駅でお金借りることができるって本当?財布を忘れても大丈夫

電車に乗ろうと駅まで来たものの、財布を忘れて定期券がなかったり、長距離移動で新幹線に乗ったものの、乗車券や特急券を紛失してしまったり、乗り換え切符を買おうとした時に手持ちのお金がないことに気づくなど、電車の料金に関するトラブルは結構多いのです。

そんな時、どのような方法で切り抜ければ良いのでしょうか?

実は私も過去に東京新宿駅で運賃が足りなくて、窮地に立たされた経験がありますが、何とか切り抜けることができました。

実は、そのような場合には駅でお金借りることができるのです。ネットで質問の多い、駅でお金借りる方法について分かりやすく解説します。

駅でお金を借りる方法

駅で電車に乗るだけのお金がないことに気づいた時、正直焦りますよね?

どうしても行かなければならない用事や仕事で移動する時は、何とかして行先にたどり着きたいですし、特に帰りの場合はより一層何とかしなければなりません。

駅構内や周辺に銀行ATMがないかとか、クレジットカードで対処できないかなど、さまざまな手段が頭の中を駆け巡りますが、もしも財布ごと忘れたり、落してしまっている場合には、無情にも選択肢はどんどん消えてゆくことになります。

そのような場合には一体どうすれば良いのでしょうか?

駅員さんに相談

もしも駅でお金がないというピンチに陥った場合には、駅員さんに相談してみましょう。財布を無くしてしまったなどの事情や、正当な理由があれば、運賃の分だけ貸してくれるでしょう。

ただし、必ずしも借りれるというわけではありません。中には踏み倒す目的で借りようとする詐欺行為を働こうという人もいるため、きっちりと事情を説明した上で判断されることになります。

事情が認められれば、身分証を提示することによって借りることができますが、身分証がなければ、身分を証明する手段を駅員さんと相談する必要があります。

いずれにせよ、このようなピンチの場合には駅員さんに相談すると、何らかの回答が得られます。

着駅清算というルールの利用

それにしても、どうして駅でお金借りることができるのでしょうか?それは、交通機関では着駅清算という対応を取っているからです。

お金がない場合には、最寄り駅で誓約書を書くとによって、後日清算が可能なのです。

これは、バスも同じ対応を取っています。着駅清算は、電車が遅れた時に運賃を払い戻ししてくれる清算などの方が馴染みが深いかと思いますが、実は後日清算の対応も取っているのです。

JR東日本の広報部によると、厳密には「支払い猶予願い書」を記入することで、後日清算ができるとのことですので、万一の時も安心です。

ただし、鉄道営業法では、乗車券を持たない者の乗車を禁止していますので、乗車前で切符を買うお金がない場合には、他の方法を考える必要があるでしょう。

駅でお金借りる意外に方法はないの?

乗車前の場合には、よっぽどの事情がない限り、駅でお金借りることは難しいため、他の方法を検討すべきです。熟慮すれば、実はさまざまな方法があることに気がつくはずです。

ここでは、その具体的な方法の例として「身内や友人に来てもらってお金借りる」「タクシーで帰宅して家にあるお金を払う」「交番で相談してみる」ということについて紹介したいと思います。

また、交番で借りる場合には条件がありますので、その条件についても解説いたします。

身内や友人に来てもらってお金借りる

これから乗車する時にお金がないことに気づいたら、身内や友人に頼んで駅まで来てもらいましょう。通勤時の場合には会社の同僚に頼むという手もあります。

会社の同僚は、同じ時間帯に駅周辺にいる確率が高いため、相手もわざわざ駅まで出てくることなくお金借りることができるかと思います。

身内や友人、会社の同僚から交通費を借りた場合には、後からきっちりと返せば済む話しなので、急場をしのぐことができるでしょう。

ただし、途中で何らかの新たなハプニングに見舞われないように、少し多めに借りておくことも大切です。

タクシーで帰宅して家にあるお金を払う

電車に乗車する前にお金がないことに気づいた場合には、タクシーを利用するという方法もあります。

タクシーで帰宅し、自宅前で待機しておいてもらい、自宅にあるお金で支払えば対応することが可能です。

もしも、帰宅ではなく行きの場合には、目的地で会う人にお金を借りて、タクシー代金を支払い、後から返せば良いでしょう。

ただし、目的地で会う人からお金を借りれなければ無賃乗車となってしまいますので、あらかじめ連絡をして了承を得てからタクシーに乗りましょう。

交番で相談してみる

誰にも借りるアテがない場合には、交番に相談するという方法もあります。実は交番に相談すると、公衆接遇弁償費という警察の制度があり、原則1,000円まで貸してもらうことができます。

1,000円では電車賃が足りない場合でも、途中まで行くことはできますし、知り合いのいる駅まで利用するという方法も取れるでしょう。

もちろん、警察に借りるわけですから、きっちりと返さなければならないので注意が必要です。

交番でお金借りる条件

交番に相談すると、やむを得ない事情がある場合には、お金借りることができますが、どんな状況でも借りれるというわけではありません。

交番でお金借りるためには条件があります。

その条件とは「外出先でお金を盗まれたり無くした場合」「病気やケガをしている人の救援や保護をする場合」「その他、公衆接遇に適性を期すための経費」の3つです。この条件に当てはまる場合には、交番に相談しましょう。

駅でお金に困ったらカードローンも便利

駅でお金に困った時の対策として、盲点となっているピンチ脱出法があります。それは、消費者金融カードローンやキャッシングを利用するという方法です。

特にアコムやプロミス、アイフルなどは、店舗だけでなく自動契約機が充実しているため、駅周辺にも設置されている場合があります。

これらを利用すると、急場をしのぐには十分なお金を借りることができるため、覚えておきたい方法です。

1時間程度でお金が手に入る

アコムもプロミスもアイフルも、審査が30分程度で終わるため、申し込みからお金を手にするまで、約1時間程度あれば可能となっています。

そのため、駅で右往左往していたり、対応に迷っている間に、解決してしまうというメリットがあります。

ただし、本人確認書類は必要となりますので、財布を忘れている場合には、手続きできない恐れがあります。

こういう時のために、免許証などをスマホで撮影して保存しておくと、ウェブから申し込みをして、自動契約機でローンカードを受取り、現金を引き出すことができるでしょう。

すぐに返せば金利の心配が要らない

カードローンやキャッシングを利用すると、金利がかかってもったいないと思う人もいらっしゃるかも知れませんが、大手消費者金融では、初めての利用の場合は30日間金利手数料無料としているところが多いため、利息を払わずにお金借りることが可能です。

カードローンやキャッシングを利用して交通費にあてがい、数日のうちに返済してしまえば余計な費用をかけずにピンチを脱出できることになります。

まとめ

駅でお金がないことに気づいた場合には、その状況によって最適な対策を取る必要があります。

すでに乗車してしまっている場合には、駅員さんに相談するのが得策ですし、これから乗る場合には誰かにお金を持ってきてもらうか、タクシーの利用、警察へ相談するなどが良いでしょう。

ただし、いずれも制限があるため、消費者金融の自動契約機がある場合には、そちらの利用も良いかと思います。どの方法を選ぶにしても、冷静になって行動しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする