触れましたが、一体どれくらいユーザーに還元されているのでしょうか?

それは還元率を調べると分かります。還元率は利用者トータルの掛金に対して、何パーセントのお金が払い戻されているのかの割合です。

たとえば、宝くじ45.7%、競馬が74.1%、競輪が75%です。

それに対してパチンコは85%前後と、ほかのギャンブルと比べると高めであることが分かりますが、もしもこれが投資における金融商品だったらどう思うでしょうか?

利回りどころか、元本割れが確定的な金融商品に投資する人はいらっしゃらないと思います。

そういう目線でギャンブルを見ておくと、冷静になれるでしょう。

《ギャンブルの還元率一覧表》

ギャンブルの内容 還元率
オートレース 74.8%
サッカーくじ 49.6%
パチンコ 85%前後
競艇 74.8%
競馬 74.1%
競輪 75.0%
宝くじ 45.7%

借りたお金でパチンコをしない

借金によって、手元に現金が手に入ると、余裕資金ができたと勘違いする人がいらっしゃいますが、それはあくまでも返済しなければならないお金です。

にもかかわらず、借金で入手したお金をパチンコの軍資金に使ってしまう人がいるのです。

その結果、さらに借金をせざるを得なくなり、無駄に借金が膨れ上がる羽目になるのです。借りたお金でギャンブルをするのは絶対に控えましょう。

生活が軌道に乗るまでパチンコを控える

パチンコが原因で借金をしている場合には、生活が軌道に乗るまでパチンコをすることは控えた方が良いでしょう。

ギャンブルで収益を求めることは、割に合わないことは、還元率を知れば分かります。

しかし、ギャンブル自体が楽しいという人もいらっしゃるかと思いますので、その場合は余裕資金で楽しむ必要があります。

生活が安定し、余裕資金ができれば、節度を持って楽しむのも良いかと思いますので、借金返済をパチンコ再開への励みにすると良いでしょう。

パチンコで借金地獄になった場合の対処法

もはや手遅れで、パチンコによって借金地獄になってしまったという人は、一体どのように対処すれば良いのでしょうか?

1日も早く借金地獄から抜け出すためには、パチンコを控えることを前提とし、借金自体の整理整頓をする必要があるでしょう。

ここでは「パチンコの収支を付ける」「つもり貯金をする」「借り換えローンを利用する」「弁護士に相談する」の4つを紹介します。

パチンコの収支を付ける

パチンコの収支を付けると、トータルどれだけ負けているのかが浮き彫りになります。

その結果、多くの時間を割いて、どれだけのお金を無駄にしているのかに直面することとなるでしょう。

ギャンブルの不合理に気が付くきっかけとなるかと思いますので、一度収支表をつけてみてはいかがでしょうか。

つもり貯金をする

つもり貯金もおすすめです。

パチンコの収支表を参考に、1回当たりの平均支出を打ち出し、パチンコに行くことを控える度に、その金額を貯金しましょう。パチンコに行って負けたと想定し、その額を貯めて行けば、かなりのお金が貯まっていくはずです。

借り換えローンを利用する

複数の銀行や消費者金融などの、カードローン会社からキャッシングをしている場合には、借り換えローンがおすすめです。

借り換えローンは金利や返済日を一本化できるため、借金の負担を軽減することが可能です。

借金を1社にまとめてしまうことによって、今後また借入れが必要となった場合の審査も有利になるため、効果的な借金整理法といえるでしょう。

弁護士に相談する

借り換えローンの審査に通らなかった場合には、債務整理をしてしまう方法もあります。

債務整理は弁護士や司法書士に相談し、債権者と交渉の上で借金を整理する方法です。借金の負担が軽くなるため、どうしようもなくなった場合には検討すると良いでしょう。

ただし、信用情報にキズがつくため、まずは借り換えローンから検討した方が良いかと思います。

まとめ

パチンコにハマったことにより、お金借りる必要が出てきた場合には、まずはパチンコとの向き合い方を変える必要があります。

パチンコによってお金借りる人には特徴がありますので、どっぷりとハマってしまわないように工夫しましょう。

もしも借金が膨れ上がり、複数社から借り入れする結果となってしまった場合には、借り換えローンや債務整理を視野に入れ、いち早く借金地獄から抜け出すと良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする