ローソンでお金借りることが可能な業者はズバリどこ?

銀行カードローンや消費者金融キャッシングなど、金融機関からお金借りる場合には、店舗なネット、郵送、提携先ATMなどの方法があります。

さらに、コンビニATMから借入れや返済もできるため、外出先で便利に利用することが可能です。

この記事では、数あるコンビニの中から、全国でサービスを展開しているローソンをピックアップし、お金借りることが可能な業者について紹介します。

ローソンでお金借りることが可能なメガバンク

銀行カードローンは、低金利である上、ローンカードが銀行名で発行されているため、キャッシュカードと見分けがつきにくい特徴があります。

そのため、借金をしていても、単なる出金や支払いと変わらず、周りの人にバレにくいという特徴があります。

そんな銀行カードローンの中で、ローソンでお金借りることが可能なメガバンクを紹介します。

三菱東京UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、1.8%~14.6%の金利で、最大500万円までの借入れが可能です。

注意点

原則24時間、ローソンで利用することができますが、月曜日の1:00から5:00は利用不可となります。

三菱東京UFJ銀行の口座を持っていない人も申し込みできますし、借り入れも返済も、ATM手数料無料となっていますので、お得な借入れが可能です。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、4.0%~14.5%の金利で、最大800万円までお金借りることが可能です。

月々の返済は2,000円からとなっていますので、生活に支障が出ないように返して行くことができるでしょう。

利用ATM手数料は無料なので、安心して活用することができます。

ローソンでの利用は、第2月曜日の1:00から5:00を除き、原則24時間対応となっています。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、2.0%~14.0%の金利で、最大800万円まで借入れ可能です。

ウェブ完結申し込みだと24時間対応という利便性がある上、提携ATM利用手数料は時間外でも無料となっているため、お得にお金借りることができるでしょう。

みずほ銀行のキャッシュカードを持っていれば、カードローン口座が開くと、そのキャッシュカードですぐに取引できるため、借入れまでの手順が楽という特徴もあります。

ローソンでお金借りることが可能なネット銀行

ネット銀行カードローンの利用も増えています。

ネット銀行とは、店舗を持たない銀行のことで、全ての取引がネット上だけで完結してしまう銀行です。人件費の節約ができる分、金利や限度額に融通性があるため、多くの人が活用しています。

ここでは、ローソンでお金借りることが可能なネット銀行として、

  • 「楽天銀行カードローン」
  • 「住信SBIネット銀行カードローン」
  • 「オリックス銀行カードローン」

を紹介します。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは、1.9%~14.5%の金利で、最大800万円までお金借りることができます。

2018年1月17日~3月15日の間は0.95%~7.25%と金利が半額になるキャンペーンを行っていますので、よりお得な借入れが可能です。

この期間外でも、お得なキャンペーン情報はチェックしておくと良いでしょう。

楽天銀行カードローンは、スマホで手軽に申し込みができ、面倒な申込書類の記入も要りません。

必要書類はアプリから提出すれば簡単なので、気軽に申し込みができるでしょう。

住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローンは、0.99%~14.79%の金利で、最大1,200万円までお金借りることができます。

仮審査は最短60分のスピード審査であるため、いち早く結果を知りたい場合に助けとなってくれるでしょう。

返済は普通預金口座から自動引き落としがされるため、返済忘れによる遅延や滞納の心配をする必要がありません。

また、随時、追加返済もできますので、まとまったお金ができた時に繰り上げ返済が可能です。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは、1.7%~17.8%の金利で、最大800万円までお金借りることができます。

来店も不要ですし、口座開設も不要であるため、手軽に契約ができるでしょう。

また、利用可能なATMは全国に97,000台以上を誇っており(2017年5月末時点の台数)、利便性が高いと評判です。

ローソンATMの利用時間は、0:15から3:00と、4:10から23:50で、1日のうちのほとんどの時間帯で取引ができます。

ローソンでお金借りることが可能な消費者金融

銀行カードローンの審査に自信がない場合には、消費者金融からお金借りる方法もあります。

大手消費者金融の場合には、銀行に引けを取らない安全性がありますし、プライバシーにも配慮してくれるため、家族にもバレずに借りることができるでしょう。

そして、大手消費者金融もローソンで取引ができます。
ここでは、ローソンで取引可能な業者として、

  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • SMBCモビット

を紹介します。

「アコム」カードローン

アコムは3.0%~18.0%の金利で、最大800万円までお金借りることが可能です。

無人契約機や女性専用ダイアル、リボ払い専用のクレジットカード発行など、ハイレベルなサービスを提供していることで知られているため、多くの人から支持されています。

ローソンでの利用時間は、月曜日の1:00から5:00を除く、原則24時間となっており、1万円以下は手数料108円、1万円以上は手数料216円です。

ハイレベルなサービスを便利に利用するには最適の消費者金融といえるでしょう。

「アイフル」カードローン

アイフルは、4.5%~18.0%の金利で、最大500万円までお金借りることができます。

消費者金融の中でも唯一の東証一部上場企業で、その安心感から多くの人が利用しています。

サイト上で借入れできるかどうかの目安が分かる「1秒診断」が便利であるため、借りたいけれど1歩踏み出せない人に勇気を与えてくれます。

ローソンATMの利用は7:00から23:30となっており、朝から深夜までの利用が可能です。

「プロミス」カードローン

プロミスは、4.5%~17.8%の金利で、最大500万円まで借入れ可能です。

はじめてプロミスを利用する場合には30日間無利息サービスを提供していたり、アコムに匹敵するほどの自動契約機の台数を誇っており、便利でお得に利用できる消費者金融です。

ローソンでの利用は、月曜日の0:00から7:00を除く、原則24時間となっていますので、基本的にはいつでも利用することが可能です。

「SMBCモビット」カードローン

SMBCモビットは、3.0%~18.0%の金利で、最大800万円までお金借りることができます。

WEB完結申し込みが手軽であることや、スマホアプリを利用すると、ローンカードがなくても取引ができるため、顧客満足度が高い消費者金融として知られています。

ローソンでの利用時間は、設置場所によって異なるため、お近くのローソンでの利用時間をチェックしておくと良いでしょう。

まとめ

ローソンでは、さまざまな業者のカードローンが利用可能です。

借入れだけでなく返済もできますので、外出ついでに取引すると良いでしょう。

メガバンクでカードローンを利用している人も、ネット銀行を利用している人も、そして、消費者金融を利用している人も、とても便利に取引ができますので、お近くにローソンがあるかチェックしておくと良いでしょう。

ただし、例外的に利用できない時間帯がありますので、あらかじめお使いの金融業者で使えない時間帯は把握しておいた方が無難です。いざという時に慌てないように想定しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加