任意整理中・個人再生・自己破産後にお金を借りる方法とは?

カードローンやキャッシングなどの借入申し込みを行う時に、信用情報ブラックである場合には、借り入れ審査が不利となります。

中でも返済ができなくなったなどの理由で、債務整理の手続きをした人の場合には、大手や中小に限らず、ほとんどの貸金業者から融資を受けれる可能性は極端に低くなるでしょう。

では、債務整理をした人は借金をする方法はないのでしょうか?この記事では債務整理中の人や、債務整理後の人の借金について分かりやすく解説します。

任意整理中・個人再生・自己破産後にお金借りる方法

任意整理や個人再生、自己破産をした場合に、そのことで生活が軌道に乗れば良いですが、もしもまたお金が足りなくなった場合、お金を借りる必要性が出てくる可能性はないとは言い切れないでしょう。

一般的には、債務整理をしてしまうと、金融業者からの借入は厳しいといわれていますが、もう借り入れをすることはできないのでしょうか?

債務整理中の場合や、信用情報に掲載されている場合、債務整理が終わって、信用情報もクリアになっている場合の借入について紹介します。

債務整理をしたらカードローンやキャッシングの利用は厳しい

債務整理中の場合には、カードローンやキャッシングの利用は厳しいと言わざるを得ないでしょう。

この場合は厳しいというより、ほぼ不可能だと考えた方が賢明かも知れません。

融資をする側の立場で考えると、債務整理をしたことだけでもマイナスの実績と考えられますが、その上、債務整理をしている最中にまた借入の必要性があるということは、融資するのはリスク以外の何物でもありません。

そのため、債務整理中に融資をしてくれるところは、まずないと思って金策をした方が良いかと思います。

信用情報に記録されている期間の借入は難しい

債務整理が終わったとしても、信用情報にはその履歴が数年の間は残ります。

債務整理の内容にもよりますが、5年から10年は記録がありますので、その間にお金を借りる申し込みを行った場合には、信用情報の照会により、債務整理の情報が知られてしまうのです。

債務整理の情報が信用情報に記載されている場合は、借入はかなり困難です。

中小の金融業者であれば、現状の資産状況や返済能力次第で、ひょっとしたら貸してくれるところはあるかも知れませんが、基本的には難しいと考えておきましょう。

もし借りれるとしたらヤミ金の可能性に注意

債務整理をすると、官報という情報誌に掲載されます。その官報を見て甘い誘惑をしてくるヤミ金業者があるようなので、債務整理後は注意が必要です。

ヤミ金とは、違法業者のことで、貸金業法が定める金利や取り立てのルールなどを守らないケースが多く、返済ができないと怖い思いをしなければならない可能性があります。

債務整理後にお金に困っることがあったとしても、甘い誘いには乗らないように注意が必要です。

債務整理が終わっても信用情報が真っ白なのは不利

債務整理をしてから数年たち、信用情報から履歴が消えたときにもお金を借りるには不利となります。

債務整理した場合には、金融取引ができなくなるため、債務整理の情報が信用情報から消えたあとは、金融取引の実績がなにもないスーパーホワイトという状態になります。

すると、融資をする側から債務整理の経験を疑われやすくなるため、借入は不利となってしまいます。

債務整理中でも申し込み可能と噂の金融業者をご紹介

債務整理中の場合にお金を借りることは難しいと紹介しましたが、ネット上では債務整理中でも借入可能な業者があるという噂が絶えません。

一方で、「ネットには債務整理中にお金を借りることは可能という情報は多いが、実際はお金を借りることはできない」と言っている専門家の情報も見かけます。

また、借入審査の状況はひとりひとり異なるため、一概には言い切れない部分もあるようです。

そこで、債務整理中でもお金を借りることができると噂されている消費者金融を紹介します。

申し込みの前に、あなたの現状を伝えて、申し込みが可能かどうか問い合わせてみましょう。

ネット受付可能なアロー

アローは名古屋市にある消費者金融で、最短45分の審査スピードを誇っています。

限度額は最大200万円で、金利が15.00%~19.94%となっており、大手の消費者金融と比べると条件は見劣りしますが、その分お金を借りやすいというメリットがあります。

お申込みはネット受付ですが、質問などの問合せは電話でも受け付けていますので、一度相談してみると良いでしょう。

創業50年の老舗のフクホー

フクホーは大阪浪速区にある消費者金融で、創業50年の老舗です。ネットでも電話でも申し込み可能で、24時間申し込み受付をしていることをウリ文句にしています。

金利は7.30%~18.00%となっており、最大200万円まで借入が可能です。

全国13,000店あるコンビニエンスストアで、その日のうちに契約書類が受け取れたり、女性専用の問合せ窓口があるなど、利用者に嬉しいサービスを展開しています。

30日間無利息サービスのフタバ

フタバは東京都千代田区にある消費者金融で、ネットと電話で申し込みの受付をしています。借入限度額は最大50万円で、金利は14.959%~17.950%となっています。

初めてフタバを利用する場合には、30日間金利手数料が無料というサービスを展開しており、よりお得に借入を行うことが可能です。

フタバは銀行カードローンや消費者金融よりも金利が高い分、30日間の金利手数料無料の効果は大きく、短期間の借入が特にお得となります。

債務整理が終わってから借入可能となるまでの道筋

では、債務整理が終わってスーパーホワイトとなった場合には、どのようなプロセスで借入ができるようになるのでしょうか?

簡単にいうと、信用情報に実績を付けることが近道です。

でも、借入が不利となって、融資にこぎつけることができなければ、そもそも実績を付けることなんてできないですよね?

そこで、クレジットカードヒストリーを付けることや、少額の借入をきっちり返済して、金融取引の実績をつけることをオススメします。

クレジットカードヒストリーを付ける

クレジットカードヒストリーとは、クレジットカードを利用することによる実績のことをいいます。

クレジットカードは、利用時の金額を翌月以降に決済する立て替え払いである上、分割払いやリボ払いは借金と同じような性質を持っています。

そのため、クレジットカードを利用し、問題なく返しているとみなされれば、金融取引の実績として有利な情報となるのです。

しかし、スーパーホワイトの状態ではクレジットカードの審査も不利となってしまうでしょう。

そんな時は、アコムカードのような、審査に通過しやすい消費者金融系クレジットカードがおすすめです。

アコムカードはリボ払い専用ではありますが、クレジットカードヒストリーを付けるにはもってこいのカードなので、検討すると良いでしょう。

少額で借入と返済の履歴を付ける

少額融資を利用するのもひとつの手です。消費者金融などから直ぐにでも返せる額を借入、きっちりと返すと返済実績が付きます。

信用情報に何も履歴がないよりは返済実績があった方が良いので、この方法も頭に入れておきましょう。

ただし、短期間のうちにやみくもに借りるのは良くありません。完済してから次の融資を受けるという順番が大切です。

まとめ

債務整理を行った場合には、債務整理中はもちろんのこと、債務整理から数年の間は新規借り入れは難しいと考えましょう。

また、債務整理の情報が信用情報から消えた後も、金融取引の履歴が付くまでの間にお金を借りるのは不利となります。

債務整理をした場合は、借入をあてにしない解決方法が重要といえるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする