土下座してでもお金借りることって必要?気軽な借金法を紹介

人からお金借りる上で、土下座をした経験のある人は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

また、自分のプライドを捨て、土下座をしてでも借金をしたいと思っている人もいらっしゃるかも知れません。

お金にまつわる事柄で土下座をするケースは、借金をする時にお願いする場合や、返済ができずに借金トラブルとなって、謝罪のためにする場合があるようですが、できればそんなことはしたくないですよね?

この記事では、土下座のシチュエーション事例を紹介した上で、土下座しなくても簡単にお金借りる方法をお伝えします。

金銭問題で土下座のシチュエーション事例

金銭問題で土下座をしなければならなくなるシチュエーションとしては、さまざまな状況があるかと思います。よくあるシチュエーションとしては、「身内や友人からどうしてもお金借りたい時」「個人間で借りたお金を遅延した時」「借りたお金が返せなくなった時」「闇金を利用して取立て被害に遭った時」などです。

いずれの場合も、手を付いてお願いや謝罪をしなければならない苦しい状況だと思います。

まずは、これら金銭問題で土下座のシチュエーション事例を具体的に紹介します。

身内や友人からどうしてもお金借りたい時

お金を借りる方法としては、さまざまな方法がありますが、まず身近な人から借りようとするケースが多いかと思います。

本来は銀行カードローンや消費者金融など、カードローン会社と借り入れ契約した方が、誰にも迷惑をかけない上、安全にお金借りることができるのですが、そういう発想にならないことが多いようです。

親兄弟や祖父や祖母、友人や職場の同僚など、自分の身の回りの人にお金を借りるべく、頼み込んで土下座までするケースがあるようです。

個人間で借りたお金を遅延した時

個人間で借りたお金を遅延した時も、土下座するシチュエーションがあります。

借りる時に、いつまでに返済すると約束していたにも関わらず、期限が近づいても返すお金を用意できず、もう少し待ってほしいとお願いすることもしばし見られます。

しかし、相手も返済を見込んでいたお金が必要である場合や、何度も返済遅延を繰り返していた場合などに、謝罪と遅延容認のお願いの両面で、土下座をしなければならないことがあるのです。

土下座をするほどということは、よっぽど迷惑をかけていることが前提になるので、確実に返せるという計画性がないかぎり、借金をするべきではないでしょう。

借りたお金が返せなくなった時

遅延どころか、返済が不可能となった場合にも土下座するケースがあります。

たとえば、入る予定だったお金をあてにして、それまでの資金繰りのためにお金を借りたけれど、結局あてにしていたお金が入ってこなくなってしまうと、返済ができない状況となってしまいます。

また、複数の人から借金を繰り返し、返済しなければならない額が膨らんだことによって返せなくなるケースもあります。どのような状況だとしても、返せなくなったことによる謝罪として土下座をするケースも見られます。

闇金を利用して取立て被害に遭った時

闇金の取立て被害に遭った時にも土下座するケースがあるようです。

闇金とは、正規貸金業者ではない違法業者のことで、法外な金利でお金を貸したり、意図的に完済できないように誘導して、借金の無限ループに追い込みながら搾取し続ける業者です。

本来取立てを行う場合には、法律で定められた範囲で行う必要があるため、あまりに苛烈な取立てはできません。

しかし、闇金の場合には、そのようなことはおかまいなしなので、土下座して借金の猶予を求めたり、その場の退去を求めるケースがあるようです。

有名人が土下座してお金借りる!その末路

借金問題は一般の人だけでなく、有名人もトラブルを起こすケースが多々あります。

有名人の借金トラブルは、メディアなどでも報じられるため、多くの人に知れ渡る上、一般人の象徴的事例としてセンセーショナルに映ります。

2015年の週刊誌では、ある有名人が土下座をしてお金を借りたものの、借金トラブルとなったという記事が掲載され、その内容がネットなどでも拡散されて話題となりました。

お金を返せないことによってネタを売り込まれたその末路を紹介します。

特撮ヒーローの借金トラブル

借金トラブルを起こしてしまった有名人は、高杉俊介さんという男性です。

高杉俊介さんは、特撮ヒーローである仮面ライダースーパーの主役で、2003年から2013年の約10年にわたって女性ファンからお金を借りていたようです。

2人の女性ファンから合計5,000万円ほどの借金をしたとのことですが、1人の女性には80万円、もう1人の女性には30万円ほどしか返済できておらず、借金トラブルとなってしまったのです。

子供たちのヒーローにも関わらず、借金トラブルとなってしまったことが、なんとも悲しい話しです。

個人間借金はトラブルになりやすい

実は、個人間の借金はトラブルになりやすい傾向があります。

金融業者からお金借りる場合には、申し込み後に融資審査が行われ、返済能力があるかどうかをチェックされます。

仕事の状況や年収、住まいの状況や他の借金の状況までつぶさに見られるため、返せることを前提に融資されるのです。

しかし、個人間借金の場合は、返済能力がないのに貸し借りが行われることがあるため、結果的に返済ができなくなり、貸した方も借りた方もヒドイ目に遭いやすいのです。

土下座しなくても簡単にお金借りる方法

では、お金に困った時にはどこからお金借りるのが良い方法なのでしょうか?先ほど少しだけ触れましたが、カードローンやキャッシングが可能な金融業者を利用するのが賢明です。

具体的には、銀行カードローンを利用したり、大手消費者金融に申し込んだり、街金に相談すると良いでしょう。

最短の場合、即日お金借りることができますので、急ぎの場合にも安心です。それぞれの特徴について紹介したいと思います。

銀行カードローンで安心してお金借りる

銀行カードローンは、銀行ブランドとしてお金借りることができるため、安心して利用することができます。

カードローンの中で最も低金利であることを活かして、お得にお金借りることができるでしょう。

また、メガバンクやネット銀行、地方銀行など、銀行の規模や種類ごとにサービスの内容が異なりますので、利用者の選択肢が多いというメリットもあります。

大手消費者金融で便利にお金借りる

大手消費者金融もオススメです。大手消費者金融は、銀行カードローンに比べると金利は高くなりますが、その分借入審査に通過する確率が高いので、手軽に利用することが可能です。

また、大手消費者金融は、自動契約機が多かったり、審査スピードが圧倒的に早かったり、在籍確認でプライバシーに配慮してくれたりと、サービスが充実しているため、とても便利にお金借りることができます。

街金から気軽にお金借りる

街金とは、中小の消費者金融のことを指します。闇金と勘違いする人がいらっしゃいますが、違法業者である闇金に対して、街金は正規登録業者であるため、合法的な消費者金融です。

大手消費者金融よりも金利は高くなりますが、審査はさらに通過しやすいため、気軽にお金借りることができるでしょう。

業者ごとにサービスの個性が異なるため、自分に合った業者に相談する必要があります。

まとめ

お金を借りる時や、お金のトラブルとなってしまった場合には、土下座をしなければならない状況となることがあります。

自分のプライドを捨てて土下座をしなければならない状況は、とても苦しい状況ですし、場合によっては土下座をされる相手側も厳しい状況かも知れません。

そのようなことをしなくても済むように、借金をするならば、正規の金融業者を利用しましょう。無理のない範囲で、手軽にお金借りることができるため、安心して利用することが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする