自営業者がお金借りる方法!どうすれば自分もお金借りれる?

フリーランサーや個人事業主などの自営業者は、会社員と違って資金繰りに奔走するケースが多々あります。

ただし、安定性に欠くとみなされやすい自営業者は、事業資金の融資申し込みをしたところで、返済能力の審査は厳しく、借入できない可能性もあります。

その結果、生活費にも困る状況となっている人も数多くいらっしゃるようです。

そうならないためにも、自営業者がお金借りれる手段をしっかりと把握しておきたいですよね?そこで、自営業者がお金借りる方法を詳しくお伝えいたします。

自営業者のお金借りる選択肢

自営業者がお金借りるには、どのような選択肢があるのでしょうか?

一般的には公的制度を利用する方法や、銀行などの金融機関から借りる方法、銀行や消費者金融のカードローンやビジネスローンを利用するなどの方法があります。

初めて融資を受ける場合には、公的制度や銀行から融資を受けようとする人が多いようなのですが、審査が厳しかったり時間がかかるなど、ハードルが高いため、最終的にカードローンやビジネスローンに落ち着くということも多いようです。

まずは、各借入方法の特徴を見て行きましょう。

公的制度を利用する

公的制度は低金利で借入が可能であるため、多くの自営業者が借入を検討している方法です。

公的制度は大別すると、政府系金融機関による融資と、地方自治体による融資の2つがあります。

政府系金融機関による融資は、日本政策金融公庫による融資や中小企業金融公庫、商工組合中央金庫などがあります。

地方自治体の融資は、都道府県ごとにさまざまな融資制度が設けられており、金融機関が窓口となっています。

低金利というメリットがある反面、必要書類が多く、手続きがとても大変です。

また、審査も厳しいため、自営業者が気軽にお金借りる方法とはいいにくい現実があります。

銀行や信用金庫から借りる

銀行や信用金庫も、公的融資と同様に低金利でお金借りることができるため、借入を検討した自営業者も多いかと思います。

ただし、初めて利用する場合には、事業計画書をきっちりと作成し、複雑な手続きが必要です。

審査時間も1カ月以上かかることも多いため、資金繰りの必要性に直面している自営業者にとっては借入しにくい事情もあります。

また、1カ月以上審査を待った結果、結局借入ができなかった場合、かなり長い時間を無駄にすることになります。

手続きの労力や時間は、多忙な自営業者にとっては大きな負担となるため、たとえ金利が割増となっても、より手軽にお金借りることができる方法を希望する人も多いのです。

カードローンやビジネスローンを利用する

カードローンやビジネスローンは、気軽にお金借りることが可能です。

公的融資や銀行融資などと比べると、金利面でのデメリットはありますが、借入のしやすさには変えられないと考えている場合には、おすすめの方法です。

もちろん、気軽にお金借りることができるからといって、誰でも借りれるというわけではなく、公正な審査はありますので、返済能力があることが前提となります。

事業がうまく行かなくなって、借金の遅延や滞納を繰り返していたような場合には借入が難しくなるので、事業開始当初や、事業が軌道に載っていて新たな投資を必要としている時、ちょっと資金が心配になっているような時などに最適な方法です。

自営業者がカードローン利用時に注意すべきこと

カードローンは限度額の範囲であれば何度でも借入や返済ができる上、電話やウェブなどで気軽に申し込みが可能です。

そのため、目的を問わずさまざまな人が利用していますが、継続した安定収入が前提となります。

その結果、自営業者は審査が不利ということや、事業実態が分かる必要書類の提出が求められるなど、会社員に比べると若干ハードルが上がります。

自営業者でも融資にこぎつけることができるように、これらのハードルについて事前に把握しておきましょう。それぞれの内容を解説いたします。

会社員より審査が不利

カードローンは銀行カードローンも消費者金融カードローンも、一定規模の会社に継続的に勤務していて、過去に遅延や滞納などの金融事故経験がない場合には、かなりの確率で融資をしてもらうことができるでしょう。

しかし、自営業者の場合には、事業の業績がそのまま月収に打撃を与えることがあり、安定収入があると認められない場合があります。

そのため、会社員であれば難なくお金借りれるにも関わらず、自営業者の場合には審査落ちすることもあります。

審査で不利となることは事前に想定しておくほうが無難です。

ただし、安定収入が認められれば問題なくお金借りることは可能なので、まずは金融業者に相談してみましょう。

事業実態が分かる必要書類の提出

カードローンを利用してお金借りる場合には、免許証などの本人確認書類が必要です。

ただし、借入希望額が50万円を超える場合や、他社借入と合わせた希望額の合計が100万円を超える場合には、収入証明書が必要となります。

一般的に、会社員の場合には源泉徴収票や給与明細を収入証明書として提出することが多いようですが、自営業者の場合には確定申告書などを提出します。

さらに、自営業者の場合には、事業の内容や実態を確認できる書類も必要で、営業許可証や受注書、納品書など、ちゃんと営業しているということを示す書類を求められます。

あらかじめ想定しておくと良いでしょう。

ビジネスローンでもお金借りれるの?

自営業者はビジネスローンの利用も検討すると良いでしょう。ビジネスローンは事業資金として利用できるローンであり、運転資金などにも活用可能です。

事業資金や運転資金が不足している場合に、ぜひ視野に入れておきたい方法です。

ビジネスローンを利用する条件

ビジネスローンの条件は、個人事業主(自営業者)であることや、しっかりとした事業計画があること、収入証明書を提出できることなどが条件としてあげられます。

また、ちゃんと経営ができている証明という意味から、事業を始めてから2年から3年が経過していると、審査が有利になるといわれています。

屋号を持ってきっちりと申告している自営業者が対象ですので、該当する場合には利用を検討してみましょう。

ビジネスローンのポイント

ひと口にビジネスローンといっても、その内容はさまざまです。

たとえば銀行ビジネスローンの場合には10%未満でお金借りることができますが、消費者金融の場合には18%ほどのサービスもあります。

また、借入限度額や審査期間に幅があり、300万円程度を限度額としている業者があるかと思えば、1億円以上借りれる場合もあります。

即日審査から1カ月ほどの期間など、条件に大きな差がありますので、事前に下調べをしておく必要があるでしょう。

ビジネスローンの種類

ビジネスローンの下調べをしようにも、多忙な自営業者はその時間がないという人も多いかも知れません。

そこで、銀行ビジネスローンと消費者金融ビジネスローンを一覧表にて比較しておきたいと思います。

《銀行・消費者金融一覧表》

金融業者名 商品名 カテゴリ 金利 借入限度額
三菱東京UFJ銀行ビジネスローン 有活力 銀行 2.35%~9.0% 500万円~5,000万円
三井住友銀行 ビジネスセレクトローン 銀行 2.125%~ 1億円以上
りそな銀行 スーパーリテール 銀行 短期プライムレート連動型変動金利 500万円~5,000万円
アコム ビジネスサポートローン 消費者金融 12.0%~18.0%(100万円未満)
12.0%~15.0%(100万円以上300万円)
1万円~300万円
プロミス 自営業者カードローン 消費者金融 6.3%~17.8% 300万円
アイフル ビジネスアイフルカードローン 消費者金融 6.0%~18.0% 1万円~500万円

まとめ

自営業者がお金借りるには、公的融資や銀行融資などの方法がありますが、いずれも手続きが複雑で審査が厳しいため、カードローンやビジネスローンを利用する人が多いようです。

カードローンやビジネスローンは比較的気軽に借り入れができる上、手軽な利用が可能なので、資金繰りが必要となりやすい自営業者から支持を集めています。

ただし、自営業者がお金借りる場合には、しっかりとした事業計画や収入証明の提示を求められ、返済能力があることを証明する必要があります。

そのため、日々の経営を健全に行うことが前提となりますので、きっちりと事業を営むように心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする