銀行からお金を借りるための方法や流れについて

銀行でお金を借りれるローンの種類とは

どうしてもお金が必要となった時、まず初めにお金を借りる候補として思い浮かぶのは普段から利用している銀行をイメージされる人が多いのではないでしょうか。

しかし、誰でも簡単に審査に通過できるわけではありません。

銀行は長い人生の中で、どうしても必要なお金を借りるためのプランが多数用意されています。

銀行によって用意されているプランは異なっている場合もありますが一般的なローンは下記のようになります。

「フリーローン」について

フリーローンは使い道が自由なローンです。

用途によって限度額が設定されていないため、必要な金額を申請してお金を借りることが可能となります。

契約後は返済のみとなり、返済が完了となると契約終了となるため追加でお金を借りたい場合は再度契約を行う必要があります。

「カードローン」について

カードローンもフリーローンと同様に使い道が自由なローンになります。ただし、事業資金として利用することはできません。

カードローンがフリーローンと大きく異なっているのは、カードローンは希望額によって審査が行われ限度額が決定されます。

そして、契約後は限度額以内であれば返済途中であってもコンビニATMや銀行口座への振込みなどでお金を借りることができます。

「住宅ローン」について

住宅ローンは住宅の購入や増改築などリフォームを行う場合でも利用できるローンになります。

銀行が提供しているローンの中でも住宅ローンは一番返済期間が長いローンになりますが、もし返済ができなくなれば住宅を没収されることになってしまいます。

住宅ローンはお金を借りる金額が高額となるため低金利でお金を借りることが可能となりますが、契約者自身が居住するマイホームにしか利用することができないといった制限もあります。

「マイカーローン」について

マイカーローンは自動車やバイクの購入、または車検や修理を行う場合でも利用することができるローンです。

ディーラーでローンを組んだ場合は完済するまで所有権を留保されてしまいますが、銀行の場合は保証会社の保証を受けることができれば担保や保証人なくお金を借りることができるため購入した段階で所有権を得ることが可能となります。

また、ディーラーよりも銀行のマイカーローンを組むことによって金利を数%削減することも可能です。

「教育ローン」について

子供の入学や授業料の支払いなど、教育に関係する費用に対して利用することができるローンです。

銀行によって用途範囲が異なりますが、下宿費用やパソコンなどといった教育に関係する備品の購入時にかかる費用に対しても利用することも可能です。

金利も奨学金と同等、もしくはそれ以下で設定されている場合が多いため返済にかかる負担が少ないのが特徴です。

「事業者向けローン」について

個人事業主や自営業の人を対象としていて、事業資金として利用できるローンになります。

銀行によっては、用途自由としている場合もありますが、基本的には事業の運転資金や設備資金として利用することができます。他の目的ローンと比べて金利が高めに設定されていますが、提出する書類も少なくスピーディーな借入れが可能となります。

銀行からお金を借りるときの条件は?

銀行は低金利で高額なお金を借りることができるため、「審査が厳しい」というイメージを持たれている人も多いですが、それほど条件が厳しいわけではありません。

銀行でお金を借りるための一般的な条件は下記のようになります。

  • 年齢満20歳以上~満69歳以下
  • 安定した収入がある
  • 保証会社の保証を受けることができる

銀行によってお金を借りることが可能となる年齢の上限は異なってきますが、満20歳以上の人で安定した収入さえあれば誰でも申込むことが可能です。

ただし、銀行は審査や保証業務を保証会社に委託しているため銀行以外にも保証会社の審査基準クリアすることが条件となります。

ここでは、銀行からお金を借りる時にはどのような審査が行われるのかについてご紹介していきます。

銀行から借りるなら安定した収入が必要

銀行から借りる場合は満20歳以上で安定した収入が必要となります。

たとえ正社員ではなくても、契約社員や派遣社員、またはパートやアルバイトといったように雇用形態に関係なく安定した収入があればお金を借りることが可能となります。

ただし、フリーターなどで毎月収入があってもパチンコや競馬などといったギャンブルで得た収入の場合は、安定した収入としては認めてもらうことができないため審査に通過することは出来ません。

銀行は保証業務を保証会社に委託しているため、銀行と保証会社の2社による審査に通過しなければお金を借りることができません。

審査で重要とされる項目とは

銀行では公平な審査を行うために審査の内容などは一切外部に公表されていないため審査の基準を確定することは出来ませんが、一般的には下記の項目が審査で重要であると言われています。

  • 年収
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 居住形態
  • 他社からの借入総額

審査では「スコアリングシステム」といった方法が採用されていて審査で重要となる項目を点数化し、その合計点数によって審査の可否を決定しています。

「年収」が多ければ点数が高く評価されるといったように、項目によって条件が良ければ良いほど点数が高く評価される仕組みとなっています。

そして、この合計点数が各銀行で定めた合格ラインを超えることによって審査通過となります。

他社からの借入残高は要チェック

銀行の審査では必ず信用情報の確認が行われます。

信用情報には現在の借入件数や借入金額など、どこの銀行から借入れしているのかといった情報まで記録されています。

現在日本には「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」「シーアイシー(CIC)」「日本信用情報機構(JICC)」といった3つの信用情報機関があり、その中でも銀行は「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」といった信用情報機関に加盟しています。

各信用情報機関に保管されている情報は、同じ信用情報機関に加盟している金融機関であれば情報を共有することが可能なため、他の銀行で過去に長期延滞など返済によるトラブルがあった場合は審査の際に必ず確認されてしまいます。

銀行の場合は、保証業務を保証会社に委託しているため保証会社が加盟している信用情報機関の情報も審査での評価の対象となってしまいます。

そのため、過去に銀行だけではなくクレジットカードや消費者金融などからの借入れで返済事故などがあった場合も審査に悪影響を及ぼしてしまいます。

銀行は貸金業ではないため、「個人の借入総額は年収の3分の1を超えてはならない」といった総量規制が適用されません。

そのため、審査の際に借入総額が総量規制を超える金額であっても法律的には問題ありませんが、お金を借りることができる金額は年収とのバランスが重要となります。

銀行は保証会社の審査に通過する必要がある

銀行でお金を借りるためには銀行の審査だけではなく保証会社の審査にも通過する必要があります。

銀行は保証業務を保証会社に委託しているため、もし契約者が借金の返済が出来なくなった場合、その債権を保証会社が請け負うことになります。

そのため、銀行の融資条件を満たすだけではなく保証会社の審査に通過しなければ銀行でお金を借りることはできません。

このような保証会社は、大手の消費者金融やクレジット会社が請け負っています。

貸金業者として審査の経験やノウハウが豊富なため、土日は基本的に業務を行っていない銀行でも週末の申込みに対してスピーディーな審査対応が可能となっています。

専業主婦や学生でもお金を借りることが可能

銀行からお金を借りる方法で最も手軽でスピーディーな方法はカードローンになります。

銀行は総量規制の対象とはならないため、専業主婦でも配偶者に安定した収入があればお金を借りることができます。

限度額は通常のカードローンの申込みよりも、30万円~50万円と低めに設定されていますが、特別な書類も必要なく本人の運転免許証や健康保険証などといった本人確認書類のみの提出でお金を借りることが可能です。

また、大学生や専門学生といった学生の場合でも申込者が成人の場合は、アルバイトで安定した収入があればカードローンでお金を借りることが可能です。

アルバイトによる収入額にもよりますが、学生の場合は限度額を10万円~30万円の間で設定されるケースが多いようです。

少額を借りるなら返済額は消費者金融と変わらない

高額なお金を借りるのでなければ消費者金融の方が銀行カードローンよりもお得になる場合があります。

銀行は消費者金融よりも低金利なため、利息が安くなるといったイメージを持たれている人が多いですが、初めての借入れの場合は基本的にどちらも最大金利が適用されることが多く、金利の差は2%~3%程度とそれほど大きな差になることはありません。

一方、消費者金融は初めての人なら「30日間無利息」といったサービスを行っているため、一時的な借入れであれば消費者金融でお金を借りる方が支払う利息が少なくて済むケースがあります。

そこで、銀行の中でもトップクラスの低金利の「みずほ銀行」と30日間無利息サービスのある「プロミス」で、10万円と30万円を借入れした場合の返済シュミレーションをしてみましたので参考にしてみてください。

10万円を借入れして3ヶ月で返済した場合

回数 みずほ銀行(金利:年14.0%) プロミス(金利:年17.8%)
1 30,000円 30,000円
2 30,000円 30,000円
3 42,450円 41,642円
支払総額 102,450円 101,642円
利息総額 2,450円 1,642円

30万円を借入れして5ヶ月で返済した場合

回数 みずほ銀行(金利:年14.0%) プロミス(金利:年17.8%)
1 60,000円 60,000円
2 60,000円 60,000円
3 60,000円 60,000円
4 60,000円 60,000円
5 70,677円 69,140円
支払総額 310,677円 309,140円
利息総額 10,677円 9,140円

シュミレーションの結果、プロミスとみずほ銀行では金利の差が年3.8%ありますが、結局支払った利息は金利が高いプロミスの方が少額で済ませることができました。

返済期間にもよりますが、数百万円といったような高額なお金を借りるのでなければ「30日間無利息」サービスのある消費者金融の方が支払う利息を少なくすることが可能です。

少額のお金借りるなら消費者金融がおすすめ

一時的な生活資金としてお金を借りるのであれば、無利息サービスを行っている消費者金融がおすすめです。

消費者金融は店頭窓口以外にも自動契約機を設置している金融機関が多いため土日祝日でも自動契約機の営業時間内であればいつでも手続きを行うことができます。

しかも、審査スピードが速いため最短即日でお金を借りることも可能です。ここでは、無利息サービスを行っているおすすめの消費者金融をご紹介します。

プロミスなら無利息を上手に活用デキル

プロミスの無利息サービスが他社と決定的に違っているのは、無利息期間がカウントされるタイミングです。

他の消費者金融では「契約日の翌日」から無利息期間のカウントがスタートされるのに対して、プロミスは「初回利用日の翌日」から無利息期間のカウントがスタートされます。

そのため、もし契約日から初回利用日までの期間が空いてしまった場合でも、無利息サービスを無駄なく利用することができます。

また、14時までに契約手続きが完了すれば即日で振込融資が可能です。14時以降の場合でも審査が完了していれば土日祝日関係なく22時まで営業している自動契約機で手続きを行うことで、即日でお金を借りることが可能となります。

金利 年4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
審査スピード 最短30分
融資速度 最短1時間
最低返済額 月々1,000円
無利息期間 初回借入の翌日から30日間
必要提出書類 ・本人確認書類
・収入証明書類(50万円を超える借入れの場合)

アコムは便利なクレジット機能付き

アコムは契約日の翌日から「30日間無利息」でお金を借りることが可能なカードローンです。

アコムは消費者金融を中でも唯一「ACマスターカード」といったカードローン機能にクレジット機能の付いたサービスを行っている金融機関になります。

支払い時に「お金が足りない」などといったと急なトラブルでも利用できるため頼もしいサービスです。

金利 年3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
審査スピード 最短30分
融資速度 最短即日
最低返済額 月々1,000円
無利息期間 契約日の翌日から30日間
必要提出書類 ・本人確認書類
・収入証明書類(50万円を超える借入れの場合)

アイフルなら急ぎの場合でも即日融資可能

アイフルもアコムと同様に契約日の翌日から「30日間無利息」でお金を借りることが可能なカードローンです。

アコムは最短30分で審査回答が可能なためスピーディーな借入れが可能ですが、急いでいる場合はインターネットからの申込み後、オペレーターに相談することによって優先的に審査を進めてもらうことができます。

急なトラブルなどでお金が必要となった場合でもスピード融資が可能なため安心です。

金利 年4.5%~18.0%
限度額 最高500万円
審査スピード 最短30分
融資速度 最短即日
最低返済額 月々4,000円
無利息期間 契約日の翌日から30日間
必要提出書類 ・本人確認書類
・収入証明書類(50万円を超える借入れの場合)

カードローンでお金を借りるまでの流れ

ここではカードローンの申込み~借入れまでの流れについてご紹介します。

申込み方法について

カードローンは、年齢20歳以上の安定した収入のある人であれば誰でも申込むことが可能なため、多くのニーズに対応できるよう申込み方法も充実しています。

主な申込み方法は下記のようになります。

  • インターネットからの申込み
  • 自動契約機からの申込み
  • 電話やFAXでの申込み
  • 窓口での申込み
  • 郵送での申込み

カードローンの中でも、楽天銀行のような実店舗を持たないネットバンクの場合は申込み方法をインターネットでの受付のみとしている場合もありますが、ほとんどの金融機関では複数の申込み方法が用意されています。

銀行カードローンの場合は、申込みをするためには銀行口座が必要なケースもあります。

そういった場合は、カードローンの申込みと同時に銀行口座の開設手続きをしなければいけません。

このように申込み方法は充実していますが、この申込み方法によって即日融資が可能になるかどうかが大きく異なってきます。

数ある申込み方法の中でも最短でお金を借りるためには、まずインターネットから申込む方法がおすすめです。

審査について

申込み後は、オペレーターから電話連絡があり本人確認や申込み内容の確認が行われます。

確認が完了すると、申込情報と申込者の信用情報を照らし合わせて審査がスタートされます。

審査では申込み時に記入した「年収」や「勤続年数」、または「他社からの借入金額」などに偽りがないかチェックが行われ、各金融機関で定められた審査基準に沿って審査が行われます。

信用情報には過去に契約したカードローンやキャッシング、またはクレジットカードなどの申込情報や返済履歴が登録されているため、過去に長期延滞などといった返済事故などがあった場合は審査落ちの原因となってしまう場合があります。

申込情報や信用情報に問題がなければ、最後に在籍確認が行われます。

在籍確認は申込者が申込み時に記載した勤務先に本当に在籍してるのかどうかを確認するために行われます。

どれだけ審査での評価が良くてもこの在籍確認を通過することができなければ審査がストップとなり審査落ちとなってしまいます。

ローンカードの発行について

審査が完了となれば、最後にローンカードの発行です。ローンカードの発行方法は大きく分けて3つの方法があります。

  • 自動契約機で受取り
  • 郵送で受取り
  • カードレス(キャッシュカード兼用)

自動契約機でカードの発行を行った場合は、直接ローンカードや契約書類を受け取ることができるため自宅への郵送物がなく、受取後はATMですぐにお金を借りることが可能となります。

カードを郵送受取りにすると受取までに、数日から数週間かかってしまう場合があります。金融機関によってはローンカードの受け取り前に銀行口座へ振込融資をしてもらうことが可能な場合もあります。

消費者金融の中でもプロミスは、申込み~借入れまで「web完結」することによってカードを発行せずカードレスでの取引が可能となります。銀行の場合は、既に持っているキャッシュカードにカードローン機能を追加することが可能な場合もあります。

カードローンは申込み方法が他のローンと比べて、簡単でスピーディーなため急なピンチでも安心してお金を借りることができます。

カードローンの返済方法

カードローンは大きく分けて下記のように2つの返済方法があります。

  • 毎月定期の「自動引落し」
  • いつでも返済できる「任意返済」

この2つの返済方法についてご紹介します。

毎月定期の「自動引落し」

カードローンは限度額によって決められた金額が、契約時に決めた返済日に毎月登録口座から自動引き落としされることによって返済が行われます。

この返済日は各金融機関で違っているため、自由に返済日を決められることができる場合もあれば、最初から返済日が指定されている場合もあります。

もしこの返済日に引き落としができない場合は信用情報に「延滞」という事実が登録されてしまいます。

いつでも返済できる「任意返済」

任意返済は随時返済や追加返済とも言われ、ボーナスなどでお金に余裕があるときなどに多めに返済することができます。

任意返済は、返済額が全て元金のみに充てることができる「一部返済」を採用している金融機関がほとんどのため、任意返済の頻度を多くすればするほど完済までにかかる利息を軽減することができます。

手数料などもないため、少しでも返済を楽にするためには自動返済と任意返済とを組み合わせて返済を継続していくことが大切です。

銀行からお金を借りる時の注意するポイント

ここでは、銀行からお金を借りる前に知って欲しい注意するポイントについてご紹介します。

銀行は審査が難しくなってきている

銀行カードローンは信用度が高いため、安心で低金利であることが大きなメリットではありますが、誰でも審査に通過することができるわけではありません。

銀行は審査や保証業務を保証会社に業務委託しているため、お金を借りるためには銀行だけではなく保証会社の審査基準も満たさなければいけません

また、2017年には銀行による過剰な貸付が問題となり、銀行でも総量規制の自主規制を求められるようになりました。

そのため大手の銀行などでは総量規制の対象となる50万円を超える借入れであれば本人確認書に加えて、収入証明書の提出が求められるようになりました。

目的が決まっていなければ金利は高くなる

銀行は様々なシーンで利用できるローンが多数用意されていますか、それぞれのローンによって金利は異なっています。

「住宅ローン」や「マイカーローン」といったように目的が決まっているローンであれば、低金利でお金を借りることができるということが大きな魅力ではありますが、目的が定まっていない「フリーローン」や「カードローン」の場合は金利が高めに設定されているため、低金利で借りることができる銀行のメリットが比較的小さくなってしまいます。

消費者金融のほうが利便性に優れている

銀行カードローンでは、申込みには銀行口座が必要、または返済日が予め決まっていて選択することができない、ATMを利用する際に手数料がかかるなどといったように場合によっては使いにくいと感じてしまう内容が多々あります。

また、銀行カードローンは審査業務を保証会社に委託しているため、在籍確認などといった審査に対してこちらからの要望に中々答えてもらえないケースが多いです。

一方、消費者金融の場合は初めての申込みであれば「30日間無利息」といったサービスもあり、返済日や返済方法を自由に決めることができるなどといったように、できるだけ多くの人に利用してもらいやすいシステムとなっています。

審査方法もスコアリングシステムを採用しているため、審査スピードが早く即日融資が可能となる確率が非常に高いなどといったように利便性に関しては銀行よりも消費者金融の方が優れている傾向にあります。

銀行の口座開設が必要な場合がある

銀行でお金を借りる場合は、基本的にその銀行の普通預金口座が必要となります。

もし口座がない場合は事前に口座を開設するか、申込みと同時に口座を開設する必要があるため、即日でお金を借りることができないケースも多々あります。

銀行のローンの中でもカードローンの場合は、銀行によっては口座不要でお金を借りることができる銀行もありますが、申込む銀行が口座を必要とする場合は、その銀行の口座を開設しなければお金を借りることはできません。

一方消費者金融の場合は、口座を開設する必要もないため契約手続きが完了してローンカードが発行後は、すぐにコンビニATMなどで借入れや返済まで行うことが可能です。

お金を借りるには保証人や担保って必要なの?

お金を借りるとなると保証人や担保が絶対に必要、というイメージを持たれている人が多いと思いますが、銀行でお金を借りる場合はどうなのでしょうか?

次に、銀行でお金を借りる場合の保証人についてご紹介します。

保証人や担保不要で借りれるローンは意外と多い

銀行でお金を借りる場合は、ローンの種類によって保証人や担保が必要かどうか異なります。

「住宅ローン」の場合は、購入する住宅を担保とする必要があったり、保証人を要求されたりする場合もありますが、「マイカーローン」や「ビジネスローン」などの場合は、保証会社の保証を受けることができれば、わざわざ保証人を立てる必要なくお金を借りることが可能となる場合もあります。

保証会社に依頼する場合は保証料が必要となりますが、保証人を誰かにお願いする必要なくお金を借りる事が可能です。

カードローンなら保証人も担保も不要

カードローンは銀行の中でも、提出する書類も少なく手軽にお金を借りることができるローンになります。

そもそもカードローンは担保や保証人が不要な無担保ローンのため、申込者本人の意思だけで申込むことができます。

審査に通過するかどうかは本人の「返済能力」よって決定されますが、もし返済不能となった場合でも家族や身内に迷惑をかける心配なくお金を借りることが可能となります。

実質的には銀行が指定した保証会社が銀行に変わって保証業務を請け負うかたちとなりますが、契約者が保証料などを負担する必要は一切ありません。

銀行で借りやすい人と借りにくい人は何が違うの?

銀行でお金を借りる場合、必ず審査が行われます。

審査が行われるということは必ず「審査に通過する人」と、「審査落ちとなる人」がいるため誰でも審査に通過できるわけではありません。

審査落ちにならないためにも、銀行で借りやすい人と借りにくい人の違いについてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

個人事業主よりも会社員の方が借りやすい

銀行は、申込者が成人で安定した収入があれば金を借りることが可能ですが、同じ年収でも個人事業主や自営業の人よりも会社員の方がお金を借りやすい傾向にあります。

会社員の場合は銀行口座に毎月給与が振り込まれるため安定した収入として認められやすいですが、個人事業主や自営業の場合は、収入による信頼性が判断しにくいため、過去数年間の収入が証明できる書類の提出を求められるなど、より慎重に審査が行われるため会社員よりも審査が厳しくなっています。

以前から銀行と取引していると借りやすい

お金を借りる銀行と長期的に取引をしている場合は、お金が借りやすくなるケースがあります。

銀行は、自行口座の預金残高や履歴などを確認することができるため、申込者に十分な預金残高があり、給与の入金や公共料金の支払いなど定期的に口座を利用している事実を確認することができれば、優良顧客として認めてもらうことができ審査に通過しやすくなる場合があります。

以前から口座がある場合でも、全く取引を行っていない場合は審査で優遇されることはありませんが、優良顧客として認めてもらうことができれば口座の取引が無い人よりも審査に通過しやすくなります。

過去の借入れで延滞経験があると借りにくい

銀行でお金を借りる際には必ず審査が行われ、申込者の信用情報の確認が行われます。

過去の借入れで延滞などといった返済事故が登録されていると審査に通過することが難しくなってしまう場合があります。

また、過去に長期延滞や自己破産などといった債務整理を行った経験がある場合は、ブラックとして信用情報に登録されてしまうため、信用情報に登録されている最低5年間は銀行だけではなく消費者金融やクレジットカードなど、他の金融機関からもお金を借りることができなくなってしまいます。

今まで借入経験が全くないと借りにくい

過去に銀行や消費者金融などからお金を借りた経験がない方が、信用情報がクリアなので審査に通過しやすいと思われがちですが、実は過去にお金を借りた経験がある人の方が全くお金を借りたことがない人よりも審査に通過しやすい傾向があります。

過去に全く借入れ経験がない人は、信用情報に個人情報やクレヒス(クレジットヒストリー)といって過去の借入れに対する履歴が全く無い状態となるため信用情報で審査の判断を行うことができません。

こういった状態のことを「スパーホワイト」と言い、審査に通過することが難しくなってしまう場合があります。

もしこのような場合であれば、銀行で申込む前に一般的に審査に通過しやすいと言われているクレジットカードに申込み、短期間であっても利用した履歴をつくっておくことで審査に通過しやすくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする