高校生は銀行カードローンでお金借りることは可能か?

高校生はアルバイトができる年齢であるため、多くの社会人に混じって収入を得ている人がいらっしゃいます。

しかし、まだまだ未成年者であるため、会社員ほどの収入を得ることはできません。そのため、お金に困った場合には、対処がしにくい状況となりがちです。

そこでこの記事では、高校生でも金融会社からお金借りることができるのかを紹介し、借りれない場合の対処法について解説します。

高校生がお金借りる方法はあるの?

高校生は金融業者からお金借りることはできるのでしょうか?

成人した社会人であれば、銀行カードローンや消費者金融キャッシングを利用することができますし、大学生であれば学生ローンを利用することが可能です。

信用情報ブラックでなければ融資してもらえる可能性は高く、気軽に利用することができるでしょう。

しかし、申し込み条件を見ていると、契約できるのは20歳以上となっています。高校生では審査通過は難しいのでしょうか?

高校生は借金もクレカも作れない

結論からいいますと、残念ながら高校生は金融業者からお金借りることはできません。

銀行カードローンはおろか、手軽に借入ができる大手消費者金融の利用もできませんし、融資審査が緩い街金から借りることもできません。また、クレジットカードを作ることもできないのです。

高校生でもアルバイトをしていれば返済能力があると思われるかも知れませんが、未成年者は責任能力がないため、お金借りることができないのです。

理由は貸し付け条件のキホンにあり

高校生がお金借りることができない理由は、民法の第五条に見ることができます。

民法第五条には、20歳未満の未成年者が借金のような法律行為を行った場合、契約を取り消すことができると定められています。

つまり、金融業者が未成年者に融資をしたとしても、借りた人が無効と主張すれば契約解除ができるのです。

このことは金融業者にとってリスクでしかありませんので、ほとんどの業者が20歳以上の条件を設定しています。

高校生がお金借りる方法

高校生がお金に困ったとしても、金融業者を利用できないのであれば、どうやって金策をすれば良いのでしょうか?

ここでは、高校生がお金借りる方法として、「身内からお金借りる」「友人からお金借りる」「バイト先からお金借りる」の3つを紹介します。

ただし、全てがおすすめする方法というわけではありませんので、あくまでもこういう方法論があるという意味合いで理解していただければと思います。

保護者からお金借りる

高校生がお金借りる方法として、親などの保護者からお金借りることを検討してみましょう。

保護者にお金の相談をすると、希望の額を貸してくれる場合もあれば、援助してくれる場合もあるでしょう。

使い道やお金が必要な理由をきっちりと説明すると助けてくれる可能性が高いので、まずは保護者に相談しましょう。

もしもお金が必要となった特別な事情がある場合には、原因の根本解決の相談となることもあります。悩んでいるよりも打ち明けた方が楽になるかも知れません。

友人からお金借りる

友人からお金借りるという方法もあります。どうしても困っている場合には、何とかしてくれるかも知れません。

ただし、相手も同じ高校生であれば、少額しか借りれないかも知れませんし、そもそも友達にお金借りると、その後の人間関係に亀裂が入るかも知れません。

個人同士でのお金の貸し借りは、大人でもトラブルの原因となりますので、なるべくなら借りない方が良いでしょう。

バイト先からお金借りる

バイト先に相談する方法もあります。相手が大人であれば相談しやすくなるでしょう。

ただし、ただ物が欲しいから貸してくださいとか、娯楽のために貸してくださいといっても貸してもらうのは難しいでしょう。

安易に借りようとすると、バイト先での信用問題にもなりますので、特別な事情があって本当に困っている場合にのみ相談すると良いかと思います。もちろん理由はきっちりと話しましょう。

銀行のデビットカードは高校生でも作れる

高校生は金融業者でお金借りることも、クレジットカードを作ることもできませんが、デビットカードなら高校生でも作ることは可能です。

デビットカードとは預金口座に紐づけされた決済カードで、審査もありませんし、クレジットカードのように便利に活用することが可能です。

手元に現金がない場合でも、すぐに決済ができるため、手軽に利用することができるでしょう。おすすめのデビットカードを紹介します。

三菱東京UFJ-VISAデビットカード

三菱東京UFJ-VISAデビットカードは、三菱東京UFJ銀行と、VISAが提携して発行しているカードで、初年度の年会費は無料、2年目以降も23歳以下なら年会費無料となっています。

中学生をのぞく15歳以上であれば利用可能で、三菱東京UFJ銀行の口座開設をして活用することとなります。ポイント還元率は0.2%から0.4%ですが、利用金額によってはさらに加算されます。

JNB VISAデビットカード

JNB VISAデビットカードは、ネット銀行の草分け的存在であるジャパンネット銀行と、VISAが提携して発行しているカードです。

高校生でも保有することができますので、手軽に入手可能な1枚として知られています。

デビットカード利用500円ごとに1円分の1JNBスターが還元されるほか、ジャパンネット銀行のキャッシュバックモールで利用する場合には1%の還元率となっています。

利用限度額が月100万円と高額であるため、大きな買い物をしやすいという特徴があります。

楽天銀行デビットカード

楽天銀行デビットカードは、楽天銀行とJCBが提携して発行しているカードです。高校生が保有することも可能で、年会費は永年無料となっています。

ポイント還元率は1%と高く、お得に利用することが可能です。

付帯保険が弱いデメリットはありますが、セキュリティー面で優れているというメリットもあり、安心して買い物が可能です。楽天市場の利用頻度が高い人であれば特にお得に活用することができるでしょう。

親が代わりに借りる方法

親にお金の相談をしたけれども、格差社会といわれるこの時代、親もお金の余裕がないケースは多いかと思います。

そんな時、一時的な金策で子どもの助けとなれるのであれば、計画的な借入も良い方法なのではないでしょうか?親が子供に代わって借金する方法を紹介します。

銀行カードローン

銀行カードローンは、個人が銀行から気軽に借り入れをする方法です。担保も保証人も不要ですし、銀行ブランドでの借り入れであるため、安心して利用することができるでしょう。

まるで銀行キャッシュカードを持つような感覚でローンカードを保有し、限度額の範囲で何度でも借入や返済ができるので、資金計画が立てやすいという特徴があります。

消費者金融キャッシング

消費者金融からの借り入れも良い方法です。

消費者金融と聞くと、良いイメージを持たない人もいらっしゃいますが、最近の消費者金融は顧客目線のサービスが充実しており、手軽に利用することが可能です。

大手であれば即日融資に対応していますし、町中に無人契約機がありますので、借入れも返済もとても便利です。

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードにはキャッシング枠が付いていますので、申し込み時に設定している場合には簡単にお金借りることが可能です。

コンビニなどに設置されているATMを利用すると、カード1枚で手軽に現金を手に入れることができるため、金策の手段として有効な方法です。

まとめ

高校生はお金借りることはできません。高校生はたとえアルバイトをしていたとしても未成年者であるため、融資してくれる金融業者がないのです。

高校生がどうしてもお金を借りたい場合には、保護者などに相談すると良いでしょう。

また、デビットカードを活用したり、保護者が代わりに金融業者から借りることはできますので、検討してみると良いかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする