親戚からお金借りる場合のよくある言い訳とリスクを徹底解説

お金に困った時には、親や兄弟などの家族からお金借りる人もいらっしゃいますが、叔父や叔母などの親戚から借金する人もいらっしゃいます。

親戚は家族よりは遠い関係ですが、身内であるため友達よりは抵抗なく相談できる相手だと認識している人も多いようです。

この記事では、親戚からお金借りる場合の言い訳を紹介した上で、親戚からお金借りるリスクを解説します。

親戚からお金借りるよくある言い訳

友人からお金借りる場合には、金額にもよりますが、信頼関係という土台を構築するのが前提となります。

本当に返済できるのかや、そもそもちゃんと返済するつもりがあるのかが、相手から見られるでしょう。

親戚の場合にいは、最初から一定の信頼関係はできていることが多いため、スンナリ貸してくれる可能性は高いという話しを耳にします。

まずは親戚からお金借りる場合によくある口実や言い訳について紹介します。

今回だけ貸してほしい

親戚からお金借りる時に、今回だけ貸してほしいというのは定番です。

「臨時出費で生活費がショートしそうだから今回だけ貸してほしい」とか「アクシデントに対応しなければならないから今回だけ貸してほしい」など、さまざまな理由を付けてお願いするのです。

しかし、相手が知りたいのは本当に返してくれるかどうかなので、自分の事情を伝えるよりも、返済ができる根拠を示してお願いした方が良いでしょう。

ちゃんと利息を払うから

ちゃんと利息を払うからというのもよくあるパターンです。

このパターンでは、自分の事情や貸してほしいという気持ちだけでなく、利息を払うという相手のメリットにも配慮したお願いの方法です。

その配慮が相手にも伝われば、貸してくれることもあるでしょう。

ただし、近しい親戚である場合には、利息云々よりもあなたのことを心配していることもありますので、経済能力と計画性があることは示した方が良いでしょう。

借用書を作るから

借用書を作るからというのは、ちゃんと返す意思があるという思いの表れであるため、貸してもらいやすいかも知れません。

ただし、相手は「借用書を作るのは最初から当たり前だ」と思っている可能性もありますので、理由にならないと思われる場合も想定しておきましょう。

ちなみに、借用書だけでは返す気持ちは表せても、本当に返せるという根拠にはなりませんので、返済計画を出すことも大切です。

返済期日を約束するから

いつまでに返済するとか、毎月何日にいくら返済するというような、返済期日を約束することも良い方法です。

ひょっとすると、自分が借りようとしているお金は、相手にも必要なタイミングがあるかも知れませんので、返済期日に問題がなければ貸してくれるかも知れません。

そのため、返済期日や返済金額は、根拠を持って具体的に示す必要があります。

給料が入ったら返すから

給料が入ったら返すという場合は、給料日がいつなのかということも同時に伝えましょう。

また、給料日が土日祝日に重なっている場合には、返済する日がいつになるのかも名言する必要があります。

ただし、相手に場当たり的な印象を与えてしまうケースもありますので、無理なく返せるということを強調した方が良いでしょう。

急場をしのぎたいから

急場をしのぎたいから貸してほしいという場合には、先々の見通しの有無があるかがポイントとなります。

相手の立場で考えると、急場をしのいでも、また同じような急場が現れるのではないかという不安がよぎるでしょう。

今回の急場をしのぎさえすれば、資金が潤沢に回るということを、根拠を持って示せれば、相手も安心して貸してくれるかも知れません。

中長期的なプランを安心材料としましょう。

親戚からお金借りるリスク

親戚といえども、付き合い方は人それぞれです。身内なんだからと甘えて安易に借金をしてしまうと、さまざまなリスクが付きまとうことになります。

ここでは親戚からお金借りるリスクとして典型的な3つのポイントを紹介します。

その3つとは「親戚関係にヒビが入る場合があること」「返せなくても付き合いは残ること」「贈与税がかかる可能性があること」です。

それぞれの内容を具体的に見て行きましょう。

親戚関係にヒビが入る

親戚からお金借りるリスクとしては、借金を返済できなかった場合に、親戚関係にヒビが入る可能性があります。

親戚の場合、友人よりもネットワークが密である場合が多く、下手をすれば借金をした上、返済ができなかったことが、親戚中に知れ渡ってしまう可能性があります。

そのため、借りた相手以外の親戚との関係にもヒビが入ったり、親戚関係が破たんしてしまう恐れがあるのです。

返せなくても付き合いは残る

親戚からお金借りた場合、万一返済できなくなったとしても人間関係は続いてしまいます。

たとえば友人や知人から借りた場合、返せなくなって人間関係が破たんしてしまったとしても、会わなければ気まずい思いをする必要はありません。

しかし、親戚の場合には、人間関係が破たんしていたとしても会う機会はあるでしょう。

その時、借りた側が特に気まずい思いをしなくてはなりません。

贈与税がかかる可能性がある

贈与税がかかる可能性にも留意が必要です。個人間でのお金の貸し借りは、親戚はおろか、親子関係であったとしても贈与税がかかることがあるのです。

借金であることを証明するためには、借用書を書いた上、一定の金利を設定し、実際に返済しているという実績が必要となります。

これらがなければ、贈与とみなされて課税対象となる場合がありますので、きっちりと対策を取っておかなければなりません。実は、個人間借金は結構手間がかかるのです。

親戚よりも専門業者からの借り入れが無難

親戚からお金借りるとしても、結局借用書を作ったり、金利を設定したり、返済実績が必要となるため、その手間は金融業者を利用した時と変わりません。

むしろ、金融業者から借り入れした場合には、それらの手間は業者側に丸投げすることになりますので、初めから金融業者を利用した方が良いでしょう。

ここでは、安心してお金借りることができる方法として、銀行カードローンや、消費者金融からのキャッシングについて解説します。

個人でも銀行からお金借りるのは可能

個人が銀行からお金借りるのは、とても大変な行為だと考えている人も多いかも知れません。

しかし、銀行がラインナップしているカードローンの場合には、無担保無保証人で気軽に借り入れすることが可能です。

数多くの銀行がカードローン商品に力を入れているため、利用者の選択肢はとても多い状況です。

自分にあった銀行のカードローン商品を選択すると良いでしょう。

大手消費者金融なら気軽に借りれる

大手消費者金融であれば、さらに気軽にお金借りることが可能です。

大手消費者金融の場合は、銀行カードローンよりも審査に通過しやすく、即日融資にも対応してくれますので、利便性の高さには定評があります。

ただし、金利メリットは銀行カードローンに軍配が上がるため、どちらから借りるかは自分自身の状況とのバランスを考慮しましょう。

対応も銀行並みに丁寧なので、気分良く利用することができるでしょう。

中小事業者なら審査に自信がなくても大丈夫

中小の消費者金融から借りる場合には、大手消費者金融よりも審査に通過しやすいという特徴があります。

ただし、金利は大手消費者金融よりも高くなりますので、返済総額は増えてしまいます。

銀行カードローン、大手消費者金融、中小消費者金融の順番に相談をすれば、自分にフィットした借入ができるかと思います。

まとめ

親戚からお金借りる場合には、さまざまな口実や言い訳でお願いするケースが多いようですが、もしも貸してくれたとしても、その後のリスクや手間を考えると、金融業者から借りた方が良いでしょう。

個人間の借金は手間が多い上、返済計画がおざなりになりやすいため、返済が滞ることも多いようです。銀行や消費者金融の利用を検討しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする