専業主婦が即日お金借りる方法を解説!知って安心の豆知識

銀行カードローンや消費者金融キャッシングなど、個人に無担保無保証人融資をしてくれる金融業者は、気軽にお金借りる方法ではありますが、借入条件に「安定収入があること」という条件がついていることが原則です。

ということは、本人に収入がない専業主婦は、借入申し込みをしたとしてもカードローン審査で落されてしまうのでしょうか?

実は、必ずしもそうとは限りません。専業主婦でも借入できるカードローンやキャッシングは存在します。

ここでは、専業主婦でも契約できる金融機関で、旦那に内緒でお金借りることができて、即日融資可能な方法を紹介します。

専業主婦は消費者金融から借りれないって本当?

専業主婦が即日お金借りるなら、一体どんな金融業者やカードローン会社を選ぶと良いのでしょうか?

借りやすさという意味では、アコムやプロミス、アイフルなどの消費者金融が良いと考えられています。

特に大手消費者金融の場合は自動契約機が全国各地に配備されていて、主婦が買い物ついでに借入や返済をしやすいというメリットがあります。

限度額の中で、一定金額までは収入証明書が不要である業者も多く、月々の返済額も手ごろであるため、とても借りやすい方法です。

しかし、残念ながら専業主婦は消費者金融からお金借りることはできません。その理由と、専業主婦でも消費者金融からお金借りる方法を紹介します。

総量規制の対象のため借りれない

専業主婦が消費者金融からお金借りることができない理由は、貸金業法に定める
総量規制というルールが存在するからです。

総量規制とは、貸金業者が利用者に対して、年収の3分の1を超える融資をしてはいけないというルールのことです。

その業者1社だけではなく、複数社の借入合計で、年収の3分の1を超える融資ができないため、既に他社借入がある場合には審査落ちや減額の対象となります。

しかし、そもそも専業主婦の場合には収入がゼロであるため、年収を3分の1にしてもゼロとなります。

そのような理由から、専業主婦は消費者金融からお金借りることができないのです。

専業主婦が消費者金融で借りる方法

専業主婦が消費者金融からお金借りる方法がないのかというと、実はそんなこともありません。

専業主婦でもある方法を利用すれば消費者金融からお金借りることが可能です。その方法のこと配偶者貸付といいます。

配偶者貸付は総量規制の例外的な方法で、配偶者の年収と合算して3分の1まで借りることが可能です。

ただし、配偶者であることを証明する書類の提出が必要であるため、住民票や戸籍抄本などの提出が一般的です。

そのため、わざわざ役所に行かなければならないというデメリットがあります。また、配偶者の同意書も必要となるため、配偶者に内緒で借りれません。

内緒で借りたい専業主婦には最大のデメリットとなります。

専業主婦が即日お金借りるにはどうすればいいの?

専業主婦が消費者金融を利用して、配偶者に知られずにお金借りることができないのであれば、借入は諦めないといけないのでしょうか?

実は、専業主婦でも借入可能なカードローンは数多く存在します。専業主婦が気軽に借入できる方法としては、銀行カードローンの利用が可能です。

銀行カードローンは消費者金融ほど審査通過率が高くありませんが、一方で金利が消費者金融よりも低いというメリットがあります。

消費者金融で借りようとして借りられず、諦めモードだった専業主婦も、決して諦める必要はありませんので、ぜひ問合せをしてみましょう。

銀行カードローンなら借入可能

一般的に、銀行カードローンの方が消費者金融カードローンよりも借入審査が厳しいといわれているため、専業主婦が消費者金融から借入できないと聞いた時点で、借入を諦める主婦が多いようです。

では、審査に通過しやすい消費者金融から借りれないので、審査が厳しめの銀行カードローンの利用が可能なのはなぜなのでしょうか?

実は、銀行は貸金業法の対象とはなっておらず、年収の3分の1を超える融資ができない総量規制の対象外となっています。

そのため、収入のない専業主婦にも融資することができるため、利用可能をうたっている銀行があるのです。

専業主婦でも借りれる銀行は多い

銀行カードローンがいくら総量規制の対象外だから専業主婦にも融資ができるといっても、それはあくまでもルール上の話しで、実際には専業主婦に融資してくれないのではないかと思う人もいらっしゃるかも知れませんが、ちゃんと融資している銀行はあります。

限度額は専業主婦用に設定していたり、減額となったりすることはありますが、専業主婦でも気軽な借入は可能です。

また、旦那にバレたくない専業主婦の場合、銀行ブランドの方がバレにくいというメリットもありますので、利用しやすいという特徴もあります。

専業主婦が即日お金借りれる銀行

専業主婦がお金借りれる銀行があるのであれば、一体その銀行はどこなのか?どのようなサービスがあるのか?具体的に知りたいですよね?

専業主婦でも借入ができて、しかも即日融資可能な銀行カードローンは「みずほ銀行カードローン」「八十二銀行 はちにのかん太くんカード」「横浜銀行カードローン」「ちばぎんカードローン クイックパワー」「スルガ銀行カードローン リザーブドプラン」です。それぞれの内容を1つずつ見て行きましょう。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは2.0%~14.0%の金利で借入が可能です。専業主婦の借入も可能で、専業主婦の場合は30万円が限度額となります。

みずほ銀行のキャッシュカードを持っていれば即日融資可能であり、在宅確認は携帯電話でも良いため、旦那さんにバレる恐れもありません。

八十二銀行 はちにのかん太くんカード

八十二銀行 はちにのかん太くんカードは、5.5%~14.5%の金利で借入が可能で、来店も口座も必要ありません。

また、公式サイトには「パート・アルバイト・専業主婦の方もお申込みいただけます」と明記されていますので、安心して利用することができます。

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは神奈川県や東京都に住んでいる人、勤務している人が利用可能です。

横浜銀行の口座を持っている人の場合は、手続きはwebで完結し、来店も不要です。金利は1.9%~14.6%となっており、即日利用が可能です。

ちばぎんカードローン クイックパワー

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>は、1.7% ~ 14.8%の金利で利用でき、web完結申込で即日利用可能です。

「千葉・東京・埼玉・茨城・横浜市・川崎市」で申込むことができ、来店も郵送要らないため、該当地域の場合には気軽に借入が可能です。

スルガ銀行カードローン リザーブドプラン

スルガ銀行カードローンリザーブドプランは、3.9%~14.9%の金利で利用でき、即日融資してもらえます。

振込は他の銀行口座でも良いため、わざわざ口座を作らなくても融資を受けることが可能です。

業界で初めて、ガン特約付き生命保険の付帯が可能としているため、もしもの時にローンがゼロ円になるという特徴があります。

保険料不要で付帯ができるため、とてもお得なカードローンだといえるでしょう。

まとめ

専業主婦は貸金業法に定める総量規制により、消費者金融からお金借りることはできませんが、銀行は総量規制の対象外であるため、専業主婦だとしても借り入れすることはできます。

専業主婦でも即日融資をしてくれる銀行はたくさんありますので、気軽な借入が可能です。低金利である上、旦那さんにバレにくい銀行ブランドというメリットもありますので、安心して活用しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする