審査なしでお金を借りる方法とは?無審査で即日借りる

金融機関からお金を借りるには審査を受けなければいけません。審査の内容は金融機関によって異なりますが、一言で言えば返済能力があるかどうかを確かめるために審査を行います。

しかし審査に通る自信がない人や、急いでお金を借りたい人からすれば審査は疎ましいもの。

できることなら審査なしでお金を借りたいと考えていることでしょう。

そこで今回は審査なしでお金を借りることは可能なのかについて解説していきます。

なぜお金借りるのに審査があるのか?

金融機関は審査で申し込み者の返済能力の有無を確認します。返済能力がない人にお金を貸してしまえば返してもらうことができず損をしてしまいます。

そして、お金を借りた側は信用を落としますし、社会的に損をすることになります。

審査なしでお金の貸し借りをすることは両者にとって損でしか無いのです。だからこそ、お金を貸す前に返済能力があるのかをチェックするために審査をするのです。

金融機関には、これまでに行ってきた融資データが蓄積されています。それをもとに、申し込み者にお金を貸してもよいかどうかを判断しています。

審査なしでお金借りることはできない?

審査なしでお金を借りたいと考えている人は多いですが、法律を守って経営している金融機関で審査なしのところはまずありません。審査なしでお金を貸すことはリスクでしか無いからです。

審査落ちの原因を考える

カードローン審査に通らないという人は、まずはなぜ審査落ちしたのか原因を考えることが大切です。

原因も分からずに申込を続けても同じことを繰り返すだけです。ここではよくある審査落ちの原因について紹介します。

申し込み条件をクリアしていない

カードローンの審査は、仮審査と本審査の2段階に分かれて行われるのが一般的です。

申し込み条件をクリアしていなければ仮審査の段階で審査落ちとなります。

仮審査で判斷される申込内容は主に次のとおりです。

  • 氏名、生年月日、性別
  • 既婚未婚、子どもの有無
  • 電話番号、固定電話の有無、運転免許証の有無
  • 自宅住所、持ち家賃貸
  • 勤務先名、雇用形態、勤務先住所、電話番号、勤務先の規模
  • 最終学歴、入社時期、年収、保険証の種類、業種、職種
  • 他社借入状況
  • 希望限度額

申し込み条件は各金融機関で異なりますので、申し込み前にかならず確認しておきましょう。

下記は人気カードローンの申し込み条件です。

会社名 申し込み条件
アコム ・20歳以上69歳以下
・安定した収入がある人
アイフル ・20歳以上69歳以下
・安定した収入がある人
プロミス ・20歳以上69歳以下
・安定した収入がある人
モビット ・20歳以上69歳以下
・安定した収入がある人
三井住友銀行 ・20歳以上69歳以下
・原則安定した収入がある人
みずほ銀行 ・20歳以上66歳未満
・安定した収入が見込める人
新生銀行レイク ・20歳以上70歳以下
・安定した収入がある人

金融事故情報があれば即アウト

カードローン審査において、審査落ちの原因で特に多いとされているのが金融事故情報です。

いくら所得が高くても、大企業に勤めていても金融事故情報があれば即審査落ちとなります。

カードローン会社は審査時に申し込み者の信用情報を照会します。

信用情報を紹介すると次の情報が分かります。

  • 個人情報
  • ローン、クレジットカード、携帯電話の割賦払い、奨学金の支払状況
  • 金融事故情報

要するに信用情報を見ることで、「他社でいくらお金を借りているのか」「支払いは順調なのか」「過去に返済で問題を起こしていないか」が分かります。

具体的に次のようなことをしてしまうと金融事故として登録されます。

  • 長期延滞
  • 債務整理
  • 代位弁済
  • 強制解約

金融事故情報の登録期間

金融事故情報が登録されるとカードローン審査は通りません。しかし、一度事故情報が登録されると永久的に審査通過できないわけではありません。

事故情報は、一定期間を過ぎると消えますので新たに借りることは可能です。

下記は事故情報の種類と登録期間をまとめたものです。

事故情報の
種類
CIC JICC KSC
延滞 5年 1年 5年
代位弁済 5年 5年 5年
任意整理 5年
民事再生 5年 10年
自己破産 5年 5年 10年

カードローン会社は複数の信用情報機関に加盟していますし、各機関で事故情報は共有されていますので、事故情報が登録されている間は加盟している信用情報機関が違うカードローン会社で申込しても審査通過は難しいです。

携帯電話の分割払いや奨学金の返済も注意

カードローンやクレジットカードを利用したことがなければ金融事故を起こすこともない、というわけではありません。

実は携帯電話の割賦払いや奨学金の返済延滞の場合も金融事故情報が登録されてしまうのです。

スマホは本体代金が高いため、分割払いで購入される人がほとんどでしょう。分割で払うということは、その情報が信用情報に登録されてしまいます。

ローンやクレジットカードを利用したこと無いのに審査落ちしてしまった場合は、携帯電話や奨学金の返済を滞納してないか疑ったほうが良いでしょう。

他社借入が多いと審査通過は難しい

信用情報を照会すれば他社からいくら借りているのかが分かってしまいます。

他社借入があると絶対に審査に通らないわけではありませんが、審査に影響することは間違いないです。

何社から借入れをしていると審査に通らないかの基準は金融機関によって異なりますが、一般的には4社以上から借入していると審査通過は難しいです。

借入額は総量規制に抵触していると審査はとおりません。消費者金融の場合、年収3分の1までしか借りることができませんので、これを超えてしまうようであればアウトです。

銀行カードローンは総量規制対象外ですが、収入に見合わない借入れをしていれば審査落ちは免れないでしょう。

だからといって「他社借入はない」とウソをついてしまうと、信用情報からバレてしまいますので申告は正直に行いましょう。

信用情報が真っ白でも審査落ちする可能性あり

事故情報が登録されていると審査に通らないのであれば、逆に何の登録もされていない状態の場合はどうなのでしょうか?

事故情報がない状態をホワイト、事故情報がある状態をブラックと言います。そして、ローンやクレジットカードを一度も使ったことがなく信用情報が全く登録されていない状態をスーパーホワイトと言います。要するに現金主義です。

信用情報に登録が一切ない人への貸付について、ためらうカードローン会社は少なくありません。

何故なら、

  • 信用力の判断ができない
  • 債務整理をした可能性がある

上記2つの理由が挙げられます。

ローンやクレジットカードを利用したことがなければ、きちんと返済してくれるかどうかがわかりません。

「本当に信用して良いのか?」と審査担当者は迷ってしまうわけです。

債務整理をすると金融事故情報が登録されますが、一定期間を経過すれば信用情報は真っ白な状態に戻ります。

つまりスーパーホワイトの人と同じですから、債務整理経験者ではないかと疑われてしまうわけです。

自分の信用情報を開示してみる

自分の信用情報に延滞などの事故情報が登録されているかなんて分からない、という人がほとんどでしょう。

もしかしたら返済に遅れたことがあるかもと不安なのであれば、自分で信用情報を確認すると良いです。

CIC、JICC、KSCともにインターネットや郵送で自分の信用情報を取り寄せることができます。

信用情報に不安がある人はカードローンに申込する前に一度信用情報の開示請求をすると良いでしょう。

審査が不安だから審査なしでお金借りたい時は?

低収入や勤続年数が短いなどの理由で審査が不安という人は多いです。そんな時は、大手消費者金融に申し込むと良いでしょう。

無職や専業主婦は借りられませんが、パートやアルバイトでも安定収入があれば審査通過の可能性は十分にあります。

成約率の高いカードローン3選

何故、審査が不安な人が大手消費者金融に申し込むのが良いのか、それは成約率が他の金融機関よりも高いからです。

成約率が高いということはそれだけ新規貸付に積極的ということであり、審査基準は比較的緩やかであることが推測できます。

大手消費者金融では自社カードローンの成約率を公表していますので、これを参考にどこに申込むか決めると良いでしょう。

アコム:成約率47.6%(2016年10月~2017年3月)

借入限度額 最高800万円
金利 3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
即日融資 可、土日祝日も可
無利息期間 契約日の翌日から30日間
WEB完結
メリット ・楽天銀行口座があれば土日祝日も即日振込可能
・銀行グループの上場企業で安心
デメリット ・35日サイクルの返済を選ばないと無利息期間を利用できない
・提携ATM手数料が有料

消費者金融の老舗であるアコム。顧客のニーズに徹底的に応えるサービスは昔から好評を得ていました。

無人契約機を日本で最初に設置した企業ということもあり、融資スピードはピカイチ。

三菱UFJフィナンシャルグループの上場企業ということもあり安心して利用できる消費者金融の1つです。

本来、当日の振込融資は平日のみとなりますが、アコムでは楽天銀行の口座を持っていると土日でも即日で振込融資を受けることができます。

アイフル:44.0%(2016年10月~2017年3月)

借入限度額 最高500万円
金利 4.5%~18.0%
審査時間 最短30分
即日融資 可、土日祝日も可
無利息期間 契約日の翌日から30日間
WEB完結
メリット ・カード配達時間指定サービスがある
・個人名で振込融資してくれる
・電話で優先的に審査してくれる
・低金利でおまとめローンが利用できる
・女性専用ダイヤルが設けられている
・書類で在籍確認OK
デメリット ・返済時に手数料がかかる
・自社ATMが少ない

ローンカードを郵送で受け取る場合、通常は日時や時間帯の指定をすることができません。

しかしアイフルではカードの配達時間を指定できるサービスがあります。家族にバレない時間帯でカードを受け取ることができます。

また申し込み後、電話で急いでいることを伝えれば優先的に審査をしてくれます。通常よりも早くお金を借りることができます。

プロミス:42.3%(2016年10月~2017年3月)

借入限度額 最高500万円
金利 4.5%~17.8%
審査時間 最短30分(融資は最短1時間)
即日融資 可、土日祝日も可
無利息期間 初回借入日の翌日から30日間
WEB完結 可、カードレスも可
メリット ・自分のタイミングで無利息期間を利用できる
・審査、融資時間が早い(業界トップクラス)
・最短10秒で振込完了
・カードレスでWEB完結できる
デメリット ・提携ATMの利用には手数料がかかる

プロミスの無利息期間は、初回借入れをしてから開始となります。

借入れをしない限りは無利息期間が勝手に始まることがないため、自分のタイミングで無利息サービスを利用できます。

また審査・融資時間が非常に早く、最短1時間で融資をうけることも可能です。

審査してる時間もないほど急いでいる時は?

急な出費で審査している時間もないくらい急いでいる人もいるでしょう。しかし、残念ながらカードローン審査は必ずあります。

今すぐにでもお金を借りたいのであれば、即日融資に対応したカードローンを選ぶと良いでしょう。

即日融資に対応したカードローンでお金借りるのがベスト

最近のカードローンは即日融資に対応している会社が多いです。銀行カードローンでも申込んだその日にお金を借りられるところもあるほどです。

ただし、即日融資を謳っているカードローンでも、条件が厳しく実際に即日でお金を借りるのが難しいところが多いです。そんな中、特に即日融資に長けているカードローンを5つ紹介したいと思います。

下記のカードローンは、即日融資の条件をクリアしやすい上に夜間や土日祝日、来店不要でも即日融資を受けることができます。

商品名 審査時間 融資時間
プロミス 最短30分 最短1時間
アコム 最短30分 最短即日
アイフル 最短30分 最短即日
モビット 最短30分 最短即日
新生銀行レイク 即時 最短50分

注目すべきはプロミスカードローンです。申し込み~融資まで最短1時間で完了させることもでき、このことはプロミス自ら公表しているほどです。

それだけ融資スピードに自信がある証拠です。ちなみに最短1時間融資は、WEB上で申し込み~契約した場合の融資時間です。

つまり自宅にいながら最短1時間でお金を借りることができるということです。

新生銀行レイクは最短50分とプロミスよりも早いですが、この場合、無人契約機で申し込みした場合となります。

無人契約機までの移動時間を考えると、融資時間はプロミスのほうが早いといえるでしょう。

WEB完結なのに郵送物あり?カードレスで契約できる会社はある?

WEB完結とは、申し込み~借入れまで全てWEB上で完結できる申込み方法です。

すべての手続をWEB上で済ませるため、自宅から一歩も外に出ることなくお金を借りることができる便利な申込み方法です。もちろん即日で融資をうけることも可能です。

しかしWEB完結で申込する上で1点だけ注意しなければいけないことがあります。それはローンカードの郵送です。

WEB完結で契約すると、後日、ローンカードが郵送で自宅に届けられてしまいます。家族バレを避けたい人にとってはネックとなる部分と言えます。

WEB完結で契約したいけどローンカードの郵送は止めてほしいという場合は、下記のカードローンを選ぶと良いでしょう。

  • プロミス
  • モビット
  • 新生銀行レイク

上記3社は、WEB完結をカードレスで行うことができますので、自宅に郵送物が届くことがなく家族に内緒で安心して借りられます。

もしカードがほしいとなったとしても後からカード発行は可能ですのでその点も安心してください。

消費者金融と銀行カードローンどっちが早い?

消費者金融だけでなく銀行カードローンでも即日融資に対応しているところはありますが、基本的に即日で融資をうけられる確率が高いのは消費者金融です。

銀行カードローンの場合、即日融資の条件が消費者金融よりも厳しいです。

よくある銀行カードローンの即日融資の条件に次のようなものがあります。

  • その銀行の口座を持っている
  • 平日かつ午前中のうちに契約完了できる

銀行カードローンの場合、返済は口座引き落としで対応するところが多く、しかも口座はカードローンを運営する銀行のものでなければいけないとしているところがほとんどです。

その銀行の口座を持っていない場合は口座開設すれば申込可能ではありますが即日融資には間に合いません。

また銀行カードローンの即日融資は銀行口座への振込が基本です。当日中に入金されるには、銀行の営業時間内に手続きを完了させなければいけません。

そのためにも、午前中のうちに契約を完了させないとアウトとしている銀行が多いです。

しかも土日祝日は銀行窓口が休みとなるため、平日しか即日融資ができません。

以上のように銀行カードローンは即日融資可能でも、条件が厳しいため即日で借りるのは難しいです。

確実に即日でお金を借りたいという場合が大手消費者金融一択で申し込むのが良いでしょう。

誰にもバレたくないから審査なしでお金借りたい時は?

カードローンの利用がバレてしまう原因は主に2つあります。

  • 金融機関からの郵送物
  • 職場への在籍確認の電話

内緒でカードローンを利用するためには、上記2つを防ぐ必要があります。

大手消費者金融ならバレずに借りられる

大手消費者金融なら自宅への郵送物なしでお金を借りることが可能です。

申し込みはWEBからで構いませんが、契約手続きは無人契約機で行いましょう。

無人契約機ではその場で契約書類とローンカードを発行してくれますので、自宅へ郵送物が届けられることはありません。

銀行カードローンは家族バレする可能性あるので注意

銀行カードローンは消費者金融に比べて家族バレする可能性がありますので注意が必要です。

銀行カードローンによってはキャッシュカード兼用型のものもありますが、ローンカードの郵送はなくても利用明細書が4ヶ月に1度くらいのペースで送られてきます。

WEB明細に対応している銀行カードローンはまだまだ少ないですから、銀行カードローンを利用する際は利用明細に注意するようにしましょう。

職場にバレずにお金借りるには?

カードローン審査では在籍確認のために勤務先に電話をかけます。

本人以外にバレないよう配慮してくれますので、会社の同僚が電話応対したとしてもバレル可能性というのはそれほど高くはないです。

しかし、在籍確認が原因で職場にバレてという人がいるのも事実です。

職場バレを防ぐには、勤務先への電話をなしにする以外ありません。

下記のカードローン会社であれば、勤務先への電話を省略してくれる可能性があります。

  • モビット
  • アコム
  • アイフル
  • 新生銀行レイク

特にモビットは職場への電話連絡なしを公表しているくらいですから、希望すれば在籍確認の電話を省略してくれるでしょう。

電話をなしにしてもらいたい場合は、申込後すぐにカードローン会社に電話してその旨を伝えなければいけませんので、その点を忘れないように注意しましょう。

生命保険の契約者貸付なら無審査でお金借りることができる!

消費者金融や銀行など貸金業者や金融機関からお金を借りるには必ず審査を受けなければいけません。

しかし、保険会社からお金を借りる場合は審査なしだということをご存知でしょうか?

生命保険の契約者貸付制度は無審査の上に、融資が比較的早く低金利です。

生命保険を契約していてお金を借りたいと考えている人は、ぜひ検討して見る価値はあるでしょう。

違法じゃないの?無審査で借りられる理由

「審査なし」と聞くと違法なのでは?と思うかもしれませんが、契約者貸付制度は解約返戻金の範囲内でお金を借りる制度ですから違法ではありません。

解約返戻金とは、保険解約時に戻ってくるお金のことで、もともと自分が積み立てたお金ですから審査はないのです。

審査がないため個人信用情報に借入れの記録が登録されることもありません。

審査なしを謳っている業者はヤミ金

契約者貸付制度が無審査で借りられるのは、解約返戻金を担保に貸付するからです。

担保があれば万が一返済不能になっても、お金を貸した側は債権を回収することができますので審査が不要なのです。

しかし無担保融資で審査なしを謳っている場合は、違法業者である可能性が高いですから注意しなければいけません。

正規の金融機関で審査なしを謳っているところはまずありません。審査なしでも融資ができるとすればヤミ金融ぐらいです。

闇金は無職の人でも審査なしでお金を貸します。返済能力がない人にでもお金を貸すのは、どんな手段を使ってでも取り返すというスタンスを取っているからです。

仮にお金を貸した相手から回収できなくても、家族や友人、会社の同僚などから取り立てようとしてきます。

最近多いソフト闇金にも注意

最近は、ソフト闇金と呼ばれるヤミ金が増えてきています。テレビの特集などで知っている人もいるでしょう。

ソフトという言葉から安心できる印象を受けてしまうかもしれませんが闇金であることに変わりはありません。

ソフト闇金とは、対応が一見丁寧で親切、相談にも親身に乗ってくれます。

厳しい取り立てがなく、返済についてもある程度の融通を効かせてくれます。

金利はヤミ金よりも安いです。もちろん違法金利ですから一般の金融機関と比べると高いです。

相談にのることで債務者の信頼を得て、警察や弁護士への駆け込みを食い止めているのです。

また、同じようにお金に困った知人を紹介するよう持ちかけ、返済が苦しくなると知人同士で返済するよう促してきます。

知人に迷惑をかけたくない思いから利息だけでもと返済します。

当然ながら利息だけの返済ではいつまで経っても元金は減らず完済に近づけません。

延々と利息のみを払うはめになり、借金地獄から抜け出せない生活に陥ってしまうのです。

ヤミ金やソフト闇金は、正規の金融機関で借りられないような訳ありの人をターゲットにあの手この手を使って勧誘しています。

くれぐれも無審査を謳っている業者からお金を借りるようなことはしないでください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする