転職時にお金借りる方法を徹底解説!困った時の金策法

転職をする時には、お金に困る可能性を想定しておかなければなりません。

もしも既に会社を辞めている場合には、無職となってしまうので収入がありません。にも関わらず、転職活動には一定の費用がかかりますし、生活費も必要です。

そこで、この記事では、転職の時のカードローンやキャッシングなど、お金借りる方法について詳しく解説します。

転職活動は結構お金がかかる

転職をする場合には、働きながら活動する場合は別ですが、仕事を辞めてしまった場合には年収が激減するか、ゼロになってしまいます。しかし、転職活動期間中は、何かとお金がかかるのです。

中には、「自分はすぐに転職先を決めるから大丈夫」と思っている人もいらっしゃいますが、予想外に仕事が見つからない場合には、借入を検討しなければならない可能性もあるでしょう。

まずは、転職時にどんな費用がかかるのかを知っておく必要があります。

転職活動期間の生活費

転職活動中に最もお金がかかるのは生活費です。収入がないけれども、支出は毎月決まった金額が出て行きます。

家賃や食費、光熱費など、必要最小限の費用だけでも生活費はそれなりにかかりますので、いつまでに仕事が決まらなければ貯金が底をつくのかを計算しておく必要があるでしょう。

転職活動の交通費

転職活動中の交通費はバカになりません。公共交通機関を利用が積み重なればそれなりの費用となりますし、電車やバスがない場所だとタクシー代がかかります。

また、遠方で面接がある場合に、交通費が自腹である場合にはそれだけで大きな負担となるでしょう。転職する場合には、ある程度の交通費を想定しておきましょう。

転職活動の雑費

転職活動をすると、雑費もかさむ場合があります。雑費は目に見えない出費で、ボディーブローのように効いてきます。

たとえば、勤務歴を記入する職務経歴書や履歴書などの書類代、証明写真代、スーツのクリーニング代など、細かい出費がかさんでくるのです。

そのため、転職活動のボリュームに合わせた雑費の予測もしておかなければならないでしょう。

転職活動中でも無職だと借金は困難

転職活動中にお金に困った場合には、銀行などの金融機関や、消費者金融などのカードローン会社に融資の相談をする人が多いようです。

もしも会社に在籍しながら転職活動をしているのであれば、融資を受けやすいかと思いますが、既に会社を辞めてしまって無職となっている場合には、借り入れは困難となるでしょう。

その理由について紹介いたします。

安定収入が借り入れ条件

カードローンやキャッシングでは、返済能力があることが前提となっています。そのため、安定収入があることが審査の条件となっているため、無職の場合にはお金借りることは難しいのです。

安易に会社を辞めてしまい、転職活動に思いのほか時間がかかってしまった場合には、借金も厳しくなってしまうため、転職は慎重に行う必要があります。

総量規制に引っ掛かる

改正貸金業法に総量規制というルールが定められています。

これは、年収の3分の1を超える融資はできないというものであるため、貸金業法の対象となる消費者金融からは年収の3分の1を超える融資は受けれません。

銀行は総量規制の対象外ではありますが、過剰な貸し付けにならないように、年収の3分の1までに自主規制しているところが増えています。

いずれにせよ、無収入の場合は年収の3分の1はゼロですので、お金借りることが難しいのです。

転職時の借入でしてはいけないこと

転職のために会社を辞め、無収入となってお金に困った場合には、金融業者からお金借りることも難しくなるため、途方に暮れてしまう人もいらっしゃるでしょう。

そんな時は、何とかしてお金を借りようとして、やってはいけない方法を選択してしまうケースもあるようです。

どんなにお金に困っても、絶対にやってはいけないことについて紹介いたします。

働いているように誤魔化して申し込む

無収入であることがバレないように、前の会社で働いていることにして申し込み情報を記入するケースがあるようですが、このようなことは絶対にやってはいけません。

カードローンやキャッシングの申し込みをすると、本当に会社に在籍しているかの在籍確認が取られます。

また、業者はプロですので、他にもさまざまなポイントでバレる恐れもありますので、虚偽の申し込みは厳禁です。

闇金を利用する

闇金のようなブラック業者の利用も絶対に控えましょう。闇金とは法外な金利で融資を行う違法業者のことで、一度借りてしまうと借金地獄から抜け出せなくなります。

厳しい取立てに悩まされたり、いつまでたっても完済できないように誘導され、永遠に搾取され続けることになるでしょう。

借金を苦にして自殺者もでるほどですので、何があっても利用は控えましょう。

転職する場合にお金借りる方法

もしも転職する場合にお金に困ったならば、一体どうすれば良いのでしょうか?転職時の金策法について紹介します。

転職前にお金借りる

転職前にお金を借りておくというのも1つの方法です。次の仕事が決まっていないけれども、今の仕事は直ぐにでも辞めたいという場合には、借り入れが済んでから退職する方が賢明です。

無職になるとどうしても借入がしにくくなりますので、先回りしておくことをおすすめします。

クレジットカードのキャッシング

転職時にお金に困ったら、クレジットカードのキャッシング枠を利用する方法があります。クレジットカードは、申し込み時にキャッシング枠を付けている場合には、限度額の範囲でお金借りることが可能です。

既に利用中のクレジットカードにキャッシング枠が備わっているのであれば、いつでもキャッシングができるので、現金を手に入れることが可能です。

定期預金貸付金の利用

もしも定期預金をしている場合には、定期預金を担保にしてお金借りることも可能です。定期預金は切り崩したくないために、金策の必要がある場合には知っておくと良いでしょう。

預金が担保であるため、審査は必要ありません。そのため、確実にお金借りることができる方法です。

パートやアルバイトをする

無職の場合にはお金借りることが難しいのであれば、とりあえずパートやアルバイトをすることも良いでしょう。安定収入があれば少額の収入でも融資してもらえる確率は上がります。

パートやアルバイトによって現金を手に入れることもできるため、検討してみると良いでしょう。ただし、勤続年数が少ないと審査で不利となることは想定しておかなくてはなりません。

新規契約率が高い業者に相談する

新規契約率が高い業者に相談することも有効な方法です。新規通過率が高いということは、いいかえると審査の通過率が高いということです。

大手消費者金融ではアコムやプロミスがおすすめですし、中小事業者に相談することも良いでしょう。

申込前に、各業者に現在の自分の状況を正直に話して、審査を受けるべきかどうかを確認してみましょう。

まとめ

終身雇用制が崩壊し、同じ会社に一生勤めることが珍しい時代であるため、転職というのは多くの人が経験することだと思います。

しかし、次の仕事が決まる前に今の会社を退職してしまうと、お金に困ってしまう可能性があります。

予想以上に転職活動が難航すると、日々の生活費や交通費、雑費などがかさんで行き、あっという間にお金に困ってしまうのです。

その場合に借金をするのであれば、パートやアルバイトを始めたり、クレジットカードを利用したり、貸してくれやすい金融業者を利用するなど、さまざまな方法がありますので、ぜひあなたの状況に合った方法を選択し、急場をしのいでいただければと思います。

そして、少しでも早く転職先を見つけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする