夜中にお金借りることって可能?困った時の借入法を徹底解説

夜中にお金が必要となった場合に、お金借りることはできるのでしょうか?

その方法は、事前に銀行カードローンや消費者金融キャッシングなどの、金融機関の審査に通過して、既にローンカードを持っている場合と、これから申し込み場合とで異なります。

この記事では、夜中に融資を受けることが必要となるケースを列挙した上で、夜中にお金借りることは可能なのかを解説し、少しでも早く借りたい場合の注意点を紹介します。

夜中にお金借りることが必要なケース

夜中にお金が必要なケースはさまざまな状況が考えられます。夜中といっても時間帯にもよりますが、深夜に近づけば近づくほど金策は困難となってしまいます。

まずは、夜中にお金が必要となる事情の中から、典型的な例として「飲み代が不足していた」「終電に間に合わなかった場合のタクシー代」「翌朝出張なのに交通費がない」「急病で夜中に病院に行った」について紹介します。

同じ状況に陥らない未然の対策が必要です。

飲み代が不足していた

飲み代が不足しているために夜にお金が必要となるケースが時折あるようです。

これから飲みに行こうとして、お金が不足している場合なら、諦めて帰宅するという選択肢もあるのですが、ピンチなのは既に飲んでいてお金が足りないというケースです。

精算時にいわれた金額が財布の中にない場合には、何とかお金を工面するか、お店側に後日返すしかありません。

しかし、お店側には本当に返すのか心配をかけることになりますので、飲食をする前に財布の中身は確認しましょう。

終電に間に合わなかった場合のタクシー代

仕事が遅くなって終電に間に合わなかったケースや、遅くまで飲んでいて終電に間に合わなかったケースは、多くの労働者が経験したことがあるでしょう。

家が近ければ歩いて帰るという選択肢もあるのでしょうが、家が遠ければタクシーを利用せざるを得ません。

しかし、そのような場合に手持ちのお金がなければ、帰宅難民となってしまいます。このようなケースもお金借りる必要があるでしょう。

なるべく普段から帰りのタクシー代分くらいのお金は持っておきましょう。

翌朝出張なのに交通費がない

夜中にお金借りることが必要となるケースは、外にいる時だけとは限りません。自宅にいたとしても必要となる場合もあるのです。

たとえば、明日出張しなければならず、交通費の建て替えが必要なのにも関わらず、手持ちのお金がない時には緊急でお金が必要です。

出る時間が遅ければ何とでもなりますが、早朝からの出張の場合には、夜の時点でお金を持っておかなければ間に合いません。

出張の予定が入った時に、お金の準備も同時にする必要があるでしょう。

急病で夜中に病院に行った

仕事が遅いわけでもなく、飲みに行ったわけでもなく、明日出張があるわけでもない平時の状態でも、急にお金が必要となるケースは考えられます。

それは、夜中に急病や急なケガに見舞われ、病院に行った場合です。

会計で支払うお金に困ることが想定されますので、自宅にもある程度のお金を確保しておくと良いでしょう。

基本的には、普段から想定外に備えるお金を一定程度用意しておけば、これらの状況をある程度防ぐことが可能です。

夜中にお金借りることは可能なの?

緊急時に必要となることを想定し、普段からある程度のお金を用意しておくのは大切な備えではありますが、そうはいってもウッカリしている場合もあるでしょうし、既に今困っている人もいらっしゃるでしょう。

では、実際に夜中にお金借りる必要性の渦中にある場合には、一体どのようにすればお金借りることができるのでしょうか?

ここではその項目として、「深夜に申し込んですぐ借りる方法はない」「申込自体は24時間受付可能」「夜中にお金借りるタイムリミット」「ローンカードを持っていれば24時間借入可能」ということについて開設したいと思います。

深夜に申し込んですぐ借りる方法はない

もしも夜中にお金が必要だとしても、時間帯が深夜である場合には方法は限られてしまいます。

残念ながら、あなたが銀行カードローンや消費者金融カードローンの契約をしておらず、ローンカードを手元に持っていない場合には、深夜にお金借りることはできません。

これからカードローンに申し込む場合には、店頭や自動契約機の営業時間内に行う必要があるので、深夜にすぐ融資を受けることは難しいのです。

申込自体は24時間受付可能

しかし、深夜だったとしても申し込み自体は24時間行うことが可能です。電話申込は自動音声で24時間対応している業者が多いですし、インターネット申し込みも24時間受付をしています。

平日土日に関わらず受付していますので、夜が開けた翌日に対応することが可能です。

多くの業者が最短即日融資をしているため、深夜のうちに申し込んでおけば、次の日の即日融資となりますので、あなたの銀行口座にいち早く振込キャッシングが行われます。

夜中にお金借りるタイムリミット

では、夜中にすぐお金借りたい場合のタイムリミットは一体何時までと考えれば良いのでしょうか?

業者にもよりますが、一般的には午後2時ころまでに申し込みをしなければ即日融資に間に合わないとされているため、それでは夜中には対応できません。

しかし、大手消費者金融の場合は、夜遅くまで無人契約機の利用が可能なので、夜でも即日融資を受けることができます。

具体的にはアコムやアイフル、プロミスが22時まで、モビットが21時まで営業しており、審査時間から逆算すると、その1時間前までに申し込めば間に合う可能性が高いでしょう。

《無人契約機の受付時間一覧》

消費者金融名 無人契約機の営業時間
アイフル 8:00~22:00
アコム 8:00~22:00
プロミス 9:00~22:00
モビット 8:00~21:00

ローンカードを持っていれば24時間借入可能

もしも既にローンカードを持っているという場合には事情が異なります。というのも、カードローンは限度額の範囲であれば、ローンカードを利用して何度でも借入や返済が可能です。

ローンカードは提携ATMで利用ができるため、コンビニに設置されているATMを利用して、24時間365日お金借りることが可能なのです。

深夜にお金が必要となったとしても、近くにコンビニがあればすぐに現金を入手することができるため、慌てる必要はないかと思います。

少しでも早く借りたい場合の注意点

夜中にお金借りる場合には、緊急性が高いケースが多いため、少しでも早く借りたいというのが心情だと思います。

そのための注意点として重要なことは、申し込み内容は正確にすること、必要書類を事前に揃えること、大手消費者金融を利用することなどがあげられます。

申し込み内容は正確に!

ものすごく基本的なことではあるのですが、申し込み内容を正確に記載するということはとても重要です。

なぜなら、申し込み内容に不備があると、確認の時間がかかったり、場合によっては審査落ちしてしまうこともあるため、ケアレスミスが大きな失敗を生むのです。

そのようなことがないように、落ち着いて正しい情報を記載しましょう。

必要書類を事前に揃える

必要書類を事前に揃えておくことも大切です。

必要書類としては、運転免許証や健康保険証、パスポートやマイナンバーカードの写真入りのもののどれかが必要です。

本人確認ができなければ審査してもらえませんので、申し込み前に用意しておきましょう。

急ぐ場合は大手消費者金融

急ぎでお金が必要な場合は、大手消費者金融に申し込みましょう。

銀行カードローンは金利メリットがある上、日中であれば即日融資に対応してくれるところもあるのですが、自動契約機を配備しているところが少ないため、夜の申し込みは不得手です。

大手消費者金融は、遅くまで自動契約機が営業しているため、業者選定に迷う時間をカットするためにも、最初から大手消費者金融を利用すると良いでしょう。

まとめ

夜中にお金借りる場合は、緊急性の高い状況であることが多く、普段から一定のお金を準備しておくことが大切です。

それでもお金が必要となった場合には、自動契約機が充実している大手消費者金融を当たってみましょう。自動契約機の営業時間内であれば、すぐに現金を手に入れることが可能です。

もしも、既にローンカードを持っている場合には、コンビニATMで24時間お金借りることができますので、近くのコンビニで借りましょう。

また、いざという時のために、使わなくても契約だけしておくというのも良い方法だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする