無職がお金を借りる方法を徹底解説!学生、年金受給者、失業中の人は必見

金融機関からお金を借りるには「働いて収入がある」ことが前提条件となります^p1が、無職で収入がないからこそお金を借りたいと考える人が多いです。

「無職ではお金を借りることはできない」と諦めてしまいがちですが、実は無職でも条件によってはお金を借りることは可能です。

今回は無職でもお金を借りる方法を解説します。

目次

無職でもお金借りる方法はある?

結論から言えば無職でもお金を借りることは可能です。

ただし、そのためにはいくつかの条件がありますので、決して無条件で借りられるわけではないということを理解しておいてください。

無職では借りたお金を返すことができず、金融機関はただ単に損をしてしまいます。

また返済の滞納が続けば信用情報に傷がついてしまい、カードローンやクレジットカードに申込しても審査通過することはできません。

では、どうすれば無職の人がお金を借りることができるのでしょうか?

無職の種類とお金を借りる方法

まず一口に無職と言ってもそのタイプは様々です。無職のタイプは主に次のように分けられます。

無職の種類 お金を借りる方法
専業主婦 ・配偶者貸付
・銀行カードローン
ニート 不可
学生 ・学生ローン
・クレジットカードキャッシング
・内定者専用ローン
年金受給者 ・高齢者向けの銀行カードローン
・年金担保融資
・リバースモーゲージ
失業中、転職中の人 ・契約者貸付制度
・生活福祉資金貸付制度

専業主婦

家事や子育てに従事する既婚女性を専業主婦と言います。

中には収入を得ている方もいますが、多くの専業主婦は無職であることが多いです。

原則として無職はカードローンの利用不可となりますが、例外的に専業主婦の場合は一部の金融機関のカードローンでお金を借りることが認められています。

ニート

主に家事、通学、就業をせず職業訓練も受けていない方を指します。

親の扶養を受けているため自身に収入がなくても生活していくことができている状態です。

カードローンはもちろんですが、公的貸付制度の利用条件にもあてはまらないためお金を借りることはできません。

学生

学生は社会的に見れば無職ですが、どちらかと言うと学業に専念しているとの認識が強いです。

学校に残り研究するか社会に出て会社勤めをするなど将来性が明るいですが、安定収入を得るのに時間がかかります。

学生専用のローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることが可能です。

年金受給者

公的年金を受給して生活を送っている人です。基本的には年金だけで暮らしている人が多いですが、中には働いて年金以外の収入源を確保している人もいます。

年金による収入があるとは言え、定職についていなければ無職に分類されます。

金融機関によっては年金収入を立派な安定収入とみなし融資してくれるところもあります。また年金を担保にお金を借りることも可能です。

失業中、転職中の人

勤めていた会社が倒産またはリストラにあい無職の状態にいる人です。

無収入のためカードローンの利用は無理ですが、生命保険の契約貸付制度や生活福祉資金貸付制度など失業中でもお金を借りる方法が用意されています。

専業主婦でもカードローンを利用できる

自分に収入がない専業主婦でもカードローンでお金を借りることは可能です。具体的な方法は次の2つが挙げられます。

  • 配偶者貸付
  • 銀行カードローン

総量規制が導入されたことで専業主婦の借入は難しくなりましたが、上記2つの方法は総量規制対象外・例外であるため専業主婦でもお金を借りることができます。

配偶者貸付は高金利な上に旦那にバレるリスクが高いので注意

配偶者貸付は総量規制の例外のため、専業主婦でもお金を借りることができます。

自分と配偶者の年収を合算した金額の内、3分の1以内の借り入れができるのが、配偶者貸付です。

配偶者貸付のメリット・デメリット

メリット ・収入のない専業主婦でも利用可能
デメリット ・提出書類が多い
・旦那に内緒にできない
・大手消費者金融で利用できない

専業主婦でもお金を借りることができるのはありがたいですが、メリットよりもデメリットが目立ちます。

旦那には内緒にしておきたい、そう考えている主婦が多いかと思いますが配偶者貸付では配偶者の同意書を提出しなければいけませんので、バレずに借りることができません。

そして配偶者貸付を受け付けている業者は非常に少なく、今現在利用可能なのは中小の消費者金融のみとなっています。

正規の貸金業者とは言え、知名度の低いところからお金を借りるのには些か抵抗を感じる人は少なくないはずです。

また配偶者貸付の金利は利息制限法で定める上限20.0%ギリギリとなります。銀行カードローンなら14%前後で借りられます。

真っ先に配偶者貸付を利用する必要はないでしょう。

専業主婦は銀行カードローンがおすすめ

専業主婦の借入が難しいのは総量規制があるためです。これにより借入限度額は原則年収3分の1までに引き下げられました。

専業主婦の年収は0円のため、総量規制に基づいて融資を行っている業者からお金を借りることはできません。

しかし銀行は総量規制対象外でですから無収入の専業主婦でも利用できます。

銀行カードローンは消費者金融に比べて金利が低いので、返済時の利息負担が軽くて済みます。

その上、配偶者の同意書なしで申込むことができますので旦那に内緒で借りることも可能です。

銀行カードローンのメリット・デメリット

メリット ・消費者金融よりも低金利
・配偶者の同意書なしで借りられる
・最短即日融資も可能
デメリット ・審査がやや厳し目
・専業主婦は少額しか借りられない

旦那にバレずにカードローンを利用するには

旦那にバレずに銀行カードローンを利用するには次のことに気を付けてください。

  • 銀行からの郵送物
  • カードの取扱
  • 銀行口座

カードローンの申し込み・手続きは郵送でやりとりするところが多いです。

自宅に届いた郵送物を旦那に見られてカードローンの利用がバレる危険性があります。

郵送物の中身を見られなければ基本的にバレルことはありませんが、自分宛て以外の郵便物も勝手に開けてしまうような人であればバレてしまうでしょう。

郵送物でバレる危険があるという人は、郵送物なしで利用できる銀行カードローンを選ぶと良いでしょう。

郵送物なしで利用可能な銀行カードローンは、三菱東京UFJ銀行バンクイックと新生銀行カードローンレイクの2社です。

どちらも人気のカードローンですのでチェックしてみてください。ローンカードを見られてしまいバレてしまうケースは案外少なくありません。

カードを見られる心配があるという人は、キャッシュカード兼用のカードローンを利用する、もしくはカード不要で利用可能なカードローンを選ぶようにしましょう。

キャッシュカード兼用のカードローンはみずほ銀行カードローン、カードなしで利用できるカードローンは新生銀行カードローンレイクとなります。

銀行カードローンの場合、返済は口座引き落としになるところが多いです。通帳の履歴からバレてしまうこともありますので、カードローン返済専用の口座を新たに作ることをおすすめします。

ニートがお金を借りることはできない!?

ニートということは経済的援助をしてくれる親がいるということになります。

無職で収入がないわけですからカードローンの審査を通過することはできません。また公的な融資制度も当然利用できません。

公的制度には、生活福祉資金貸付制度や生活保護などがありますが、これらの利用条件はかなり厳しいです。

生活福祉資金貸付制度は、低所得世帯かつ病気やケガで働けない世帯が貸付対象となります。

個人ではなく世帯に対してお金を貸すため、世帯の経済状況が特に問題なければ借りられませんし、個人的な理由で借りることもできません。

生活保護は、働けないとしても援助してくれる人がいれば利用することはできません。

このようにニートは、お金を借りることはできません。パートやアルバイトでも構いませんので定職に就き収入を得ることから始めましょう。

無収入の学生がお金を借りる方法

学生でもお金を借りる必要がある場面は多々ありますが、そもそも学生でもお金を借りることができるのかに疑問を抱く人が多いことでしょう。

学生は学業に専念している無職の学生とアルバイトで収入のある学生に分けられます。

学生であってもアルバイトで収入があれば大手消費者金融や銀行のカードローンでお金を借りることが可能です。

その一方で無収入の学生は、大手消費者金融や銀行カードローンを利用することはできません。

実際に各金融業者の利用条件には「安定収入のある方」と決められていますので申込んだところで審査を通過することはありません。

しかし、無職の学生でもお金を借りる方法はあります。次に挙げる3つの方法であれば、収入がない学生でもお金を借りることができます。

  • 学生ローン
  • クレジットカードのキャッシング
  • 内定者向けローン

それぞれ詳しく見ていきましょう。

審査は激甘!?学生ローン

学生がお金を借りる方法としておすすめなのが、学生ローンです。

学生ローンは学生の利用に特化したローンで、大手消費者金融や銀行カードローンを利用できない学生も学生ローンなら利用が可能です。

学生ローンも消費者金融に分類される貸金業者ですが、アコムやプロミスなど大手の消費者金融に比べて学生が利用しやすい環境であることが大きな違いといえます。

勤務形態などはアルバイトのみが対象となりますが、勤務実績などは大手に比べて緩やかとされています。

また勤務先へ在籍確認を行わず、申し込み者本人への確認などで審査完了させる学生ローン業者も少なくないです。

学生ローンの融資限度額は最大で50万円です。仮にアルバイトをしている学生であっても高額な借り入れはできません。

また大手消費者金融のように借入返済を繰り返すことはできません。追加融資を受けるにはその都度審査を受けなければいけません。

下記は、主な学生ローンの限度額、金利、利用条件となります。

商品名 限度額 金利 利用条件
アミーゴ 3~50万円 14.40~16.80% 安定収入と
返済能力がある人
カレッジ 1000~50万円 15.0%~17.0% 安定収入が
ある人
マルイ 1~50万円 15.0%~17.0% 安定収入が
ある事
フレンド田 1~50万円 15.0%~17.0% 安定収入を
確保している方

利用条件にはいずれも「安定収入がある」こととされています。

無収入の学生は利用できないように思えますが、学生ローンの場合、親が連帯保証人になってくれれば融資してくれるところもあります。

連帯保証人がいれば学生ローン業者の貸し倒れのリスクは低いため、無職の学生でも比較的容易にお金を借りられるのです。

学生ローンのメリット・デメリット

メリット ・未成年でも利用できる場合がある
・大手よりも審査が緩やか
・学費以外のことにも使える
デメリット ・借り入れ、返済に手間がかかる
・限度額が低い

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードにはショッピング機能とキャッシング機能の2つの機能が備わっています。

キャッシング機能を使えれば学生でもクレジットカードでお金を借りることができるようになります。

クレジットカード会社によっては、学生や若年層向けにカード発行しているところもあります。

年収がなくても学生として申し込めばカード入会できますので、無職の学生でもクレジットカードを持つことができます。

クレジットカードのキャッシング機能は必ず付与されるわけではありません。カード会社の審査によって決められます。

カード発行自体はアルバイト収入の有無はあまり関係しませんが、キャッシング枠は総量規制の対象となるためアルバイト収入が関係してきます。

総量規制の対象となるのは貸金業者です。貸金業者は個人顧客に対し貸し付けることができるのは年収の3分の1までとなります。

収入がない人には貸付ができないということになります。

しかし、あくまで対象となるのは貸金業者です。クレジットカード会社は貸金業者に含まれますが、銀行は総量規制対象外です。

つまり、無職の学生がキャッシング枠付きのクレジットカードを作るには、銀行が発行するクレジットカードを選べばよいということです。

銀行系クレジットカードはイオン銀行や地方銀行などが該当します。無職の学生は、これらの金融機関でクレジットカード発行を検討すると良いでしょう。

クレジットカードキャッシングのメリット・デメリット

メリット ・ATMで24時間いつでも現金を引き出せる
・キャッシング枠が付与されていれば新たに審査や手続きが不要
・海外ATMで現地通貨を引き出せる(両替よりもお得)
デメリット ・不正利用の保証対象外
・ポイントがつかない
・ショッピングよりも金利が高め

内定者向けローンならバイトしてない学生でも借りられる

銀行や労働金庫によっては内定して勤務先が決まっている学生に向けた専用のローンを提供しているところがあります。

内定者専用ローンと言い、たとえば東京都民銀行では「大学卒業予定者ローン」というローン商品があります。

商品名 限度額 金利 資金使途 利用条件
東京都民銀行大学卒業予定者ローン 最高50万円 8.8% 運転免許取得、卒業旅行、引っ越しなど ・内定がある大学新卒者
・勤務先の事業拠点が東京または周辺にある
・20歳~30歳未満
・日本国籍

上記の他にも内定者向けのローンを取り扱っているのは武蔵野銀行、静岡ろうきん、長野ろうきんなどが挙げられます。ただし、内定者向けのローンはエリア限定となるため、誰でも利用できるわけではないのがデメリットと言えます。

内定者専用ローンのメリット・デメリット

メリット ・カードローンよりも低金利
・バイトしていなくても内定があれば借りられる
デメリット ・利用するためのエリア制限がある

資金使途は限定されてしまいますが、全国の信用金庫でも内定者が利用可能なローンがあります。「しんきんカーライフプラン」という融資商品で免許取得や車関連費用に使うことができます。

商品名 限度額 金利 資金使途 利用条件
しんきん
カーライフプラン
最高200万円 2.38~3.08% 車・バイクの購入費用、車検、修理、パーツオプションの購入、自動車保険 ・就職内定していて内定証明書を提出できる
・20歳~30歳未満

しんきんカーライフプランは内定者専用ローン同様にカードローンよりも低い金利で借りることができます。また全国の信用金庫にて取扱していますので、地域によって利用できないということもありません。

しんきんカーライフプランのメリット・デメリット

メリット ・カードローンよりも低金利
・バイトしていなくても内定があれば借りられる
・全国の信用金庫で申込可能
デメリット ・車関係の出費にしか使えない

年金受給者がお金を借りる

意外にも年金受給者でもお金を借りる方法は用意されています。

金融機関によっては年金以外の収入がないと融資不可としているところもありますが、ココで紹介しているのはいずれも年金収入だけでも融資してくれるものばかりです。

シニアでも利用可能なローン5選

カードローンには年齢制限があり、65歳以上になると利用するのは難しいです。

大手消費者金融ですと69歳まで借りられますが年金以外の収入がない人は利用できません。年齢制限と収入面を理由に借りられるところは殆どないのが現状です。

しかし銀行カードローンの一部は年齢上限が高く、年金収入のみの方でも利用可能としているところが幾つかあります。

ここでは70歳以上でも利用可能な銀行カードローンを紹介します。

① スルガ銀行

申込可能年齢 75歳まで
金利 3.9%~14.9%
限度額 最高800万円
使徒 自由
特徴 75歳まで新規契約可能なローン。団体信用生命保険に加入可能。返済できないときには保険で返済をカバーできる。

② 西京銀行シニアローン

申込可能年齢 完済時の年齢が80歳まで
金利 3.8%
限度額 最高100万円
使徒 自由
特徴 西京銀行の営業エリア内の方が80歳まで利用可能なローン。

③ 但馬銀行セカンドライフ応援カードローン

申込可能年齢 60歳~74歳
金利 9.8%
限度額 100万円まで
使徒 自由
特徴 但馬銀行で公的年金を受給している方が利用可能。

④ 西京銀行資産活用型カードローン

申込可能年齢 60歳以上、年齢の上限なし
金利 変動金利
限度額 最高500万円
使徒 自由
特徴 利用には戸建住宅もしくはマンションなどの不動産が必要

⑤ プランネルフリーローン

申込可能年齢 79歳以下
金利 18.0%
限度額 100万円まで
使徒 自由
特徴 来店不要でネット申し込みが可能。銀行の営業区域内の限定などの条件なし

年金担保融資で借りる

年金担保融資は独立行政法人福祉医療機構が行う融資制度です。

融資対象者 ・国民年金、厚生年金等の年金証書を持っている
・現在年金を受給している
金額 ・10万円~200万円の範囲内
・年金支給額の80%
・生活必需品の購入の場合は80万円まで
返済方法 ・年金から自動的に天引き
・1万円単位の定額返済
・年金支給額の3分の1以下
金利 1.6%
保証人 保証料を支払えば不要

国民年金または厚生年金を受給している人なら利用が可能です。

資金使途に制限はあるものの比較的幅広く利用することができる上に、低金利なので負担が軽いのが特徴です。

年金担保融資なら、予定外の急な出費に対応しつつ年金を受け取ることができます。

相談・申し込みは最寄りの独立行政法人福祉医療機構年金貸付課もしくは取扱金融機関にて受け付けています。

年金担保融資のメリット・デメリット

メリット ・低金利
・年金受給者が借りられる
デメリット ・貸付までに時間がかかる(約1ヶ月)
・事業の廃止が検討されている

高齢者を狙う違法な年金担保融資に要注意

年金を担保に貸付を行うことができるのは独立行政法人福祉医療機構だけです。民間の業者が年金を担保に融資業務を行うことは法律で禁止されています。

そのため、そのような業者を見かけたら間違いなく違法業者ですので絶対に手を出さないことです。

高齢者の弱みにつけこんで、年金証書や年金振込用口座の通帳、キャッシュカードを預かり支給された年金が高齢者の手に渡る前に返済に充ててしまい、新たな貸付を勧誘し年金証書等を返さず年金を搾取し続けるのです。

中には自己破産に追い込まれてしまった高齢者もいるなど非常に危険です。くれぐれも独立行政法人福祉医療機構以外からの年金担保融資は利用しないことです。

持ち家を担保に借りる!リバースモーゲージ

リバースモーゲージローンとは、持ち家を担保にしてお金を借りるローンです。

持ち家がない人、同居人がいる場合は利用不可になるなど制約はありますが、持ち家を担保にするため借りたお金は返済する必要がないので負担なく利用できる便利なローンです。

リバースモーゲージローンの特徴は次のとおりです。

  • 持ち家を担保としたローン
  • ローン契約者がなくなった時に持ち家を売却して返済となる
  • 月々の返済不要、もしくは利息のみの返済で良い

リバースモーゲージローンは、取扱する銀行によって商品内容が異なりますので注意が必要です。

たとえばみずほ銀行は資金使途が自由なのに対し、三菱東京UFJ銀行は資金使途が特定のものに限定されるなど商品内容は一定ではありません。

そのため、利用する銀行の商品特徴や利用条件などをよく確認してから申込むことが必要です。

リバースモーゲージのメリット・デメリット

メリット ・自宅を売却せずに借りられる
・幅広い用途に使える
・月々の返済が不要
デメリット ・対象住宅に制限がある
・推定相続人の同意が必要

失業中でもお金を借りる方法はある

失業によって無収入になってしまった場合でも、生活資金は確保しないといけません。

雇用保険に加入していなかった人や親から援助してもらうのが難しい人もいるかと思います。そのような人はどのようにして用立てすればよいのでしょうか?

無収入ではカードローンでお金を借りることはできません。求職活動をしているとアルバイトやパートをするのは難しいですよね。

ですが、カードローン以外でもお金を借りる方法はありますので安心してください。

生命保険に入っているなら契約者貸付制度で借りられる

生命保険に加入している人は、生命保険の解約返戻金を担保に保険会社からお金を借りることができます。

解約返戻金の中からお金を借りるため、審査なしでお金を借りられます。

貸し付けのため返済が必要ですが、金利は約2.0%~6%と低金利です。カードローンで借りるよりも断然お得です。

ただし金利は契約時期と保険会社によって異なりますので注意が必要です。金利が高い時代に契約していれば高めの利率となりますので覚えておきましょう。

利用する場合は、契約している保険会社に契約者貸付制度を利用したい旨を伝えるだけでOKです。

後は必要な手続きと書類を手配してくれます。貸付にかかる時間は最短即日~1週間程度となります。

契約者貸付制度の金利は複利となりますので、返済をしないでいると利息が膨らんでいきますので注意が必要です。

返済は自由ですので、支払いが苦しくても利息分のみの返済だけでもするようにしましょう。元金と利息の合算額が解約返戻金を超えてしまうと保険解約になります。

契約者貸付制度のメリット・デメリット

メリット ・低金利
・無審査
・貸付が早い
デメリット ・金利が複利
・返済が滞ると契約が失効する

無利子で借りられる!生活福祉資金貸付制度

失業して生活に困っている、一時的に生活資金などが必要としている方を支援するための制度が生活福祉資金貸付制度です。

保証人不要でお金を借りることができますが、連帯保証人を立てれば無利子で借りられます。

資金の使いみちは、生活費・アパートなど住宅への住居費用、延滞している光熱水費の支払いなど生活再建のための資金となります。

生活福祉資金貸付制度を利用するには、自立相談支援事業を利用しなければいけません。自治体や社会福祉協議会が窓口となっています。

誰でも貸し付けているわけではなく、相談の中で資金を借りるのが適当と判断してもらえた場合にのみ申込可能となっています。

必要書類が非常に多い上に手続きが複雑であるため、申し込みから貸し付けまで約1ヶ月かかります。そのため、利用したいと考えたらできるだけ早めに相談しに行きましょう。

下記の条件に当てはまらないと利用は難しいです。

  • 失業や収入の減少で生活が困窮している
  • 本人確認書類が提出できる
  • 住まいがある(賃貸でも可)もしくは住まいを確保できる
  • 貸し付け後の就職支援や家計見直しなど継続的な支援を受ける
  • 自立した生活と返済の見込みがある
  • その他の貸付制度や給付制度を受けられない

生活福祉資金貸付制度の返済は貸し付けの6ヶ月後から開始されます。無職で収入がないままでは返済できませんので、就職して生活を再建していくことを忘れないでください。

生活福祉資金貸付制度のメリット・デメリット

メリット ・無利子で借り荒れる
・総合的な生活再建の支援を受けることができる
デメリット ・貸付に時間がかかる(約1ヶ月)
・利用条件が厳しい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする