お金借りる場合に親にバレない方法!親バレ対策を伝授

お金借りる時には、親に内緒で借りようとしている人も多いかと思います。

特に貸金業者を利用して借金する場合には、業者と契約することを親にバレないように画策している人は多いようです。

そこでこの記事では、親バレせずにお金借りる方法を詳しく解説します。

バレないうちにしっかり返済してしまえば、何事もなかったかのように普段通りの生活ができるかと思いますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

親バレせずにお金借りる4つの方法

親バレせずにお金借りるには4つの方法があります。それは「学生ローンの利用(学生の場合)」「銀行カードローンの利用」「消費者金融カードローンの利用」「クレジットカードのキャッシング」の4つです。

これらの方法は「自分は実家暮らしだから親や家族にバレる可能性が高い」と思ている人でも大丈夫な方法です。

では、どうしてこれらの方法だと親バレしにくいのでしょうか?それぞれの内容を1つずつ見て行きましょう。

1.学生ローンの利用(学生の場合)

もしも学生がお金借りる場合には、学生ローンを利用すると親にバレないで借りることができます。

なぜ親バレしにくいかというと、学生ローンという名前から親の許可などをきっちり取っているイメージがあるかも知れませんが、実は学生専門に融資している消費者金融なのです。

消費者金融は利用者目線のサービスを提供していますので、親バレしない配慮もしてくれます。

親への電話連絡や、親に宛てた自宅への郵送物もありませんので、親にバレないで借りることができるでしょう。

2.銀行カードローンの利用

銀行カードローンは手ごろな金利でまとまったお金を借りることが可能です。

審査から融資まで、ウェブだけで完結する銀行もありますし、もしもローンカードなどの郵便物が届く場合だとしても、銀行名なのでカムフラージュや言い訳がしやすい特徴があります。

勤務している会社への在籍確認の電話が入ったとしても、銀行名だと借金であることが判別しずらいので、親だけでなく周りの誰に対してもバレにくい方法だといえるでしょう。

3.消費者金融カードローンの利用

消費者金融からの借入も親バレしにくい方法です。消費者金融はweb完結申込が可能であるため、コッソリ申し込みをしても親に気づかれにくいです。

もしも家族に見られずにパソコン操作が難しい環境だったとしても、スマホで申し込みも可能ですし、全国各地に配備されている自動契約機の利用も有効です。

自動契約機は使用中にドアロックがかかるため、手続きしているところを誰かに見られる心配もありません。

さらに、職場への在籍確認の電話も、業者名ではなく個人名でかけてくれるため、銀行カードローンと同様に、家族以外の人にもバレル心配はないでしょう。

4.クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシング機能も親バレしにくい借入方法です。クレジットカードには、ショッピング枠だけでなくキャッシング枠があります。

キャッシング枠を設定しているクレジットカードの場合、定められた限度額の範囲であれば、いつでもATMを通すことで借入が可能です。

カード支払い日に滞りなくお金を返していれば、親にバレないで借りることができますので、カードローンとともにとてもお手軽な方法です。

親バレする3つの理由とは?

金融業者の利用やクレジットカードの利用は、親バレせずにお金借りる良い方法ではありますが、どれだけバレにくい仕組みが整っていたとしても、バレる可能性をゼロにすることはできません。

何らかのきっかけで、親バレしてしまう可能性はあるのです。

その中でも得に多い親バレの原因は「郵送物が見つかる」「電話がかかってくる」「カードを見られる」の3つです。これらのことに注意して、親バレを未然に防ぎましょう。

1.郵送物が見つかる

金融業者は郵送物がない業者もありますが、郵送物を送っている業者もあります。

自分宛に来ているにも関わらず、うっかり家族が開けてしまった場合や、そもそも郵送物を不審に思って問い詰められた結果、親バレするケースがあるのです。

こういったことがないように、あらかじめ郵送物対策を取っておきましょう。

小まめにポストを見たり、事前に言い訳を考えておいたりすることも良いですが、できることなら郵送物なしの業者を選んでおくと無難です。

2.電話がかかってくる

業者からの電話によって親バレするケースもあります。申し込み内容に不備があったり、返済遅延や滞納をしてしまった結果、自宅に電話がかかってきてバレる可能性があります。

携帯電話にかかってくる場合は自分で対処できますが、自宅にかかってきた場合には誰が出るか分かりませんので、対処が行き届かない可能性があります。

携帯電話が不通がちな人は、自宅にかけられる可能性が高くなってしまいますので、特に注意する必要があるでしょう。

3.カードを見られる

銀行や消費者金融のローンカードを見られたことで親バレするケースもあります。たとえば、家族の前でたまたま財布をあけた時にローンカードを見られるなどを想定しておく必要があるでしょう。

銀行カードの場合は、キャッシュカードと勘違いしてもらえる可能性が高いですが、同じ銀行のキャッシュカードを親が利用している場合にはバレル可能性はゼロではありません。

親が利用していない銀行のカードローンを利用するなどの配慮が必要です。

親にバレないための3つの方法

金融業者を利用しても、親バレはしにくいのですが、それでもどのような拍子でバレてしまうか分かりません。決して親バレしにくいと安心せず、対策は万全を期しておいた方が良いでしょう。

では、親バレしないためにできる対策にはどのようなことがあるのでしょうか?大きく分けると3つあります。

1つはweb完結申込を利用すること、1つは無人契約機を利用すること、1つはきっちりと返済することです。それぞれ詳しく見て行きましょう。

1.web完結申込を利用する

パソコンやスマホからweb完結申込をすると、ローンカードなしでキャッシングをすることが可能です。

親バレ原因の1つにローンカードがあるならば、ローンカードを利用しないことで、原因の1つをつぶすことができます。

web完結申込はとても手軽な上、審査スピードも素早いため、申し込み中にバレる可能性を軽減してくれるでしょう。

2.無人契約機を利用する

無人契約機の利用もおすすめです。たとえばパソコンで申し込みをした後、履歴を消去し忘れていると、そこから足が付く可能性があります。

スマホも家族が間違えて使おうとした場合に、ネット画面をそのまましていた場合にはバレる可能性が残っています。

しかし、無人契約機を利用する場合には、外出先で手続きできてしまうため、家族が居ない場所での手続きが可能です。

アコムやプロミス、アイフルは、全国に1,000台前後の無人契約機を配備しているため、手軽に利用することができるでしょう。

3.きっちりと返済する

親バレを気にしている人が、意外と見落としがちなのが、きっちりと返済するということです。

親にバレないで借りようとしている人は、融資が完了した段階でホッとするケースがありますが、完済するまでは油断禁物です。

返済遅延や滞納を起こすと、電話が入ったり督促状が届きますので、親バレする可能性が高くなります。そうならないように、きっちりと返済することはとても重要です。

まとめ

親にバレないでお金借りる方法はたくさんありますが、何らかの拍子で親バレする可能性はあります。

親バレの典型的な原因を理解した上で、万全の対策をとっておきましょう。ちょっとした油断でバレることもありますので、完済までは油断禁物です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする