浪人生でもお金借りるは可能?浪人生の金策法に迫る!

浪人して大学入学を目指す場合、多くのお金がかかる可能性があります。どうしても必要に迫られて借金をしないといけなくなることもあり得るでしょう。

しかし、浪人生は金融機関などからお金借りることは可能なのでしょうか?

この記事では、浪人生の金策方法について詳しく解説します。ぜひこれから浪人するという人や、既に浪人中でお金に困っている人は参考にしていただければと思います。

浪人生がお金借りることになる理由

浪人をすると多くのお金が必要です。一般的には、大学生や専門学校生になると、多くの学費がかかると思われているようですが、浪人中にも同様にお金はかかるのです。

まずは、浪人生がお金借りることになる理由として、「予備校代がかかる」「参考書などの教材費がかかる」「予備校でできた友達との交際費がかかる」「勉強のストレス発散に散財する」ことについて見て行きましょう。

予備校代がかかる

予備校には河合塾や駿台など、さまざまなところがあり、多くの講座やコースをラインナップしています。

よく、予備校はいくらぐらいかかるのですかと質問する人が多いようですが、業者ごとにも授業料はことなりますし、目指す大学が国立か私立、文系か理系かなどでも必要な費用はことなります。

それらをまとめて紹介すると、通常時期の授業料は50万円から230万円程度、夏期講習は10万円程度が目安です。これだけまとまった費用が必要なので、融資を希望する浪人生がいるのです。

参考書などの教材費がかかる

浪人中に必要な費用は予備広代だけではありません。予備校の授業を補足するために参考書や問題集を購入する浪人生も多いからです。

予備校の授業に付いていけない場合や、予備校の授業内容の理解を深めたい場合には、参考書や問題集の活用が効果的であるため、その分の費用も余分にかかると覚悟が必要です。

予備校でできた友達との交際費がかかる

予備校に通っていると、予備校生同士で交流することになるかと思います。大学合格という同じ目的を共有している者同志、意気投合して仲良くなるケースも多いでしょう。

その結果、予備校生同士の人付き合いが必要となる可能性が高まります。勉強の息抜きに出かけたり、大学の情報交換で飲みに行くなど、交際費も必要となる場合があるので想定しておきましょう。

勉強のストレス発散に散財する

浪人生は毎日多くの時間を勉強に費やしています。予備校と自宅と往復だけの毎日を過ごし、予備校で勉強した後はさらに自宅で勉強している人もいます。

人によっては食事と睡眠時間以外の大半を勉強に捧げている人もいらっしゃいます。

その結果、ストレス発散にお金を使うこととなるのです。たまの休みにレジャーに出かけたり、趣味の商品を購入したり、外食で散財する場合があるのです。

結果的に目に見えないお金がかかることとなるようです。

浪人生はお金借りることは可能なのか?

お金借りる必要性に駆られた場合、果たして浪人生はお金借りることはできるのでしょうか?

大学生がお金に困った場合には、奨学金を利用したり、教育ローンを活用するケースが多いようですが、浪人生の場合にはどのような金策が適切なのか分からないという人が多いようです。

実は、収入の有無によって親などの身内から借りるべきか、カードローンやキャッシングを利用すべきかが変わります。

身内からお金借りることを検討

もしも勉強に専念していて、無収入である場合には、親などの身内に相談すると良いでしょう。

収入がなければ返済能力が認められないため、金融業者の申し込み審査で落されることになります。

身内に相談すれば、借金ではなく、援助してもらえる可能性もありますので、まずは聞いてみることをおすすめします。

アルバイトをしていれば業者からも借りれる

もしもアルバイトをしていれば、金融業者を利用することも可能です。金融業者は金利がかかりますが、無理のない範囲での融資をしてくれます。

ただし、未成年はお金借りることができませんので、成人していることが前提となります。

難関大学を目指して、複数年浪人している人は珍しくありませんので、もしもアルバイトなどで安定した収入を得ているのであれば、金融業者に問合せをしてみましょう。

浪人生がお金借りることができる金融業者

浪人生が借り入れしやすい金融業者には、銀行と消費者金融があります。いずれもカードローンサービスを数多くラインナップしており、手軽な金利でまとまったお金借りることが可能です。

銀行カードローンはメガバンクからネット銀行、地方銀行まで商品展開していますし、消費者金融も大手から中小事業者まで幅広く存在しています。それぞれの特色を見て行きましょう。

メガバンクのカードローン

三菱UFJ銀行カードローンや三井住友銀行、みずほ銀行など、メガバンクが積極的にカードローン商品を提供しています。

利用者の立場でいうと、メガバンクのブランドの安心感が借金への抵抗を軽減してくれますし、万一誰かにローンカードが見られても、借金をしていると判別しにくいという特徴があります。

ブランド力は安心につながりますので、メガバンクのカードローンは多くの支持を集めています。

ネット銀行のカードローン

店舗を持っていないネット銀行も、カードローン商品をラインナップしています。

ネット銀行は店舗がない分だけ人件費がかからないため、銀行カードローンの中でも低金利のカードローンとなっています。

返済総額を抑えることができますので、お得にお金借りることができるでしょう。

地方銀行のカードローン

地方銀行にもカーロドーンはあります。地方銀行は地域密着型の銀行であるため、利用できる人も営業県内に限られています。

地方銀行独自のサービスによって、賢くお金借りることが可能です。

また、一部の地方銀行はwebを通じて全国利用が可能であるため、大手銀行に引けをとらないサービスとなっているところもあります。

大手消費者金融

大手消費者金融はその利便性から、多くの人が手軽に利用することができます。

毎月無理のない返済額で返して行けば、生活に支障を与えずにお金借りることができますし、無人契約機や提携ATMを利用すれば、予備校の行き帰りに気軽にお金借りることが可能です。

浪人生は勉強や授業に忙しい場合が多いため、手軽に利用できる大手消費者金融は頼れる存在です。

中小消費者金融

中小の消費者金融は、大手消費者金融よりも審査に通過しやすく、金融業者からお金借りる場合の最終手段と考えましょう。

地域ごとに老舗の中小事業者が存在し、利用者にとって頼れる存在となっています。お金に困っている人のよき理解者でもありますので、気軽に相談してみましょう。

まとめ

浪人生は意外にお金がかかります。

予備校の授業料だけでなく、参考書代や交際費、リフレッシュするための費用など、目に見えないお金も含めると、出費はかなり多いのです。

そのため、金策が必要となる人もいますので、あらかじめその方法を知っておくと良いでしょう。

未成年や収入のない人は身内に相談すると良いのですが、成人していてアルバイト収入があるのなら、金融業者の借入がおすすめです。無理のない範囲で計画的に利用しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする