お金借りる場合のお礼のマナーを解説!面倒でも大切な心得

お金借りる場合には、貸してくれた相手に対して感謝の気持ちを持っている人が大半だと思います。

しかし、自分の中だけで感謝の気持ちを閉じ込めていても、相手には伝わりません。

言葉で表現するか、手紙を書くか、お礼の品物を渡すなど、感謝の気持ちを表現することがマナーです。この記事では、借金をした時のお礼の方法を、文例などを交えながら紹介したいと思います。

お金借りることができた場合のお礼のマナー

お金借りるということは、相手があなたを信頼してくれた証です。また、困っているあなたを助けてくれようとして思いやりを持って融資してくれたわけです。

そのような相手に対しては、きっちりとしたマナーを守って対応することが、今後の人間関係においても大切なことでしょう。

最低限のマナーとして、お礼状を出すことをおすすめします。

必ず感謝のお礼状を出そう

お金借りる話の際に、借用書はしっかりと書くけれども、お礼状は書かないという人はたくさんいらっしゃいます。

貸してくれた側が家族や旦那の親、親しい友人などの場合には書かないケースが多かったり、書き方が分からないという理由で書かない人もいらっしゃいます。

しかし、どの相手でも感謝の気持ちを伝えるのはマナーですし、専門学校やカルチャースクールで教えているような立派な文面が求められるわけでもありません。

自分の言葉で感謝の気持ちを伝えればそれで良いと思います。

ただし、イラスト入りの軽い手紙は不適切ですし、「ギャンブルで給料をつぎ込んだため生活費がなくなったところを助けてもらった」などというような、馬鹿正直な内容も相応しくない場合があります。TPOを考えて書きましょう。

お金を借りた時のお礼文のサンプル

気心の知れた相手からお金借りる場合には、自分の言葉で丁寧に書けば良いのですが、もう少しフォーマルな借金の場合には、世間体を意識した文章が望ましいでしょう。

あくまでも一例ではありますが、お礼文のサンプルを紹介します。

《お礼文のサンプル》

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

この度は大変ご迷惑なお願いをさせていただいたにも関わらず、快くご対応いただきまして深謝いたします。どうしても工面できず、途方に暮れておりましたが、厚かましいお願いをお聞き入れいただき、とても助かりました。

~中略~

略式ではございますが、取り急ぎ書中にて御礼申し上げます。季節の変わり目にも関わらずご多忙と存じ上げますが、何卒ご自愛くださいませ。

敬具

お礼をする場合の注意点

お金を貸してくれた相手に感謝の気持ちを表すには、自己満足になってはいけません。

自己満足のお礼をしてしまうと、かえって信頼を失うこととなるでしょう。しかし、相手満足を重視して感謝の気持ちを伝える人は意外に少ないようです。

ここでは、お礼をする場合の注意点として、「相手が多忙で会えない時は無理に会わない」「借りる時に菓子折りなどは渡さない」「お金借りることができなくてもお礼はすべき」の3点を紹介したいと思います。

相手が多忙で会えない時は無理に会わない

相手が多忙で会えない時は無理に会わないように配慮しましょう。特に親しい友達のような場合には、その関係性に甘えてしまうことがあり得ます。

「近くに来たからお礼の品を渡したい」「直接会ってお礼をいいたいから都合を付けて欲しい」などとして約束を取り付けがちですが、相手の都合に最大限の配慮をする必要があります。

「今はちょっと忙しい」と回答されたら、タイミングを改めるように心がけましょう。

借りる時に菓子折りなどは渡さない

人によっては、借りる時に菓子折りを持って行ったり、借りてすぐにお礼の品物を渡したりするケースがあります。

しかし、貸す側の気持ちで考えると、たとえその金額が少額であったとしても、そのお金も大切にすべきだと思うでしょう。

場合によっては「そんな風にお金を使うから借金する羽目になる」と思われてしまう可能性もあります。

品物を渡すのは、返済が全て終わってからにするべきだと思います。

お金借りることができなくてもお礼はすべき

借金のお願いをしたからといって、必ず相手が貸してくれるとは限りません。

一生懸命お願いをしたり、説得をしたとしても、相手も貸せない事情がある場合や、貸せない状況となっている場合も考えられます。

相手からお金借りることができなかった場合には、何のフォローもしないという人が多いようですが、貸してくれなかった人にも「相談に乗ってくれてありがとう」という言葉はかけましょう。

手紙や品物までは不要ですが、お礼のメールくらいはしておく心がけは大切です。

マナーへの配慮が面倒な場合は金融業者から借りると楽

マナーへの配慮を面倒に感じる場合には、金融業者から借りることが無難です。

金融業者からキャッシングをすれば、お礼文を書く必要もありませんし、お礼の品物を用意する必要もありません。

対人関係を気にする必要もないので、とても気軽にお金借りることができるでしょう。

もともと個人間の借金は、借用書や利息、返済実績などが必要であるため、とても面倒という側面があります。

その上、マナーに配慮しなければならないので、割に合わない借金法です。では、金融業者からの借入法について解説します。

銀行なら借金の罪悪感なくお金借りることが可能

金融業者からお金借りる場合には、借金があることの罪悪感や羞恥心を感じる人が稀にいらっしゃるようですが、銀行カードローンを利用した場合には、その感情は薄まります。

銀行ブランドでお金借りると、必要な資金の融資を受けているという感覚でキャッシングができるため、自己イメージを下げずに利用することができるでしょう。

多くの銀行がカードローン商品を提供していますので、自分に合った銀行を選ぶと良いでしょう。

大手消費者金融なら気軽で簡単に借りれる

大手消費者金融は、気軽にお金借りることができる象徴的存在です。

全国各地に無人契約機が設置されている上、その日のうちに現金を入手することが可能です。

女性専用ダイヤルが設置されていたり、無利息期間があるなど、サービスの充実ぶりにも定評がありますので、安心して利用することができるでしょう。

煩わしい人間関係を意識する必要もありませんし、マナーへの配慮も不要なので、簡単な借り入れが可能です。

街金なら審査の不安が少なく借りれる

消費者金融は大手だけではありません。

中小規模の事業者も数多く存在します。そんな中小事業者のことを一般的に街金と呼びますが、街金の利用も想定しておくと良いでしょう。

街金は金利が高めに設定されてはいますが、大手では借りれない人の受け皿となってくれます。

大手並みのサービスを提供している業者もありますので、困った時には相談すると助けてくれるはずです。

まとめ

お金借りる場合には、貸してくれた相手に対して感謝の気持ちを伝えるのはマナーです。

言葉で伝えるのも重要ですが、手紙や品物を贈って伝えることも検討しましょう。

ただ、人によってはこのようなマナーを意識することが苦手なケースもあるでしょう。その場合には、金融業者を利用すると、気軽な借入が可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする