働いてない人でもお金借りる方法はある!その対策を徹底解説

働いてない人は、低年収であるか、場合によっては無収入の可能性があります。

その結果お金に困るケースが多く、金融機関に借り入れを求める人もいるようです。

個人が融資を希望する場合、銀行カードローンや消費者金融会社からのキャッシングは手軽なのですが、無職でも借入申し込みは可能なのでしょうか?

この記事では、働いてない人がお金借りる方法について解説します。

働いていない人の立場もいろいろ

金融業者の審査条件には「継続した安定収入」とありますので、仕事をしていない人はお金借りることができないと思っている人もいらっしゃるかと思います。

しかし、たとえ働いていなくてもお金借りることは可能です。たとえば学生は無職でもお金借りることができますし、専業主婦も無職ですがお金借りることは可能です。

また、年金生活者も無職ですが、お金借りることはできます。まずは立場ごとの借入について見て行きましょう。

学生は無職だがお金借りることが可能

学生は学校で学ぶことが本分なので、社会的立場としては無職ですが、アルバイトをしていて安定収入があればお金借りることが可能です。

学生の場合は、学生専門の金融業者がありますので、気軽にお金借りることができます。

時々、自分はバイトしなくても、親の収入で借り入れ審査が通ると思っている人がいるのですが、収入は本人が対象なので、親に安定収入があっても借入れはできません。

専業主婦も無職だがお金借りることは可能

主婦の場合、パートなどをしている場合にはお金借りることが可能ですが、無職の専業主婦の場合にもお金借りることはできるのでしょうか?

実は、消費者金融からの借り入れはできませんが、銀行カードローンの利用は可能です。

消費者金融は改正貸金業法に定める総量規制によって、年収の3分の1以上の融資ができません。

その理由で無収入の専業主婦はお金借りることができないのですが、銀行は貸金業法の対象ではないため、融資に応じてくれるところもあるのです。

年金生活者も無職だがお金借りることは可能

年金生活者も無職ではありますが、お金借りることは可能です。

多くの金融業者には、年齢条件がありますので、年金生活者は年齢条件に引っ掛かる可能性があります。

また、年金収入だけで借り入れ可能なところも限定的なので、選択肢は少ないです。

ただし、みずほ銀行の場合は満66歳まで、新生銀行レイクは満70歳までお金借りることが可能で、いずれも年金収入だけで利用することができます。

失業中の場合にはお金借りることはできない

上記の状態以外に、完全に失業していて、安定収入がない場合には、金融業者からお金借りることは難しいでしょう。

失業している状態であるということは、返済能力がないということでもあります。

返済能力がない人に対して融資してくれるところはありませんので、退職することや失業することがあらかじめ分かっている場合には、退職前の金策が必要です。

一定金額を貯えてから退職するようにしましょう。

働いていない人の金策のコツ

働いてない人がお金に困った場合には、働いている人よりも金策手段の選択肢が少なくなります。

しかし、働いていなくても工夫次第でお金借りることは可能です。

ここでは、働いてない人の金策のコツとして「担保を利用してお金借りる」「派遣会社に登録する」「大手消費者金融より銀行カードローン」について紹介します。それぞれの内容を具体的に説明します。

担保を利用してお金借りる

無職の人がお金借りることは、担保があれば不可能ではありません。

たとえば不動産を担保にしたり、株券などの有価証券を担保にすることで、融資してくれるところがあるでしょう。

ゴルフの会員権も担保にすることができますので、保有している人は、検討すると良いかと思います。

また、生命保険の解約返戻金を担保にすれば、もっと手軽にお金借りることが可能です。

審査も必要ありませんので、利用したい場合には、生命保険会社に相談してみるとよいでしょう。

派遣会社に登録する

派遣会社への登録もお金借りるコツです。金融業者からお金借りる場合には、働いていることだけでなく、勤続年数も審査のポイントとなります。

派遣会社に登録している場合には、実際に仕事をしていなくても所属年数は経過するため、一定の評価となるでしょう。

ただし、収入がゼロであれば借入することはできませんし、返済する時に困る可能性もあります。

登録後に仕事があれば、ちゃんと働くことをおすすめします。

大手消費者金融より銀行カードローン

働いてない人がお金借りる場合には、アイフルやプロミスのような大手消費者金融よりも、銀行カードローンの利用をおすすめします。

専業主婦のところで解説したように、消費者金融は総量規制の対象となるため、働いてない人がお金借りるのは困難です。

銀行カードローンの方が審査に厳しいという面もありますが、あなたの状況や条件次第では借り入れできる場合もありますので、一度相談してみると良いでしょう。

審査に自信がない人におすすめの街金

働いてない人が、もしもお金借りることができたとしても、やはり苦労するのは返済です。

いくらここまで紹介した金策のコツを実践して、お金借りることができたとしても、働いてなければ返すことは現実的に不可能です。

そのことに気づいた人の多くが働き始めるのですが、働き始めた段階ではお金が苦しい状態が続いていることが大半です。

そこで、審査に自信がない人でも利用できる街金を紹介したいと思います。

数ある街金の中でも、気軽に利用できる業者として「安全安心のライフティ株式会社」「無利息期間のあるフタバ」「来店不要のベルーナ」3社をピックアップさせていただきます。

計画的に利用しましょう。

安全安心のライフティ

ライフティは、8.0%~20.0%の金利で、最大500万円までお金借りることが可能です。

審査回答は最短即日で、13時までに申し込みが完了すれば、融資も最短即日です。そのため、時間を無駄にする必要がありません。

また、はじめて利用する人の場合は35日間金利がゼロ円であるため、お得にお金借りることが可能です。

インターネット申し込みは24時間受付していますので、金策の必要がある場合には気軽に利用すると良いでしょう。

無利息期間のあるフタバ

キャッシングのフタバは、街金業者としては必ず名前が上がるほどの優良業者です。

金利は14.959%~17.95%で、最大50万円までの借入が可能です。

インターネットや電話から申し込みができますので、困った時には相談すると良いでしょう。

キャッシングのフタバも、はじめて利用する場合には30日間無利息サービスを提供しているため、短期間の借入の場合には特にお得に利用することが可能です。

親身な対応も特徴ですので、安心して相談することができます。

即日融資のスカイオフィス

スカイオフィスは15.0%~20.0%の金利で、最大50万円までの借入が可能です。

電話やインターネットで受付をしており、わざわざ来店する必要がないため、とても簡単にお金借りることができるでしょう。

最短即日融資に対応している上、プライバシーへの配慮もしっかりとしてくれるため、周りの人にバレることなく利用することが可能です。

公式サイトでは、返済シュミレーションができるようになっているため、申し込み前に一度確認しておきましょう。

まとめ

働いてない人は、お金借りることを諦めがちですが、働いてなくても工夫次第でお金借りることは可能です。

ただし、きっちりと返済することも考慮すると、ちゃんと働きながら返していくことが前提となりますので、金策と同時に働くことも視野に入れる必要があります。

その場合には、銀行カードローンと、街金からお金借りることを想定しておくと良いかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする