ワーホリ目的でお金借りるのはアリ?借入れのメリットデメリット

海外留学をして、英語力を付けたいという日本人は、ワーホリ(ワーキングホリデー)をしたいと考えるケースが多いようです。

もちろん英語に限らず、他の外国語も同様に、現地で仕事をしながら自分の語学力を高めていくために、必要資金を貯め、勇ましく海外に飛び立っていきます。

しかし、ワーホリに必要な費用が不足している時には、お金借りることで補充している人もいるようです。この記事では、ワーホリ目的の借金について解説します。

ワーホリの資金事情を解説

ワーホリは、会社を辞めて行く人や、学校を休学して行く人などさまざまケースがあります。

いずれにせよ、渡航先ですぐに仕事が見つかるとも限りませんので、一定程度の生活費を準備しなければなりません。

留学費用は行先によってことなりますし、どれくらいの期間留学するのかによっても変わりますので、あなたの予定に合わせて必要な金額を計算し、どれくらいの現金が不足するのかを明確化した上で融資を受けると良いでしょう。

ワーホリにはいくら必要?

では、ワーホリをするためにはどれくらいの留学費用が必要なのでしょうか?

あくまでも目安ではありますが、たとえば3か月の留学を想定すると、アメリカの場合、約60万円から80万円が必要といわれています。

カナダの場合が50万円から70万円程度、イギリスが50万円から100万円、オーストラリアは50万円から70万円程度となっており、それなりにまとまったお金が必要です。

1年留学する場合には、上記の3倍から4倍程度が目安となっており、しっかりとお金を貯める必要があります。

《ワーホリに必要な費用の目安》

アメリカ カナダ イギリス オーストラリア
3か月 60~80万円 50~70万円 50~100万円 50~40万円
1年 200~270万円 180~250万円 190~300万円 170~270万円

ワーホリ目的にお金借りるメリットデメリット

ワーホリを目的としてお金借りる場合には、メリットとデメリットを想定しておく必要があります。

何も考えずに無計画な借入をしてしまうと、その後の資金計画が苦しくなってしまうでしょう。

では、具体的にはどのようなメリットとデメリットが想定されるのでしょうか?それぞれの内容を見て行きましょう。

ワーホリ目的にお金借りるメリット

ワーホリ目的にお金借りるメリットは、急いでいる場合に金策がすぐできるというところです。

一刻も早く留学したいのに、なかなかお金が貯まらない場合でも、お金の段取りを付けて渡航することができるでしょう。

また、海外では何があるか分かりませんので、資金繰りに余裕が生まれるのもメリットです。もしもに備えて、ゆとりのある資金計画を行いましょう。

ワーホリ目的にお金借りるデメリット

ワーホリ目的でお金借りるデメリットは、返済金額が大きくなってしまいがちというところです。

借金には金利がかかりますので、借りたお金よりも多く返さなければなりません。留学中に予想よりも散財してしまった場合などには苦しい返済生活となる可能性があります。

そのようなことに陥らないように、資金計画は厳しめに考えておくことが重要だといえるでしょう。

ワーホリ前の金策でオススメな銀行カードローン

ワーホリ前の金策法としては、どのような方法がおすすめなのでしょうか?借金をする場合には、親などの身内から借りようとする人は多いのですが、個人間の借金は手続きを疎かにすると贈与税がかかる場合があります。

個人間借金は、実は手間が大きいので、銀行や消費者金融などの専門業者を利用する方が良いでしょう。まずは、低金利でお金借りることが可能なおすすめの銀行カードローンを紹介します。

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは、1.8%~14.6%の金利で、最大500万円までの借入が可能です。

パソコンやスマホ、モバイル端末から手軽な申込が可能ですし、テレビ窓口を利用すると、平日15以降や土日祝日の申し込みもできます。

全国のATMや、提携コンビニATMが手数料無料で利用できるため、外出ついでに気軽な利用が可能です。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、4.0%~14.5%の金利で、最大800万円までの借入が可能です。

三井住友銀行の銀行口座を持っている場合には、ウェブ完結申込ができ、申し込みから入金まで自宅から1歩も出ずに行うことが可能です。

ネットやローン契約機、電話や郵送、店頭での申し込みなど、受付窓口が多いという特徴もあるため、迷わずに申し込むことができるでしょう。

新生銀行カードローンレイク

新生銀行カードローンレイクは、4.5%~18.0%の金利で、最大500万円までの借入が可能です。

もともと消費者金融だったレイクが、新生銀行グループとしてカードローンを提供しているため、銀行ブランドでありながら消費者金融の手軽さを享受することができます。

はじめての利用の場合には、30日間無利息サービスか、5万円まで180日間無利息のいずれかを選ぶことができ、お得な借入が可能です。

ワーホリ前の金策でオススメな消費者金融

消費者金融を利用する場合には、銀行カードローンより金利は高めではありますが、その分審査に通過しやすいという特徴があります。

信用情報ブラックでなければ気軽に利用することが可能であるため、便利に活用することができるでしょう。消費者金融のおすすめ業者を紹介します。

借入れしやすいアコム

アコムは3.0%~18.0%の金利で、最大800万円までの借入れが可能です。審査通過率が銀行各社や、他の大手消費者金融よりも高いため、借りやすい業者との定評があります。

はじめてアコムを利用する場合には30日間無利息という恩恵もあるため、短期間の留学であればお得にお金借りることができるでしょう。

低金利のプロミス

プロミスは4.5%~17.8%の金利で、最大500万円までの借入が可能です。プロミスもアコム同様に、初めての利用する場合には30日間無利息となっており、お得に利用することが可能です。

審査スピードが早く、早ければ1時間程度で融資を受けることもできますので、急いでお金を借りたい場合にも便利です。

スマホアプリを利用して申し込むこともできるため、手軽な借入れができるでしょう。

ウェブが充実のモビット

モビットは3.0%~18.0%の金利で、最大800万円までの借入れが可能です。ウェブ完結申込の利便性に定評があり、電話や郵送なしで借り入れが可能です。

また、モビット公式アプリを利用すれば、セブン銀行ATMで出金や入金が可能です。モビットカードがなくてもお金借りることが可能であるため、とても楽に利用することができるでしょう。

一部上場企業のアイフル

アイフルは、4.5%~18.0%の金利で、最大500万円までの借入れが可能です。消費者金融で唯一の東証一部上場企業であるため、その安心感は絶大です。

申込前に融資可能かの目安をチェックすることができる「1秒診断」や、あなたに合った借り入れスタイルを教えてくれる「30秒診断」など、利用者目線のサービスを提供しています。

審査スピードも速く、無利息期間も設定されているため、安心して活用することができるでしょう。

まとめ

ワーホリは自分のスキルアップのために、とても有効な方法です。

しかし、行先や期間によっては、かなりの出費が必要となりますので、資金が不足してしまう可能性があるでしょう。

そのような場合には、借金で資金を補うことを検討してみましょう。銀行カードローンや消費者金融で便利に借りることが可能ですので、借金も想定した資金計画を立てると良いかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする