免許証なしでお金借りる方法!身分証なしだと借りれない?

カードローン会社に融資申し込みをする場合には、運転免許証などの本人確認書類の提出が必要です。

これは銀行カードローンでも消費者金融キャッシングでも同じで、金融機関を利用して借入をする場合の鉄則といっても良いでしょう。

しかし、そもそも運転免許証を取得していない人もいらっしゃいますよね?そのような場合にはどのような申込手続きの方法を取れば良いのでしょうか?

ここでは、免許証なしでお金借りるための情報をお伝えします。ぜひ参考にしていただければと思います。

免許証なしでカードローンは利用可能?

運転免許証は、顔写真がついている身分証であるため、金融機関からすると最も信頼できる証明書だといわれています。

しかし、本来運転免許証は、車の免許を取得していることを証明するものですので、身分証が本当の役割ではありません。

いい換えれば、運転免許証以外の身分証でもお金借りる場合には利用することが可能です。では、運転免許証以外に身分証として利用できるものにはどのようなものがあるでしょうか?

免許証がない場合の身分証明書

運転免許証がない場合の、他の身分証のことを代用の身分証明書といいます。代用の身分証明書には、たとえば「運転経歴証明書」「健康保険証」「パスポート」「印鑑証明証書」「住民票」「住民基本台帳カード」「個人番号カード」など、日本国民であればお馴染みのものがあり、これらを提出して審査を受けることが可能です。

外国籍の人の場合は「在留カード」や「特別永住者証明書」を利用することもできます。

ただ、すべての金融業者共通ではなく、業者ごとに可能としている身分証はことなりますので、事前に把握しておく必要があるでしょう。ただし、大半の金融業者が健康保険証とパスポートは認めています。

顔写真の有無は身分証の効力に影響する?

身分証とひと口にいっても、顔写真があるものと顔写真がないものがあり、証明書としての効力の程度に違いがあるのです。

たとえば顔写真の入っているパスポートや個人番号カード、各種福祉手帳などは、単体で本人確認書類として利用することが可能です。

逆に、住民票の写しや印鑑証明書、年金手帳などは顔写真が入っていませんので、単体で本人確認書類とすることはできないケースが大半です。

顔写真が入っていない身分証を利用する場合には、他の証明書と併用することで、借金の申込をすることができます。

全ての身分証なしでは借りれない

金融業者からお金借りる場合には、何らかの身分証は必ず必要です。

運転免許証を持っていなくても、代用の身分証を利用することでお金借りることは可能になりますが、何の身分証も用意できない場合には、お金借りることはできませんので、必ず何らかの身分証を用意する必要があります。

時々「身分証なしでも融資します」というようなチラシを目にすることがありますが、この場合はブラック業者の可能性があります。

いわゆる闇金業者からお金借りると、法外な金利によって借金地獄に陥ったり、厳しい取立て被害にあう可能性が高いので、絶対に借りないようにしましょう。

50万円以上の場合は収入証明書も必要

借入金額が50万円を超えた場合には、身分証の他に収入証明書も必要となります。

収入証明書は「直近の給与明細と通年分のボーナス明細」「源泉徴収票」「住民税決定通知書」「納税証明書」「確定申告書」などが利用できます。収入証明書の提出を求められた場合には、いずれかを用意しましょう。

ちなみに、借入金額50万円と紹介しましたが、厳密には業者によって異なります。50万円を超えても収入証明書を求められない場合もありますので、各業者の金額ラインを確認しておきましょう。

《収入証明書が必要となる借入金額》

借入金額 カードローン業者
50万円超え、または総借入額100万円超え アコム・プロミス・アイフル・ノーローンなど
100万円超え 新生銀行レイク
200万円超え みずほ銀行・ジャパンネット銀行など
300万円超え 三井住友銀行・りそな銀行・住信SBIネット銀行・じぶん銀行・オリックス銀行・楽天銀行・東京スター銀行・ソニー銀行など
500万円超え スルガ銀行カードローンなど

免許証なしでお金借りる場合のポイント

免許証なしでお金借りる場合には、押さえておきたいポイントがいくつかあります。

それは、「身分証の有効期限や住所」「健康保険証で信用度をチェックしていること」「在籍確認免除が免除される場合があること」です。これらの内容について詳しく解説します。

身分証の有効期限や住所

身分証を提出する場合には、2つの点に注意する必要があります。

1つは、身分証が有効期限内かどうか、もう1つは現在住んでいるところが身分証の住所と一致しているかです。

身分証の更新日が過ぎていて、有効期限が過ぎている場合には借入審査に通過することはできませんし、引っ越しによって現住所と証明書の住所が異なる場合も、お金借りることはできません。

急ぎで借入したい場合などに、身分証に不備があると慌てなければならなくなりますので、身分証の効力と内容は、事前にしっかりとチェックしておく必要があるでしょう。

健康保険証で信用度をチェック

身分証として健康保険証を提出する場合には、ひょっとすると信用度合も見られている可能性があります。

というのも、健康保険証には勤務先情報が盛り込まれているため、勤務していることや、勤務期間などが判別できます。

社会保険証や組合保険証などに記載されているこれらの情報が、勤務実態の参考となる可能性を頭に入れておきましょう。

ただし、国民健康保険証には仕事に関する情報は記載されていません。そのため、社会保険証や組合保険証の方が審査では有利だと考えられています。

在籍確認免除の証明書もある?

社会保険証や組合保険証に勤務先の情報が記載されているということは、融資をする業者側からすると、わざわざ在籍確認の電話を入れなくても、保険証を見れば在籍しているという証明になります。

そのため、社会保険証や組合保険証などの場合には、在籍確認が免除されるケースがあるようです。

在籍確認の電話は、プライバシーに配慮をし、借金であることが分からないようにしてくれますが、
それでも勤務先に電話を入れられたくないという人は、健康保険証の提出を踏まえ、借入を希望する金融業者に相談してみると良いでしょう。

身分証はWEB申し込みだと便利!2つの提出法とは?

金融業者に対して身分証を提出する場合には、WEB申込を利用すると便利に提出することが可能です。

郵送をして提出する場合には、身分証を封筒に入れて、ポストに出すという手間がかかる上、確認が取れるまでの日数も費やしてしまいます。

しかし、WEB申込の場合は、提出方法も簡単である上、日数もかかりません。

ここでは、WEB申込を利用した身分証の提出方法として、WEBからアップロードする場合と、契約機を利用する場合を紹介します。

1.WEBからアップロード

WEB申込をする場合には、公式サイトからWEB申込をクリックして、入力フォームに必要情報を記載します。

その後、本人確認書類の提出が求められますが、写メを撮るなどしてアップロードするだけなので、その場ですぐに提出することが可能です。

2.契約機の利用

自動契約機を使う方法も便利です。この場合は、WEB申込をした後、自動契約機に行って、本人確認書類を提示します。

すると簡単に本人確認が取れ、その場で契約が可能です。ローンカードを自宅に送って欲しくない場合や、カードをすぐに利用したい場合にオススメの方法です。

まとめ

銀行カードローンや消費者金融カードローンを利用する場合には、運転免許証などの身分証の提出が必要です。もしも、運転免許証がない場合には、他の証明書類で代用することが可能です。

代用書類には、単体で良いものや、複数の書類が必要な場合がありますが、いずれの場合も有効期限内かどうかや、住所に誤りがないかの確認が必要です。

これらに不備があると審査に通らない可能性がでてきますので、あらかじめ確認しておきましょう。

必要書類が整ったら、WEB申込で提出すると、手軽でスピーディーなので便利ですので、ぜひ活用しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする